Loading

妊娠24週胎児の成長と過ごし方

妊娠24週・胎児の成長とママの体調変化、注意したいこと

妊娠24週は安定期も終わり間近の妊娠7ヶ月最初の週です。この時期の胎児の発育の様子、ママの体調変化を解説!妊娠24週当たりは聴覚や脳の発達も進み、まだ子宮内を自由に動き回れるサイズなので胎教スタートにも最適な時期。ママの体重調整、尿漏れや深刻化しやすい便秘についてご説明します!

妊娠24週・胎児の成長とママの体調変化、注意したいこと

胎教スタートに最適!妊娠24週目の胎児の成長・母体の変化と過ごし方

いよいよ妊娠24週目。月数で言うと妊娠7ヶ月目の最初の週になりました。
安定期と呼ばれる時期もあと1ヶ月足らずとなり、お母さんの体も赤ちゃんの体も大きく変化してきたことと思います。妊娠24週目に見られる変化や知っておきたい事柄、気をつけることなどについて見ていきましょう。

妊娠24週、ママの体調の変化

妊娠24週の妊婦のお腹

子宮底長は23~30cmほどになり、おへそよりも上からお腹がせり出してくるようになりますので、今までにも増して胃への圧迫感や息切れなどを感じるようになります。

シムスの体位で就寝

お腹を圧迫しないように仰向けや横向きに寝ている方が多いでしょう。
ですが、仰向けに寝ていると、お腹が張るように感じたり、動悸がしたり、ひどいときには冷や汗を大量にかいたり、意識を失ったりするお母さんもいます。このような症状を『仰臥位低血圧症候群』と呼び、お腹を上に眠ることで子宮が背骨の右側にある下大静脈を圧迫してしまい、心臓にもどっていく血をせき止めてしまうことによって起こります。

仰臥位低血圧症候群を防ぐためには、子宮が背骨側の血管を圧迫しないように横向けに寝るようにしますが、一番、体に負担をかけない眠り方が『シムスの体位』と呼ばれる左半身を下にする体勢です。下になる左手と左足は少し後ろに引き、左半身が痛くならないように抱き枕や筒状にまるめたタオルケットなどを右手足の下に置くと、比較的楽に眠れますよ

妊娠24週の胎児の成長

妊娠24週の胎児のエコー写真

妊娠24週目の胎児の体長は300~350mm、体重は500~1,000gと、かなり個人差が出てきます。出産までにあと1.5倍ほど体長が大きくなりますので、子宮内にはかなり余裕があり、赤ちゃんは自由に動き回ります。

毛細血管が作られ始める

体の根幹をなす血管はほとんど出来あがっており、妊娠24週目前後から、皮膚に血色を与える毛細血管が作られ始めるようになります。皮膚はまだ半透明の状態ですので、毛細血管が作られることで全身が赤みを帯びたピンクに見えてきます。今後、徐々に皮膚が不透明になり、赤ちゃんらしい肌色に近づいていきます。

しゃっくりが増える

明らかに胎動とは異なるピクピクとした震えを感じることがあります。
これは、赤ちゃんのしゃっくりが正体。勢いよく羊水を飲み込んだときに、皮脂などの不要物も飲み込んでしまい、それらを吐き出すときにしゃっくりを起こすのです。

妊娠24週目ともなると肺機能もほぼ完成していますので、赤ちゃんが不要物を吐き出す力も強くなり、お母さんにも赤ちゃんのしゃっくりが伝わりやすくなるのです。

聴覚と脳の発達

妊娠24週目頃の赤ちゃんは、聴覚だけでなく脳も発達していますので、聞いた音に対して体を動かして反応できるようになっています。

赤ちゃんの聴力の発達と新生児聴覚スクリーニング検査
赤ちゃんの聴力の発達と新生児聴覚スクリーニング検査
赤ちゃんの月齢別の聴力の発達と入院中に行われる新生児聴力スクリーニング検査について、目的や検査の方法、費用や再検査を中心に解説します。また難聴と診断された場合の療育についても解説します。

例えば、普段聞きなれないような大きな音を出すと、赤ちゃんが驚いて胎内で動き回ったり、ということも!驚かすのはかわいそうですが、まだ見ぬ赤ちゃんに愛しさが増しますね。

赤ちゃんをびっくりさせないように、大声を出したり大騒ぎしたりせず、静かな落ち着いた環境で過ごせるようにしていきたいですね。

胎動

赤ちゃんはずいぶん大きくなったとは言うものの、まだまだ子宮内にはスペースに余裕があり、赤ちゃんは活発に動き回れます。赤ちゃんの骨の強度も上がっていますので、ときには痛いくらいに胎動を感じることがあるかもしれません。

赤ちゃんも聴覚が発達し、お腹の外の音が聞こえていますから、胎教として読み聞かせやキックゲームを開始するベストタイミングと言えますね!

