Loading

妊娠29週目の妊婦と胎児の変化

妊娠29週目お腹が目立つ時期の過ごし方と赤ちゃんの成長

妊娠29週目のママの体調の変化、赤ちゃんの成長の様子などを紹介します。ママは甘いものが食べたくなり胎動も減ってきます。また逆子や早産にも気を付ける時期になります。赤ちゃんの成長と合わせた妊娠29週の過ごし方を解説します。

妊娠29週目お腹が目立つ時期の過ごし方と赤ちゃんの成長

妊娠29週の母体の変化・胎児の成長について

妊娠29週は、妊娠8ヶ月の第2週に当たります。妊娠後期に入って、ママの体も赤ちゃんの体も着々と出産に向けて変化していきます。この時期ならではの知っておきたいことや気をつけることを具体的に説明します。

妊娠29週はママのお腹が目に見えて大きくなる時期

妊娠29週のお腹を抱えるママ

子宮底長は28cm~35cmほどになり、羊水も一気に増えていきますので、お腹のふくらみが目に見えて大きくなる時期です。赤ちゃんの体重も増えていく時期ですので、一日に何度も空腹感を覚えるかもしれません。

甘い物を食べたくなる

今までそんなに甘党出なかった人も、妊娠後期に入ると急に甘い物が食べたくなったり、普段飲まないような甘いジュースを飲みたくなったりと、味覚が変わることもあります。
これは、赤ちゃんの栄養源としてママの体内で大量のブドウ糖が消費され、常に脳が糖分不足を感じていることによります。

糖分を妊娠していないときよりも少し多めに摂取するのは良いことですが、ついでに脂肪分やナトリウム(塩分)などを過剰に摂取してしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などに罹患してしまいますので注意が必要です。
甘い物をたくさん食べたくなったら、次のアイデアで乗り切って見るのはいかがでしょうか。

甘い物をたくさん食べたくなった時に、試してみること

甘いものを食べる妊娠29週のママ

  • 旬のフルーツを食べる。旬のフルーツは甘みが強いだけでなく、妊娠中に必要なビタミンやミネラルが豊富です。たくさん食べても脂肪分は少ないのも嬉しいポイントです。
  • バナナを常備しておく。年中、いつでも手に入るバナナ。食べ応えがあるので、食べ過ぎ防止にも効果的です。食物繊維が豊富に入っていますので、便秘症状の解消も期待できます。
  • ご飯をゆっくり噛んで食べる。ご飯は噛めば噛むほど甘みが強くなり、満腹感も得られますので、甘い物の代わりに食べるのも良い方法です。ただし食べ過ぎないように、1食あたり1膳までにとどめておきましょう。
  • ゼリーや寒天のデザートを食べる。シュークリームやパイなどの洋菓子は、甘さも強いですが、脂肪分が非常に多く、たくさん食べることはオススメできません。その点、ゼリーや寒天のお菓子は脂肪分が控えめですので、妊娠中の甘み補給にうってつけと言えます。

前駆陣痛が見られることも

お腹をさわり赤ちゃんのことを想像するママ

本格的な陣痛の前に起こる陣痛のような痛みを『前駆陣痛』と言います。前駆陣痛は妊娠36週目以降に起こることが多いのですが早い場合には妊娠28週目頃に現れることもあります。
本当の陣痛とは異なり、痛みの周期が一定せず、不規則な間隔で痛みが襲ってきますが、痛みの周期が規則的な時は早産につながることもありますので、すぐに病院に行って診察を受けるようにしましょう。

前駆陣痛ってなに?臨月の本陣痛との違い痛みや間隔まとめ
前駆陣痛ってなに?臨月の本陣痛との違い痛みや間隔まとめ
前駆陣痛ってなに?いつから始まるの?痛みや間隔、本陣痛や胎動の違い、入院目安や事前準備しておきたい事など臨月に入り前駆陣痛を不安に思っているママが参考になる記事をまとめました。

赤ちゃんの体長は出産時とほぼ同じになる

赤ちゃんのエコー写真の説明をするベテラン女医

妊娠29週目の胎児の体長は400mm~430mm、体重は1,100g~1,600gです。出産時と比べると体長はほぼ同じ、体重は3分の1から2分の1程度まで成長しています。

