Loading

妊娠16週の体調の変化や症状

妊娠16週目はママの楽しみが増える時期。過ごし方のポイント

妊娠16週は安定期に入ります。今までつわりが辛かったママも楽になり食欲が増すので食べるのも楽しくなりますよ。赤ちゃんの性別も判明するので、ベビーグッズ探しや家族で名前を考えるのも幸せな時間になります。妊娠16週のママの体の変化、赤ちゃんの成長を紹介します。

妊娠16週目はママの楽しみが増える時期。過ごし方のポイント

安定期の妊娠16週目の過ごし方!赤ちゃんの成長や妊婦の変化

ようやく安定期と呼ばれる妊娠5ヶ月目に入りました。妊婦の症状や胎児の成長、気をつけることやこの時期知っておきたいことを見て見ましょう。

妊娠16週の体調の変化や症状、気をつけること

妊娠16週目には、子宮の大きさが小玉すいか程度に成長し、腰回りやお腹周りに脂肪がつきやすくなりますので、傍目にも妊娠していることが分かるようになります。この時期の妊婦には、どのような変化や症状が見られるでしょうか。

体重増加に注意が必要

自然と食欲が増加するだけでなく、脂肪を溜めこみやすい体質に変化することが多いですので、つい油断すると体重がどんどん増えてしまいます。妊娠中にある程度体重が増えることは当然ですが、増えすぎてしまうと母体の脂肪で難産になったり、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの病気になったりすることがあります。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群とは数年前まで妊娠中毒症と呼ばれていた病気ですがかかるとママや赤ちゃんにどのようなリスクがあるのか、食餌療法などの治療法や妊娠高血圧症候群発症のリスクを下げる生活の注意点を解説。

こまめに体重を計測して、1週間に500g以上増えないように注意しましょう。また、妊娠前と比べて5kg以上増えている方は要注意です。無理なダイエットは胎児にも影響を与えますのでオススメできませんが、食事量を減らしたり、間食をやめたりして、各自体重コントロールを行いましょう。

妊娠16週の胎児の成長について

妊娠中の写真を眺めて思い出に浸る妊婦

妊娠16週目には、胎児の体長は11~15cm、体重は60~120gほどになります。首の骨が成長し、エコー写真で見ても、頭部と首、胴部、手足がはっきりと見えるようになります。

胎毛が生えそろう

顔だけでなく全身に、胎毛と呼ばれる産毛が生えるようになります。胎児の肌は非常に薄いので、この胎毛で羊水の刺激から体を守っているのです。皮下脂肪が増えて皮膚が厚くなる妊娠後期になると、徐々に胎毛は抜け落ちます。

手や指の動きが複雑になる

赤ちゃんの手や指の動きが複雑になりますので、エコー検査のタイミングによっては、指を組み合わせていたり手を合わせていたりといった様子が見られるかもしれません。毎回、違ったポーズを見せてくれるようになりますので、「今日はどんなポーズをしているのかな?」と妊婦検診が楽しくなりますよ。

安定期の妊娠16週にしておきたいこと

安定期に入りましたので、体調の良い日に出産までにしておきたいことをリストアップして実施するのはいかがでしょうか。

ベビー服や小物をそろえる

体調が良いうちに、赤ちゃん関連のものをそろえていきましょう。性別が分かっている人は赤ちゃんに合いそうなウェアやグッズ、性別が分かっていない人は、赤ちゃんのスペースに必要な家具やおもちゃなどを準備します。時間が経てば経つほど、体調が良くてもお腹が大きくて疲れやすくなってしまいますので、今がベストのタイミングと言えます。

出産する医院が異なる場合は忘れずに予約する

現在、通院している産婦人科と異なる産院で出産を希望する人は、そろそろ出産予約(分娩予約)をしておく必要があります。妊娠20週目までしか受け付けない産院や、人気のためにすぐに定員がいっぱいになってしまう病院もありますので、里帰り出産などを予定している方はなるべく早く行動するようにしましょう。

保育園の予約も早めに

産休が開けたらすぐに職場復帰しようと考えている方は、保育園の予約を行います。自治体によっては競争率がかなり高くなりますので、早めに行動する必要があるのです。市区町村の役場に出向く、もしくは通園させたい保育園に直接出向いて、入所希望時期を伝えましょう。

