Loading

妊娠21週目の妊婦と胎児の変化

妊娠21週、赤ちゃんの個人差が大きくなる時期の過ごし方

妊娠21週目(妊娠6ヶ月第2週)は、胎児の髪の毛が生え、まぶたも完成し、エコーでも赤ちゃんらしい姿が見られる時期です。胎動をよく感じる時間帯も定まってきます。ママは体重管理はもちろん、妊娠線の予防や口内ケアにも気をつけましょう。安定期のもいよいよ半ばですが、理想的な過ごし方とは?

妊娠21週、赤ちゃんの個人差が大きくなる時期の過ごし方

妊娠21週のママの不調と気をつけること、赤ちゃんの変化

妊娠21週目は、妊娠6ヶ月目の第2週に当たります。
安定期に入ってすでに1ヶ月以上経っているので、つわりも治まり、妊婦生活に慣れてきた方も多いのではないでしょうか。
この時期の母体と胎児の変化、体重管理、お腹の様子、気をつけることや知っておきたいことを紹介します。

妊娠21週の体調の変化や症状

妊娠21週目の妊婦のお腹

妊娠21週目になると、お腹がさらに前にせり出してきますので、かがんだりうつむいたりする姿勢が辛くなっていきます。
子宮底長は20~27cmほどになり、今までお腹が大きくならなかった方も、マタニティ用の下着やパンツ・スカートに変える必要がでてきます。

つわり症状を感じる人もほとんどいなくなりますので、「何を食べても美味しい!」「食欲が増えてきた」という声も聞かれるようになるのがこの頃です。
気分の良い日が増えますので、妊婦でも参加可能なエクササイズに挑戦したり、ウォーキングやスイミングを楽しむのも良いですね。

妊娠21週の胎児の成長

妊娠21週目の胎児のエコー写真

妊娠21週前後には、赤ちゃんの体長は200~250mm、体重は300~450gほどになります。まだまだ体が小さいので、子宮の中を自由に動き回り、エコー検査のタイミングによっては逆子(頭が上、脚が下になった状態)になっていることもあります。

この時期に逆子であっても、特に心配する必要はありません。実際にエコーで調べてみると、妊娠6ヶ月目頃には半分くらいの赤ちゃんが逆子の状態です。体が大きくなってくるとどんどん動きも少なくなり、自然と頭部が下を向いてきます。

まぶたの完成

閉じていたまぶたが完成し、まばたきのような動きを繰り返したり、エコー検査の時にもまぶたが開いていることがあります。まだ、まぶたが開いている時間は短いですが、光を少しずつ感じられるようになっていきます。

もちろん、子宮の中は暗闇ですが、お腹を通して伝わるうすぼんやりとした明りでさえ、初めて見る赤ちゃんにとっては大きな刺激です。
お母さんが、日中は明るいところで生活し、夜は穏やかな光や暗闇で生活するように心がけるなら、赤ちゃんの生活リズムを整えることにもつながるでしょう。

産毛やまゆ毛、髪の毛

産毛で全身が覆われ、まゆ毛や髪の毛も生えてきますので、一気に赤ちゃんらしい見た目になっていきます。
3D エコーや4Dエコーでの妊婦検査を受ける方は、赤ちゃんの表情がどんどんかわいらしくなっていくことに気付くでしょう。

生殖器の完成

男の子の場合は、骨盤にあった精巣があるべき場所の陰のうに下りてきます。また、女の子の場合は、子宮がこの時期前後に完成します。
いずれの場合もエコー検査では見られない変化ですが、赤ちゃんがどんどん人間として成長していることが感じられますね。

体重管理は引き続き!意外に忘れがちな歯の健康

虫歯を予防のために歯を磨く妊婦

食欲が急激に増える方も多い妊娠6ヶ月目。どのように過ごせば、体調も体重もベストな状態に持っていくことができるでしょうか。

こまめに体重を量る

妊娠21週目前後は、1週間に200~400g体重が増えるのが理想的です。
妊娠する前と比べて3~7kgほど増えている方が多いでしょう。妊娠する前よりも9kg以上増えてしまった方、また、妊娠する前と体重が変わらない、もしくは逆に減ってしまった方は、病院で相談して食事や生活を見直してみる方が良いかもしれません。

毎日体重を量る場合は、朝起きた時や排便後など、タイミングを決めて量るようにしてください。また、普段体重を量る習慣がない方も、1週間に1度は体重をチェックして、1週間当たり500g以上増えないように管理することが大切です。

タンパク尿とむくみ

妊婦検診時に尿検査も行いますが、尿中にタンパク質が検出され、なおかつむくみや高血圧などの症状がある方は『妊娠高血圧症候群』の疑いがあります。
妊婦全体の3~7%が罹患すると言う妊娠高血圧症候群は、珍しい病気ではありません。ただし、妊娠高血圧症候群に罹患し、症状が重症化すると、妊婦にも胎児にもリスクが大きくなりますので、早めに対策することが大切です。

検診時にタンパク尿が指摘された場合は、塩分と脂肪分を極力減らした食事に切り替え、適度に運動をし、健康的な生活を心がけましょう。

歯科検診を受ける

分泌量が増えるエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの影響で、妊娠中は歯周病や虫歯になりやすくなります。
特に、つわりの時期にむかつきを軽減するために1日に何度もキャンディやガムなどを口にしていた方は、虫歯や歯周病にかかるリスクがさらに高まります。

妊娠中は市販のほとんどの鎮痛剤が服用できませんので、虫歯と歯周病の予防と検査のためにも一度歯科医院に出かけましょう。妊娠中に使用できない薬剤や麻酔などもありますので、歯科医師に妊娠中であることを忘れずに伝えて下さいね。
自治体によっては、妊娠中~産後にかけて無料で歯科検診を行っている場合もあります。

お腹のかゆみや妊娠線の予防には保湿!

