Loading

妊娠22週目の母体と胎児の変化

妊娠22週のママと胎児の変化!体重管理とストレス解消法

妊娠22週(妊娠6ヶ月の第3週)は、ママはめまいや立ちくらみが起こったり、お腹の張りによって脚の付け根が痛むなどの症状が起こることも!胎児の成長は著しく、呼吸機能を整え、お腹の外で生きていく準備を始めています。不調や体重管理に効く過ごし方、お腹が張るときに気を付けることをご紹介!

妊娠22週のママと胎児の変化!体重管理とストレス解消法

妊娠22週、不調やストレスに負けない過ごし方とは?

妊娠22週目は、月数で言うと妊娠6ヶ月の第3週に当たります。この時期に見られる母体の変化や気になる症状、生活の上での注意点について見ていきましょう。

妊娠22週の体調の変化や症状

妊娠22週のママのお腹を触る女の子

子宮の大きさが大人の頭よりも大きくなり、胸やお腹に圧迫感を常に感じるようになります。子宮の上部がおへその上に来るようになり、机に向かって座った状態でも、妊娠していることが分かるようになります。

めまいやたちくらみを感じることも

子宮底長は22~28cmほどになり、お腹が前に出てくるだけでなく、上にもせり上がってくるようになります。大きく成長した子宮が血管を圧迫し、めまいやたちくらみなど、貧血のような症状が出てくるのもこの時期の特徴です。

子宮が大きくなるのは正常なことなので防ぎようがありませんが、体重が急激に増えることでも胎内の臓器や血管に圧がかかりますので、こまめに体重を量って管理するようにしましょう。

頻尿や便秘が深刻化する

子宮の成長により膀胱が圧迫されて、頻繁に尿意を感じるお母さんも増えていきます。ですが、尿意を抑えるために水分摂取を制限するのはオススメできません。水分を控えると血液中のナトリウム濃度が上昇してむくみの原因になったり、腸運動がスムーズに行われなくなって便秘になりやすくなります。

実際のところ、水分の摂取量と妊娠期の頻尿はあまり相関関係がありません。頻尿は仕方ない現象だということを理解し、深刻化しやすい便秘のためにも、妊娠していないときよりたくさんの水分を摂るようにしましょう。

おりものの量が増える

妊娠初期にもよく見られていたおりものが、妊娠22週目ころからまた増えてきます。おりものは膣内の感染を防ぐために自然に出るものですので、少々量が多くても異常ではありません。おりものが出ても快適に過ごせるよう、下着にはおりものシート(パンティライナー)を付けておくようにしましょう。

妊娠22週の胎児の成長

妊娠22週の赤ちゃんのエコー写真

妊娠22週目には胎児の体長は240~280mm、体重は400~500gほどになります。体重の増加速度が増し、今後1ヶ月ほどは1週間に100~150gの割合で増えていきます。

大きな音に反応する

聴覚はほぼ完成していますので、大きな音に反応して体を動かすようになります。怒鳴り声などは、社会経験のない赤ちゃんにとってもイヤな音です。赤ちゃんが健やかに成長して行けるよう、穏やかな話し方をすることや静かな環境を整えられるよう努力していきましょう。

赤ちゃんの聴力の発達と新生児聴覚スクリーニング検査
赤ちゃんの聴力の発達と新生児聴覚スクリーニング検査
赤ちゃんの月齢別の聴力の発達と入院中に行われる新生児聴力スクリーニング検査について、目的や検査の方法、費用や再検査を中心に解説します。また難聴と診断された場合の療育についても解説します。

嗅覚と味覚の発達

この時期に発達するのは聴覚だけではありません。直接は確認できませんが、嗅覚や味覚も急激に発達しているのです。

呼吸器官が発達する

赤ちゃんはお腹の中ではへその緒につながった胎盤から酸素を取り入れており、肺呼吸はしていません。ですが、生まれた瞬間から肺呼吸が始まりますので、その日に備えて呼吸器官である肺も確実に発達していきます。

妊娠22週~妊娠36週に生まれることを早産と言いますが、妊娠22週では肺機能も未熟で、目の形成も終わっていません。早産によって赤ちゃんが抱えるリスクは、週数が経つほどに下がります。もし切迫早産と診断された場合は、医師の指示に従い、少しでも赤ちゃんが大きくなるまで安静に過ごしましょう。

体重管理とストレス解消におすすめの過ごし方

芝生の上で適度なストレッチをする妊婦

引き続き、こまめに体重をチェックして、増えすぎないように管理することが大切です。妊娠22週目前後は平均1週間で200~400g増えますので、1週間に1度は朝食前などに時間を決めて体重計測を行い、1週間で500g以上増えないように、妊娠前と比べて8kg以上増えないように、自己管理をしていきましょう。

