Loading

妊娠32週の体調の変化や症状

妊娠32週・9ヶ月突入週の理想の過ごし方&胎児の成長

妊娠32週、いよいよ妊娠9ヶ月突入!大きくなった子宮が胃や腸を圧迫し、むかつきやもたらなどの後期づわりと呼ばれる症状に陥る方もいます。体重管理にも栄養的にも良い食生活のポイント、逆子や腰痛に効く睡眠姿勢、理想の過ごし方や胎児の成長、胎動の変化や切迫早産について説明します。

妊娠32週・9ヶ月突入週の理想の過ごし方&胎児の成長

妊娠32週目、9ヶ月突入。後期つわりらしき症状が…

妊娠32週目には、お母さんの体にはどのような変化が見られるようになるでしょうか。また、胎児の成長と変化、この時期ならではの気をつけるべきこと、理想的な過ごし方などについて見ていきましょう。

妊娠32週の体調の変化や症状

妊娠32週目の子宮底長は29cm~36cmほどになり、子宮がみぞおちの辺りまで上がってきますので、胸の下からお腹が膨らんでいるように見えます。

臓器圧迫による不快症状=後期つわり

後期つわりで具合が悪い妊婦

お腹のふくらみが広範囲になりますので、横隔膜や胃、腸、膀胱などの臓器が子宮に圧迫され、様々な不快症状が出てきます。

横隔膜を圧迫→息切れ

子宮が横隔膜を下から圧迫しますので、ちょっと体を動かすだけでも息が切れ、呼吸が苦しくなることがあります。妊娠時の息切れを予防する方法はありませんので、息切れした時は、無理をせずに体を休ませましょう。

胃を圧迫→むかつきやもたれ

子宮が胃を全面的に圧迫しますので、お腹が空いているはずなのに、少し食べるだけで満腹になったように感じたり、吐き気やむかつき、胃もたれを頻繁に感じたりすることもあります。妊娠8ヶ月目以降から『後期つわり』と呼ばれる症状を感じるようになりますが、子宮が胃を圧迫することも『後期つわり』の大きな原因となっています

腸を圧迫→便秘

便秘のお腹をパパにさすってもらう妊婦

子宮が腸を圧迫することで、腸運動が鈍くなり、便秘になりやすくなります。妊娠中は体を活発に動かすことができないことも、便秘症状の悪化につながります。

便秘を解消するために激しい運動をすることはできませんが、水分を多めに摂取することや、食物繊維が豊富な食事を積極的に摂ることで、便秘症状を改善できます。特に、朝起きてすぐにコップ一杯の冷たい水を飲むことは、便秘症状を改善するだけでなく、血流促進にも効果がありますので、妊娠中の健康習慣としてオススメです。

膀胱を圧迫→頻尿や尿漏れ

子宮が膀胱を圧迫し、尿をためておけなくなり頻繁にトイレに通ったり、腹部に力を入れたりくしゃみをしたときに尿漏れを起こすこともあります。出産が近づいてきたために筋肉が緩んできたことも、尿漏れの原因となっています。

尿漏れ対策としては、尿漏れ用の使い捨てパッド(ドラッグストアの生理用品のコーナーに置かれていることが多いです)や少ない日用の生理ナプキンをショーツに付けておくと安心できます。ショーツを濡れたままにしておくと不快なだけでなく、局部のかゆみや痛みの原因になることもあります。

体重管理のための食生活&過ごし方

市場で夕食の食材を探す妊婦

体は丸みを帯び、脂肪を蓄えやすい状況になっています。赤ちゃんの健康のためには極端なダイエットをするべきではありませんが、あまりに太り過ぎてしまうと、お母さんと赤ちゃんの健康を損ねるだけでなく、出産が長引いたり、出血量が増えてしまったりすることもありますので、適度な体重をキープすることは大切です。

1週間に500g以上は増やさない

赤ちゃんの体重は1週間に200g~300gほど増えますが、お母さんの体重も1週間に200g~300gほど増えていくのが理想的です。とはいっても、食欲が急激に増えることもありますので、多めに見て、1週間に500g以上は増えないようにコントロールするようにしましょう

