Loading

妊娠17週の体調の変化や症状

妊娠17週は旅行もできる!体の変化と赤ちゃんの成長

妊娠17週目は安定期になるので今までよりも体調が良くなります。妊婦さんの体調の変化、赤ちゃんの成長など基本的な事から普段の過ごし方や体重管理なども解説します。ストレスも溜まりやすい時期なので旅行に出かけるのも良い時期ですよ!

妊娠17週は旅行もできる!体の変化と赤ちゃんの成長

妊娠17週目に見られる母体と胎児の変化、注意点と過ごし方

安定期と呼ばれる妊娠5ヶ月に入って1週間が過ぎた妊娠17週目。この時期には、妊婦さんの体や胎児の体にどのような変化や症状が見られるでしょうか。また、日常生活を送る上で知っておきたい事柄や気をつけることなどについても説明します。

妊娠17週の体調の変化や症状

海を眺め体調変化を気に掛ける妊婦

妊娠17週目になると子宮は小玉スイカくらいの大きさになり、ますます妊婦さんらしい体型になっていきます。

腰痛がひどくなることも

妊娠初期も、子宮が骨盤を圧迫することで腰痛を感じる人が少なくありませんでした。ですが、妊娠17週目頃には、お腹のふくらみとともに、つい腰を反らした体勢をとってしまうことで、腰痛がひどくなることがあります。

歩くときや座るときに腰を反らしてしまうのは仕方のないことですが、家でくつろぐときや就寝時には腰をまるめた姿勢をとって、腰痛が悪化しないようにケアできます。オススメなのは、シムスの体位です。ややうつぶせの体勢になるように横になり、下側になった足を軽く後ろに引いて、上側になった足と手を抱き枕やまるめたタオルケットなどに乗せます。下側になった手は、脚と同様に後ろに引いてもかまいませんが、抱き枕やタオルケットを抱えるように前に出してもOKです。

妊婦の腰痛対策!つらい腰痛を楽にする10の方法
妊婦の腰痛対策!つらい腰痛を楽にする10の方法
妊婦のつらい腰痛への対策方法をまとめました。姿勢や寝方など今すぐ実行できる工夫から、寝具選びのコツ、骨盤ベルトなどの腰痛対策グッズ、マッサージなどの身体のメンテナンスについても紹介しています。

心拍数の上昇と鉄欠乏性貧血の予防

子宮や胎児の成長に伴い、心臓が送りだす血液量が増えていきます。平常時の心拍が非妊娠時と比べて1分間当たり10~20程度増え、ちょっと運動したり出歩いたりするだけでも、心臓がバクバクするのを感じるようになります。

また、少々の運動や外出で、たちくらみやめまいを起こしてしまうこともあります。貝類や海草類などの鉄分が含まれる食事を積極的に摂り、不足しそうな方は鉄分のサプリメントを摂取して、貧血予防に努めましょう。

妊娠17週の胎児の成長について

妊娠17週の胎児のエコー写真

妊娠17週目には、胎児の体長は12~18cm、体重は100~150gほどになります。発育差が出てくる時期ですので、平均より少なかったり多かったりしても、医師によって問題を指摘されなければ特に心配する必要はありません。

骨密度が上昇する

骨がどんどん硬く丈夫になっていきますので、超音波検査でも骨がくっきりと見えるようになります。手足の動きも活発になり、力強い動きが見られるようになります。

顔のバランスがとれてくる

目や耳などのパーツはそれぞれ別個に発達していくため、妊娠初期の胎児は、耳や目が出生時と比べてかなり離れた印象になっています。ですが、妊娠17週目頃になると、各器官が完成しますので、出生時の赤ちゃんと同じようなバランスの位置に定着するようになります。超音波検査では、かわいく完成した顔が見えることもあります。

体温調整機能が完成する

体脂肪が少ないために、妊娠初期の赤ちゃんは体温の調整を自分ではできていませんでしたが、妊娠中期に入って、体温調整機能を持つ褐色脂肪を含む体脂肪が蓄積され、自分で体熱を調整できるようになります。

聴覚と記憶力

脳の海馬が発達することで、聴覚が鋭敏になり、記憶力も発達するようになります。お母さんの声やお父さんの声を記憶できるようになりますので、積極的に優しく話しかけてあげましょう。