脂肪を控えた食事

肉を食べることも大切ですが、肉には脂肪分が多く含まれていますので、妊娠・出産をハイリスクにする妊娠高血圧症候群を予防する観点からも、あまりにも量には気をつけたいところです。

脂肪分は1日に50g~60gを摂取するのが理想的ですが、例えば牛肉のバラ肉は100g当たりに脂肪分は50.0g、サーロインも100g当たりに47.5gと、わずか100g食べるだけで1日分の脂肪量を全て摂取してしまうほどの高脂肪食品となっています。

とはいえ、赤ちゃんの皮膚や筋肉が作られている時期ですので、タンパク質はしっかりと摂取したいですよね。豆類や青魚、鶏肉(皮部分を除く)をバランスよく食べ、高タンパク低脂肪の食事を実現していきましょう。

定期的なエクササイズ

体を動かさないでいると、腰痛やむくみがひどくなるだけでなく、疲れやすくなったり、気分が滅入ることが多くなります。
医師が安静にするように指示したときは別ですが、それ以外のお母さんなら、週に2~3度、定期的に体を動かして体調維持とストレス解消をするのはいかがですか?

大きめの産婦人科なら、病院でマタニティ専用のエアロビクスやヨガ、ストレッチ教室を開催していることもあります。また、自治体によっては格安で妊婦用のスポーツ教室を開催していることもあるでしょう。いずれを選ぶ場合も、体調がすぐれない日は無理をしないこと、お腹に圧力をかけないマタニティOKのクラスを選ぶことが大切です

お腹の張りから脚の付け根も痛むように?

妊娠線予防のためのクリームを塗る妊婦

お腹の張りがあまりにも辛い場合には、かかりつけの産婦人科で相談して、張り止めの医薬品を処方してもらうことも可能です。
お腹の張りとは異なる強い痛みを感じる方は、「ちょっと横になって休んでいれば大丈夫」と自己判断するのではなく、すぐに病院を受診することが勧められます。

妊娠線の予防ケア

お風呂上がりや朝起きた時に時間を決めて、お腹周りにボディミルクやボディローションを塗る習慣をつけましょう。お腹をしっかりと保湿することで妊娠線を予防するだけでなく、皮膚のつっぱりや乾燥によるかゆみも軽減できます。

また、忘れがちですが、妊娠線はお腹だけでなく胸にもできることがあります。胸も妊娠によって急激に大きくなっていますので、皮膚が引っ張られて乾燥したりひび割れたりすることがあるのです。お腹周りだけでなく胸周りもしっかりと保湿ケアしていきましょうね。

妊娠線予防の徹底対策5つ・妊娠線を許してしまう2つの油断
妊娠線予防の徹底対策5つ・妊娠線を許してしまう2つの油断
妊娠線予防は徹底した対策が最大のポイント。妊娠線予防のために続けたい5つの対策、妊娠線対策におすすめのクリーム・オイルや腹帯等のベルトもご紹介!妊娠線は最後まで油断することなく対策を続けましょう!

お腹の張りと脚の付け根の痛み

ふくらはぎのむくみ解消のためのマッサージ

お腹の張りが強くなるに従い、脚の付け根に強い痛みを感じる方もいらっしゃいます。これはお腹が大きくせり出すことで血管を圧迫するようになることや、お腹の大きさや重さによって脚の付け根に負担がかかっていることに由来します。

痛みが強い方は、脚の付け根からふくらはぎまでをリンパの流れに沿ってマッサージしてみましょう。5分でできるマッサージ法をご紹介いたしますので、毎日の習慣にしてみてくださいね。

むくみと痛みを改善する脚のリンパマッサージ

1.足裏のマッサージをします。親指と人差し指の間から土ふまずまで、ゆっくりと手の親指の腹で押していきます。かかとも軽く親指で押し、足裏のコリをほぐしていきます。


2.次に、足の甲のマッサージを行います。足首から足指に沿って見えている骨と骨の間をほぐすように、丁寧に手の親指で押していきます。


3.足指を1本ずつまわしてほぐしていきます。足指の付け根に痛みを感じる場合は、付け根部分を丁寧に親指で押していきます。


4.足首からひざ裏までをゆっくりと温めるようにマッサージしていきます。あくまでもゆっくりと温めることが大事ですので、強く推すことや上下に手を動かすことは勧められません。足首からひざ裏まで、下から上にリンパを流していくように3度ほどマッサージしていきましょう。


5.膝の内側の出っ張った骨から鼠径部まで、下から上にリンパを流していくように3度ほどマッサージをします。膝の外側の出っ張った骨から腰骨の出っ張った部分までも、同じようにゆっくりと下から上にマッサージを行います。


