Loading

妊娠15週の体調の変化や症状

妊娠15週妊娠初期終了|ママの症状と胎児の成長&過ごし方

妊娠15週目、妊娠4か月の最終週で、安定期は目前ですが、この時期も食事や体重管理など過ごし方で気をつけることはありますので油断は禁物。お腹のハリや大きさ、症状にはどのような変化が見られるでしょうか。出血やつわり、胎動の有無、性別やダウン症の診断についても解説します。

妊娠15週妊娠初期終了|ママの症状と胎児の成長&過ごし方

妊娠15週目!妊婦と胎児の変化と症状、気をつけること

いよいよ妊娠初期も終わりに近づきました。翌週妊娠16週からは安定期とも呼ばれる妊娠中期に入ります。妊娠初期の最後の週にあたる妊娠15週。この時期に見られる妊婦と胎児の変化や症状、生活していく上で気をつけることや知っておきたいことを見ていきましょう。

妊娠15週の体調の変化や症状

妊娠15週の変化を学ぶ妊婦

妊娠4ヶ月目の最終週、妊娠15週目。そろそろ妊娠している状態、お腹の赤ちゃんとの暮らしにも慣れてきたのではないでしょうか。

胎盤の完成

妊娠15週前後に胎盤が完成します。胎盤は完成しますが子宮は出産時まで成長し続けますので、子宮の成長に合わせて胎盤の位置も変化していきます。
胎盤が子宮口付近に形成される『前置胎盤』と医師に診断される妊婦さんもいらっしゃるかも知れませんが、胎盤の位置はまだまだ変化する可能性があります。もう少し様子をみましょう。

子宮の大きさはメロン大

この頃から、妊婦検診で恥骨から子宮上部までの距離『子宮底長』を測定しますが、体の外側からメジャーで測定しますので、かなりの誤差が生じます。妊娠15週目で12~18cmが平均的ですが、平均から外れても誤差の範囲内のことが多いです。

子宮の大きさもメロン大になっている方から大きめのグレープフルーツくらいの大きさの方まで、個人差があります。ほとんどの方は着衣の上からでもお腹のふくらみが分かるようになりますが、人によっては大きさが分かりにくい方もいらっしゃいます。

頻尿や排尿時の痛み

子宮の成長に伴い、膀胱に圧迫を受け、頻尿になる方も少なくありません。我慢せずにすぐにトイレに行くことが勧められますが、1日に20回以上トイレに通う場合や排尿時に痛みを感じる場合は、泌尿器科に相談してみることをおすすめします。必ず妊娠中であることを医師に説明してから診察を受けるようにしましょう。妊婦でも服用可能な内服薬を処方してもらえます。

体温が平常時に戻る

早い方では妊娠14週目ころから、遅い方でも妊娠16週目ころまでには長く続いていた高温期が終わり、平常時(低温期)の体温に戻ります。36℃前後に落ち着くと、のぼせやほてり、体のだるさからも解放されます。

妊娠15週の胎児の成長について

妊娠15週目には、胎児の体長は10~13cm、体重は50~100gほどまで成長しています。エコー写真でも手や足、首などがはっきりと見え、表情までくっきりと分かることもあります。

骨と筋肉の増強

手足の骨が硬くなり、筋肉や皮膚にも厚みが増してきます。より赤ちゃんとしてしっかりとした体つきに近づいていきます。手足の爪も伸び、産毛なども顔周りを中心に生えそろってきます。

より詳細なサイズ測定が可能になる

妊娠15週~妊娠16週になると、赤ちゃんの頭殿長だけでなく、大腿骨長や腹部周囲の長さなども測定するようになります。赤ちゃんの体型が分かるようになると、どんな赤ちゃんなのか想像する楽しみも増えますね。

安定期目前!妊娠15週の過ごし方のコツ、気をつけること

15週目の胎児の成長と妊婦の体調について調べる妊婦

体調はだんだんと落ち着いていきますが、その分赤ちゃんのお母さんとして、気をつけることがいくつかあります。ママも赤ちゃんも元気に出産の日を迎えるために過ごし方のコツを紹介します。

つわりが治まったら本格的な体重管理を開始!