骨格と筋肉の急激な発達

妊娠29週目ごろには、ママが食べたものや蓄積したものの中から、1日当たり200mg~250mgのカルシウムが赤ちゃんに吸収されていきます。
大量のカルシウムで丈夫な骨格や筋肉を作っていきますので、ママ自身がカルシウム不足に陥らないよう、小魚や乳製品などを意識して食べるようにしましょう。

脳回の出現

脳が発達し、脳のしわ(脳回)が出現します。感情も芽生え始めますので、この頃の記憶が生まれてからも残っていることもあります。

赤血球が作られ始める

赤ちゃんの骨髄から赤血球が作られ始めます胎芽時代は卵黄嚢(らんおうのう)で赤血球が作られていましたが、卵黄嚢が消滅すると肝臓で作られるようになり、妊娠29週前後になってようやく大人と同じように骨髄から赤血球が作れるようになったのです。

普段の生活では転倒に気をつける

運動不足を解消するために散歩する妊婦

羊水量が増え、お腹が前にせりだしますので、歩く時などは細心の注意をするようにしてください。足元が見えにくくなるだけでなく、妊娠前と比べて体重が増加しているために重心の位置が変わっていることや、血液量が増えて貧血気味になっていること、出産が近づいてきたために脚の関節が緩んできたことなど、ふらつきや転倒の原因になる条件がそろっていますので、用心してもし過ぎることはありません。

妊娠前+500kcal

妊娠後期は、妊娠する前と比べて500kcalほど多めに摂取するのが好ましいとされています。標準的な体格の方なら、1日当たり2,200kcal~2,400kcalが目安となります。
食事で言うならば、毎食、ご飯を半膳プラスする程度の増加量です。ただし、かかりつけの医師から体重が増えすぎていることを指摘されている方は、食事量を無理に増やす必要はありません。

羊水量のピークを迎えむくみの症状がでることも

妊娠29週目あたりに、羊水量のピークを迎えます。妊娠後期の羊水量は500mlほどですが、羊水量が800ml以上の場合は『羊水過多症』と診断され、お腹の張りやむくみ、呼吸困難などの症状が現れることもあります。
羊水過多症の方は、出産時期が少し早まることがあります。妊婦検診時などで指摘されたときは、覚悟しておく方が良いかもしれません。

切迫早産の疑いを医師に診断されるのも妊娠29週の時期

切迫早産の可能性があり入院するママと応援するパパ

お腹の張りが数時間続くときや血の塊が出た時、破水したときは、切迫早産の疑いがあります。すぐに病院に行って、正確な診断を受けるようにしましょう。

切迫早産と診断されたら

切迫早産の状態にもよりますが、対処法としては『自宅安静』になるか『入院』になるかのどちらかです。症状がまだそこまで切迫していない場合は『自宅安静』になりますが、これは、基本的に外出は控え、家の中で無理のない程度に動くことを指しています
浴室の掃除や荷物の上げ下ろしなどの負担の強い家事は避け、なるべく座っているか横になっているように心がけます。子宮収縮抑制剤などの内服薬を処方されることもあります。

症状が切迫していると判断された場合は『入院』になります。入院中は基本的にはベッドに横たわり、体を動かさないようにして過ごします
そのまま出産時まで入院したり、NICUのある病院に転院したりすることもあります。

子宮頸部の長さで切迫早産が分かることも

妊婦の定期検診時に『経膣超音波検査』で子宮頸部の長さと状態を測ることで、切迫早産なのかどうかを調べることもできます。
子宮頸部は35~40mmが標準的ですが、自宅安静の切迫早産の場合は子宮頸部が30mm以下、入院治療の場合は子宮頸部が20mm以下になっていることが多いです。

妊婦検診を欠かさず受けるようにすること

産婦人科で妊婦検診を受けるママ

『後期つわり』とも呼ばれる吐き気や腹痛などの不快症状が見られるようになるママがいる一方、安定期と変わらない調子で快適に過ごせるママもいます。
いずれの場合も、妊娠後期で慎重に過ごさなくてはならないのは同じですから体に不安があってもなくても、妊婦検診は欠かさず受けるようにしましょう

