Loading

妊娠2ヶ月の体の変化・過ごし方

妊娠2ヶ月におこるママと赤ちゃんの急激な体の変化とは?

妊娠2ヶ月目(妊娠4,5,6,7週)になると赤ちゃんの心拍が確認でき、エコー写真でも姿を見ることができるので、妊娠の実感がわいてきます。しかし、赤ちゃんの器官が急発達することで、ママはつわりなどの症状が出て少し辛いはず。妊娠2ヶ月の過ごし方や気をつけるべきことをまとめました。

妊娠2ヶ月におこるママと赤ちゃんの急激な体の変化とは?

妊娠2ヶ月、ママとお腹の赤ちゃんの変化とは?

妊娠2ヶ月とは妊娠4、5、6、7週にあたる時期のことです。
妊娠初期にあたる妊娠2ヶ月目には、女性の体にどのような変化が現れてくるでしょうか?また2ヶ月はまだお腹も目立たず、傍目には妊娠していることがわからないので、どのようなことに気をつけて過ごせばいいのでしょうか?
妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの変化についてみていきましょう。

つわりなどの初期症状でママは少し辛いかも…

妊娠2ヶ月目の体調の変化に戸惑う女性

見た目には妊娠していることが分かりにくい妊娠2ヶ月目。でも、体の中では様々な変化が起こっています。週ごとに見られる体調の変化や症状について説明していきます。

妊娠4週の体調の変化や症状

ドラッグストアなどで市販されている妊娠検査薬は、生理予定日もしくは生理予定日の1週間後から判定できるようになっていますので、早ければ妊娠4週目で気付くことも充分にありえます。陽性反応が出たら、なるべく早く産婦人科を受診し、正確な検査を受けるようにしましょう。

妊娠4週ママの変化と赤ちゃんの成長は?体調管理のポイント
妊娠4週ママの変化と赤ちゃんの成長は?体調管理のポイント
妊娠4週目には、どのような変化が母体と胎児に見られるでしょうか。妊娠2ヶ月目ならではの下腹部痛などのつわり症状、出血、気をつけることや過ごし方、エコー検査と妊娠検査薬の反応等について説明します。

ホルモン分泌が活発に

妊娠4週目辺りから、ヒト絨毛性ゴナドトロピンや黄体ホルモン、エストロゲンなどのホルモン分泌が活発になってきます。下腹部や胸にハリを感じたり、鈍い痛みを感じたり、昼間でも眠たくなったりしますので、生理が来ていないのに生理前や生理期間中のような感覚を味わうことになります。

微量な出血があることも

妊娠4週目~妊娠5週目あたりに、微量の出血(おりものに赤や茶色がうっすらと混じったもの)が見られることがあります。この出血は「生理様出血」と呼ばれ、量が少ないだけでなく、期間も3日間ほどと短いことが特徴です。妊婦の2割~3割に見られる現象ですので特に不安に感じる必要はありませんが、生理のような量の血や血の塊のようなものが見られるときは、早めに病院で診察を受けましょう。

つわりが始まることも

早い人では、妊娠4週目からつわりが始まることもあります。吐き気やむかつき、頭痛や腹痛、下痢や便秘といった身体的症状だけでなく、気分が不安定になったり落ち込みやすくなったりするなどの精神的症状が見られることもあります。

中には、つわりがひどく、食事を受けつけなくなってしまうこともあります。ですが、妊娠4週目では妊婦が食べるものと胎児の発育にはあまり大きな関係はありませんので、ナーバスにならず、食べられるときに食べられるだけ食べるようにしてくださいね。

妊娠5週の体調の変化や症状

辛い妊娠の症状に耐える女性

生理が1週間ほど遅れていることに気付くことができますので、体の変化に耳を傾けましょう。
一般的な妊娠検査薬なら、妊娠5週目には妊娠しているかどうかを判定することができます。陽性反応が出たら、なるべく早く産婦人科で検査を受けるようにしましょう。赤ちゃんの入った袋である「胎嚢」と赤ちゃんの「心拍」が超音波検査で確認できます。

