Loading

妊娠13週の体調の変化や症状

妊娠13週お腹が膨らんできた時の過ごし方&気をつけること

妊娠13週に入ると、妊婦の体調は比較的安定します。お子宮が大きくなりお腹が膨らみ始めるためマタニティ下着やウェアの着用はおすすめです。食事や運動など日常生活の過ごし方、妊娠線予防などの気をつけること、胎児の性別判定や胎動の有無、エコー検査でダウン症を疑われる場合の特徴も解説。

妊娠13週お腹が膨らんできた時の過ごし方&気をつけること

妊娠13週目に見られる症状や気を付けること、過ごし方のポイント

妊娠4ヶ月の第2週、妊娠13週目。安定期まであと少しですので、つわりに悩まされていた方もかなり楽に過ごすことができるようになってきたのではないでしょうか。

妊娠13週の体調の変化や症状

妊娠13週のお腹

妊娠13週目に入ると、子宮の大きさは小ぶりなメロンほどの大きさになり、フィットした服を身につけている場合は、着衣の上からでも妊娠していることが分かるようになります。

お腹のふくらみに合わせた服装

早い方では妊娠2ヶ月目くらいからマタニティウエアを着用されますが、まだの方も、妊娠13週目にはマタニティウエアやマタニティ下着を着るのがおすすめです。お腹周りだけでなく胸も張ってきますので、普段のパンツやスカート、下着を着用していると、締め付けがきつくなって体にあざができてしまったり、気分が悪くなったりすることもあります

産後の授乳時まで使用できるマタニティウエアや下着がありますので、好みや用途(使用するタイミングや授乳時の工夫など)に合わせて選びましょう。デパートの赤ちゃん用品のコーナーや育児グッズを専門に扱う店舗、インターネットショップなどで購入することが可能です。

マタニティファッション最強コーデ!海外ママのおしゃれ術
マタニティファッション最強コーデ!海外ママのおしゃれ術
マタニティファッションをおしゃれに着こなすための季節に合ったアイテム活用法と、真似したくなるような海外ママたちのおしゃれで個性的なマタニティファッションのコーディネート術をご紹介します。

前置胎盤の可能性があると診断されたとき

妊娠12週~15週くらいに、産婦人科の定期検診で「前置胎盤の可能性があります」と医師に言われることがあります。通常は子宮上部に胎盤が形成されますが、前置胎盤の場合は子宮底部に胎盤が形成されて、子宮口の一部もしくは全部をふさいでしまいますので、自然分娩では出産できません。

前置胎盤だと診断が確定されると、妊娠9ヶ月目くらいからもしものときのために備えて入院し、妊娠37週~38週頃に帝王切開で出産することになります。血液を通して赤ちゃんに酸素と栄養を送り届ける胎盤が子宮口近くにありますので、妊娠中に不正出血が出る恐れも高くなります。

とはいうものの妊娠12週~15週のときは、まだまだ子宮が大きくなっていきますので、それに合わせて胎盤の位置もずれる可能性があります。この頃に「前置胎盤の可能性がある」と診断されても、妊娠後期には正常な位置になることもありますので、慌てるのはやめましょう。

一般的に、子宮を手術したことがある方や経産婦は前置胎盤になる可能性が高いと言われています。全体の0.5%ほどの確率ですが、帝王切開で無事に出産できますので、過度に心配する必要はありません。

妊娠13週の胎児の成長

妊娠13週の胎児のエコー写真

小ぶりのメロンほどの子宮の中に、体長70~80mm、体重20~25gほどの赤ちゃんが入っています。妊娠初期と比べると成長のスピードはだいぶ緩やかになります。

手指と表情筋の発達

手を開いたり握ったりできるようになり、親指と他の指が別々の動作をできるようになります。口周りの筋肉も発達しますので指をしゃぶる動作もでき、何度も口を動かすことで頬がふっくらとしてきます。

生殖器の発達

生殖器が発達しますので、エコー検査でも男の子か女の子か見分けやすくなります。妊娠1ヶ月目から性別は決まっていますが、男の子か女の子か目で判断できるようになると、赤ちゃんの存在をもっと身近に感じますよね。

エコー写真の見方|性別やダウン症の特徴、胎児の成長経過
エコー写真の見方|性別やダウン症の特徴、胎児の成長経過
エコー写真の見方を覚えれば、赤ちゃんの成長がもっと楽しみに!エコー写真は情報の宝庫です。記号や数字の意味や性別の判定方法を実際のエコー写真をもとに大解説!自分のエコー写真と比較してみてはいかが?