胎教はいつから?ママも楽しい胎教の始め方&意外な効果
胎教はいつから?ママも楽しい胎教の始め方&意外な効果
胎教の効果は本当にあるのでしょうか?お腹の中の赤ちゃんが育ってくると気になる胎教。「英才教育の姿」のイメージもありますが、本当に効果はあるのか、いつから始めるべきか、胎教の効果や方法を解説!

鼻の穴が開く

お腹の中の赤ちゃんは、お母さんの胎盤を通して送られる血液から酸素を取り入れます。
そのため、口や鼻では呼吸をしていません。妊娠24週目ころになると、ようやく鼻の穴が開き、鼻腔から咽頭、肺への循環器ルートも繋がります。

安定期も終わり間近、妊娠24週!体重管理や食生活、注意したいこと

妊娠24週の過ごし方を考える妊婦

お母さんが摂り入れた糖分は優先的に赤ちゃんの栄養となりますので、お母さんの体は、自分自身の栄養分を確保するために脂肪を溜めこむようになります。赤ちゃんは毎週200gほど大きくなりますので、お母さんの体重増加も週当たり200g~400gが理想的ですが、食事制限が上手くできずに体重が増えてしまうことも少なくありません。

食事制限については、妊娠初期から気を付けているかとは思いますが、改めて大切なポイントを確認してみましょう。

塩分を控える

食事内に含まれる塩分が多いと、体が水分を溜めこむようになりますので、手足や顔などがむくんでしまいます。むくみは体重増にもつながりますので、薄味の食事を摂るように気をつけましょう。また、塩分を摂りすぎると『妊娠高血圧症候群』に罹患し、お母さんの体にも赤ちゃんの体にも負担をかけることとなってしまいます。

理想は1日2,000kcal

標準的な体格の方で、妊娠中の摂取カロリーは2,000kcal前後が理想的とされています。例えば、お茶碗に軽く一杯のご飯(100g)は168kcal、和定食は600kcal~800kcalです。揚げものをメインに選ぶとカロリーは高くなり、茹でたものや蒸したものをメインに選ぶとカロリーを抑えられます。

食事の度にカロリー計算をするのは面倒ですが、この時点で妊娠前より7kg以上増えてしまった方や、1週間に500g以上のペースで増えている方は、意識してカロリーを減らすように努力しましょうね。

お腹の張りが増えたなら

お腹の張りが辛くソファーで痛みを逃がす妊婦

お腹が張って息苦しくなることや、心臓や横隔膜が圧迫されるように感じることも増えていきます。辛いときは無理をせず、シムスの体位で体を休めるようにしましょう。

お腹の張りが3時間以上続く

1日に何度か軽くお腹の張りを感じても、妊娠7ヶ月なら正常な範囲内です。
ですが、お腹の強い張りや痛みが3時間以上も続くなど長時間収まらないとき、急激な張りや痛み、背中がしびれるような痛みを伴うときは、何らかの異変が起こっている可能性があります。

「もうしばらく休んでいれば治まるかも・・・」などと自己判断をせずに、すぐにかかりつけの病院や救急病院に行き、精密な検査を受けるようにしてください。

稀にお腹の張りに出血を伴うこともあります。
お腹の強い張りとともに少量でも出血が見られるときは、自己判断をせず、専門家に診てもらうことが勧められます。

急激なお腹の痛みは早産のサインかも

妊娠22週目~36週目に赤ちゃんが生まれることを『早産』と呼びますが、妊娠全体の約5%に起こり、特に珍しいことではありません。
ですが、お腹の中にいる時間が長ければ長いほど、赤ちゃんの生存率は上がり、機能不全率は減少します。定期の妊婦健診には必ず行き、異常がないか、胎内で予想外の変化が起こっていないか、しっかりチェックしてもらいましょう。