一方、人によっては後期つわりによる吐き気やむかつき、胃もたれで食事が思うように摂れず、体重が減少してしまうこともありえます。妊婦検診時に医師のアドバイスをよく聞き、体重をもう少し増やすべきなのか、あまり増えないようにコントロールする方が望ましいのか、しっかりと判断していきましょう。

雑穀や玄米を取り入れる

冷蔵庫のリンゴを手にして食べるか悩む妊婦

食べ過ぎないようにコントロールしているお母さんも、もう少し体重を増やさなくてはいけないと医師に言われたお母さんも、赤ちゃんの正常な成長に必要なビタミンやミネラルを豊富に摂り入れなくてはならないのは同じです。

ビタミンやミネラルが豊富な食材はたくさんありますが、手軽に普段の食事に加えていけるのが、『雑穀』や『玄米』などです。洗ったお米の1~2割程度を目安に雑穀や玄米を混ぜれば、いつものご飯が栄養豊富な健康食に生まれ変わります。雑穀や玄米は食物繊維も豊富ですので、便秘症状の改善にも効果がありますよ。

カルシウムを補う

赤ちゃんの体長は1週間に1cmのペースで大きくなっていきます。筋肉や骨が成長するためにはカルシウムが欠かせませんので、妊娠後期も積極的にカルシウムを摂取する必要があります。サプリメントで手軽に補うことも良いですが、乳製品や小魚、海草類などの天然食材に含まれるカルシウムも積極的に摂っていきましょう。

糖分は旬のフルーツで補給

赤ちゃんの成長のためにお母さんの体内で糖分が急激に消費されていますので、普段は苦手な方も、甘い物が食べたいと言う欲求が強くなっていく時期です。旬のフルーツなら甘みが強いだけでなく、ビタミンやミネラルも豊富です。甘い物が欲しいと思ったら、まずはフルーツを食べて気持ちを落ち着かせましょう。

腰痛や逆子の場合は、シムスの体位で体を休める

ベッドでリラックスして過ごす妊婦

仰向けで寝ると、大きくなったお腹の重みで腰部に負担がかかり、痛みを感じるようになりますので、うつぶせはもちろん仰向けで寝ることもだんだんとしんどくなっていきます。そんなときは、シムスの体位で眠ることがオススメです。

シムスの体位

横向きになり、下になった方の脚を後ろに引き、上になった方の脚を軽く曲げて抱き枕か筒状に丸めたタオルケットに乗せます。腕も、下になった方を後ろに引き、しびれを感じないように工夫しましょう。

シムスの体位は、逆子と判断された時にも有効です。逆子と判断されたときは、眠る前に、肘と膝を床について、お尻を高くつきだすポーズを15~20分ほどキープし、医師にエコー検査で確認してもらった赤ちゃんの背骨側ではない方向を下側にして、シムスの体位で眠りましょう。毎日続けていると、赤ちゃんが適切な位置に動いてくれることもあります。

妊娠32週の心構え:入院の荷造り&赤ちゃん用品の準備は早めに済ませておく

赤ちゃん用のファーストシューズを手にする妊婦

妊娠9ヶ月目に入りましたので、経過が順調なお母さんも慎重に行動し、無理のない生活をしていく必要があります。なにがあるかわかりませんので、入院の準備は早めに済ませておきましょう。

体調の良い日は赤ちゃん用の衣料品、授乳グッズ、入浴グッズなどで不足しているものはないか点検しておきましょう。
入院や赤ちゃん用品の準備は早くから開始することで、足りない物の買い出しに余裕を持って出かけられます。臨月の外出が悪いわけではありませんが、長時間は控えた方が良いですし、なによりママがドキドキしてゆっくり選べません。妊娠9ヶ月に入ったばかりの今が最後のお買い物チャンスですので、体調の良い日を選んでお出かけしましょう。結果的にリフレッシュにもなるので気分もよくなるかもしれません。

