Loading

妊娠30週の体調の変化や症状

妊娠30週出産に向けて変わるママの身体と赤ちゃんの成長

妊娠30週目(妊娠8ヶ月第3週)、妊婦の症状や気をつけること、理想の過ごし方を紹介。お腹の赤ちゃんの成長や胎動の状態は?体重管理をしつつ甘い物を食べるポイント、睡眠不足の乗り越え方、運動やお出かけの際に気をつけること、アルコールや喫煙のリスク、早産や逆子の心配について解説します。

妊娠30週出産に向けて変わるママの身体と赤ちゃんの成長

妊娠30週目の妊婦に見られる症状、胎児の変化、気をつけること

妊娠30週目に入ると、妊婦にはどのような症状が見られるようになるでしょうか?また、妊娠30週目は月数で言うと妊娠8ヶ月の第3週に当たります。妊娠8ヶ月ならではの変化や注意点、気をつけること、胎児の成長などについても見ていきましょう。

妊娠30週のママの体調の変化や症状

妊娠30週の妊婦のお腹

妊娠30週目になると子宮底長は28~35cmになり、お腹が前だけでなく上や横にも大きくなりますので、個人差はあるものの、見た目にも出産が近いことが分かる体型になります。

子宮が膀胱をこれまで以上に圧迫するようになりますので、頻尿症状がひどくなり、尿漏れを起こすこともあるでしょう。尿漏れ用の使い捨てパッドや軽い日向けの生理用ナプキンを活用して、いつも心地よく過ごせるよう工夫しましょうね。

体重管理のポイントは「ちょこっと食べ」

お腹が大きくなることで、どんどん体が動きにくくなっていきます。また、赤ちゃんの成長のために糖分が大量に消費され、脂肪を蓄えやすい体に変化していますので、食事量に比べると体重が増えやすいと感じるでしょう。

1週間に500g以上は増やさない

妊娠後期に入り食欲が増してきた妊婦

体重は量るタイミングによって、1日の間でも500g~1,000gほど増減します。体重計測する時は、朝食前や排便後など、なるべく同じ条件になるようなタイミングを選びましょう。また、1日の変化で一喜一憂するよりは、1週間の変化で見る方が体重増減の傾向を掴みやすいと言えます。
毎日の測定が難しい時は、1週間に1度体重を測定し、1週間に500g以上増えないようにコントロールしていきましょう。

ちょっとずつ食べて体重増加を防ぐ

甘いものが食べたいが野菜で我慢する妊婦

同じカロリーを摂取する場合でも、一度にたくさんではなく、ちょっとずつ摂取する方が太りにくくなります。

例えば、朝トーストとサラダとオムレツで700kcal、ランチはパスタとサラダ、ドリンクのセットで800kcal、夜は豚の生姜焼きをメインとした和食で800kcal摂取するよりは、朝は軽くトーストとサラダで400kcal、朝のおやつ代わりのスープで200kcal、ランチはパスタとサラダだけで600kcal、お昼のおやつとしてプリンで300kcal、夜は豚の生姜焼きをメインとした和食で800kcal摂取した方が、総カロリーは同じですが、太りにくく、甘い物で間食もしていますので満足感も高くなるのです。

臨月の体重増加は何kgまで?理想的な体重にするためのコツ
臨月の体重増加は何kgまで?理想的な体重にするためのコツ
臨月の体重増加を理想的な目安の体重に戻すコツを紹介します。臨月になると食欲が増し体重も増える傾向ですが食欲を抑える方法、むくみ対策など胎児に影響がなく難産になり難い体重管理についてです。

「甘い物」は種類を選んで!

食欲に負け夜な夜な冷蔵庫をあさる妊婦

赤ちゃんの成長と赤ちゃんの栄養分補給のために、体内では糖分が活発に分解されています。そのため、妊娠中、特に妊娠後期は、本能的に甘い物が食べたくなる時期でもあるのです。今まで甘い物が苦手だった方も、この時期はスイーツが大好きになることもあります。

妊娠していないときよりは糖分の分解が活発になるとはいえ、過剰に摂取すると体重増加や肥満につながってしまうのは同じです。和菓子やゼリー、旬のフルーツなどの、糖分は豊富でも脂肪分が少ない食品を選ぶようにしましょう。

妊娠線やかゆみ予防には保湿が効果的!

