Loading

妊娠31週の体調の変化や症状

妊娠31週胎児の成長とママの症状、危険なお腹の張り

妊娠31週(妊娠8ヶ月最終週)には、胎児の急成長に伴い、母体の身体の血液量は妊娠前の1.5倍にまで増加。動悸や息切れ、むくみなどの症状が表れ、腰痛も悪化しやすく、動くのが辛くなる時期です。過ごし方や気をつけること、前駆陣痛や切迫早産の可能性がある気をつけるべきお腹の張りの特徴も紹介。

妊娠31週胎児の成長とママの症状、危険なお腹の張り

妊娠31週、妊娠8ヶ月終了!もう初乳がでるってホント?

妊娠31週目になると子宮底長は28~35cmになり、お腹の大きさも臨月と見間違うほど大きくなっている方も少なくありません。妊娠8ヶ月目の最終週を迎え、お母さんも赤ちゃんも出産に向けて大きく変化していきます。

妊娠31週の体調の変化や症状

出産まであと2ヶ月になりました。この時期には、お母さんの体にどんな変化が見られるでしょうか、また、理想的な過ごし方などについても探っていきましょう。

体重はあと何キロまでセーフ?「産後に痩せるだろう」は要注意

産後ダイエットについて医師に相談する妊婦

妊娠中は体重が増えるものだと思っていると、出産後になかなか体型が戻らずダイエットに苦労します。また、体重が増えすぎると出産時間が長くなったり、妊娠高血圧症候群などの病気に罹患する可能性も出てきますので、妊娠前と比べてどの程度増えているのか、今一度確認しておく必要があります。

妊娠前標準体重だったのなら、妊娠31週目の時点で5~8kg増えているのが一般的です。出産直前まで10kg以上増えないように体重をキープしていきましょう。
妊娠前もふくよかな体型だった方は出産直前まで7kg以上増えないように、妊娠前にやせ型だった方は出産直前まで12kg以上増えないようにコントロールしていきましょう。

妊娠中のダイエットの正しい方法、出産までの体重管理術
妊娠中のダイエットの正しい方法、出産までの体重管理術
妊娠中のダイエットの正しい方法とは?激しい運動や食事を摂らないといった自己流ダイエットは赤ちゃんを危険にさらす危険大妊娠初期・中期・後期の体重管理のコツ、食事や運動面での適切なダイエット法を紹介!

妊娠後期ならではの不快症状に悩まされる時期

不快症状に悩まされ寝られない妊婦

臨月にはまだ時間がありますが、お母さんの体も赤ちゃんの体も、いつ出産となっても大丈夫なように変化していきます。朝は気分よく過ごしていても、急にお腹が痛くなったり、吐き気や胸のつかえなどで苦しくなったり等、体調が安定せず、不快な症状も多く見られる時期です。体に負担を描けないよう、予定を組むときは、妊娠していないときよりも移動や準備に2倍の時間がかかることを想定して、無理なく楽しめるように工夫していきましょう。

動悸と息切れ

妊娠中は、妊娠前と比べると血液量が1.2倍~1.5倍ほどに増えます。血液量は、一般的には妊娠29週~31週がピークと言われています。血液が増えることで赤ちゃんへ栄養を送ることができるのですが、心臓は多くなった血液を循環させるために活発に動きますので、ちょっと動くだけでも心臓がバクバクし、動悸が激しくなってめまいやふらつきを感じることもあります

また、子宮が成長することで、横隔膜を圧迫し、息切れを起こしやすくなります。いずれの症状も心臓や肺に問題があるために起こるのではなく、妊娠中の一時的な症状ですので特に深刻に捉える必要はありませんが、体に負担を描けないようにゆっくりと行動することで症状を抑えることはできます。無理なスケジュールを立てずに、時間的な余裕を持って行動するようにしましょう。

鼻血が出ることも

血液量が増え、妊娠前よりも若干高血圧になることで、ちょっとした拍子に鼻血が出たり、歯茎から出血したりすることがあります。鼻血や歯茎からの出血は妊娠時によくある症状ですので、特に問題視する必要はありません。

