Loading

妊娠33週の体調の変化や症状

妊娠33週目のママと赤ちゃんの変化、出産に向けた心構え

妊娠33週目の妊婦にはどのような変化や症状が見られるでしょうか。また、赤ちゃんの成長、気をつけること、理想的な過ごし方、早産や切迫早産、逆子と診断されたときなどについて説明します。出産まであと少しなので体に負担をかけないよう無理な運動は避けリラックスして過ごしましょう!

妊娠33週目のママと赤ちゃんの変化、出産に向けた心構え

出産まであとわずか!妊娠33週目の妊婦と赤ちゃんの様子

妊娠33週目は、妊娠9ヶ月の第2週に該当します。いよいよ出産まで1ヶ月とわずかばかり。妊婦にはどのような変化が見られるのか、赤ちゃんの成長の様子、健康に暮らしていくために気をつけること等について見ていきましょう。

体調体重管理や食生活・過ごし方

妊娠33週に入り眠気が止まらない妊婦

妊娠33週目の妊婦の体には、どのような変化や症状が現れてくるでしょうか。体調や体重管理のために知っておくべきことや息苦しいときの対処法、体調管理には欠かせない運動への取り組み方等について説明いたします。また、そろそろ知っておきたい出産方法についても見ていきましょう。

妊娠33週を迎えると、子宮底長は29~36cmほどになり、横になっている時間以外は腰を反らした状態で過ごすようになります。そのため、腰痛がひどくなるのはもちろん、背中や足の付け根、太ももなどにも痛みを抱えることがあります。

痛みや周期が不規則な前駆陣痛

体重変化や生活習慣に気を付ける妊婦

妊娠中期から頻繁にお腹が張るようになりますが、妊娠33週前後からは、お腹の張りに痛みが加わるようになります。これを『前駆陣痛』と呼び、出産時の陣痛とは区別しています。『前駆陣痛』は痛みの周期や強さが不規則で、長くても1時間ほどじっとしていると痛みが治まることが特徴です。

出産の際の『陣痛(本陣痛)』は、痛みの周期や強さが規則的で、じっとしていても痛みが強まっていきます。『前駆陣痛』と『陣痛』の違いを理解しておくなら、本当の『陣痛』が始まった時にも慌てないで済みますよ。

前駆陣痛の症状で心の準備!お腹の張りや痛みの特徴
前駆陣痛の症状で心の準備!お腹の張りや痛みの特徴
前駆陣痛の症状ってどんな感じ?臨月に入ってお腹の張りや痛みなど、身体の違和感を覚えたら前駆陣痛を疑ってください。前駆陣痛がはじまる時期や間隔、本陣痛との違いを整理し、代表的な前駆陣痛の症状を紹介!

急激な体重増加には注意

出産まで赤ちゃんはどんどん脂肪を蓄えていきますので、ママの体重も増えやすくなり、1週間に300~400gずつ増える方が多いです。この時期に体重が増加することはある程度は仕方のないことです。
とは言うものの、あまり急激に増えると、重くなった体を支えるために関節部分に痛みを感じるようになったり、寝付きが悪くなったりしますので、1週間に500g以上は増えないように食事をコントロールしていきましょう。

リラックスと適度な運動で睡眠不足を解消

リラックスして過ごす妊婦

急激な体重増加や血圧の上昇、出産が近づいてくることによる高揚感、どの体勢をとっても体が楽にならないこと、寝返りを自由に打てないこと等、快適な睡眠を妨げる要因がたくさん出てくることも妊娠33週目前後の特徴です。

昼間は少し眠いのを我慢して夜にしっかりと眠れるようにしたり、ぬるめのお湯にゆっくり浸かって体をリラックスさせたり、体調が良いときはウォーキングなどを行ったり、オレンジ系のアロマを枕に数滴垂らしてみたりして、眠れる工夫をしていきましょう。

ママが睡眠不足になることで直接赤ちゃんに悪影響は起こりませんが、一日中体にだるさを感じてしまうと、妊娠生活がより辛い物になってしまいますので、睡眠不足にならないように注意して下さいね。

