Loading

妊娠34週の体調の変化や症状

妊娠34週は産休や里帰りでの油断大敵!赤ちゃんは準備OK?

妊娠34週(妊娠9カ月第3週)はお仕事をされていた方もほとんど産休に入り、里帰り出産希望者も実家に帰っているはずですね。逆子の場合は手術日を決め、いよいよ出産間近ですが、ママは胃もたれなどの症状や体重増加、前駆陣痛に悩むこともあるでしょう。気をつけることや胎児の成長を解説します。

妊娠34週は産休や里帰りでの油断大敵!赤ちゃんは準備OK?

妊娠34週、産前休暇や里帰り出産など本格的に出産に向けた生活へ

妊娠34週目には、お母さんの体と赤ちゃんの体にどのような変化や症状が見られるでしょうか。妊娠9ヶ月目の第3週ならではの心構えや気をつけること、知っておきたいこと等について説明します。

妊娠34週の体調の変化や症状

妊娠34週目の子宮底長は29cm~38cm。傍目からは、もういつ生まれてもおかしくないほど、充分にお腹が大きく成長します。今後、赤ちゃんがどんどん子宮口に向かって下がっていきますので、お腹のもっとも膨らんでいる位置も徐々に下がっていくことになります。

体重管理は体調を保つためにも大切

妊娠34週の妊婦のお腹

妊娠9ヶ月目は1週間当たり体重が300g~400gほど増える時期ですので、計測する度に体重が増えていることが確認できるでしょう。

赤ちゃんの体重も1週間当たり200g~300gほど増えますので体重増加は当然ですが、体重が一気に1週間当たり500g以上増えてしまうと、関節部への負担が大きくなり、お母さんの体調悪化にもつながります。
1週間に500g以上は増えないよう、出産時までしっかりと体重コントロールをしていきましょう。

大きくなる子宮や血液量の増加によっておこる不快症状

お腹が大きくなるにつれて不快感が強くなった妊婦

妊娠34週になると、子宮が胃や腸を圧迫したり、血液量が妊娠前の1.5倍に増えることで様々な不快症状が起こります。

胃もたれや吐き気

子宮が胃を圧迫することで、胃もたれや吐き気を感じるお母さんも増えます。お腹が空いているのに少し食べるだけで満腹感を覚えてしまったり、食欲がないのに吐き気を感じ、食事を満足に摂れなかったりする人もいます。

むくみが深刻な状態に

運動量が減るだけでなく、血液量が増えて血行が悪くなりますので、手足のむくみが深刻な状態になります。眠るときは脚の下に枕やまるめたバスタオルなどを敷き、少し高くするようにしましょう。お風呂上がりに軽くふくらはぎをマッサージするのも、むくみ解消に効果的です。

むくみ症状がひどくなると、しびれを感じることもあります。くるぶしから膝の外側の出っ張った骨まで優しく撫で上げるようにマッサージを行い、快適に暮らせるように工夫していきましょう。

乳頭や腰回りがかゆくなる

体のかゆみを読書で紛らわす妊婦

乳頭やお腹、腰回りがかゆくなります。衣服で締め付けないように、ゆったりとしたマタニティウェア・マタニティランジェリーを選びましょう。アトピー性皮膚炎のあるお母さんは、症状が悪化し、かゆみが強くなることがあります。この時期、アレルギー症状緩和の内服薬は服用できないことが多いので、しっかりと皮膚を保湿し、かゆみが起こりにくいようにケアしていきましょう。

便秘や痔の症状が出ることも

妊娠中は運動不足になるだけでなく、ホルモンバランスの変化から腸運動が鈍化して便秘になりやすい時期です。また、便が硬くなっていきむことが増えるため、肛門に圧力がかかってしまい、『いぼ痔』や『切れ痔』になるお母さんもいます。症状が悪化すると手術が必要なこともありますので、早めに医師に相談し、外用薬などを処方してもらうようにしましょう。

前駆陣痛が起こる可能性も!