つわりが治まると「何を食べてもおいしい!」時期が始まります。ですが、あまりに急激に体重が増えてしまうと、難産になったり妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病に罹患したりする恐れがあります。
妊娠15週目には、やせ型の人は妊娠前と比べて4kg~5kg、標準的な体型の人は妊娠前と比べて3kgほど、ややぽっちゃりとしていた人は妊娠前と比べて2kgほど増えているのが理想的です。
1週間で500g以上増えないように、1ヶ月1.5kg以上増えないように注意していきましょう。

もちろん、太り過ぎてしまうのはいけませんが、過度のダイエット(食事を極端に減らしたり、激しい運動をしたりするなど)は禁物です。妊娠前と比べてこの時期までに5kg以上増えてしまっている人は、今後は週に200~300g程度のペースで増やしていけるように注意して下さいね。

妊娠中のダイエットの正しい方法、出産までの体重管理術
妊娠中のダイエットの正しい方法、出産までの体重管理術
妊娠中のダイエットの正しい方法とは?激しい運動や食事を摂らないといった自己流ダイエットは赤ちゃんを危険にさらす危険大妊娠初期・中期・後期の体重管理のコツ、食事や運動面での適切なダイエット法を紹介!

食事はバランス良く!量より質を重視

「お腹に赤ちゃんがいるかたたくさん食べなきゃ!」と周りの人に言われてしまうかもしれませんが、普段の食事+300~500kcalくらいが理想的です。赤ちゃんの体重がどんどん増える妊娠後期に入ったら普段の食事+500~600kcal程度を目安に増やした方が良いでしょう。

普段の食事+300~500kcalというと、毎食後に小さめのヨーグルトやゼリーをプラスする程度の変化です。実際には、毎食後デザートを食べるのは糖分過多になりオススメはできません。新鮮なフルーツやフルーツジュースを食事にプラスしたり、食物繊維豊富なゴボウやカボチャなどの小鉢料理を一品追加したりするのが良いでしょう。

つわりが治まらないときは病院を頼ることも検討

ほとんどの妊婦さんにおいて、つわり症状は終わっていることと思います。まだつわり症状がひどくて食事が思うように取れない場合も、妊婦検診時に赤ちゃんが無事に成長していることが分かれば、特に心配することはありません。

つわりが長引いて妊娠15週の時点で妊娠前よりも5~10kgほど体重が減ってしまう妊婦さんもいらっしゃいますが、赤ちゃんの身長や体重がしっかりと増えていれば問題ありません。ですが、あまりにも低栄養のためにふらつきやめまいを感じる方は、病院に行って栄養点滴を受けることも可能です。診察時に妊娠中であることを述べ、適切な薬品の処方や処置をしてもらうようにしましょう。

つわりの症状とは?妊娠初期の体調変化を乗り越えるコツ
つわりの症状とは?妊娠初期の体調変化を乗り越えるコツ
つわりの症状は個人差が大きいのですが、妊婦の約8割がつわりを経験すると言われています。辛いつわりはいったいいつ終わるのか…。具体的なつわりの症状と緩和法、妊娠初期の体調不良を乗り越えるコツを紹介!

お腹が大きくなって腰痛が誘発されることも

激しい腰痛で動けなくなった妊婦

お腹周りもどんどんと大きくなっていきます。お腹と腰を増やさない服装を選び、締め付けない下着を身につけ、母体と赤ちゃんを守っていきましょう。この時期に腹痛に悩まされる人も増えていきます。

腹痛は成長痛?

不規則にお腹がちくちくと痛むことがあります。ほとんどの場合は子宮が成長する際に、周囲の臓器や筋肉を圧迫することによる痛みですので、心配する必要はありません。ただし痛みがあまりにもひどい場合や出血を伴う場合は、すぐに病院に行って適切な処置を受けるようにしましょう。

お腹の痛みや出血には注意

妊娠15週目には、下着に血のようなシミがつくことも、おりものに茶色のものが混ざることもほとんどありません。ですが、おりものシートでは収まらない程度の血が出るときや、お腹を刺すような痛みがあるときはかかりつけの産婦人科もしくは緊急病院に行き、医師の診察を受けましょう。

我慢は禁物!妊娠初期症状の腹痛に伴う症状・痛み方をチェック
我慢は禁物!妊娠初期症状の腹痛に伴う症状・痛み方をチェック
妊娠初期症状の腹痛は生理前の腹痛とどこが違うのでしょうか?いつから始まりどのような痛みの腹痛が起こるのでしょうか?妊娠兆候の一つといわれる妊娠初期の腹痛の症状と腹痛が起こる原因をご紹介致します。