6.足裏のマッサージをします。親指と人差し指の間から土ふまずまで、ゆっくりと手の親指の腹で押していきます。かかとも軽く親指で押し、足裏のコリをほぐしていきます。


7.次に、足の甲のマッサージを行います。足首から足指に沿って見えている骨と骨の間をほぐすように、丁寧に手の親指で押していきます。


8.足指を1本ずつまわしてほぐしていきます。足指の付け根に痛みを感じる場合は、付け根部分を丁寧に親指で押していきます。


9.足首からひざ裏までをゆっくりと温めるようにマッサージしていきます。あくまでもゆっくりと温めることが大事ですので、強く推すことや上下に手を動かすことは勧められません。足首からひざ裏まで、下から上にリンパを流していくように3度ほどマッサージしていきましょう。


10.膝の内側の出っ張った骨から鼠径部まで、下から上にリンパを流していくように3度ほどマッサージをします。膝の外側の出っ張った骨から腰骨の出っ張った部分までも、同じようにゆっくりと下から上にマッサージを行います。

性別は参考程度に聞いておく

妊婦に赤ちゃんの性別を伝える産婦人科の医師

妊娠22週目には、ほとんどの赤ちゃんの性別が判明します。エコー検査のときに医師に尋ねてみるならば、どちらなのか教えてもらえるでしょう。

昔と比べるとエコー検査の画像も格段に精度が上がりましたが、それでも男の子だと思ったのに女の子だったということや、女の子だと医師が断定したのに男の子が生まれたということも充分にあります。

性別判断の精度が上がる

妊娠7ヶ月目(妊娠24週目)に入ると、赤ちゃんが大きく成長するため、エコー検査の画像に全身が写らないようになってしまいます。大きく成長している場合では、妊娠22週目でも、画像1つに赤ちゃんが収まりきらないことがあります。

そのため、各部分に分けて画像チェックするようになりますので、性別判明の精度もグンと上がるのです。そのときまでは性別は参考程度に聞いておく方が良いかもしれませんね。

気をつけること

お腹が急に大きくなると、お母さんも体のバランスを崩しやすくなりますので、転倒には充分気をつけなくてはなりません。普段よりも動作がゆっくりになることを考慮して、急いだり走ったりしなくても済むよう、出かけるときは時間に余裕を持つようにしましょうね。

胎動はまだママにしかわからない

赤ちゃんの心拍を確認中の妊婦

赤ちゃんが活発に動く時期ですので、多くのお母さんが胎動を定期的に感じられるようになります。赤ちゃんの骨や筋肉も強度を増しますので、動きも激しくなります。特に食後や眠る前など、ママがリラックスしているときが1番感じやすいです。

胎動が弱い原因は赤ちゃんではなくママにあった!?
胎動が弱い原因は赤ちゃんではなくママにあった!?
胎動が弱い赤ちゃんは元気なの?ママは心配してしまいがちですが、大丈夫です!胎動が弱い意外な原因を解説し、赤ちゃんからのメッセージである胎動を感じやすくする方法、本当に危険な胎動の状態をお伝えします。

残念ながら、お父さんや赤ちゃんの兄弟(姉妹)が、お母さんのお腹に手を当てて赤ちゃんの動きを感じるにはもう少し時間が必要です。
一般的には妊娠7ヶ月から感じられるようになりますので、焦らず待ちましょう。

妊娠22週の心構え:今から完璧主義は捨てる!

ストレスを溜めたいために大好きなサラダを食べる妊婦

日に日に体型も妊婦らしくなり、赤ちゃんの動きを常に感じられるので、気持の上でも『お母さん』としての意識が高まっていきます。
妊娠中は体が思うように動かなくてイライラすることもあります。しかし、産後は体力的にもたいへんですし、新生児のお世話で寝不足になることもよくあります。

練習だと思って、完璧主義は今のうちに捨てましょう。家族が穏やかな気持ちで過ごせるよう、部屋の掃除や料理など、家のことが完璧にできなくてもイライラするのはやめましょうね。

お母さんとしての自覚が高まる妊娠22週目

お母さんとしての自覚が高まってくる時期ですが、疲れやすさやお腹の張り・かゆみ、頻尿、腰痛、便秘、脚の付け根の痛みなど、不快な症状も多く感じる時期です。
また、貧血やめまい、立ちくらみを起こして、転倒する危険もあります。立ち上がるときはゆっくりと、一呼吸おいてから動くことを意識しましょう。

体重管理とストレス解消のために、運動を定期的に行い、ウォーキングやエクササイズをしましょう。赤ちゃん用品のショッピングもおすすめです。