Loading

妊娠14週の体調の変化や症状

妊娠14週の症状&過ごし方、胎動や性別はわかる?

妊娠14週目(妊娠4ヶ月3週目)、母体にはどのような変化や症状が現れるでしょうか。胎児はどのぐらい成長したのでしょうか?妊娠初期ももうすぐ終わりますが、気をつけることや過ごし方の注意点、つわりが治まらない時の対処法、出血や胎動の有無、この時期に選択可能なダウン症診断も紹介。

妊娠14週の症状&過ごし方、胎動や性別はわかる?

妊娠14週目に見られる妊婦の変化と胎児の様子、気をつけること

妊娠4ヶ月の3週目。妊娠14週目には、どのような変化が妊婦と胎児に見られるでしょうか。また、この時期ならではの知っておきたいことや気をつけるべきことを説明します。

妊娠14週の体調の変化や症状

妊娠14週目の赤ちゃんのエコー写真

妊娠14週目にもなると、傍目にも妊婦さんらしい体型になってきます。子宮の大きさもメロン大になり、赤ちゃんがすくすくと成長しているのを感じられます。

腰痛に悩む人がさらに増える

子宮がどんどん大きくなっていきますので、腰痛や腹痛、お腹や腰周りの不快感に悩まされる人が増えます。腰の両サイドに痛みを覚え、横になるのも辛い状態が続く方も少なくありません。座布団や抱き枕、ロール状にまるめたタオルなどを腰下に当て、楽な姿勢を追及しましょう

妊婦の腰痛対策!つらい腰痛を楽にする10の方法
妊婦の腰痛対策!つらい腰痛を楽にする10の方法
妊婦のつらい腰痛への対策方法をまとめました。姿勢や寝方など今すぐ実行できる工夫から、寝具選びのコツ、骨盤ベルトなどの腰痛対策グッズ、マッサージなどの身体のメンテナンスについても紹介しています。

便秘症状が続く

妊娠初期のため「あまり体を動かさないように」と産婦人科の医師から指示されている妊婦さんも多いのではないでしょうか。ですが、妊娠前と比べて急激に運動量が減る、つわり症状が長引いて食事量が減る・栄養が偏る、子宮が成長して腸を圧迫するといったことが重なり、便秘症状に悩む方もでてきます。

あまり辛い状況が続くと、便秘薬に頼りたくなりますが、市販の便秘薬は妊娠中には服用できないものがほとんどです。産婦人科の検診時に医師に相談したり、内科を受診して妊娠中であることを告げて内服薬を処方してもらいましょう。

普段の生活でも便秘を解消することは可能です。朝、起きてすぐに腸を刺激するために冷たい水をコップ一杯飲んだり、ゴボウやキャベツなどの食物繊維が多い食材を意識的に食べたり、1日1.5リットル以上の水分を摂取するように心がけたり、起床時間や就寝時間が規則的になるように生活をコントロールするのが効果的です。

基礎体温が下がる

毎日基礎体温をつける習慣がある人は、妊娠してからずっと続いていた高温期が終わって低温期に入ったことに気付くでしょう。これはプロテスゲロン(黄体ホルモン)の分泌が落ち着いたためですが、低温期に入ることでつわり症状も治まっていきます。

妊娠14週の胎児の成長

妊娠14週目以降の妊婦検診では、子宮上部から恥骨までの長さ『子宮底長』を測ります。子宮底長を測ることで、子宮の成長が正常かどうかだけでなく、羊水量は十分なのか分かります。妊娠14週目の子宮底長は10~15cmが平均的です。

胎児が10cmを超える!

