Loading

妊娠10ヶ月の体調の変化や症状

妊娠10ヶ月臨月のママと赤ちゃんの体の変化・出産兆候

妊娠10ヶ月目(妊娠36週,妊娠37週,妊娠38週,妊娠39週)は臨月と呼ばれ、いよいよ出産が迫ってきています。前駆陣痛や胎動の減りなどの出産兆候もあらわれ、赤ちゃんとの対面はもうすぐです。ママと赤ちゃんの体の変化、ストレッチなどのおすすめの過ごし方や外出の際に気をつけることを紹介します。

妊娠10ヶ月臨月のママと赤ちゃんの体の変化・出産兆候

妊娠10ヶ月「臨月」に入ったら、出産は間近です!

赤ちゃんがお腹の中にいる最後の月、妊娠10ヶ月目。この妊娠36週から妊娠39週を臨月と呼びますが、正産期は37週0日から41週6日です。37週ですぐに出産になる人もいれば、臨月が終わる39週にまだ出産していない人もいるので、この妊娠10ヶ月の時間の長さには個人差があります。

いよいよ出産を目前に控え、お母さんの体にはどのような変化が見られるのでしょうか。そして赤ちゃんの様子はどうでしょうか?妊娠10ヶ月の体の変化や出産兆候、外出の際に気をつけることを解説します。

ママの体は出産準備を開始!不快な症状もあと少しの辛抱

出産準備を始めたママと上の子供

妊娠10ヶ月目には、妊婦の体にはどのような変化が見られるのでしょうか。妊娠週数ごとに変化を追って行きましょう。

妊娠36週の体調の変化や症状

妊娠10ヶ月目に入ると、子宮の位置が徐々に下がっていきます。妊娠36週目には、子宮の位置はみぞおちの辺りまで下がり、母体の胃などの臓器への圧迫も徐々に解消されていきます。

胃や腸を抑えつけられている感覚が解消される分、食欲が増してくるのがこの時期です。むかつきもかなり解消されますので、反動で体重が急激に増えてしまうことも少なくありません。こまめに体重をチェックし、1週間に300g以上は増加しないようにコントロールするようにしましょう。

子宮口が開いてくる場合も

早い人では、妊娠36週目から子宮口が開いてくる場合もあります。といっても、ほとんどの場合が1cm以下しか開きませんので、過度に心配する必要張りません。徐々に母体の骨盤が開いて、胎児の頭部が子宮口にはまるようになり、出産に向けて準備を整えていきます。

妊娠10ヶ月目は毎週検診が基本

体がいつでも出産できるように整って行く妊娠10ヶ月目。妊娠36週からは、週に1回のペースで妊婦検診を受けるように指導されます。普段の問診や胎児のエコー検査に加えて、内診や胎児心拍モニタリング(NST)なども実施しますので、検診時間は1時間に及ぶこともあります。時間に余裕を持って、病院に出かけるようにしましょう。

妊娠36週の臨月の過ごし方!出産兆候と外出の注意点
妊娠36週の臨月の過ごし方!出産兆候と外出の注意点
妊娠36週、臨月の胎児の成長とママの体調の変化、お腹の張りや前駆陣痛、胎動の減りなどの出産兆候と妊婦検診の内容、外出時の注意点、体重管理や入退院の荷造り、出産にむけた心構えについて解説します。

妊娠37週の体調の変化や症状

子宮の位置がさらに下がり、お腹のふくらみがかなり下の方に移動します。胎児の頭部も骨盤に収まるようになりますので、胎動を感じにくくなることもあります。

正期産が始まる週

妊娠37週から41週に赤ちゃんが生まれることを「正期産」と言います。予定日前であっても、妊娠37週で赤ちゃんが生まれるのは至って正常なことです。いつ生まれてもおかしくない状況ですので、遅くとも妊娠37週になるまでに出産準備は終えておきましょう。

いつ生まれても良い状況ですので、検診の度に子宮口の開き具合もチェックします。また、女性ホルモンエストロゲンの分泌が活発になりますので、おりものの量が増えたり、においがきつくなったりすることもあります。

子宮圧迫と血液量増加によりむくみやすくなる

妊娠37週に入ると、妊娠する前と比較すると血液量が5割程度増えます。血液量は増えますが子宮が下がってきますので血流は悪くなり、体、特に下半身がむくみやすくなります。体重をこまめに測って食事量や塩分量を調整したり、脚をマッサージしたりして、むくみや過剰な体重増の解消に勤めましょう。