ほとんどの産婦人科において、妊娠8ヶ月目は2週間に1度検査を受けるように指示されます。エコー検査や問診、体重測定などで自分の体の状態と赤ちゃんの状態をきちんと把握するようにしましょう。

気軽に病院に行く習慣をつける

また、お腹の張りや痛みなど、いつもと何かが違うと感じる方は、定期検診時でなくても、すぐに病院に行くことが勧められます。

どんな症状であっても、早めに病院で検査することで最善の対応を行うことができます「こんなことで病院に行くのは変かな?」などと思わず、気軽に病院を訪れる習慣をつけておきましょう。

胎動は減る傾向になる

妊娠29週の赤ちゃんについて調べるママ

赤ちゃんによっては、頭部がママの骨盤の方に移動して、胎動が徐々に減っていくことがあります。ですから、胎動が弱くなったり、感じる回数が減ったりしても、極端に心配する必要はありません
ただし、急に胎動が感じられなくなったり、1日中1度も動きを感じなかったりするときは、赤ちゃんに異変が起こった可能性もありますので、すぐに病院に行って、検査を受けるようにしてください。

胎動は赤ちゃんが元気な証拠!ママが知りたい胎動の知識
胎動は赤ちゃんが元気な証拠!ママが知りたい胎動の知識
胎動はいつから始まるか、胎動が感じられないときの対応、本陣痛や前駆陣痛との痛みの違いなど赤ちゃんの胎動についての記事をまとめました。赤ちゃんの胎動で健康や状態を知ることができます。

おりものの量が増える時期

お腹がせり出してきて腰痛に悩む妊婦

妊娠中は膣内にカビや病原菌が入りこむことを防ぐために、妊娠していないときよりもおりものの量が増えます。
使い捨てのパンティライナーなどを下着に装着して、たくさんおりものが出ても快適に過ごせるように準備しておきましょう。

パンティライナーに普段以上の水分が出て腹痛を感じる場合は、破水している可能性があります。すぐに病院に行って、検査を受ける必要があります。通常、破水すると1週間以内に出産を迎えます。

また、パンティライナーに茶色のおりものが付いている場合は切迫早産の可能性があります。このようなときも、すぐに病院に行って、詳しく検査を受けるようにしてください。早めの処置で、赤ちゃんと母体の健康を守れますよ。

臨月のおりものは量・色・においが変わる?おしるしとの違い
臨月のおりものは量・色・においが変わる?おしるしとの違い
臨月のおりものの変化が気になるなら量や色を要チェック!もともと個人差の大きいおりものの状態は変化も他人に言いにくいものですがオリモノかと思いきやもしかしたらおしるしや破水の可能性も捨てきれない?!

妊娠29週はいつでも病院に行ける準備をしておこう

妊娠29週をリラックスして過ごしている妊婦

妊娠29週目からは、いつでもすぐに病院に行けるように準備しておくことが大切になります。普段は滅多に病院に行かない人でも、妊娠後期は、ちょっとした変化でもすぐに病院に行くようにしなくてはなりません。
赤ちゃんの命を守れるのはママだけなので、「自分のことは自分が一番よく分かっている」とか「私は大丈夫」と言った風に過信してしまわないで、変だなと思ったらすぐに病院に行くようにしてください。

出かけた先でもすぐに病院に行けるように、母子手帳を携帯することがオススメです。
特に、旅行などの泊まりがけで出かけるときは、途中でどんな変化が起こるか分かりませんので絶対に母子手帳を持って出かけるようにしましょう。

不安な時や変化が起こった時はすぐに病院へ

性別も分かり、出産までのカウントダウンを始めているご家庭も多いことでしょう。赤ちゃんが生まれるのは本当に喜ばしいことですが、無事に出産するためには、少しでも赤ちゃんを安全な状態で守ることが大切となります。
とはいっても、お腹の中を直接見ることはできませんから、何か変化があるときはすぐに病院に行って赤ちゃんの状態を確かめるようにしましょう。