待機児童問題の現状と対策|子供を保育園に入園させる方法
待機児童問題の現状と対策|子供を保育園に入園させる方法
「待機児童ってどんな家庭の子がなるの?」「そもそも子供を預ける施設って何があるの?」「保育園ってどこを見るの?」という初心者ママの対策や保育園になかなか入れないママがとるべき行動を紹介します。

つわりと食生活について

妊娠16週に入り食欲が増した妊婦

安定期に入ると、つわりを感じる妊婦さんはほとんどいなくなります。体温も平熱に戻り、一気に体調が良くなることもあります。ですが、まだまだつわりや気分の悪さが続く人は、次の点に気をつけて母体と赤ちゃんの健康増進に努めましょう。

サプリメントの活用

妊娠の超初期とは異なり、妊娠16週目ともなると胎盤が完成していますので、お母さんが食べたものが栄養として赤ちゃんに送られるようになります。あまりに偏った食生活や少なすぎる食事量でいると、胎児の健やかな成長にも影響を及ぼす恐れがあります

でも、何を食べてもむかつきや吐き気がある場合は、バランスよく栄養を摂るのは難しいですよね。そんなときは、サプリメントの力を借りて、手軽に栄養補給を行いましょう。サプリメントを選ぶときは次の点に注意をして下さい。

妊娠中期のサプリメントの選び方
  • ドラッグストアや薬局で薬剤師に妊娠中でも服用可能なのか尋ねてから購入するか、成分表や添付文書をかかりつけの医師に見せて承諾を得てから購入する。
  • 葉酸が200~400μg含まれているサプリメントを選ぶ。
  • 鉄分とカルシウムが含まれているサプリメントを選ぶ。
  • ビタミンB群とビタミンCが含まれているサプリメントを選ぶ。

妊娠初期はサプリメントで葉酸を1日400µg摂取することが厚生労働省から勧められていますが、妊娠中期と妊娠後期には、普段の食事から摂取できる葉酸とサプリメントに含まれる葉酸を併せて480μgになることが望ましいと言われています。

普段の食事でも葉酸をしっかりと摂れている方は、サプリメントから200μg補うだけで充分ですが、普段の食事ではあまり摂取できていないと思える方は、妊娠初期と同じくサプリメントから400μg補給する必要があるのです。

適度な運動

つわり状態が重いと、体を動かすのも億劫に感じてしまいます。ですが、「しんどい・・・」とふさぎこんでしまうと、体調がますます悪くなってしまうことも少なくありません。無理のない程度でストレッチをしたり、手足を大きく動かしながらウォーキングをしたりすることで、気分が晴れ、体調が良くなることもあるのです。休みの日などにちょっと運動をしてみるのはいかがでしょうか。

睡眠の質を上げる

不快感から横になってもなかなか眠れない妊婦さんや、眠りが浅く夜中に何度も目が覚めてしまう妊婦さんも多くいます。そのような方は、睡眠の質を上げることで翌日の体調を改善できます。睡眠の質を上げるためのいくつかのポイントをご紹介します!

睡眠の質を上げるための工夫
  • ふくらはぎの下にたたんだタオルケットや座布団などを置き、少し足を高くして眠る。
  • 枕カバーを毎日交換するか、枕にタオルを巻いて毎日交換する。
  • 眠る前の1時間は、スマホやテレビ、パソコンなどの光が強い画面を見ない。
  • 体を締め付けない、ゆったりとしたパジャマを着る。

お腹は前回の検診より成長しているかが大切

ベッドで横になりリラックスする妊婦

妊娠16週目に子宮底長(恥骨から子宮の上部までのおおよその大きさ。お腹の上からメジャーで測定)を計測すると、10cm~20cmほどになります。子宮の大きさをお腹の上から計測しますので、誤差が大きく、10cm以下の場合でも20cm以上の場合でも特に心配することはありません。数字の大きさではなく、前回の妊婦検診と比べてどの程度成長したかが大切なポイントになります。