妊娠5週目の体調の変化や胎嚢と心拍など赤ちゃんの成長
妊娠5週目の体調の変化や胎嚢と心拍など赤ちゃんの成長
妊娠5週目の妊婦のお腹や胎嚢の変化、妊娠2ヶ月目の気をつけることや理想的な過ごし方、つわり、出血、食欲の変化、赤ちゃんの心拍などについて説明します。アルコールやタバコを控えママの準備を始めましょう。

黄体ホルモンの影響で熱っぽくなることもある

胎盤を形成するために黄体ホルモンが活発に分泌されますので、高温期が続き、熱っぽく体がだるく感じることもあります。また、そのために昼間なのに眠気を感じることもあります。下腹部や胸のハリや痛みを感じる人もいます。

つわりや腹部膨満感も

妊娠5週目は子宮が徐々に大きくなっていく時期でもありますので、腹部に圧迫を感じることやガスがたまってしまうこともあります。おならや尿の回数が増えますが、正常な変化ですので特に注意する必要はありません。

また、つわりがひどくなって特定の食べ物を見ただけで吐き気を催したり、食の好みが急激に変化したりすることもあります。情緒が不安定になることも少なくありません。

妊娠6週の体調の変化や症状

生理の周期が不規則な人でも、生理予定日から2週間も過ぎると、「妊娠しているのかも」と気付くのではないでしょうか?その意味でも、妊娠6週目はほとんどの人が妊娠に気付く時と言うことができます。

妊娠6週目の妊婦と胎児の変化、気をつけることや過ごし方
妊娠6週目の妊婦と胎児の変化、気をつけることや過ごし方
妊娠6週目の妊婦は、妊娠2ヶ月目の終わりに近づくことでどんなことに気をつけることができるでしょうか。胎嚢の大きさや心拍の様子、エコー検査や出血についても説明します。

心拍確認ができる

妊娠5週目では心拍確認ができなかったケースでも、妊娠6週目になると心拍確認が高確率で行えます。超音波検査と最終生理日から、出産予定日が割り出されることもあります。

母子手帳の交付

心拍確認ができ、妊娠していることが確認されると、母子手帳の交付を受けることができます。母子手帳の交付方法は市区町村によって異なりますので、確認して早めに受け取るようにしましょう。

母子手帳には『妊婦検診受診券』が付いてきます。枚数や使い方は地方自治体によって異なりますが、いずれの場合も本来は自費診療である妊婦検診を無料で受けることができる仕組みになっていますので、充分に活用するようにしましょう。

妊娠7週の体調の変化や症状

妊娠7週目は、そろそろ赤ちゃんの栄養を考えた食生活に移行していくべき時です。母子手帳にも書かれていますが、葉酸や鉄分、カルシウム、タンパク質を豊富に含む食事を心がけ、飲酒などの習慣も控えていくことが望まれます。

妊娠7週目の妊婦と胎児の変化!生活における注意事項
妊娠7週目の妊婦と胎児の変化!生活における注意事項
妊娠7週目とは妊婦と胎児にとってどのような時期なのでしょうか。妊娠2ヶ月目の最後の週に見られる赤ちゃんの心拍や胎嚢の大きさ、出血やお腹の張り、エコー検査や気をつけることについて説明します。

出産する病院を決める

検診は行っても出産施設はないクリニックなどもありますので、出産できる病院を妊娠7週目ころまでには決定しておく方が良いでしょう。自宅からの距離や無痛分娩を実施する病院など、各医院の特徴を研究し、納得できる出産ができるように準備します。

人気の産婦人科では早めに予約しておかないと、入院を断られてしまうこともあります。なるべく早く情報を収集し、病院に訪れるようにしましょう。

赤ちゃんの器官が急発達、心拍が確認できて一安心

妊娠中でも普段通りの生活をすることを決めた女性

妊娠7週目までの赤ちゃんを「胎芽(たいが)」と言います。大きさは2~20mmで、「胎嚢(たいのう)」と呼ばれる袋に入っています。手や足がまだ発達していないので、一見、オタマジャクシのような形をしていますが、目や耳、口、胃、腸、大動脈などの器官はこの「胎芽』の時期に作られます

胎芽の様子:体の器官が急激に作られていく

妊娠2ヶ月目の初めのころには、しっぽやえらのようなものが見えますが、妊娠4~7週目にかけて、徐々に心臓や肝臓、腎臓などの臓器や目や耳などの感覚器、中枢神経や胃腸管などが作られていきます。妊娠7~8週目ころには、しっぽやえらが退化し、手足が見えてくることもあります。

胎芽と心拍の確認はいつ頃?