むくみが深刻化

むくみの解消法をネットで探す妊婦

血液量が増えるだけでなく、運動量が減りますので、ふくらはぎや腕などのむくみが深刻化することもあります。靴が入りにくくなったり、だるさがひどくなったりする前に、脚の下に丸めたタオルケットや枕を敷いて寝たり、適度にマッサージをしたりして、むくみを解消しておきましょう。ふくらはぎのむくみ解消に効果的なマッサージ法をご紹介します。

むくみ解消マッサージ

1.ふくらはぎ全体に軽くボディオイルかボディローションを塗っておきます。
2.床に三角座り(体育座り)で座り、右ひざを右横に倒し、床につけます。
3.左足首を両手でつかみ、くるぶしからひざまでをまっすぐに撫で上げます。
4.ひざまでマッサージしたら、ひざの皿の下を通るように、ひざ裏までマッサージします。
5.同様のマッサージを5回繰り返します。
6.右ひざを立て、左ひざを左横に倒して床に付けます。
7.同様のマッサージを5回繰り返します。

腰痛も深刻化

大きくなった子宮を支えるように、腰を反らせた姿勢を取ることが増えますので、腰痛が悪化することもあります。「腰が痛いなあ」「何だか疲れるなあ」と感じるときは、昼間であっても無理をせずに横になり、腰をまるめたり伸ばしたりして、体を休めましょう。

あまりにも腰痛がひどいときは湿布薬などを利用できますが市販の湿布薬は体を冷やしてしまうものや、妊娠中には使用できないものも多くあります。かかりつけの産婦人科で相談し、妊娠中にも安心して使用できる湿布薬を処方してもらうようにしましょう。

妊婦の腰痛対策!つらい腰痛を楽にする10の方法
妊婦の腰痛対策!つらい腰痛を楽にする10の方法
妊婦のつらい腰痛への対策方法をまとめました。姿勢や寝方など今すぐ実行できる工夫から、寝具選びのコツ、骨盤ベルトなどの腰痛対策グッズ、マッサージなどの身体のメンテナンスについても紹介しています。

乳房の張りが大きくなり、初乳が出ることもある

妊娠時に大きくなるのはお腹だけではありません。女性ホルモン・エストロゲンの影響で、妊娠31週目頃には非妊娠時の1.5倍程度に乳房も膨らみます。締め付けないデザインのマタニティブラを選び、心地よく生活できるように工夫していきましょう。

また、妊娠7ヶ月目の終わりころから、初乳が出ることもあります。乳首の周りを濡れたままで放置しておくと、乾燥して亀裂が出来たり、かゆくなったりしますので、バッドをこまめに替えるなどして清潔な状態に保つようにしましょう。

妊娠31週の心構え:楽しく出産準備をして、つらい症状を忘れよう

出産後の赤ちゃんのベビー服を探す妊婦

初乳が出たり、お腹や胸が大きくなったりと、日一日とお母さんらしい体になっていきます。決して無理な行動は控えなくてはいけませんが、気分が良い日は街へ出て、赤ちゃんのためのグッズを買いそろえるのも良いでしょう。

妊娠31週目ともなると、医師の方針で性別を告げない場合やお母さんが性別告知を望まない場合を除いて、ほとんどの方が生まれてくる赤ちゃんの性別を知っていることと思われます。赤ちゃんに似合いそうなウェアや赤ちゃんが喜びそうなおもちゃを、時間が許す限りじっくりと探してみましょう。手作りが好きなママはスタイやお洋服、おもちゃを手作りするのもいいですね。

妊娠31週の胎児の成長

妊娠31週目の胎児の体長は420~450mm、体重は1,300~1,900gほどになります。脳が急激に発達し、頭が大きく、赤ちゃんらしいバランスの体型に近づいていきます。脳や消化器官、肺以外はほぼ完成していますので、早産で生まれたとしても機能的な障害が生じる可能性は低くなります。

激しい胎動に悩むことは減るが、動かないのはまた心配

赤ちゃんの胎動を感じる夫婦

頭が大きくなるので、胎内で自然と頭部が下を向き、お母さんの骨盤にはまってしまいますので、以前ほど体を活発に動かせないようになります。そのため、胎動が徐々に弱くなり、胎動を感じる回数も減っていきます。