お腹が急激に大きくなりますので、皮膚も急激に伸び、妊娠線が出来てしまうことがあります。また、お腹だけでなく胸や太ももも急激に大きくなりますので、油断するとそれらの箇所にも妊娠線が出来てしまいます。

夏でも保湿が大切

たっぷりの水分・油分で保湿すると、妊娠線の予防に繋がります。妊娠線予防専用のクリームも販売されていますが、ドラッグストアなどで手に入る普通のボディクリームやボディローションでも、しっかりと塗れば効果は変わりません。
床時と入浴後の1日2回、お腹周りと腰回り、胸、太ももなどをしっかりと保湿していきましょう。

保湿するついでに腕やふくらはぎなど、むくみやすい部分のマッサージをするのもオススメです。妊娠中は血液量が増加するため、心臓に大きな負担がかかり、代謝が悪くなって末端部がむくんでしまうことがあります。ボディクリームを少し塗って、皮膚に余計な負荷をかけないようにマッサージしていきましょう。

妊娠線クリーム|予防効果の高いクリームおすすめ&選び方
妊娠線クリーム|予防効果の高いクリームおすすめ&選び方
妊娠線クリームは妊娠線の予防対策の必須アイテム!妊娠線の予防効果をちゃんと引き出すにはしっかり塗ることが大切です。だから妊娠線クリームは成分やテクスチャーはもちろん使いやすい価格も選ぶポイントに!

かゆみ予防にも保湿が効果的

お腹の張りからできる妊娠線を予防する妊婦

妊娠中は肌が敏感になりますので、下着の締め付けなどのちょっとした刺激でかゆみが生じてしまいます。元々アトピー体質のお母さんは、普段よりも強烈なかゆみを感じることもあるでしょう。とはいっても、ステロイド系の外用薬やかゆみ止めの内服薬などは、妊娠中の使用は控える方が望ましいと言えますので、肌を清潔に保ち、しっかりと保湿することで、かゆみを軽減させていきましょう。

運動やお出かけはOK!「ゆっくり行動、疲れたら休む」

お腹の大きさや赤ちゃんの体長・体重などに、個人差が目立ってくる時期です。赤ちゃんによって成長スピードは異なりますので、他人と比べずに赤ちゃんの成長を見守っていきましょう。

経過が順調なら、運動やお出かけをすることは問題ありません。リフレッシュにもなりますので、体が辛くないなら、楽しく過ごしましょう。ただし、妊娠中期よりも確実にお腹は大きく、体は重くなっており、気をつけることがいくつかあります。

お腹の張りを感じたら休む

お腹の張りが強いママを診断する女の子

妊娠後期に入っても、経過が順調なら運動はしてOKです。適度な運動は体重管理はもちろん、気持ちのいい疲労感を与えてくれるので、良質な睡眠をとりやすくなります。

しかし、お腹は格段に大きくなっていますので、階段はもちろん、小さな段差でつまずかないように、歩く際は慎重に。ウォーキングの際は、運動量増加と転倒防止のために、足をいつもより大きく上げることを意識しましょう。お腹の張りを感じやすくなる時期でもありますので、疲れたら休む。ウォーキングコースは自宅や産院の近所で、ベンチやカフェなど、疲れたら座って休める環境があるところを選びましょう。

おでかけは余裕を持ったスケジュール

女の子と散歩に出かける妊娠中のママ

妊娠8ヶ月目の後半ですから、お腹の大きさも体重も、妊娠していないときと比べると大きく変化しています。そのため、体の重心が変わり、ちょっとした拍子によろめいたり転んだりします。また、自分の体の大きさをしっかりと把握できていないために、テーブルの角や棚などに体をぶつけてしまうことも少なくありません。

いつでもゆっくりと行動することができるよう、余裕を持ったスケジュールで活動することが求められます。駅までに5分かかっていた人は10分ほど前に家を出たり、乗り換えは無理をせずに1台後の電車に乗るようにしましょう。