出産方法を再確認しよう

お腹に手を当て出産方法を考える妊婦

出産まで1ヶ月とわずかになったので、出産方法を再度確認しておくようにしましょう。ママの希望も優先されるべきですが、体調や施設、赤ちゃんの状態によっては希望通りにならない可能性もあります。いくつかの可能性をシミュレーションしておきましょう。

自然分娩

産気づいてから入院し、自然の流れで出産する方法です。大多数のママが選択する出産方法です。

帝王切開

ママの骨盤の大きさや赤ちゃんの状況、ママと赤ちゃんの体調などから、自然分娩ではなく帝王切開を勧められることもあります。
帝王切開は手術による分娩となりますので、予め日を決定してからの出産になります。

無痛分娩

麻酔薬を用いて、出産時の痛みを抑える方法です。麻酔薬の準備もあるので、子宮口の開きから出産日を決定して計画的に行うことが多いです。
出産前日に膣内にバルーンを挿入して子宮口を充分に開き、陣痛が始まってから局所麻酔を実施するケースが多いですが、静脈麻酔や吸引麻酔で全身麻酔を実施することもあります。

麻酔を実施すると陣痛が弱まってしまうことが多いため、陣痛促進剤や吸引分娩などを組み合わせるのが一般的です。

無痛分娩とは?母子の負担を軽減する無痛分娩の方法や費用
無痛分娩とは?母子の負担を軽減する無痛分娩の方法や費用
無痛分娩とは出産時の母子の負担を軽減しリラックスした状態でお産に挑む海外ではメジャーな出産方法。産後の肥立ちも早いとされますが日本では認知度が低く不安が残る方に無痛分娩の流れや費用などを解説します!

立ち会い出産

立ち合い出産を希望し話し合うパパ

近年増えてきているのが、パパや近親者による立ち会い出産です。多くの病院で実施可能なので、希望する場合は早めに担当医に伝えておきましょう
立ち会う場合は、ただ単にその場に居るのではなく、励ましたりマッサージしたりして、出産に少しでも協力することが求められます。
また医療スタッフの邪魔にならないように行動することや、立ち会う人自身がパニックにならないことも大切です。

立ち会い出産てどうなの?ママパパのメリットとデメリット
立ち会い出産てどうなの?ママパパのメリットとデメリット
立ち会い出産をするかどうか迷っている方必見のメリットとデメリットです。立ち会い出産は恥ずかしいと思うママも多いので後々トラブルにならないように双方が納得するまで話し合うことが大切です。

助産院・自宅での出産

病院ではなく、助産院や自宅での出産を希望するママもいます。助産院や自宅では何か問題が起こった時には対応が難しいですので、病院以外で出産するつもりでいても、直前に病院で出産するように助産師から指示されることもあります

水中出産

36℃前後に保たれた水中で出産する方法です。自由な姿勢が取れるので、体に負担をあまりかけない出産方法としても知られています。
日本国内で水中出産を実施できる施設は限られていますので、水中出産を希望する場合は早めに手続きを行うようにしましょう。

水中出産のメリットとデメリット・費用や注意点とは?
水中出産のメリットとデメリット・費用や注意点とは?
水中出産とはどのような出産方法なのでしょうか?わざわざ水中で出産するメリットはどこにあるのか、費用や実施する上での注意点、自然分娩との違いなど、水中出産のメリットとデメリットについて紹介します。

妊娠33週の息苦しさを予防・解消

妊娠33週に入り息苦しさを感じ始めた妊婦

妊娠33週頃になると、子宮が臓器を圧迫するので息切れや動悸などが頻繁に起こり、息苦しさを感じるママも増えます。
血液中の多くの酸素が胎盤に送られることでも、酸素不足や息苦しさを感じるようになります。息苦しさをどのように予防・解消できるのでしょうか。

体を温める

体が冷えると血行が悪くなりますので、血流を良くするために心臓に大きな負荷がかかってしまいます。靴下を履いたり、腰回りを温めたり、ゆっくりとぬるめのお湯に浸かるなどして、血行を良くするように努めましょう。

鉄分豊富な食材を積極的に摂る

鉄欠乏性の貧血のために動悸が起こっている方もいます。豆類や乳製品、ホウレンソウなどの鉄分豊富な食材を積極的に摂り入れ、不足する鉄分を補うようにしましょう。妊娠中でも服用できる鉄分が入ったサプリメントを活用するのも良い方法です。

