産後の恥骨痛の原因と対処法

産後の恥骨痛への対処法~痛みが和らぐ寝方・座り方・歩き方

産後の恥骨痛に悩んでいる方に向けて、恥骨痛の原因や対処法、痛みはいつまで続くのか、といった疑問にお答えします。恥骨痛の痛みを軽くする寝方・座り方・歩き方、恥骨痛を改善したママの体験談もご紹介。ただし、1年以上治らない恥骨痛は、子宮の病気の恐れもありますので、病院を受診しましょう。

産後の恥骨痛への対処法~痛みが和らぐ寝方・座り方・歩き方

産後の恥骨痛が治らない!痛みを改善する方法

出産で大きなダメージを受けたママの体には、さまざまな不調が現れます。中でも多くのママを悩ませるのが「恥骨痛」。股の周辺に痛みや違和感はありませんか?妊娠中から感じていた痛みを放置していませんか?

恥骨の痛みは、妊婦さんや産後のママに多く見られる症状ですが、デリケートな部分のため人には相談しづらいという人も。しかし、歩けない・横になっていても辛いというケースもあり、早めに対処したい痛みです。

今回は、産後の恥骨痛について、その原因や症状・改善方法をご紹介します。さらに、恥骨痛はいつまで続く?痛みが長引く時はどうすれば?といった疑問にもお答えします。

出産直後は赤ちゃんのお世話に一生懸命でママの体は後回しになりがち。この痛みを機に、自分の体と向き合ってみましょう。

恥骨痛とは?恥骨痛の原因や症状、いつまで続く?

股のあたりが痛いけど、これが恥骨痛なの?と不安に感じている方も多いでしょう。ここでは、恥骨痛の原因や症状について詳しく解説します。

恥骨はどこにある?

「女性の骨盤の構造」と「恥骨の場所」の解説イラスト

複雑な形をしている骨盤は、いくつかの骨で形成されています。その一つが、会陰部の近くにある恥骨。おへその真下、股の少し上あたりにある骨です。

恥骨は、左右にある2つの骨が体の中央でつながる構造になっており、骨をつないでいる組織を恥骨結合といいます。この恥骨結合のゆるみや断裂が、恥骨痛と呼ばれる痛みを引き起こすのです。

恥骨痛はなぜ起こる?

恥骨結合は、繊維の束のような構造で、普段は左右の骨をしっかり固定しています。しかし、妊娠すると分泌されるホルモンの働きでゆるみ、出産時に赤ちゃんが産道を通ることで、さらにゆるんでしまいます。

特に赤ちゃんが大きいなどの理由で恥骨結合に強い力が加わると、組織の一部が断裂する恥骨結合離開という状態になり、強い痛みを伴います。

中には、妊娠中から恥骨の痛みを感じる人もいます。これは、ホルモンの影響もありますが、赤ちゃんが成長し子宮が大きくなるため。子宮を支える骨盤が広がり、恥骨結合をゆるめてしまうのです。

恥骨痛はどんな痛み?

痛みで歩くのがつらい女性

妊娠中や出産後は、お腹のところどころに痛みや違和感がありますが、恥骨痛はどんな痛みなのでしょう?言葉で例えるなら、ズキッとした痛み、チクチクとした痛み、生理痛をひどくしたような痛みなど、症状には個人差があります。

痛みは、寝返りの時、ズボンを履くのに片足を上げた時など、ちょっと体勢を変えた時に感じる人が多く、中には、横になっていても痛みを感じたり、歩けないほど強い痛みがでる人もいます。

恥骨痛はいつまで続く?

産後の恥骨痛がいつまで続くかは、分娩時に受けたダメージや産後の過ごし方により差が生じます。産後1ヶ月ほどで症状が落ち着く人が多いと言われていますが、最近では妊娠中から産後にかけての骨盤痛や腰痛全般は、妊婦の過半数が経験し、産後3ヶ月以上経過しても8割の女性が痛みがあると回答したデータも存在します(注1)。

恥骨に痛みがある場合、尿漏れの原因となることもあり、今後の生活に影響してしいます。1ヶ月検診の時点で痛みがある場合は、医師に相談してみましょう。

産後の尿漏れが治らない!尿漏れに効く骨盤底筋体操とは?
産後の尿漏れが治らない!尿漏れに効く骨盤底筋体操とは?

個人差はあるものの、妊娠出産により開いた骨盤は、産後半年ほどでほぼ安定します。そのため、少しずつ痛みは軽減されるはずです。

いずれにしても、立ち上がれないほどの痛みを感じたり、痛みが日増しに強くなる場合は、早めに病院を受診することをおすすめします。

恥骨痛を改善するための対処法

お腹の中で成長する赤ちゃんを支え、分娩時に大きく開いた骨盤は、すぐに戻るというわけではありません。骨盤が安定してくれば、恥骨痛も徐々に治まりますが、セルフケアは根気よく続けることが大切です。ここでは、自宅でできる恥骨痛の対処法をご紹介します。

寝方や座り方、歩き方を見直す

恥骨の痛みを感じたら、痛みが出ないような工夫をすることも大切です。普段の何気ない動きに気をつけるだけでも痛みを軽減できます。ここでは、恥骨の痛みを軽くする寝方・座り方・歩き方をご紹介します。骨盤の歪みを解消するためにも、正しい姿勢で過ごすことを基本に、普段から取り入れてみてください。

恥骨痛を軽くする寝方

恥骨痛の痛みを軽くする寝方をイラストで説明

産後の骨盤が歪みやすい時期におすすめの寝方が「うつ伏せ寝」と「仰向け寝」です。横向き寝は、骨盤の左右一方に体重がかかってしまい、骨盤が歪む原因となります。骨盤が左右対称になるよう意識しましょう。