妊娠37週目のママの体の変化とおなかの中の胎児の様子
妊娠37週目のママの体の変化とおなかの中の胎児の様子
妊娠37週目のママの体調の変化と胎児の成長の様子を解説します。安産になる食生活や体重管理の方法など出産準備の方法も解説しています。臨月を迎え辛い時期ですが、赤ちゃんに会えるまでもう少し頑張りましょう。

妊娠38週の体調の変化や症状

子宮がさらに下がってきますので、お腹周りや足の付け根に痛みを感じてくる時期です。妊娠38週で生まれることも少なくありませんので、いつでも出産できるよう、物心両面から準備をしておきましょう。

痛みやしびれが強くなることもある

赤ちゃんが子宮口に向かって下がってきますので、恥骨や股関節に強い痛みやしびれを感じるお母さんも増えてきます。また、骨盤周辺の神経も強く圧迫されますので、太ももや足の付け根、腰などに痛みやしびれを感じることもあります。

適度な運動だけでなく、腰回りや足先を温めることでも痛みやしびれが緩和されますので、妊婦用のガードルや腹巻き、厚手の靴下などで温めるようにしましょう。

吐き気を感じることも

むくみやしびれは妊娠37週までにもよく見られますが、妊娠38週になると食事をしたときやお腹が空いたときに吐き気を感じることもあります。これはホルモンバランスが崩れることで見られる症状ですので、特に大きな問題があるわけで張りませんが、下痢や嘔吐が続くときはウイルス感染の疑いもありますので、なるべく迅速に病院で診てもらうようにしましょう。

妊娠38週のママでも間に合うカラダとココロの出産準備
妊娠38週のママでも間に合うカラダとココロの出産準備
妊娠38週目のお腹の中の赤ちゃんの成長の様子と、子宮口の変化やおしるし、体重管理や食生活などママの体調変化と過ごし方、出産本番までに準備するべきことを解説します。

妊娠39週の体調の変化や症状

妊娠39週目ともなると、いつ出産してもおかしくない時期です。陣痛が始まったら誰に連絡するのか、車の手配はどうするのか、また、立会出産を予定している場合はどのタイミングで分娩室に来てもらうのかなどの打ち合わせなどを細かくしておきましょう。

深く眠れない日が続くことも

妊娠39週目前後には、下半身の張りや圧迫、痛みなどにより、深く眠れない日が続くことも多いです。夜に睡眠をとらなくてはいけないと思いこむのではなく、日中でも、休めるときは昼寝をとるようにしてください。

食欲のコントロールもあと少し

眠りが不規則になることや、痛みやしびれで必要以上に体力を消耗することにより、食欲が激増しやすい時期でもあります。ですが、急激に脂肪をため込むと産道が狭まり、出産に時間がかかってしまうと言われています。生まれるまでの辛抱ですので、食欲をしっかりとコントロールして食べ過ぎないように注意しましょう。

妊娠39週は出産間近!安産になるための出産準備と心構え
妊娠39週は出産間近!安産になるための出産準備と心構え
妊娠39周目のお腹の中の赤ちゃんの様子やママの体の変化、安産で出産するための体操やマッサージ、リラックスした過ごし方など、臨月の妊婦さんに必要な情報を解説します。

赤ちゃんはいつ生まれてもOK!出産兆候が現れる

エコー検査を受ける臨月の妊婦さん

妊娠10ヶ月目の時期には、赤ちゃんも急激に成長します。妊娠36週目のときには45~47cm、体重2,500gくらいだった赤ちゃんも、妊娠39週目になると体長は48~50cm、体重は2,800~3,400gくらいに成長するのです。

急激に赤ちゃんの体が大きくなりますので、当然のことですが、お母さんの体にかかる負担も急激に大きくなります。無理をせずに心安らかに最後の1ヶ月を過ごすように心がけてくださいね。

胎動が減るのは出産が近いサイン

妊娠37週の正産期に入ると、赤ちゃんの頭部が骨盤に固定されるようになりますので、胎動を感じる回数が減り、強さも以前と比べると弱くなります。もちろん個人差張りますので、強く感じるからと言って特別に心配する必要張りません。
急激に強く感じる場合は異変が起こっている可能性もありますので、病院で診てもらうようにしましょう。

臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?
臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?
臨月になると胎動が減るといわれる理由、胎動が激しいせいで夜眠れない時の対処法、胎動をチェックする方法や胎動と性格・障害との因果関係など、臨月の胎動の気になる症状について解説します。

おしるし、破水、前駆陣痛。出産兆候にはどのようなものがあるか?