軽い運動

軽い運動後に水分補給をする妊婦

体に負担をかける運動は避けなくてはいけませんが、体調を維持するためにも、出産に耐える体力をつけるためにも、適度な運動をすることは必要です。
デパートなどの施設内の階段を利用して、手すりを持って、上りだけを10~15分歩いてみるのも良いでしょう。平坦な道を歩くよりは運動量も高くなりますし、手すりがあるので、いざというときも体を支えられます。

出産までにもう1度家族と話し合いましょう

出産まで、残り数週間しかありません。いつ赤ちゃんが生まれても良いように準備できているか、今一度見直してみましょう。
陣痛が来た時は誰に知らせるのか、立ち会い出産はするのか、万が一の場合はどの病院で出産することになるのか等、家族でよく話し合い、不安なく出産を待ち望めるようにしましょう

妊娠33週の赤ちゃんの成長

妊娠33週の赤ちゃんを映したエコー写真

妊娠33週目の赤ちゃんの体長は420mm~450mm、体重は1,700g~2,300gほどになります。体長は出産時とほぼ同じ、体重は出産時の約3分の2にまで成長しています。頭部が大きくなって下を向いている赤ちゃんが多くなります。

切迫早産

この時期は、本陣痛の前の『前駆陣痛』が見られる時期なので、お腹の張りや痛みが気になるときは、『前駆陣痛』なのか『切迫早産』なのか見極める必要があります。
『前駆陣痛』のときは病院に行かなくても問題ありませんが、『切迫早産』のときは少しでも早く病院に行き、適切な処置を受けなくてはなりません。

周期的にお腹が張ると『切迫早産』

切迫早産の可能性を医師に告げられた妊婦

お腹の張りが周期的に訪れるときは、切迫早産の可能性が高いです。お腹の張りの周期が15分以下のときは、早産の可能性も生じてくるので、すぐに病院に行くようにしましょう。

破水や出血があると『切迫早産』

おりものの中に血が混じっていたり、血の塊が出たり、明らかに尿ではない水分がたくさん出るときは、切迫早産の可能性が高いです。
破水して慌てることがないように、妊娠9ヶ月目からは、常に尿漏れシートやおりものシートをショーツに着けておくようにしましょう。

お腹の張りや痛みが沈静化しないときは『切迫早産』

前駆陣痛のときは、30分ほど横になっていると、お腹の張りや痛みがある程度鎮静化します。横になって安静にしていても痛みが治まらないときや、ますます痛みや張りが激しくなるときは、切迫早産の可能性が高いですので、なるべく早く病院に行きましょう。

胎動が少なくなる時期

胎動が少なくなり検査を受ける妊婦

赤ちゃんが成長し、子宮の中に動き回れるスペースがなくなるので、胎動は自然と弱くなっていきます。ですが、赤ちゃんが全く動かなくなってしまうことはありません。
1日に1度も赤ちゃんの動きを感じられないときは、異変が起こった可能性もあるので、すぐに病院に行き、エコー検査などで赤ちゃんの様子を確認してもらうようにしましょう。

逆子と診断されたときは帝王切開の覚悟を

妊娠33週目以降に逆子と診断されたときは、帝王切開による出産になることが多いです。妊娠33週で逆子と診断されても出産までに治ることもありますが、ごくわずかの確率なので、帝王切開になる覚悟をしておく方がよいでしょう。

体に負担をかけないように無理はしない

音楽を聴きリラックスして出産に臨む妊婦

赤ちゃんは約2kgになっていますので、この時点で生まれたとしても、何の問題もなく成長していくことができる可能性は高いです。
ですが、まだまだ胎内で成長をしている時期でもあるので、1日でも長くお腹の中で暮らすことができるよう、ママは体に負担をかけたり、無理な動きをしたりしないように注意して過ごさなくてはいけません。

体調管理もあとわずか!出産が見えてくる妊娠33週目

性別も判明し、赤ちゃんの頭部が下を向くなど、刻々と出産に近づいていることを実感します。甘い物を急激に食べたくなるなど嗜好が変わることもありますが、これらもすべて胎内の赤ちゃんの成長に繋がっています。
出産はもうすぐです。1日1日を有意義に過ごしていきましょう。