赤ちゃんの聴力の発達と新生児聴覚スクリーニング検査
赤ちゃんの聴力の発達と新生児聴覚スクリーニング検査
赤ちゃんの月齢別の聴力の発達と入院中に行われる新生児聴力スクリーニング検査について、目的や検査の方法、費用や再検査を中心に解説します。また難聴と診断された場合の療育についても解説します。

旅行に出かける際の過ごし方と気をつけること

安定期に入りパパとデートを楽しむ妊婦

無理をしなければ、旅行や軽度の運動が出来る安定期。泊まりがけや日帰りで遠出をするときは、どのようなことに注意する必要があるでしょうか。

余裕を持った移動スケジュール

車酔いしやすくなる方も増えますので、高速道路での移動が辛いかもしれません。また、こまめに休憩が必要となりますので、1日に移動できる距離も妊娠前と比べると短くなってしまいます。母体と赤ちゃんの健康が第一ですので、無理をしないスケジュールを組むようにしましょう。

電車での移動も注意が必要です。妊娠前と異なり、乗り換え時間も余裕を持って見なくてはなりません。走って乗り換えなくてはならないようなスケジュールは組まないようにしましょう。

妊婦さんの旅行におすすめの北海道~沖縄の人気マタ旅プラン
妊婦さんの旅行におすすめの北海道~沖縄の人気マタ旅プラン
妊婦さんの旅行におすすめ北海道から沖縄までの人気のマタニティプランを紹介します。妊婦さんが安全に旅行できる時期や飛行機に乗れる期間などマタ旅で必要な情報をまとめているので是非御覧ください。

こまめにトイレ休憩をとる

いつもは途中休憩なしに行ける距離でも、妊娠中ではノンストップの移動は困難かもしれません。子宮が膀胱を圧迫して頻尿になっている時期でもあるので、車でお出かけするときはこまめにサービスエリアに立ち寄り、トイレ休憩とストレッチを行うようにしてください。

また、電車などの交通機関で出かけるときも、連続して2時間以上乗ることは避けた方が良いでしょう。新幹線や特急列車にはトイレがありますが、車両が動く中で用を足すのはちょっと難しいかもしれません。

温泉では転倒と湯冷めに注意

体を温めることは、妊婦にとって非常によいことです。温泉に入ってリラックスするのも、時には必要ですよね。ですが、温泉の成分などによって、浴場が滑りやすくなっています。浴場内での移動は、手すりや同行者の手を持って滑らないように注意して下さい。

また、脱衣場と浴場が離れていると、湯冷めしてしまいます。腰回りを冷やしてしまうだけでなく、風邪をひいてしまう可能性もありますので、脱衣場に戻ったらすぐに洋服や浴衣が着られるように準備しておきましょう。

妊婦は温泉に入れる?時期や泉質や感染症は?人気旅行プラン
妊婦は温泉に入れる?時期や泉質や感染症は?人気旅行プラン
妊婦の温泉入浴は可能なのか理由を解説します。妊娠中の入浴はいつからいつまで、おすすめの泉質や感染症について、安全に入浴するための注意点、おすすめのマタ旅プランも紹介します。

その他にも、できればかけ流しの温泉に行くことが勧められます。大抵の温泉は清掃が行き届いていますが、もし清掃が充分でない場合、お湯を介して感染症にかかってしまう可能性もあります。出かける前に、かけ流しか、もしくは1日に1回以上お湯の入れ替えをしているか、電話で確認しておく方が良いかもしれませんね。

その他のスケジュールも余裕を持って

余裕を持ったスケジュールを組むのは、移動に関してだけではありません。食事や観光なども、普段の1.5倍ほどの時間的余裕が必要になります。お昼間に1時間ほど横になる時間を組み込んだりして、のんびりと過ごしながらリフレッシュできる旅行が理想的ですね。

お腹の様子と食生活

栄養満点のフルーツジュースを飲む妊婦

妊娠17週目の子宮底長は15~25cmほどになります。着衣の上からでも妊娠していることが分かる人が大半ですが、見た目には分かりにくい方でも、お腹を見れば、赤ちゃんがしっかりと育っていることが分かります。