お腹の大きさと胎児の大きさはあまり関係がない

お腹が目立ってくる時期ですので、この時期にお腹が目立たなかったり、子宮底長が短かったりすると、「赤ちゃんが小さすぎるのかな?」「赤ちゃんがあまり成長していないのかも・・」と不安になるかもしれません。

ですが、お腹の大きさ、お腹が目立つかどうかは、お母さんの元々の体型や子宮の大きさ、妊娠してからどれほど腰回りやお腹周りに脂肪がついたかで決まりますので、子宮の内部の赤ちゃんの大きさや成長とはあまり関係がないのです。妊婦検診を受けて問題がないのなら、気にすることはありませんよ。

急激な子宮の成長によってお腹が張ることも

日に日に子宮は成長していきます。赤ちゃんが大きくなるだけでなく、赤ちゃんの周りの羊水の量も増えていきますので、その全てを収める子宮は大きくなっていくのです。子宮の成長に合わせてお腹も大きくなっていきますので、鈍い腹痛や張りを感じる人もいるでしょう。

お腹の張りを感じるときは、痛みの解消と妊娠線の予防を兼ねて、ボディクリームやボディローションを使ってお腹のマッサージを行いましょう。お気に入りの香りのものを選べば、リラックス効果も期待できますよ。

不安な出血は病院を受診する

妊娠16週目前後には、出血が起こる可能性はかなり低くなっていますが、生理のような量の出血が起こった場合や鮮血が出た場合、お腹の痛みを伴う出血が起こった場合は、救急病院に行くか、かかりつけの産婦人科を受診するようにしましょう。

性別が判明してママの楽しみも増える

安定期に入り友人と外出する妊婦

ほとんどの赤ちゃんの性別が判明している時期です。赤ちゃんの性別が分かると、名前を考えたりベビーウエアを選んだりする楽しみが増えますね。

染色体異常の診断は妊娠18週まで

ダウン症は、先天的な染色体異常によって起こる病気ですので、妊婦さんの生活習慣や遺伝子とは全く相関がなく、予防することも不可能です。現在の医学では、出産前診断でかなりの確率でダウン症を患っているかどうか知ることができますが、ほとんどの出生前診断は妊娠18週までしか受けられませんので、検査を希望する場合は早めに病院を探して受診するようにしましょう。

出生前診断の費用や実施時期と具体的な検査内容や問題点
出生前診断の費用や実施時期と具体的な検査内容や問題点
出生前診断の費用や実施時期、染色体異常を検出するための非確定的検査や確定的検査など詳しい検査内容を解説し、出生前診断後の人工中絶など「倫理的な問題」についても触れていきます。

胎動を感じるママも増える

胎動を感じられる妊婦さんがどんどん増えてくる時期です。胎動と言うとドンドンと蹴るような動きを想像するかもしれませんが、お腹の中がぐるぐる回るような動きを感じる人やポコポコとはじけるような動きを感じる人もいますので、初めのうちは胎動だと気付かないこともあります。

胎動の位置で赤ちゃんの動きや逆子の可能性を知る方法
胎動の位置で赤ちゃんの動きや逆子の可能性を知る方法
胎動の位置で赤ちゃんの向きや姿勢がわかるって知っていますか?また急に胎動の位置が変わる、下がる時は少し注意が必要な可能性もあります。成長に伴う胎動の位置の変化、逆子の時の胎動の位置なども紹介します。

安定期に入っても無理は禁物

赤ちゃんのためのベビーグッズを探す妊婦

安定期に入ったと思うだけで、気分が晴れやかになる妊婦さんも多いのではないでしょうか。ですが、妊娠全体の4割程度がようやく終わったばかりで、これからまだまだ長い時期を乗り越えていかねばなりません。無理な行動や体に負担をかける動きは行わず、慎重に行動していきましょうね。

ママの楽しみが増える妊娠16週!気分が良い日は出産準備をしよう

安定期が始まる妊娠16週目。赤ちゃんの性別が分かる方も多いので、パパと一緒に名前を考えるのも楽しいですよね。インターネットの通販サイトを利用して可愛いベビーグッズを探すのも良い気分転換になりますよ!
天気の良い日は、適度に運動してリフレッシュしましょう。
保育園探しや産院の手続きなども、余裕がある方は進めていきましょう!