前駆陣痛の痛みを座って耐える妊婦

お腹の張りや痛みが不規則に起こるときは、『前駆陣痛』の可能性もあります。『前駆陣痛』は陣痛の前触れとなる痛みですが、出産時の本陣痛との時間的関連性はあまりありません。そのため、前駆陣痛が起こってから2ヶ月以上経ってから本陣痛となるお母さんもいますし、前駆陣痛から数日内に本陣痛が始まるお母さんもいます。

いずれにしても、前駆陣痛が起こったからといって慌てて病院に行く必要はありません。お腹の張りや痛みが周期的に起こるときや破水したとき、おりもの内に血が混じるなど『切迫早産』の疑いがあるときは、迷わず病院でエコー検査などの精密検査を受けるようにしてください。

前駆陣痛とはどんな痛み?長く辛い痛みを和らげる方法
前駆陣痛とはどんな痛み?長く辛い痛みを和らげる方法
前駆陣痛とはどのような痛みの特徴があるのかや痛みの対処を詳しく解説。前駆陣痛とは出産に備えた準備の段階ですから、慌てなくても大丈夫。法前駆陣痛かな?と思ったら入院準備&心の準備を開始しましょう。

里帰り出産の人はそろそろ帰省する

里帰り出産で実家に向かう妊婦

里帰り出産を計画している方は、妊娠34週目までには里帰りをし、出産を予定している産婦人科で診察を受けることが望まれます。一般的に産前休暇は出産予定日の6週間前(妊娠34週)から取得できるので、会社で産前休暇・産後休暇の手続きを行い、実家に帰りましょう。

会社に勤務しているか、パートナーの同意は得られているか、実家の受け入れ態勢は整っているかなどによって里帰りする期間が異なりますが、里帰り出産を行う場合は、出産予定日6週間前~産後4週間ほどの間を実家や実家近所の病院で過ごすことが多いです。

じっくり休めるのが里帰り出産のメリット

里帰り出産を選ぶと、産前産後は母親などに家事をしてもらえるので、じっくりと体を休められます。パートナーと暮らしている場合は、どうしても日々の家事を妊産婦がしなくてはならない状況になってしまうことが多いので、里帰り出産は家事にノータッチで過ごせる方法とも言えますね。

また、出産において不安なことや赤ちゃんとの生活で分からないことがあっても、里帰り出産なら母親に尋ねたり相談できるので精神的にも楽に過ごせるでしょう。

パートナーと離れることがデメリットに

里帰り出産を選ぶと、パートナーと数ヶ月離れて暮らすことになります。そのため、出産までの不安や苦しみ、赤ちゃんの成長などをパートナーと共有できないというデメリットがあります。また、里帰り出産を終えてパートナーとの暮らしに戻っても、なかなかお互いに生活のペースがつかめないということにもなりかねません。

また、赤ちゃんに兄弟がいる場合は、兄弟がどちらで暮らすかという問題も起こります。幼稚園や小学校等に通っている場合は、一緒に実家に連れて行くことも難しくなりますし、かと言って、お母さんと何ヶ月も離れて暮らすのも辛いと感じるでしょう。

それに加えて、実家の家族にも負担をかけてしまうかもしれません。お互いが不満を持ったり、負の感情が生まれる可能性もあります。

妊娠34週に気をつけること

妊娠34週をマイペースで過ごしている妊婦

妊娠34週目は、どんなことに気をつけて生活していくべきでしょうか?

産前休暇に入ったら体重増加に注意

仕事をしている方は、妊娠34週から産前休暇に入れます。業務上の引き継ぎや取引先への挨拶などが必要な場合も、不義理にならないように済ませておきましょう。仕事から解放されることで、生活リズムが大きく変化します。時間が余ると食事量が増えてしまう方も少なくありませんが、この時期も引き続き体重コントロールが必要な時期ですので、過食に走らないように自制していきましょう。

重心の変化

赤ちゃんが徐々に下がってきますので、お母さんの体の重心も変化します。階段を下りるときにふらつくこともありますので、階段や段差があるところでは必ず手すりを持つようにしてください。

妊娠34週の胎児の成長

妊娠34週目の胎児の体長は430mm~470mm、体重は1,800g~2,500gほどです。体長も体重も、小柄な赤ちゃんなら正産期に生まれた赤ちゃんと変わらない程度まで成長しています。