体重管理

妊娠する前と比べて5kg以上増えている妊婦さんは、一度、食生活を見直した方が良いかもしれませんね。妊娠中はどれだけ食べても大丈夫と誤解している方もいらっしゃいますが、実際には、この時期に必要なカロリーは普段の摂取カロリー+300kcal~500kcalだけですので、毎食ご飯を一膳分余分に食べるだけでもカロリーオーバーになってしまうのです。

また、食べれば食べるほど赤ちゃんに届く栄養が増えるのでもありません。赤ちゃんは血液中の栄養や酸素を、胎盤を通して一定量だけ摂取していますので、お母さんが摂取する栄養量と赤ちゃんが摂取する栄養量は比例しないのです。反対に、お母さんが食べ過ぎて脂肪を蓄えてしまうと、子宮が圧迫されて赤ちゃんの成長にも影響を及ぼすようになります。母体の脂肪が邪魔をして難産になることもありますので、くれぐれも食べ過ぎないように注意しましょうね。

食事の量より栄養素にこだわる

たくさん食べることではなく、この時期に必要な栄養素がきちんと摂れていることが大切です。厚生労働省では妊娠中期に1日当たり480μgの葉酸を摂取するようにと指導していますので、サプリメントで葉酸を1日200μg~400µgは補給するようにしましょう。

鉄分とビタミンCも必要です。妊娠前よりも血液量が増えていますので、普段通りの鉄分量では鉄欠乏性貧血になってしまいます。鉄分を1日に18mg以上摂取できるように、サプリメントで補います。また、ビタミンCには鉄分の吸収を良くする作用がありますので、フルーツやフルーツジュースを1日に1回は摂るようにしたいですね。

今まで曖昧だった赤ちゃんの性別も判明

お腹の赤ちゃんの性別が分かりパパに連絡する妊婦

生殖器も成長していますので、エコー検査でしっかりと性別が判明する時期です。ですが、検査のタイミングや赤ちゃんの姿勢によっては性別が判明しないことや、病院の方針で性別を告知しないこともありますので、「分かったら良いな」程度の心構えでいることが大切です。

胎動を感じ方には個人差がある

早い人では妊娠15週目前後から胎動を感じられますので、妊娠17週目で胎動を感じていないお母さんは「赤ちゃんが動いていないのかな?」と不安になったり、「私も早く胎動を感じたい!」と焦りに似た感覚を覚えたりすることがあるかもしれません。そんなときに、次の2つの点を知っておくなら、少しは気持ちが楽になりますよ。

胎動が活発になるのは妊娠20週目前後

インターネットで検索しても、胎動を感じるのは妊娠15週目頃と書かれてあることが多いため、「うちは遅れている?」と不安になるかもしれません。ですが、一般的に胎動と分かる動きを感じるのは妊娠20週目前後が最も多く、妊娠15週目に胎動だとはっきり分かる方は稀なのです。今は未だ妊娠17週目。動きを感じなくてもしっかりと成長していますので、心配する必要はありません。

胎動の感覚は人それぞれ

胎動と言うとポンポンとお腹を蹴るような感覚だと思いこんでいる方もいらっしゃいますが、人によっては、ぐるぐるお腹の内部が回るような感覚であったり、腸がごろごろする感覚に似た動きであったりすることもあります。

もしかしたら、胎動は起こっているのに感覚的に捉えられていないだけなのかもしれません。落ち着いた環境で、お腹の赤ちゃんに話しかけてみてください。

胎動が少ない3つの原因|不安な時の確認方法&受診目安
胎動が少ない3つの原因|不安な時の確認方法&受診目安
胎動が少ないのは赤ちゃんからのSOS?胎動が少ない場合の危険なケースとはどのような状態か、臨月だと胎動が少ないのは当たり前なのか?病院受診の目安を紹介。不安なママはまずは落ち着いて胎動を確認してみましょう。

外出して気分をリフレッシュ!妊娠中のストレス解消にもなる

妊娠中の中でも、もっとも体調が落ち着く安定期。気分の良い日は、積極的に外に出て、体を動かすのはいかがでしょうか。スニーカーやバレーシューズなどのヒールの無い靴を選び、気持ちをリフレッシュしていきましょう。

妊娠17週目は、旅行や運動の絶好のタイミング

体調が安定しやすい妊娠17週目は、旅行や運動などを行う絶好のタイミングとも言えます。余裕を持ったスケジュールで、出産前の思い出を作りに出かけるのはいかがでしょうか。