車を運転する方は、妊娠中はホルモンバランスの影響で、眠気を感じやすいです。運転する日は睡眠を十分にとる、それでも眠い場合は仮眠をとるなどして、決して事故などを起こさないようにしましょう。少しでも体調に不安を感じるときは、車の運転をしないというのも、大切な勇気です。

妊娠後期に眠れないのはよくある?「眠れる時に眠る」生活へ

妊娠後期に入り寝つきが悪い妊婦

お腹の中の赤ちゃんは、昼夜関係なく、20分寝て、20分起きるというような睡眠・生活リズムで過ごしています。しかし、妊娠8ヶ月にもなると、赤ちゃんはお腹の中で昼夜の区別がついています。
妊娠期間中から、早寝早起きの生活に慣れておくと、赤ちゃんも生活リズムが整いやすく、ママも産後の生活リズムが作りやすいです。

しかし、妊娠後期に入ると、寝つきが悪い、頻尿で夜中にトイレに行きたくなるなど、上手にまとまって眠れない妊婦さんも増えてきます。そんなときは昼や夜を気にせずに、眠れる時に眠るよう意識を変えましょう。布団の上で目をつむって体を横にするだけでも疲労回復の効果はあるので、眠れないことをあまり気に病むことはやめましょう。

パパが夜遅くに帰宅し、朝も遅めな家庭の場合、今後の生活リズムを相談しましょう。出産後もパパの仕事のリズムに合わせるのは、赤ちゃんの成長にとっても、ママの体調面でも大きな不安が残るのでやめるべきです。しかし、2人きりで過ごせる残り少ない時間なので、睡眠時間をしっかり確保できるなら、生まれるまではパパと一緒の生活リズムで暮らすという選択も良いでしょう。

妊娠30週の大切な心構え:アルコール・タバコはいらない!

アルコールやタバコの相談を看護師にする妊婦

妊娠が分かった時からアルコールやタバコは一切口にしていないというお母さんがほとんどだと思われますが、つい「一口なら構わないよね」「たまに飲むのは血行促進になるはず」と手を出してしまう方もいらっしゃいます。

ですが、その「少しだけ」という考え方は、妊娠中に限っては良いものとは言えません。アルコールを飲むと、赤ちゃんにも胎盤を通して届けられます。大人の場合、アルコールは肝臓で分解され、代謝されますが、胎児は肝臓が未発達なため、上手に分解されず、アルコールが体内にいつまでも残ることもあるのです。

アルコールが体内に残ってしまうと、『胎児性アルコール症候群』になることもあります。『胎児性アルコール症候群』になると、低体重や低身長、発達障害、小頭症などの症状を発症してしまうこともあります。

国や学説によって、どの程度のアルコール、喫煙が胎児に影響するかという点には差があり、はっきりしたことがわからないのが実情です。アルコールやタバコは嗜好品であり、自分の意志でやめられない場合は依存症の可能性があります。赤ちゃんの健康を考えるなら「アルコール、タバコは一切摂らない!」という心構えが大切です。

妊娠30週の胎児の成長

妊娠30週目の胎児の体長は400~430mm、体重は1,200g~1,800gほどになります。体長は出産時とほぼ同じ、体重は出産時のほぼ半分ほどにまで成長するのです。また、体温調節機能が完成に近づきますので、今まで体全体を覆っていた体毛が徐々に抜けていきます。呼吸活動も完成していきますので、早産の場合でも、適切な処置を行うことで、身体的にも機能的にも問題なく生活していくことが可能になります

胎動は感じる?1日何も感じなかったら要注意

胎動を感じようとお腹を触る妊婦

体長は出産時とほぼ同じくらいまで大きくなっていますので、今までのように胎内で活発に動くことができなくなり、胎動を感じる回数も感じる強さも減っていきます。

ですが、回数や強さが減ったとしても、赤ちゃんが全く動かなくなってしまうわけではありません。1日に胎動が1回も感じられないときは赤ちゃんにトラブルが生じている可能性が高いと言えますので、すぐに病院に行って、エコー検査などで調べてもらうようにしましょう。

普段から胎動カウントなどを行い、赤ちゃんの胎動の記録をとっておくと異変に気が付きやすいのでおすすめです。
また、この時期の赤ちゃんは聴力が発達し、外の音が聴こえていますので、絵本の読み聞かせや音楽を聴かせるなどの胎教を行うと反応して胎動が感じられることもあります。