胎動は減るが、なくなるわけではない

胎動が少なくなり少し心配な妊婦

赤ちゃんが順調に大きくなり、子宮内の空きスペースが少なくなりますので、赤ちゃんの胎動も徐々に減っていきます。頭部がお母さんの骨盤の間に収まることも、胎動の減少につながっています。

しかし、妊娠34週目前後には、赤ちゃんは20~30分おきに寝たり起きたりして、羊水を飲みこんで排泄したり、手足を動かしたり、口の筋肉を動かしておっぱいを飲む練習をしています。そのため、胎動は減るものの、完全になくなってしまうわけではないのです。

もし、1日中胎動を感じられなかったり、急に微弱な胎動に変化したりしたときは、赤ちゃんに異変が起こっていると考えることができます。すぐに病院に出向いて検査を受け、赤ちゃんの状態を医師に確認してもらうようにしましょう。

胎動が弱い原因は赤ちゃんではなくママにあった!?
胎動が弱い原因は赤ちゃんではなくママにあった!?
胎動が弱い赤ちゃんは元気なの?ママは心配してしまいがちですが、大丈夫です!胎動が弱い意外な原因を解説し、赤ちゃんからのメッセージである胎動を感じやすくする方法、本当に危険な胎動の状態をお伝えします。

早産による後遺症のリスクが低下

妊娠34週の早産のリスクを調べている妊婦

妊娠22週0日目~妊娠36週6日目に生まれることを『早産』と言います。妊娠34週では体長や体重は正産期と変わらないくらい大きくなっていることが多く、妊娠34週には肺機能も完成し、自発呼吸も可能なため、後遺症なく成長できる可能性が高くなります。切迫早産で入院していた方にとっては、ひとつの大きな目標をクリアしたようで、ホッと一息でしょう。

ですが、赤ちゃんは機能的にはまだ完璧とは言い難い状態です。皮下脂肪も少なく、体の骨の強度も充分とは言えません。母体から受け継ぐはずの免疫も不完全で、感染症のリスクは依然として高いままです。

1日でも長く赤ちゃんがお腹の中で正常な成長を遂げることができるよう、入院中の方ももう少しの辛抱です。経過が順調な方も、切迫早産の疑いがあるときはすぐに病院を受診し、赤ちゃんとお母さんの健康を最優先させるようにしましょう。

逆子なら帝王切開を検討し、手術日を決める

帝王切開をするため妊婦が入院する病院の部屋

病院によって帝王切開を実施する基準が異なりますが、妊娠34週目以降に逆子と判断されると、帝王切開が検討されるケースが多いです。帝王切開の手術日の多くは生産期に入ってすぐの妊娠37週~妊娠38週に設定されます。

まれに妊娠10ヶ月目に入ってから逆子が直ることもありますので、帝王切開を回避したい方はあきらめずに逆子体操などにチャレンジすることができます。ただし、逆子体操は妊婦の体に負担をかける体操ですので、かかりつけの医師が承諾した場合のみ実施するようにしましょう。

逆子体操の手順

1.ひじとひざを床につき、お尻を高く突き上げて、胸部を床に近づける。
2.そのままの姿勢で15分程度キープする。
3.赤ちゃんの背骨がある方向と反対の方向を下にして、横向けになる。
4.下になった脚を後ろに引き、上になった脚を抱き枕かまるめたバスタオルの上に乗せる。
5.そのままの姿勢で20分ほどキープする。この姿勢のまま眠ってしまうのも効果的。

外回転術

産婦人科の医師によっては、逆子と判断されたときに、『外回転術』を実施してくれることもあります。『外回転術』とは、お腹の上から手で赤ちゃんの体位を回転させる方法です。赤ちゃんの体位や妊娠週数、へその緒の状態、羊水量などを医師がトータルで考慮し、『外回転術』が有効である、危険が少ないと判断した場合のみ実施されます。

出産に向けて大きく生活が変わる妊娠34週目

あと2週間でいよいよ臨月に入ります。仕事をしている方は産前休暇に入ったり、里帰り出産を計画している方は実家に戻ったり、出産に向けて生活を変えていく時期でもあります。生活の変化で体調を崩さないように気をつけていきましょう。

妊娠34週目ともなると、いつ生まれてもおかしくない状況となりますので、常に出産や入院について考え、準備を万全にしておく必要があります。