とは言うものの、赤ちゃんは元気に活動していますので、1日に何回かはポコポコお腹を蹴るような動きを感じることでしょう。頻繁に感じていた胎動が全く感じられなくなったり、1日に1度も動かなくなったりしたときは、赤ちゃんに異変が起きている可能性があります。定期健診まで待つのではなく、すぐに病院に行って、エコー検査などで詳細を調べてもらうようにしましょう。

逆子を直す体操やポーズを続けよう

逆子を直す体操をする妊婦

妊娠31週目ともなると、それまで逆子であった場合でも、自然と頭部が下を向くものですが、約5%の確率で、出産時まで頭部が下を向かないこともあります。エコー検査で逆子だと判定された場合は、逆子を直す体操や逆子改善のポーズをとることが勧められますが、どうしても逆子が治らない場合は、帝王切開での出産になることも想定しておきましょう。逆子を直す効果がある体操やポーズを紹介します。体に負担をかけない程度で試してみてくださいね。

逆子を直す体操

1.枕を敷いた状態でうつぶせになります。
2.ひざとつま先を床につき、お尻とかかとを高く上げます。
3.その姿勢を15分キープします。
4.赤ちゃんの背骨がある方向と反対の方向の半身を下にして、15分ほど横になります。

逆子を直すポーズ

1.寝る時は、赤ちゃんの背骨がある方向と反対の方向の半身を下にして寝ます。
2.下になった方の脚を大きく後ろに引き、上になった方の脚の下に枕かまるめたタオルケットを置きます。

お腹の張りは切迫早産や前駆陣痛の可能性

切迫早産の可能性を夫に話す妻

妊娠中は頻繁にお腹の張りを感じるものですが、妊娠31週目頃のお腹の張りは『切迫早産』か『前駆陣痛』の可能性もあります。

切迫早産

お腹の強い張りが2時間以上続くときは、切迫早産の可能性があります。すぐに病院に行って、子宮口が開いていないかチェックをしてもらいましょう。切迫早産の場合は、お腹の強い張りと一緒に出血や破水が見られることもあります。

前駆陣痛

陣痛の前に起こる陣痛のような痛みを『前駆陣痛』と言い、妊娠36週目以降から見られることが多いです。ですが、人によっては妊娠28週目ころから見られることもありますので、この時期のお腹の強い張りは前駆陣痛の可能性も否めません。

前駆陣痛の特徴としては、切迫早産のように出血や破水が伴わないこと、痛みの周期が不規則なこと、少し我慢しているとお腹の痛みが消えていくことなどが挙げられます。強い張りや痛みを感じた時は、切迫早産なのか前駆陣痛なのか判断に迷いますが、痛みが2時間を超えるか、痛みの周期が規則的かどうかで見分けるようにしましょう。切迫早産に違いないと判断したときやどちらか分からないときは、すぐに病院に行って、詳しい検査を受けるようにしましょう。

前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛まで、本陣痛に入ってから出産するまで、ここを読めば流れがしっかりわかります。出産の流れや陣痛の様子をお伝えすることで、リラックスした出産をサポートします。

妊娠9ヶ月目へ向けて過ごし方を再チェック

体が糖分を欲し、甘い物が無性に食べたくなったり、気分が安定せずにイライラすることも多い時期ですが、妊娠中は虫歯になりやすいので、一日中キャンディをなめていたり、お菓子を一日に何度も食べたりすることはオススメできません。

旬のフルーツを適量食べたり、脂肪分を控えたお菓子などを手作りしたり、洋菓子ではなく和菓子をお菓子に選ぶなどして、お菓子の食べ方なども今一度見直し、健康的にストレスをためずに妊娠生活を乗り切っていきましょう。

妊娠生活もいよいよ終盤です。翌週からは、妊娠9ヶ月目へと突入します。赤ちゃんと一緒の生活がもうすぐ始まりますので、生活環境や過ごし方など、赤ちゃんとの生活にふさわしい状態になっているか今一度チェックしてみましょう。