胎動が少ない3つの原因|不安な時の確認方法&受診目安
胎動が少ない3つの原因|不安な時の確認方法&受診目安
胎動が少ないのは赤ちゃんからのSOS?胎動が少ない場合の危険なケースとはどのような状態か、臨月だと胎動が少ないのは当たり前なのか?病院受診の目安を紹介。不安なママはまずは落ち着いて胎動を確認してみましょう。

肺機能はまだ未熟、切迫早産の危険性

切迫早産の可能性があり自宅で安静にしている妊婦

予定日まであと10週、正産期まで7週なので「もうすぐ出産」という意識も芽生えてきますが、赤ちゃんはまだまだ、少しでも長く、お腹の中で過ごす必要があります。妊娠30週で、1500グラム以上あれば、後遺症なく育つ可能性も高いですが、胎児の肺呼吸機能が完璧に整うは妊娠34週と言われており、やはりまだまだ油断はできません。

強いお腹の張りが2~3時間ほど続くときや、おりもののなかに少量の血が混じっていたとき、塊状の血が出たとき、破水したときは、切迫早産の可能性があります。すぐに病院に行って、適切な処置を受けるようにしましょう。

絶対安静とは

病院で「切迫早産なので絶対安静にしてください」と言われたとき、そのまま入院なら医師の指示に従って行動するので特に不安を感じることはないかもしれませんが、絶対安静と言われたにもかかわらず自宅へ戻るときは、どの程度『安静』にしていることが求められるのでしょうか。

絶対安静を命じられたときは、基本的にトイレに行くとき以外は横になっている状態です。買い物などの外出は当然、家事も行ってはいけません。
絶対安静よりも緩い処置として「自宅安静」があり、こちらは状態により、どの程度の動作・運動量なら許容範囲なのか説明があるはずです。

どちらにしても、医師の指示は守り、家族は理解し、協力しましょう。経過が順調であれば運動しても良い妊娠30週に医師から安静を命じられるというのは、それだけの理由やリスクがある状態なのです。

出産時の逆子は5%!まだ治る可能性はある

妊婦に逆子の可能性を説明する医師

妊娠中期に逆子である確率は30~40%ほどですが、出産時に逆子である確率は5%ほどです。つまり、妊娠7ヶ月目までに逆子と言われても、ほとんどのケースで自然に頭が下になり、逆子状態が解消されるのですね。

ですが、妊娠30週目に逆子だと言われたら、医師の指示に従って逆子の頭の向きを直す『逆子体操』を生活に取り入れる方が良いかもしれません。逆子になるとほとんどのケースで帝王切開による出産となりますので、自然分娩で出産したい方は、エコー検査で分かる赤ちゃんの背骨の向きと反対の方向を下にして寝るなどの工夫(赤ちゃんの背骨がお母さんの右側にあるときは、左側を下向きにして寝る等)をしてみましょう。

胎動の位置で赤ちゃんの動きや逆子の可能性を知る方法
胎動の位置で赤ちゃんの動きや逆子の可能性を知る方法
胎動の位置で赤ちゃんの向きや姿勢がわかるって知っていますか?また急に胎動の位置が変わる、下がる時は少し注意が必要な可能性もあります。成長に伴う胎動の位置の変化、逆子の時の胎動の位置なども紹介します。

出産は怖い?楽しみ?妊娠30週のママは気持ちが揺れる!

妊娠30週になると、お腹が大きくなるだけでなく、無性に甘い物が欲しくなったり、まとめて眠ることが難しくなったりと、日常の何気ない体調の変化からも出産が近づいてきていることをどうしても意識させられます。赤ちゃんの性別が判明してから、ベビー用品を一通り購入済の方もいるでしょう。
出産が楽しみな気持ち、不安で怖い気持ちと、これから出産の日までママの気持ちは揺れ動くことになります。

赤ちゃんもまだまだ体重は1,000グラム台ではありますが、お母さんの骨盤に頭部が固定され、出産への体勢が整い始めています。逆子の場合は、医師や助産師のアドバイスに従い逆子体操をすれば、生産期までに戻る可能性もありますので、焦らずに見守ってあげてください。