おしるしが来て出産間際の妊婦さん

陣痛が始まる前に、何らかの兆候が見られることもあります。個人差があり、すべての人に見られるわけで張りませんが、心の準備として参考までにみていきましょう。

おしるし

子宮口から「おしるし」と呼ばれる少量の出血があると、数日から1週間ほどで陣痛が起こるケースが多いです。おしるしがない方やおしるしに気付かない方もいらっしゃいますので、参考程度に考えておきましょう。あった方は、心の準備をしておきましょう。

破水

羊水が子宮口から出ることを「破水」と言います。多くの出産においては、陣痛が来てから、破水が来るのですが、陣痛の前に破水する妊婦さんも2~3割いらっしゃいます。破水すると即出産というわけで張りませんが、細菌感染のリスクを減らすためにも、破水したらすぐに病院に向かうようにしましょう。

お腹の張りや痛みが強くなる

お腹の張りが普段より何倍も強いように感じるときや、下腹部の痛みが不規則な周期で強くなってきたときは、陣痛が近いことを意味しています。本格的な陣痛(周期的な痛み)が始まるまで、体力を温存しておくようにしましょう。

臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛みは多くは出産が目前に迫ったサインですが中には至急病院に連絡したい症状も。陣痛の特徴や痛みが強いときの対処法を解説。臨月のお腹の張りは痛みの間隔がバラバラでも油断は禁物です。

お腹の調子が悪くなる

下痢や便秘などがひどくなることも、子宮がかなり下がり、陣痛が近いことを示しています。もうすぐ出産ですので、胎児に影響を及ぼす可能性がある痛み止めや下剤などの使用は控えておきましょう。

臨月の下痢の原因・出産兆候の可能性もあるってホント!?
臨月の下痢の原因・出産兆候の可能性もあるってホント!?
臨月の下痢に悩むさんは多くいますが、出産や赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。しかし、下痢に似た腹痛が前駆陣痛などの出産兆候の可能性もあります。臨月の下痢の原因や対処法を紹介します。

お腹のふくらみが明らかに下がった

お腹の膨らんでいる位置が、明らかに下がっている場合も、陣痛が近いことを示しています。人によっては胃腸が楽になり、食欲が増進することもあります。

前駆陣痛

「本陣痛」や「分娩陣痛」と呼ばれる本格的な陣痛は、子宮の収縮によって引き起こされますが、「前駆陣痛」は産道を広げて柔らかくするために起こる痛みですので、人によってはあまり感じないこともあります。
また、本陣痛は痛みが周期的に起こり、痛みの強さも段階的に強くなっていきますが、前駆陣痛は痛みが不規則で、強くなったり弱くなったり変化を繰り返します。
前駆陣痛が起こってからすぐに本陣痛・出産となるケースもありますが、前駆陣痛から1ヶ月経っても本陣痛が起こらないケースもしばしば見られますので、前駆陣痛を感じたからとナーバスになる必要張りません。

前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛まで、本陣痛に入ってから出産するまで、ここを読めば流れがしっかりわかります。出産の流れや陣痛の様子をお伝えすることで、リラックスした出産をサポートします。

陣痛は赤ちゃんがママに会おうとしている証拠

赤ちゃんの胎動を感じるママ

赤ちゃんを外に出そうと子宮が収縮を繰り返すと、母体は強い痛みを感じます。この痛みを陣痛と呼んでいます。陣痛はだんだん強くなり、痛みを感じる間隔もだんだん狭まってきます。
陣痛は出産が始まるサインでもありますので、陣痛が始まると赤ちゃんに会えるのももうすぐということを示しているのです。

陣痛がきやすい時間帯

正産期に入ると、いつ陣痛が来ても不思議で張りません。いつものお腹の張りやしびれとは明らかに違う痛みが周期的にやってくると、陣痛が本格的に始まったと判断します。
人によっては少し早まることもありますので、妊娠36週になったら心の準備をしておきましょう。