鼻血は心配いらない

妊娠中は普段よりも血液量が増え、その結果、血圧も上昇しやすくなります。また、ホルモンバランスが崩れることで、鼻の粘膜に送りこまれる血液量も増加します。これらにより、妊娠中には鼻血が出やすくなってしまうのです。

特に妊娠15週目ころに「鼻血が止まらない」「1日に1度は鼻血が出る」「鼻がむずむずするのでかんだら、ティッシュに血がついた」という妊婦さんが多いようです。
この時期に鼻血が出るのは自然なことですので特に心配する必要はありませんが、なかなか止まらないときは、鼻にティッシュや清潔なガーゼを詰め、鼻の横側からしっかりと圧迫して、少しうつむいた姿勢で10~15分ほど鼻への圧迫をキープします。慌てて横になったりすると鼻血が喉に入りこんだりしますので、注意して下さい。

性別判定は可能だが、タイミングしだい

赤ちゃんの性別が分かり夫に連絡をするかどうか迷う妊婦

性別の正確な判定は妊娠20週目ころからとも言われていますが、医療機器の進歩により現在では妊娠15週ともなるとほぼ確実な性別判定が可能です。ただし、エコー検査では赤ちゃんの体勢によって判定が難しいのは変わらないので、いつわかるかはタイミングしだいと言えるでしょう。

エコー検査がないころには、性別判定はどのようにして行われていたのでしょうか。科学的根拠はありませんが、昔からよく言われている性別判定の迷信をいくつか紹介いたします!

性別判定の迷信
  • 妊婦さんの顔がきつくなったら男の子、穏やかになったら女の子
  • お腹の中をもぞもぞと動くのは男の子、激しく蹴るのは女の子
  • お腹が前に大きくなったら男の子、横に大きくなったら女の子
  • 妊娠中に肉を好むようになったら男の子、野菜や魚を好むようになったら女の子

もちろん迷信ですから、根拠はありません。年配の方には、ママの顔やお腹を見て上記のようなことを言う方もいるかもしれませんが、悪気はない場合がほとんどですので気にしないでおきましょう。

ダウン症診断の予約・相談は早めに済ませる

ダウン症児などの先天性染色体異常を持つ赤ちゃんなのか確かめる場合は、出生前診断を受けなくてはなりません。出生前診断にはいくつかの種類がありますが、いずれも受けられる妊娠週数が決まっているだけでなく、実施する医療機関が少ないことや予約が取りにくいこともあります。また検査の種類によっては費用も高額です。診断を受けようと思われる方は早めに行動するようにしましょう。

絨毛検査

胎盤完成前の絨毛を針で採取してチェックします。母体への負担が大きい検査法です。胎盤完成前の妊娠10~13週ころにに実施されるため妊娠15週に入ってしまうと検査ができません。

母体血清マーカーテスト

クワトロテストもしくはトリプルテストとも呼ばれます。妊婦さんから2~3mlほど採血するだけでチェックできるため、母体への負担が少ない診断方法です。妊娠15~17週に実施します。

羊水検査

羊水を採取して調べますので母体への負担は大きいですが、ダウン症の発見率はほぼ100%の精度を誇ります。妊娠15~17週に実施します。

新型出生前診断(NIPT)

血液採取(20mlほど)だけで終わりますので、母体への負担が少ない診断法です。実施している医療機関が少ないので、事前にしっかりと調べておきましょう。妊娠10~18週に実施します。

胎動は感じないが、赤ちゃんは動き回っているはず

妊娠15週の赤ちゃんのエコー画像

赤ちゃんの胎動を感じられる人もいますが、まだ体が小さいので、はっきりと感じられるのはもう少し先のことになります。胎動は感じられなくても、赤ちゃんは元気にお腹の中を動いているはずですので、検診結果に異常がないなら心配いりません。
初めて妊娠した方よりも、経産婦さんは胎動がどのようなものか知っているので、胎動に気が付きやすい傾向にあります。

妊娠4ヶ月ラスト週!気をつけること

つわりの終息によって体が楽になる半面、お腹が大きくなってくるので「動きづらい」「少し歩くだけで疲れる」ようにもなっていきます。自分と赤ちゃんの健康を第一に考え、無理なスケジュールを組むことや負荷の高い運動をすることは避けましょう。

つわりは治まっても、不調が起こりやすい妊娠15週目

つわりが治まって食事が快適にできるようになりますが、体重が急増したり、鼻血が出たり、腰痛や便秘・頻尿がひどくなったりと小さな不調がたまりやすい時期でもあります。ストレスが溜まらないように生活していきましょうね。