消化器官の発達

口から羊水を取り込めるだけでなく、咽頭や気管、食道が完成していますので、スムーズに消化と排泄が行えるようになります。

適度な運動とバランスの良い食事で便秘対策

つわりが終わった方も多いと予想されますので、そろそろ無理のない程度に体を動かして、体調管理をしていきましょう。お母さんが食べたものが、血液となって胎盤を通って赤ちゃんに届けられますので、食べるものには気を付けましょう。

スニーカーでウォーキング

体を動かすことは必要ですが、あまり激しい運動や負荷の高い運動はオススメできません。転ばないように足に合ったスニーカーを履き、両手をしっかりと振ってウォーキングするのはいかがでしょうか。空気の良い朝の習慣にしてみましょう。

妊娠中の運動で安産&快適マタニティライフ!おすすめ運動
妊娠中の運動で安産&快適マタニティライフ!おすすめ運動
妊娠中に運動は安産に繋がり、マタニティライフを快適に過ごすためにも大切です。いつからどのような運動法がおすすめなのか、理想の運動量や注意点は?妊婦さんでも気軽にできる運動のアイデア盛りだくさんです!

マタニティクラスの受講

ヨガやエアロビクス、スイミングなどのマタニティクラスも、妊婦さんの健康管理にオススメです。一部のホットヨガでもマタニティクラスを実施していますが、のぼせやすい方や貧血気味の方にはち少し難しいかもしれませんね。

鉄分とカルシウム

妊娠中は血液量が増えますので、鉄分が不足し、鉄欠乏性貧血になりやすくなります。ドライフルーツや海草、貝類などを積極的に食べるのも良いですが、サプリメントなどで手軽に補給するのもオススメです。

また、普段から不足しがちなカルシウムも積極的に摂りたい栄養素の1つです。鉄分とカルシウム、そして赤ちゃんの正常な発育を助ける葉酸の3つの栄養素をまとめて摂取できる『妊婦用サプリメント』も数多くありますので、納得できるものを選んで出産まで継続してはどうでしょうか。

食物繊維と水で便秘予防

妊娠前と比べると動作がどうしてもゆっくりになってしまいますので、運動量が落ち、便秘になる方も多いでしょう。また、子宮が成長することで腸を圧迫することも、便秘がちになる1つの要因です。

市販の便秘薬は妊娠中に服用できないものも多いので、便秘症状がひどくなったときは、ゴボウやカボチャ、キャベツなどの食物繊維が豊富な食材を積極的に摂取し、水を多めに飲み、便秘対策を行いましょう。便秘に効くヨガのポーズなどもありますが、腹部を圧迫する動作であることが多いため、ウォーキングやストレッチなどの全身をまんべんなく動かす運動を選択するようにしましょう。

辛かったつわりも終わる

つわりが終わり食欲が増した妊婦

妊娠13週目は、ほとんどの方のつわりが治まり、比較的楽に過ごせる時期です。なかなかつわりが治まらない人も1~2週間ほどで徐々に楽になっていきますので、前向きに明るく過ごすようにしてくださいね。

つわりの症状とは?妊娠初期の体調変化を乗り越えるコツ
つわりの症状とは?妊娠初期の体調変化を乗り越えるコツ
つわりの症状は個人差が大きいのですが、妊婦の約8割がつわりを経験すると言われています。辛いつわりはいったいいつ終わるのか…。具体的なつわりの症状と緩和法、妊娠初期の体調不良を乗り越えるコツを紹介!

妊娠線は1度できたら消せない!

お腹がどんどん目立つようになる妊娠13週目。急激にふくらんできますので、お腹にひび割れのような妊娠線が見えてくる妊婦さんも増えてきます。妊娠線は一度出来てしまうと、完全に消すことはほぼ不可能です。妊娠線予防ケアをしっかりと行うようにしましょう。

妊娠線の予防

お腹の成長に皮膚の伸びが追いつかないため、妊娠線は出来てしまいます。つまり、お腹が成長しても皮膚がお腹に合わせて無理なく伸びるなら、妊娠線はできません

お腹の皮膚が無理なく伸びるためには、普段からお腹にクリームやローションをたっぷりと塗って、柔らかく保つことが必要です。『妊娠線予防』専用のクリームやローションでなくても、肌に合ったボディクリームやボディローションで充分に予防できます

ただし、妊娠中は香りに敏感になっていますので、普段使用しているボディクリームを塗ると気分が悪くなるかもしれません。今の感覚に合う香りのクリームやローションを1本買っておきましょう。

妊娠線予防の徹底対策5つ・妊娠線を許してしまう2つの油断
妊娠線予防の徹底対策5つ・妊娠線を許してしまう2つの油断
妊娠線予防は徹底した対策が最大のポイント。妊娠線予防のために続けたい5つの対策、妊娠線対策におすすめのクリーム・オイルや腹帯等のベルトもご紹介!妊娠線は最後まで油断することなく対策を続けましょう!

