Loading

妊娠27週目の妊婦と胎児の変化

妊娠27週安定期終了|赤ちゃんの成長&気をつけたい症状

妊娠27週目は妊娠7ヶ月の最終週です。安定期も終わりに近づき、動機や息切れなどの症状が起こり、痛いほどの胎動を感じているママもいるでしょう。体重管理に気を付け、お腹の張りなど切迫早産の兆候を見逃さないように。エコー検査で赤ちゃんを確認すると、楽しそうに遊んでいるかもしれませんよ!

妊娠27週安定期終了|赤ちゃんの成長&気をつけたい症状

妊娠27週目、安定期終了!力強い胎動は元気な証拠

長い妊娠期間も、いよいよ3分の2が終わりました。妊娠27週目は妊娠7ヶ月の最終週でもありますので、あと数日すれば妊娠後期に突入する時期でもあります。
この時期の妊婦に見られる症状や胎児の成長、体重の管理や気をつけること、心構えなどについて説明します。

妊娠27週の体調の変化や症状

妊娠27週の妊婦のお腹

子宮底長が25~33cmほどになりますので、子宮が胃を圧迫し、ちょっと食べるだけでお腹が苦しいと感じるお母さんも増えていきます。動いてもすぐに息切れしたり、動悸が激しくなったりするので、なかなか思うように活動ができないと感じる方も多いでしょう。

お腹はせり上がってくるように上部から大きくなりますが、まだまだこれからも出産時まで大きくなっていきます。腰に負担がかからないように、骨盤ベルトやマタニティガードルなどを着用するようにしてくださいね。

血液量の増加で動悸が強まる

子宮が臓器を圧迫することで息苦しさや動悸を感じやすくなりますが、血液量が増えたことも動悸の一因となっています。血液量は妊娠27週~妊娠33週にピークを迎えますので、この時期は特に動悸を感じやすくなります。移動する時は時間的余裕を持って、無理をせずに活動していきましょう。

血液が薄くなることで息切れが激しくなる

運動後の休憩中の妊婦

子宮が横隔膜を圧迫しますので、呼吸がしにくく、ちょっと動くだけでも息切れを感じてしまいます。ですが、息切れの原因は、子宮による臓器の圧迫だけではありません。
血液量が増えることで血液濃度が薄まり、体中に運ばれる酸素量が血液量に比べて少なくなってしまい、軽い酸素欠乏状態になることで息切れ症状が出てしまうのです。増加する血液量に合わせて、酸素の運搬を行う鉄分を充分に摂取することが望まれます。

吐き気を感じることも

つわりのような吐き気を再び感じるお母さんも少なくありません。これは大きくなった子宮が胃を圧迫することによって生じる症状ですが、どうしても吐き気が治まらない場合や食べたものを全部吐いてしまって体重が減ってしまうような時は、病院で妊娠中でも服用できる胃腸薬を処方してもらうのも良いでしょう。

妊娠27週の胎児の成長

お腹の胎児のことを考える妊婦

妊娠27週目の胎児の体長は380mm~400mm、体重は800~1,300gほどになります。あと10cm、2kg弱ほど大きくなれば、新生児の大きさになりますね。お腹での生活もあと3ヶ月。赤ちゃんはどのような成長を遂げているのでしょうか。

目がうっすらと開き、明るさがわかる

脳の視覚野の機能が開始され、赤ちゃんのまぶたがうっすらと開き始めます。お腹を通してですのではっきりとした光は感じられませんが、うすぼんやりとした明るさや暗さを感じることができるようになり、お腹の中の生活にもある程度のリズムがついてくるようになります。

筋肉や骨が発達する

お腹の中で何度も手を開いたり握ったりする赤ちゃん。動きは今までと変わりませんが、妊娠27週目になると筋肉や骨が発達していきますので、握力も強くなり、力強く握ったり開いたりできます。運が良ければ、エコー検査の時にへその緒を握って遊んでいる様子を確認できることもあります。

味覚が発達する

定期健診に訪れた妊婦

舌の上の味を感じる『味蕾(みらい)』が完成していきますので、味覚が急激に発達します。まだ食事はできませんが、甘みや苦みを感じることはできるのです。

胎動が痛いのは赤ちゃんに脂肪が少ないから!