今までミリ単位で増えていた胎児の体長が、だんだんとセンチ単位で増えていきます。妊娠14週目には、胎児の体長は8~11cm、体重は30~100gほどにまで成長します。

首がはっきりとしてくる

エコー写真でも、体の上に首が見え、首の上に頭部が乗っているのが見えます。頭部と胴部しかはっきりと見えなかったときとは異なり、2.5頭身~3頭身くらいになります。

神経回路の完成

神経回路が完成し、脳と四肢、感覚器の動きが連携します。体や顔の動きも複雑になり、足先を丸めたり、目や口をスムーズに動かせます

妊娠14週の過ごし方|体調管理や食生活で気を付けたいこと

つわりが落ち着き好きなものを食べる妊婦

安定期までもう少しですが、つわり症状が軽くなると「活発に動きたい!」という気持ちも強くなってきますよね。医師に制限されない限りは、体を適度に動かすことは大切です。また、つわり症状が軽くなって吐き気やむかつきが収まったら、そろそろ赤ちゃんの栄養を考えた食事にも本格的に取り組みましょう。

妊娠14週は適度に活動的に!おすすめの過ごし方

妊娠14週のおすすめの過ごし方を紹介。もちろん体調には個人差があるので、無理はしないようにしましょうね。

母親学級に参加する

体調が良い日に、『母親学級』に参加して見るのはいかがでしょうか。通っている産婦人科や市区町村の自治体で開催されますので情報収集をはじめましょう。

スポーツクラブのマタニティクラス

スポーツクラブやカルチャーセンターのマタニティクラスに参加するのもおすすめです。ヨガやストレッチ、軽いエクササイズ、スイミングなどのクラスがありますので、好みに合わせて選びましょう。できれば、無理のない程度で週に2~3回は参加できると良いですね。

クラスによっては妊娠週数の制限を設けていて参加できないこともあります。そのようなときは、お腹に負担をかけないように注意して、家で軽いストレッチを毎日行いましょう。

妊婦のプール利用はマタニティスイミング以外も大丈夫?
妊婦のプール利用はマタニティスイミング以外も大丈夫?
妊婦のプール利用は大丈夫かなと不安に感じているママ向けに、水泳や水中ウォーキングのメリット、感染症や転倒などプール利用時のリスクを軽減するため注意点、妊婦でも着られる可愛いマタニティ水着を紹介します。

普段の食事をバランスアップさせるコツ

普段の生活でもバランスの良い食事を摂ることは大事なことですが、妊娠中は自分だけでなく赤ちゃんのためにも、バランスの良い食事をしっかりと摂る必要があります。そうは言っても、毎日3食しっかりと作るのは難しいですよね。簡単にできる食事バランスを向上させるコツをご紹介します。

  • サラダを食べる時、ドレッシングは使用しない、もしくはドレッシングの量を半分にする。
  • 揚げたものよりは炒めたもの、炒めたものよりは焼いたものを選ぶ。
  • まとめて食べるのではなく、できるだけ少量を複数回に分けて食べる。
  • 食材やお総菜を選ぶときは、彩りが良くなるように選択する。
  • 1日1回はフルーツ100%のジュースかフルーツそのものを食べる。

つわりが長引くときはサプリで栄養補給

妊娠中の栄養バランスを補うためのサプリ

つわり症状は、妊娠14週目には感じなくなる人が多いですが、人によっては妊娠15~17週頃まで続きますので、辛い思いをしている妊婦さんもいるでしょう。

つわりは、いつかは必ず終わる症状ですので、無理に「栄養バランスよく食べなきゃ」と思い詰める必要はありません。むかつきを感じにくい小粒のサプリメントやニオイがしないように加工されている栄養補助食品を利用して、この時期に必要とされるビタミン類や鉄分、カルシウム、葉酸などの栄養素を補給しましょう。
つわりが治まり、体が楽になってから、お母さんと赤ちゃんに必要なものを適量食べていくようにしましょうね。

お腹が大きくなるので締め付けない服装をする

お腹がだんだん大きくなります。この時期の服装について気をつけることを紹介します。

ゆったりとした下着

日に日に大きくなるお腹をカバーできるゆったりとしたサイズのショーツを選ぶのは当然ですが、しっかりと股上が深く、お腹の上まで覆うことができるものを選ぶようにしましょう。胸周りも大きくなってきますので、締め付けないノンワイヤーのブラジャーを選ぶ方が良いでしょう。