不正出血は滅多にない時期

妊娠13週目の前後には、ほとんどの場合、不正出血はありません。前置胎盤の可能性があっても、不正出血が起こるのは妊娠28週目ころ、妊娠月数で言うと8ヶ月目に入ってからなので、妊娠13週目に不正出血の心配をする必要はほとんどありません。

ですが、生理のときのような量の出血が出るときや激しい腹痛を伴う出血が起こったときは、すぐにかかりつけの産婦人科や救急病院を受診し、適切な処置を受けるようにしましょう。

性別判定はタイミングしだい

お腹の中の赤ちゃんの性別を考える妊婦

生殖器が発達してくる時期ですので、赤ちゃんの向きによってははっきりと性別を教えてもらうこともあります。いつもエコー検査のタイミングが悪くて、赤ちゃんが男の子か女の子かまだ分からない方もいらっしゃいます。いつかは必ず分かることですので、慌てずそのときを待ちましょうね。

ダウン症らしき特徴が見つかれば出生前診断が可能

赤ちゃんがダウン症かどうか知るために、血清マーカーテストや羊水検査、新型出生前診断などの『出生前診断』を受けることがあります。特にダウン症児である確率が高い「出産時の母体の年齢が35歳以上」「ダウン症の子どもを産んだことがある」「両親のどちらかがダウン症」などに当てはまるときは、出生前診断を選択する方が多いです。

出生前診断は受けられる期間が限定されていますが、妊娠13週目にはほとんどの検査が実施可能ですので、ハイリスク群に該当する方や気になる方は診断を受けるかどうかパートナーと話し合ってみると良いでしょう。

出生前診断の費用や実施時期と具体的な検査内容や問題点
出生前診断の費用や実施時期と具体的な検査内容や問題点
出生前診断の費用や実施時期、染色体異常を検出するための非確定的検査や確定的検査など詳しい検査内容を解説し、出生前診断後の人工中絶など「倫理的な問題」についても触れていきます。

エコー検査でダウン症の疑い

出生前診断と比べると正確性に劣りますが、エコー検査でもダウン症児の可能性を指摘されることがあります。確定は精密検査を実施してからとなりますが、次の特徴があるときはエコー検査でダウン症の可能性が疑われかもしれません。

エコー検査で分かるダウン症児の身体的特徴
  • 首の後ろに瘤状のものがあることが多い
  • 体に比べて手足が短いことが多い
  • 胎児の体重があまり増えない
  • 心臓の動きや形に異常が見られることが多い
染色体異常の種類|ダウン症やその他の染色体異常と特徴
染色体異常の種類|ダウン症やその他の染色体異常と特徴
染色体異常の種類は染色体の数と構造の違いにより細分化されます。ダウン症や18トリソミーをはじめとする染色体異常の種類とそれぞれの症状や胎児の異常の有無を調べる出生前診断について分かりやすく解説。

胎動は感じられない人が圧倒的多数

少し大きめの妊娠13週のお腹

赤ちゃんは手や口を動かしていますが、体が大きくなって胎動として感じられるのは、もう少し先のことになります。まれに妊娠13週目の前後に「胎動を感じた!」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、何も感じられない方の方が圧倒的に多い時期です。

胎動はいつから?初産と経産婦の違い・パパが感じるコツ
胎動はいつから?初産と経産婦の違い・パパが感じるコツ
胎動はいつから感じる?初産と経産婦では胎動を感じる時期に違いがある?赤ちゃんの胎動を待ち望むママやパパたち向けて、はじめて胎動を感じる時期・胎動が激しくなる時期、パパが胎動を感じるコツを紹介します。

健やかに過ごせる日が多い妊娠13週目。体を動かしリフレッシュを!

つわり症状から解放され、気持ちよく過ごせる日が多い時期です。まだまだ無理な動きや運動量の多い動作などは避けておくべきですが、医師に安静を命じられていない限りは、閉じこもってばかりいないで適度に活動するようにしましょう。

出産までの道のりも、3分の1が過ぎました。かわいい赤ちゃんの顔が見られるのももうすぐですよ!