妊娠4週目に超音波検査をすると、黒い影のような楕円形のものが子宮内に見えます。これが「胎嚢」です。胎嚢のなかに赤ちゃん(胎芽)が入っているのですが、白い点のように写るだけではっきりとは見えません。

胎芽の成長と卵黄嚢

妊娠5週目、6週目と週数が増えるにつれ、白い点が徐々に大きくなってきます。また、胎嚢の中に、白い点より大きな丸い枠のようなものが見えます。これを「卵黄嚢(らんおうのう)」とよび、胎芽の栄養源となるものが入っています。胎芽は胎盤をとおして栄養を摂取するのではなく、胎嚢内の卵黄嚢から栄養を吸収しているのです。

妊娠6週目には赤ちゃんの心拍の確認ができる

早い場合は妊娠5週目から胎芽の心拍音が確認できますが、通常の場合でも妊娠6週目には心拍音の確認ができるようになります。超音波検査はお腹の上からでも行うことができますが、妊娠2ヶ月目などの妊娠初期には、よりはっきりと確認するために、測定器具を膣内に入れてエコー検査を行うのが一般的です。

「ストレスを溜めない」「普段通り」が1番良い過ごし方!

リラックスして女友達と出かける女性

妊娠の超初期症状が現れる妊娠2ヶ月目。体の変化に合わせて、どのように過ごすことが望ましいのでしょうか?過ごし方や気をつけること、ストレス解消法について説明してまいります。

基本は普段通り、冷えや喫煙には注意!

徐々にお腹のハリや尿の回数の変化などを感じるものの、見た目には何の変化もないので、つい妊娠していないときと同じ具合に生活してしまいがちです。ですが、おなかの中の小さな命を守るため、過ごし方には充分に気をつけなくてはいけない時期でもあるのです。

気をつけること1.体を適度に動かす

赤ちゃんが気になるあまり閉じこもってしまう方もいらっしゃいますが、妊娠2ヶ月目は便秘や下痢などお腹の調子も悪くなりやすい時期ですので、適度に体を動かして、腸も活発に動けるようにしておくことが大切です。

妊娠と言う一大イベントに備えて、基礎体力をつけておくべきときでもありますが、あまりに激しい運動は体に負担をかけてしまうのでオススメすることはできません。激しい運動は控えながらも、普段通りに体を動かすのが理想です。

普段はあまり運動をしていない人は、妊娠したことをきっかけに軽いウォーキングやヨガなどを初めて見るのも良いでしょう。体に負荷がかかり過ぎない運動を、軽いものから少しずつ時間を増やしていくのはいかがでしょうか?

気をつけること2.ストレスをためない

人間の心と体は密接に結びついています。つらいと思ってしまうと、体にも不調が現れることがあります。嫌なことがあると「ストレスだ・・・」と感じてしまいますが、このように「ストレスだ」と感じることがストレスになっているのも事実です。

つわりが辛かったり、ホルモンバランスの急激な変化で情緒が不安定になってしまうこともあるかもしれません。しかし、今はそういう時期なのだと割り切りましょう。必要以上にくよくよ悩まないようにすることで、嫌なことがあってもストレスとは体が認識しないようにすることができます。毎日ポジティブに過ごせるようにしていきたいものですね。

気をつけること3.ヒールが低くて太い靴を選ぶ

転倒してしまうと、赤ちゃんにも影響が及ぶこともないとは言い切れません。靴を履くときは、ヒールがなるべく低いものを選び、ヒール部分が太く安定した形のものを選択するようにしましょう。また、足元を冷やさない靴を選ぶことも大切です。夏場でもなるべくつま先やかかとを覆う形のシューズを履くようにしましょう。