アジャスター付きのパンツやスカート

出産時まで着用できるサイズ変更可能なアジャスターバンド付きのパンツやスカートなども、あると助かりますよね。腰回りはゆったりしていても、足元はスリムなタイプのジーンズなどもあるので、見た目にもオシャレさをキープしたまま、マタニティライフが送れます。

出血が起こったら緊急受診

妊娠14週前後は、ほとんど出血の恐れはありませんが、まれに生理のような量の出血が見られることや激しい腹部の痛みを伴う出血が起こることがあります。万一の時は救急で病院に行くようにしましょう。

性別が判定される人が多い

一般的に、妊娠4ヶ月目に性別が判定されることが多いです。妊婦検診時に「男の子ですね」とか「女の子のようですね」と告げられることもあります。稀にエコー検査に何かの影が写り込み、異なる性別と判定されてしまうこともありますので、参考として話を聞いておきましょう。

気をつけること・心構え

安定期が待ち遠しい妊婦

体調は安定しているのに安定期とは呼べない妊娠14週目。つわりが重かった方は、体調が楽になったことが嬉しく、無理をしがちです。どんなに調子が良くても、今は妊娠中であること、お腹にかわいい赤ちゃんがいることを忘れないようにしましょうね。

ダウン症の確率|妊娠14週で受けられる出生前診断

ダウン症は、発症率の高い先天性の障害です。遺伝的要因と言うよりは確率的な問題ですので、親族にダウン症の方がいない場合でもダウン症児が生まれる可能性は十分にあります。
ダウン症になる理由は解明されていませんが、出産時の母体年齢が上がれば上がるほどダウン症児が生まれる可能性は増えます

20歳で出産する場合は約1,500人に1人、25歳で出産する場合は約1,250人に1人、30歳で出産する場合は約1,000人に1人、35歳で出産する場合は約400人に1人、40歳で出産する場合は約100人に1人、45歳で出産する場合は約30人に1人と、お母さんの年齢が上がるごとにリスクは高まります。

胎児ドックとは?胎児スクリーニングの目的と検査の注意点
胎児ドックとは?胎児スクリーニングの目的と検査の注意点
胎児ドックとは何か、どんな検査をして、どんなことがわかるのかをまとめました。また、医学のいう「リスク」と皆さんの想像する「確率」についての誤解がないかなども併せて解説します。

出生前診断を受ける前の心構え

出産する時、特に35歳を超えて出産する時は、「お腹の赤ちゃんがダウン症なのではないだろうか?」と考えて、出生前診断を受ける方が良いのか考える方も多いでしょう。

妊娠14週の時点では、母体性血清マーカー検査(妊娠15週~18週)、2013年に許可された新型出生前診断(妊娠10週~22週)、絨毛採取(妊娠11週~15週)、羊水検査(妊娠15週~18週)といった選択肢が残されています。
陽性診断を受けたときはどうするのかパートナーとよく話し合ってから、出生前診断を受けるようにしましょう。

胎動はもう1ヶ月、2か月先!

母子手帳を眺め赤ちゃんの成長を確かめる妊婦

赤ちゃんは手足を活発に動かしますが、まだ体が小さいので、『胎動』として感じられることはほとんどありません。胎動を感じるのはあと1~2ヶ月ほど後になりますので、楽しみに待っていましょうね。

胎動を感じない?不安を感じた時の対処法、病院受診の目安
胎動を感じない?不安を感じた時の対処法、病院受診の目安
胎動を感じない日や時間があり、不安になる妊婦さんに向けて、臨月の胎児の様子やお腹の中の環境(子宮の大きさ、羊水の量)など胎動を感じにくくなる原因、胎動がない場合に考えられる異常、胎動を感じられない時の対処法や病院受診の目安を解説。

つわりが治まったら、気分転換をしましょう!

気持ちよく過ごせる日がぐっと増えてくる妊娠14週目。つわりが治まったら、気分転換にショッピングやお散歩に出かけましょう。もちろん、高いヒールの靴や下半身を冷やす服装はNGですよ!