尿漏れや便秘の悩みが発生したら

妊娠中の悩みを考える妊婦

子宮が膀胱を圧迫するために、妊娠初期から頻尿になってしまうお母さんも少なくありませんが、妊娠24週目頃になると、さらに圧迫が強まることと、黄体ホルモンの増加によって筋弛緩が起こるために、頻尿だけでなく尿漏れを起こすこともあります。

尿漏れは、妊婦の7割以上が経験する自然現象ですので、普段からパンティーライナーを敷いておいたり、量が気になるときは尿漏れ専用の使い捨てナプキンを利用して、さわやかに乗り切っていきましょう。

便秘は深刻化する前に予防解消を

それに加えて、便秘症状も深刻化することがあります。2~3日お通じがないのは当たり前、ひどいときには1週間ほどお通じがないこともあるかもしれません。
水をたくさん飲んでも食物繊維が多く含まれる食事を積極的に摂っても効果がないときは、妊娠中でもできる便秘に効くヨガのポーズを試してみるのはいかがでしょう?

妊娠中でもできる便秘解消効果のあるヨガ

1.脚を肩幅程度に開き、まっすぐに立ちます。
2.肺の中の空気を全部吐き出すように、大きく息を吐いて、呼吸を整えます。
3.両手を腰に沿え、骨盤が水平になるように大きく左→前→右→後ろ→左と回していきます。
4.1周回すのに10秒ほどの時間をかけて回します。2周回したら、今後は大きく左→後ろ→右→前→左と反対側に2周回します。
5.食前食後を避け、1日に3回程度を目安に行います。

逆子と言われても心配し過ぎなくてもOK

医師に逆子と診断されて悩む妊婦

妊娠24週目には、逆子だと判断されても、大きく心配する必要はありません。
まだまだ赤ちゃんは活発に胎内で体を動かしていますので、出産するときにはちゃんと頭が下を向くようになるのが大半だからです。

妊娠7ヶ月目~8ヶ月目には、赤ちゃんの頭がどんどん成長して重くなり、自然と頭が子宮底部に向いていきます。

安定期最後の月、旅行に行きたいなら

安定期に入り旅行に向かう妊婦

「安定期最後の月だから、旅行に行っておきたい」と考えているお母さんもいるでしょう。旅行に行く場合は次のことに配慮するようにしてください。

余裕を持ったスケジュール

安定期とは言えちょっと動くだけで息が上がってしまったり、冷や汗をかいてしまったりする時期ですので、旅行計画はこまめに休憩をはさんで余裕のあるスケジュールを組むようにしてくださいね。
特に電車やバス、飛行機などの公共の交通手段を利用して出かける場合は、乗り換えの時間なども普段より多めにとるようにしましょう。

また、妊娠する前は車酔いしない方も、体質が変わり、車両の揺れなどで気分が悪くなることもあります。できれば近場を旅行先として選ぶようにし、遠くに出掛けるときは、体調を充分に整えてから行くようにしましょう。

妊娠中の飛行機、母体や胎児への影響は?空の旅8つのコツ
妊娠中の飛行機、母体や胎児への影響は?空の旅8つのコツ
妊娠中の飛行機の利用はおなかの赤ちゃんに影響があるのかな?体調が悪くなったらどうしよう?と心配するママに向けて、利用するときの注意点や避けた方が良い時期、機内で快適に過ごすための対策をまとめました。

足元に注意

お腹が大きくなっていますので、足元があまりよく見えない方も多いでしょう。石段が長いお寺などの観光地、足場が不安定な景勝地などは、この時期の旅行にはふさわしくないかもしれませんね。

また、温泉に入るときも、滑ってコケないように細心の注意を払うことが求められます。浴場は手すりがあるところを選ぶようにし、露天風呂も手すりがあるか、ない場合は誰かの手を借りられるのかチェックしてから行くようにしましょう。

赤ちゃんが1kgを超えるのももうすぐ!

お腹が大きくなると、お母さんとしての自覚も日増しに大きくなっていきますね。
わずか数gだった赤ちゃんが、妊娠24週目にはほぼ1kgにまで成長しています。胎動を通してコミュニケーションを取ろうとする試みも実践したなら、日に日に赤ちゃんへの愛しさも増していくでしょう。

食生活や生活習慣を正し、赤ちゃんが健康な状態で生まれてこられるように心がけながら、赤ちゃんと会えるのを心待ちに、日々を楽しく過ごしていってくださいね!