気をつけること4.冷やさず締め付けない服装

妊娠2ヶ月目には、つわりで腰や足の付け根に痛みを覚える人もいます。これらの症状は、主に子宮のふくらみやホルモンの分泌によって引き起こされますが、しめつけの強いガードルやパンツ、ストッキング類の影響で痛みが強くなることもあります。

また、腰回りが冷えると、おなかの調子が悪くなったり悪寒や腹痛の原因になったりすることもありますので、季節を問わずあまり冷やさない洋服を選ぶようにしましょう。冷房が強いオフィス、立ち仕事が多い職場などで働いている方は、厚めのタイツや靴下をプラスしたり、カーディガンを一枚重ねるようにしたりして、冷えから体を守りましょう。

妊娠2ヶ月目ではまだマタニティウェアを着る必要はありませんが、意識的に下半身を締め付けず冷やさない格好をする必要はあります。つわりを軽減し、母子ともに健康に過ごすために、服装を今一度チェックして見ましょう。

気をつけること5.嗜好品の摂取

妊娠2ヶ月目の赤ちゃんは卵黄嚢経由で栄養を得ていますが、妊娠8~10週目くらいになり『胎児』と呼ばれるまでに成長すると、お母さんが摂取する栄養を胎盤経由で赤ちゃんも摂取するようになります。そのとき、お母さんがタバコを常習的に吸っているとするならば、酸素や栄養などの赤ちゃんの生育に必要なものが充分に胎盤に運ばれない可能性もあります。妊娠を機に禁煙するのはいかがでしょうか。

また、神経系統や臓器などの器官が形作られる時期でもありますので、アルコールやカフェインが含まれる飲み物(コーヒーや紅茶、濃い緑茶など)の摂取も控えた方が良いでしょう。

妊娠2ヶ月にできるイライラ解消法

スイーツでストレス発散する女性

ホルモンバランスが崩れやすくなる時期ですので、妊娠2ヶ月目は、イライラしたり落ち込んだり気分の起伏が激しくなりやすい時期でもあります。イライラをためこむとストレスになってしまいます。自分に合ったイライラ解消法を実践して見ましょう。

オンとオフを切り替える

妊娠中だからあれもダメこれもダメと決めつけてしまうと、ストレスがたまってしまいます。規則正しい生活も大切ですが、たまには夜更かしやスイーツ食べ放題もアリです。適度に息抜きをして、理想的な妊婦状態(オン)とちょっとわがままな妊婦状態(オフ)を切り替えましょう。

ウォーキングを楽しむ

適度な運動は、ストレス解消にもなります。妊娠期にハードな運動はあまりオススメできませんが、ウォーキングなどの軽い全身運動は妊婦にとって理想的なストレス解消法&体力作りになります。郊外などの景色が良いところを散歩するのも、気分転換になって良いですね。歩きやすい服装と足にフィットしたウォーキングシューズで出かけましょう。

妊娠中の運動で安産&快適マタニティライフ!おすすめ運動
妊娠中の運動で安産&快適マタニティライフ!おすすめ運動
妊娠中に運動は安産に繋がり、マタニティライフを快適に過ごすためにも大切です。いつからどのような運動法がおすすめなのか、理想の運動量や注意点は?妊婦さんでも気軽にできる運動のアイデア盛りだくさんです!

気持ちを伝える

嫌なことやイライラすることをためこむと、ストレスとなって残ってしまいます。不安な気持ちや今の思いを信頼できる人に話してみることでも、イライラは解消できます。

妊娠2ヶ月目は妊婦が自分をいたわって過ごしていくのがポイント

妊娠2ヶ月目は、周りからは妊娠していることに気付かれにくい時期ですので、妊婦自身が自分を充分にいたわらなくてはなりません。つわりや妊娠初期症状が辛いときは、無理をせず、食べられるものを食べて、体を休めましょう。はじめてエコー写真で赤ちゃんの姿を見て、心音が確認できれば、徐々に妊娠の実感も湧いてきます。

できるだけ普段通りの生活を心がけて、リフレッシュの方法を見つけながら、ストレスを溜めずに楽しく過ごしていきたいですね。