妊娠27週では、まだまだお腹の中にも空間がありますので、赤ちゃんも活発に動き、胎動を感じられる時期です。
この時期の赤ちゃんは、筋肉や骨が発達するのですが、脂肪は少な目で、ゴツゴツと骨ばっているため、思い切りキックやパンチをされると思わず「痛い!」と叫びたくなるほどの衝撃があります。膀胱を蹴られると衝撃で尿漏れすることもあるので、胎動が激しく心配なママは生理用ナプキンなどをあてておきましょう。

一方、胎動を感じなくなったり、弱い胎動が1~2日ほど続いたりしたときは、定期健診でなくても病院に行って、詳しく検査してもらう方が良いでしょう。赤ちゃんに何らかの変化が起きている可能性があります。

逆子はまだ心配なし

逆子の心配がなく安心する妊婦

子宮上部に頭がある「逆子」。逆子になると、一般的には帝王切開で出産することになります。ですが、妊娠27週目にエコー検査で逆子だと診断されても、まだまだ赤ちゃんは活発に動きますし、頭も大きくなって、自然に頭部が子宮底部に下がる可能性もありますので、特に心配する必要はありません。

妊娠27週の過ごし方|大きくなるお腹がしんどいことも…

お腹はすくけれど、胃が圧迫されて食欲がわかない日も増えていきます。赤ちゃんの成長のためにしっかり栄養を摂ることは大切ですが、無理に食べてしんどい思いをするよりは、食べられるときに食べられる分だけ食べる方が健康的です。

反対に「体重が増えすぎて困っている!」というお母さんもいるでしょう。もちろん、赤ちゃんの成長のためにきちんと食べることは大切ですが、食べ過ぎて妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になってしまうなら、お母さんの体だけでなく赤ちゃんの体にも悪影響です。
体重コントロールに留意し、脂肪分と塩分を控えた食生活を送るように心がけましょう。

1週間に体重が500g以上増えないようにしよう

体重が増えすぎないように小分けしたサラダを食べる妊婦

赤ちゃんがどんどん大きくなる時期ですので、お母さんの体重もどんどん増えてしまいます。ですが、1週間に500g以上体重が増えてしまうと、お母さんの心臓などの臓器や骨格にも負担を与え、息切れや動悸が強まったり、腰痛や便秘が悪化したり、赤ちゃんが大きく成長できなかったり、反対に赤ちゃんが大きくなりすぎて病気のリスクが高まってしまいますので、良いことは何1つとしてありません。

こまめに体重を測って、1週間に500g以上増えないようにコントロールしていきましょう。

食事を小分けにする

胃が圧迫されて食事をしづらく感じている方も、体重の増えすぎが気になる方も、食事を1日に5~7回ほど、小分けにしてとるのはいかがでしょうか。もちろん、1回の食事量は、普段の半分程度にして、総カロリー量は2,000kcal~2,100kcalくらいになるようにしておきます。

小分けにして食べると、太りにくくなるだけでなく、空腹感を感じにくくなりますのでストレスも感じにくくなります。仕事をしている方にはちょっと難しいかもしれませんが、健康的なダイエット法でもありますので、ぜひ試してみてくださいね。

運動は医師の許可を得てから

医師の許可を取り運動をする妊婦

妊娠27週目まではいわゆる安定期ですので軽い運動をすることは問題ありませんが、もうすぐ妊娠後期であることを考慮し、できれば医師に相談してから運動するようにしましょう。医師から運動の許可を得た場合でも、マラソンや登山・テニスといった激しい運動は避けて下さい。

体重が増えすぎてダイエットをしたい方も、ウォーキングやストレッチ、マタニティスイミングなどの妊婦に適した運動をするようにしましょうね。

お腹の張りが日常的に!

お腹の張りを感じつつ読書をする妊婦

お腹の張りを日常的に感じるようになります。ママの体調によっては1日に何度かお腹の張りを感じることもありますし、胎動の激しい赤ちゃんの場合は特に張りを強く感じやすい傾向にあります。
運動はすすめられていますが、ウォーキング中などにお腹の張りを感じた場合は、少しの間、座って休むようにしましょう。

お腹が急激に硬くなったり、張りが2時間以上続いたり、張りと言うよりは痛みを強く感じたりするときは、病院に行きましょう。胎盤の異常や切迫早産の可能性があります。

妊娠線のケアは少しも油断できない

出産時まで、まだまだお腹は大きくなりますので、妊娠線のケアもしっかりとしておく必要があります。もちろん、お腹だけでなく胸も大きくなっていきます。胸に妊娠線が残らないよう、丁寧にボディクリームやボディローションを塗っておくようにしましょうね。