妊娠線のケアを欠かさない妊婦

子宮が日に日に大きくなっていきますので、お腹の張りにも慣れてきますが、強い痛みを伴うときは、かかりつけの産婦人科へ行きましょう。

お腹のかゆみ

お腹がつよく引っ張られることで、皮膚が乾燥しやすくなり、かゆみを感じるお母さんも多くいます。アトピー性皮膚炎の治療でも用いられるステロイド軟膏やステロイドクリームは、適量を皮膚に塗るくらいでは赤ちゃんの成長に影響を与えるものではありませんので、どうしてもかゆみが強いときは薄く塗って、かゆみやイライラを抑えるようにしましょう。

また、かゆみを予防するために大切なのは保湿です。お風呂上がりや朝のお手入れ時に、刺激の少ないシアバタークリームを塗ってお腹の皮膚に潤いを与えましょう。

妊娠線の予防

お腹が強く引っ張られると言うことは、妊娠線も出来やすくなっているということです。習慣化し、朝晩2回しっかりとお腹にボディローションやボディクリームを塗り、妊娠線を予防しましょう。

妊娠線予防の徹底対策5つ・妊娠線を許してしまう2つの油断
妊娠線予防の徹底対策5つ・妊娠線を許してしまう2つの油断
妊娠線予防は徹底した対策が最大のポイント。妊娠線予防のために続けたい5つの対策、妊娠線対策におすすめのクリーム・オイルや腹帯等のベルトもご紹介!妊娠線は最後まで油断することなく対策を続けましょう!

性別を教えてくれない恥ずかしがり屋の赤ちゃんも…!

胎児の様子を観察するためのエコー写真

妊娠21週目には、ほとんどの赤ちゃんの性別が分かっています。ですが、いつも背中を向けていたり脚を閉じていたりする赤ちゃんもいますので、「早く知りたい!」と思っても、なかなかタイミングが合わないこともあります。

知りたいのに分からないときは、男女それぞれの名前を考えるなどして楽しく過ごすのはどうでしょうか。2010年~2015年の赤ちゃんの名前の傾向は次の通りです。赤ちゃんの名前を考える際の参考にしてみてくださいね。

2010年~2015年の赤ちゃんの名前のトレンド

  • 一文字の名前。蓮(れん、男の子)、葵(あおい、女の子)など
  • ユニセックスな名前。まや、ひかる、いずみ、ゆうきなど
  • あ段で終わる女の子の名前。あや、さな、ふうかなど
  • 漢字3文字の男の子の名前。廉太郎、信一郎、龍之介など

水分摂取はコップ1枚の水を1日10杯

妊娠中に大切な水分補給

体調が良い日はショッピングやお散歩などに出かけるのも良いことですが、歩きやすくヒールが低い靴を履くこと、そして、妊娠前よりも疲れやすくなっていますので、適度に休憩をはさむことに注意をして下さい。

水分摂取

妊娠中は血液量も増え、喉も渇きやすくなっています。水分が不足すると血液中のナトリウム濃度が高くなってしまい、むくみの原因にもなってしまいますので、妊娠していないときよりも意識的に水分摂取することが大切です。

また、どうしても体の動きがゆっくりになりますので、運動不足気味になり、子宮によって胃腸が圧迫されることと相まって便秘になる方も多いです。水分を多めに摂ることで便秘解消も期待できますよ。
理想としては1日2リットルの摂取ですが、まとめて飲むのではなく、1回にコップ一杯(150~200ml)を10~12回に分けて飲みましょう。

胎動の時間帯が定まる

赤ちゃんにも生活リズムが出来てきますので、激しく胎動を感じる時間帯がだんだん決まってきます。また、時にはしゃっくりをして、お母さんもピクピクと痙攣するのを感じられます。
もちろん胎動には個人差がありますので、大人しい赤ちゃんやお母さんが痛みを感じるくらいに激しく動く赤ちゃんもいますよ。

少しの不調なら思い切って外出しよう!

気分転換のために外出する妊婦

妊娠6ヶ月、妊娠期間中の安定期と言われるこの時期ですが、お腹が大きくなってくることで、腰痛が起こったり、疲れやすくなったりなど、妊娠前と比べて歯がゆく感じることもあるでしょう。
ですが妊娠後期に入り、もっとお腹が重くなってくるとおでかけが本当に億劫になりますし、人によっては後期にも吐き気やむかつきなど、つわりに似た症状があらわれることもあります。

お腹に張りがある時などはムリをすることはありませんが、「なんとなくダルイ」程度の不調なら、思い切ってショッピングや散歩に出かけてみるのも一つの手です。
外の空気を吸うことで、気持ちが前向きになり、不調を忘れられるかもしれません。また、適度な運動は腰痛にも体重管理にも効果が期待できます。

胎内の変化に耳を澄ます妊娠21週目

妊娠20週で聴覚が発達した赤ちゃんは妊娠21週に入ると、まぶたが発達し、光を感じられるようになります。胎動も激しい子や大人しい子、よく動く時間帯や好きな動きにも変化が現れ、赤ちゃんの個性を感じられるようになります。
今日はどんな変化が見られるのか、毎日、楽しく赤ちゃんと関わっていきましょう。