妊娠32週の胎児の成長

妊娠32週目の胎児の体長は420~450mm、体重は1,500g~2,200gほどになります。手足の爪や髪の毛も伸び、高性能のエコー写真を使うと、赤ちゃんらしいかわいらしい様子が確認することができますよ。また、皮下脂肪が増えますので、体もうっすらピンク色になっていきます。膀胱の機能も活発になり、30分おきに排尿するようになります。

胎動を感じにくくなるのは自然なこと

ベッドで胎動を感じている妊婦

妊娠32週目には、赤ちゃんの体が大きくなったことで子宮に余分なスペースがなくなり、赤ちゃんがお腹の中を自由に動き回れなくなります。また、羊水量が徐々に減少していくことも、赤ちゃんがお腹の中を動きにくくなる一因となっています。そのため、赤ちゃんが健康に成長していても、胎動は感じにくいでしょう。

とは言うものの、赤ちゃんは手足を動かしたり、外の音に反応したりして、体を動かしています。弱くはなっても、1日に数回はポコポコとお腹を蹴るような動きやもぞもぞとした動きを感じることができるでしょう。1日に1度も胎動を感じないときは、赤ちゃんが弱っている可能性もありますので、すぐに病院に行って、精密検査を受けるようにしましょう。

胎動を感じない?不安を感じた時の対処法、病院受診の目安
胎動を感じない?不安を感じた時の対処法、病院受診の目安
胎動を感じない日や時間があり、不安になる妊婦さんに向けて、臨月の胎児の様子やお腹の中の環境(子宮の大きさ、羊水の量)など胎動を感じにくくなる原因、胎動がない場合に考えられる異常、胎動を感じられない時の対処法や病院受診の目安を解説。

切迫早産や逆子と判断されたときは?

切迫早産の可能性があるため病院で検査を受ける妊婦

妊娠37週より前の出産は『早産』と呼びますが、特に妊娠32週より前の出産にはリスクが伴いますので、NICUが完備された特定の病院以外では受けつけないことが多いです。切迫早産と診断された場合、妊婦検診に通っていた産婦人科が対応できれば問題ありませんが、場合によっては万が一のことを考えて、転院・入院となる場合もあります。

切迫早産と判断されたとき

お腹の張りが周期的に訪れるときや強い痛みを伴う張りが2時間以上続くとき、破水したとき、出血があるときは、『切迫早産』の可能性があります。妊娠32週目で切迫早産と判断されるときは、ほとんどのケースにおいて、そのまま入院となることが多いので、妊娠9ヶ月に入る前に下着や健康保険証、母子手帳などをひとまとめにし、出産準備は終えておきましょう。

切迫早産で入院すると、基本的には点滴をしながら24時間絶対安静で過ごします。トイレ以外は立ったり歩いたりすることは禁じられますので、横になったまま数週間過ごさなくてはなりません。お風呂やシャワーも頻繁に浴びられなくなりますので、ドライシャンプーや汗ふきシートなどがあると便利ですよ。

逆子と判断されたとき

逆子と判断されたときは、医師に相談して、逆子を直す体操や鍼治療などを生活に組み込むこともできます。逆子であっても、帝王切開で無事に出産することができますので、「理想の出産ができない・・・」などと思い詰めないようにしてくださいね。
実際に、20人に1人の赤ちゃんが逆子のまま生まれます。特に珍しいことではありませんので、気構えないようにしましょう。

妊娠9ヶ月目の最初の週!赤ちゃんとの生活をシミュレーション

妊娠9ヶ月目の最初の週。母親としての自覚を新たにし、気持ちを前向きに暮らしていきましょう。
赤ちゃんの性別も分かり、名前を決めた方もいるでしょう。いつ赤ちゃんが生まれてきても大丈夫なように、赤ちゃんとの生活をシミュレーションし、家事分担などについてもパートナーと話し合っておきましょう。部屋の模様替えをする場合は、お腹が張らないように、重い物は持たないように気をつけてくださいね。

出産まであと2ヶ月を切りました。赤ちゃんが健康に生まれられるように、規則正しく栄養豊富な食事を摂っているか食生活を見直し、カルシウムやビタミン類豊富な食事を意識的に選択するようにしましょう。