妊娠線予防に塗るクリームと言うと、何か特別なものが必要と思う方もいらっしゃいますが、普通のボディクリームやボディローションで十分な効果が得られます。ただし、妊娠中は普段よりも肌が過敏になっていますので、低刺激性のもの、できればオーガニック原料のものや自然派化粧品を選ぶ方が良いでしょう。

妊娠線予防の徹底対策5つ・妊娠線を許してしまう2つの油断
妊娠線予防の徹底対策5つ・妊娠線を許してしまう2つの油断
妊娠線予防は徹底した対策が最大のポイント。妊娠線予防のために続けたい5つの対策、妊娠線対策におすすめのクリーム・オイルや腹帯等のベルトもご紹介!妊娠線は最後まで油断することなく対策を続けましょう!

早産・切迫早産の兆候とは?

切迫早産の兆候が見え入院する妊婦

妊娠22週から妊娠36週の間に赤ちゃんが生まれることを早産と言います。早産で生まれてきても、健康に問題のない場合もありますが、1日でも長くお腹のなかにいた方が赤ちゃんの病気や健康上のリスクを減少できます

切迫早産の兆候

早産になるかもしれない状態を、『切迫早産』と呼びます。切迫早産の兆候としては、お腹の強い張りが一定周期で現れること、横になってもお腹の痛みが治まらないこと、おりものに血が混ざっていること、血の塊が出ること、破水があること(下着の汚れや排尿後に尿とは異なる水が流れることでチェックします)などが挙げられます。

これらの兆候が見られたときは、すぐにかかりつけの産婦人科もしくは近くの救急病院に行き、詳しく検査してもらうようにしましょう。切迫早産と診断されると、そのまま入院になることもあります。

特に異常がなくても定期検診は必ず行くこと!

定期健診で妊婦のお腹をチェックする医師

かかっている医療機関にもよりますが、一般的には妊娠27週目ころまでは4週間に1度、妊娠28週~妊娠35週の間は2週間に1度、妊娠36週以降は1週間に1度程度、定期検診をするように勧めているところが多いです。

赤ちゃんの成長と母体の健康を詳しく知るための大切な検査ですので、面倒に思わず、しっかりと妊婦検診を受けるようにしましょう。

外出の際は母子手帳や保険証を必携

妊娠中期(安定期)の最終週である妊娠27週目。もう既にお腹が重く、立ちっぱなしの状態が辛いと感じている妊婦さんもいるでしょう。赤ちゃんの体重が1キロ前後はあるのですから、無理もないことです。腰を反るような姿勢を続けていると、腰痛の原因となりますので、意識して背筋を伸ばして歩くようにしましょう。

体重管理やリフレッシュを兼ねて軽いウォーキングや体操を行うことは推奨されています。しかし、動機や息切れがしやすく、お腹の張りが起こることもありますので無理は禁物です。
外出中に急に体調が悪くなった、お腹の張りが強くなったなど、何かあればすぐに病院に行けるよう、外出の際には母子手帳や健康保険証、携帯電話や財布を常に持ち歩くようにしましょう。

出産が楽しみになる10項目~出産の不安を乗り越えるために
出産が楽しみになる10項目~出産の不安を乗り越えるために
出産が楽しいだけど不安もある…こんな妊婦さんにお勧めしたいマタニティライフがもっと楽しくなる10の方法を紹介します。お腹の中の赤ちゃんを楽しみに出産を迎えましょう!

妊娠27週、異変を感じたら早めに病院へ!

性別も分かって、残り数日で妊娠後期へ突入する妊娠27週目。動機や息切れを感じたり、お腹の張りを感じることも増え、お母さんを不安にさせる出来事が起こりやすい時期でもあります。
なにか異常を感じた時は「こんなことで病院に行っても変に思われないかな?」と悩むのではなく、病院に電話し、受診して調べてもらうようにしましょう。

一方であまりに神経質になり過ぎるのも精神的によくありません。お散歩やショッピング、趣味に費やす時間などを持ち、身体の不調に負けないように残りのマタニティライフを楽しく過ごしていきたいですね。
赤ちゃんの脳や聴覚、視覚は発達してきていますので、積極的に赤ちゃんに話しかけてあげましょう。胎教として絵本を読んであげたり、音楽を聴くのもおすすめです。時には胎動で応えてくれることもあり、会えるのが待ち遠しくなりますね!