また、個人差張りますが陣痛は夜から明け方に始まることが比較的多いといわれています。
人間の神経系統は、日中活動しているときに体をコントロールする交感神経系と、主に夜間、体がリラックスしているときに働く副交感神経系がありますが、この副交感神経系が産道や子宮を緩ませる働きもしますので、副交感神経系が有意な夜から明け方に陣痛が始まりやすくなるという理由だそうです。

陣痛の間隔の変化

本陣痛は、痛みの間隔が規則的かつ短くなるのが特徴です。初めは30分おきに感じていたのが、20分おき、15分おき、10分おきと徐々に短くなっていきます。

初産婦の場合、一般的には陣痛の間隔が10分になった時点で病院に向かいますが、病院が比較的遠方にある妊婦や陣痛から出産までの間隔が比較的短い経産婦、持病があり早めに病院に来るように医師から指示を受けている妊婦は30分間隔になったら病院に向かうようにしましょう。

陣痛のスタートから出産までの平均時間

陣痛には3つの段階があり、進むスピードが個人によって大きく異なります。体の声に耳を傾け、今、どの段階まで進んでいるのかしっかりと把握しましょう。

第一期(赤ちゃんが産道まで下がってくる)

陣痛間隔が3~5分になり、子宮口が10cm程度まで開く時期です。遅くとも、この時期までには病院に到着しているようにしましょう。第一期は2時間~1日ほど続きます。

第二期(子宮口が完全に開く)

痛みが継続的に続く時期です。個人差張りますが数分~1時間ほど続きます。

第三期(出産後)

出産が終わった後も胎盤が完全に外に出るまでは、筋収縮が続き、痛みを弱く感じることもあります。

出産を間近に控えたママの過ごし方

出産を控えてベビーグッズを探しているママ

ストレスが少ない生活を送るべきですが、「ストレスを受けないようにしなきゃ」と過敏に過ごすこと自体がストレスになることもあります。何事も思いつめないように気持ちを楽にして、赤ちゃんとの生活の準備をしておきましょう。

ストレッチやウォーキングは気分転換にも有効

脚の付け根や腰回りに痛みを感じやすい時期ですので、お腹を過度に圧迫しないようにストレッチをすることがオススメです。
ただし、急に運動すると筋肉痛になりますので、妊娠初期からストレッチをする習慣をつけておくようにしましょう。ストレッチは、天気の悪い日や短い時間でもできる手ごろな運動で、体重管理にも有効です。

また、妊娠中にあまり体を動かさない生活をしていると、筋量と体力が落ちて、出産が大変になることもあります。
ヒールがなくて歩きやすいウォーキングシューズを履いて、たくさん歩くように心がけましょう。出産へ不安を感じることもあるでしょうが、外を歩くことは良い気分転換になるはずです。

外出の際に気をつけること

生産期に入ると、いつ陣痛が来てもおかしくありません。この時期の外出は、産院まで1時間以内に行ける距離の外出にとどめましょう。念のため、必要な持ち物は必ず携帯しましょう。

臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月に外出はどこまでの範囲の外出なら安全か、外出時の注意点とは何か?外出先で破水や陣痛がはじまったらどうすれば良いかなどの解説と出産する前にしておいたほうが良いことを説明します。

妊娠中は普段よりも体が重くなっていますので、足首にも大きな負担がかかります。足首を包み込んでサポートするような靴を選ぶようにしましょう。

妊娠10ヶ月での外出の持ち物

・母子手帳
・保険証
・診察券
・携帯電話
・産院の連絡先
・生理用ナプキン

赤ちゃんに会えるのはもうすぐ!出産準備ができているか再確認しておこう

妊娠生活の最後の1ヶ月、妊娠10ヶ月目。
何事も無理をしないように気をつけて妊娠10ヶ月目を過ごすようにしましょう。運動することは大切ですし、外出しなくてはいけない予定もあるでしょう。デリケートな時期であるということを常に念頭に置いて、無理のない程度に活動するようにしましょう。

睡眠時間を十分にとり、規則的な生活を送ることも大切です。食事は低塩分食を中心に肉や野菜などのバランスに注意し、食べ過ぎないように注意しながら摂取しましょう。

かわいい赤ちゃんに出会えるのももうすぐです。おなかの赤ちゃんに話しかけながら、楽しく過ごしていきましょう。