恥骨痛は、寝返りの時に痛みを感じやすいことから、寝る時や起きる時、寝返りをする時は、足を閉じてゆっくりと行うようにします。また、仰向けで寝る時には、膝の下あたりにクッションを置くと楽になることもあります。

恥骨痛を軽くする座り方

「あぐら」をして床に座る女性

横座りやペタンコ座りは骨盤の歪みの原因となります。授乳の際など、床に座る時の基本は「あぐら」。あぐらができない人は、足を前に伸ばして座るとよいでしょう。背筋を伸ばして骨盤の高さが左右対称になるよう意識しましょう。

恥骨痛を軽くする歩き方

恥骨痛は、足を開く角度や幅によっても痛みが出ます。大股で歩かず、歩幅を狭くしてゆっくり歩くよう心がけましょう。また、階段の上り下りや、手すりをまたぐといった動きも、恥骨に負担をかけてしまいます。痛みが強い時は、できるだけ避けた方がよいでしょう。

骨盤ベルトやコルセットで恥骨を固定する

恥骨痛は、ベルトやコルセットで骨盤を固定することにより次第に良くなっていきます。ただし、日常生活を送りながら完全に骨盤を固定することは難しく、装着すればすぐに痛みが改善されるというわけではありません。

骨盤ベルトやコルセットにはさまざまな種類があり、腰痛を和らげるのが目的のものや、出産直後には使えないものもあります。誤った使い方をしたり、産褥期に骨盤周りを締め付けると子宮や内蔵に悪影響を及ぼすこともあることから、使用の際は、助産師や医師に相談すると安心です。

産後の骨盤ベルトを使った矯正で効果が得られる正しい使い方
産後の骨盤ベルトを使った矯正で効果が得られる正しい使い方

産後は安静にする

出産を経験した体は大きなダメージを受け、筋肉や靭帯をゆるめるホルモンの影響で骨盤が歪みやすくなっています。妊娠出産で変化した体が妊娠前の状態に戻るまでの産後6~8週間(産褥期)は、とにかく体を休めることが最優先。この時期に無理をすると、子宮や骨盤の回復が遅れ、恥骨痛だけでなく、さまざまなトラブルを引き起こします。

産褥期には、周囲のサポートを受けながら、体を休めることに専念できる環境づくりをしてください。痛みや違和感といった体のサインを敏感にキャッチし、疲れを感じた時には無理せず横になって体を休めるようにしましょう。

恥骨痛が長引く時は?

痛みに悩まされ頭を押さえている女性

恥骨痛は、骨盤が安定すると共に自然と治まっていきます。早ければ産後1ヶ月ほどで痛みが落ち着き、遅くとも産後半年ほどで改善される場合がほとんどです。

しかし、1年以上痛みが治まらないという場合は、子宮周辺の病気が関係している可能性もあります。痛みや違和感を放置せず、一度産婦人科に相談するようにしましょう。

出産を機に、骨盤周りや下肢の痛みに悩まされることは珍しくありません。骨格に異常がないか心配な時は、整形外科のX線撮影で状態を調べてもらうこともできます。

先輩ママに効果あり!産後の恥骨痛が良くなった方法

産後恥骨痛に悩んだママに、痛みはいつまで続いたか、効果のあった対処法を教えてもらいました。

恥骨痛には骨盤ベルト!

ララ(29歳)


産後の恥骨痛は産後一週間ぐらいで始まりました。立ち上がると痛くて、思わず座り込んでしまうような痛さで歩けませんでした。その時は産後につけるように用意していた骨盤ベルトをつけていませんでした。トイレの際にいちいちまき直すのが面倒だったのです。

しかし、恥骨痛が辛くて、面倒だと言ってられなくなりました。すぐに産後骨盤ベルトを付けはじめました。すると骨盤が安定したのか、痛みはとても楽になりました。

産後はお母さんの気持ちが全力で赤ちゃんに向いてしまうので、自分のことについては後回しになってしまいます。しかし、お母さんの体あっての赤ちゃんの生活なので、私のように面倒くさがらず自分の体のケアも大切にしましょう。

とこちゃんベルト良かったです

はな(30代後半)


恥骨部分がチクチクと痛み、体勢を変えるのが辛かったです。産後から8ヶ月くらいまで長引きました。初産だったので、最初は「すぐ治るだろう」と特になにもしないでいたのですが、なかなか痛みが引かず、むしろひどくなっていたので、友達や知人に相談しました。すると友達から『とこちゃんベルト』を譲ってもらいました。

巻き方はネットなどをみて自己流で巻きましたが、痛みがだいぶ楽になりました。巻きはじめてから半年くらいするとほとんど痛みも感じなくなりました。とこちゃんベルトおすすめです!

無理しない程度に骨盤体操

りん(30代後半)


産後の恥骨痛はチクチクした痛み、ちょっと痛い時はズキズキとした感じでした。耐えられないほど痛いということはありませんでしたが、やはり出産後しばらくは恥骨に違和感を覚えていました。

痛みがある時は、とにかく横になって安静にし、産院で教わった骨盤体操を無理のない程度に行っていました。痛みは産後だいたい1か月くらいまで続きましたが、その後は良くなったので、病院のお世話にはならずにすみました。

骨盤体操をしている女性のイラスト

骨盤矯正でかなり楽になりました

榊(20代前半)


産後の恥骨痛に気付いたのは産後1週間程度です。やっと産後の疲れが取れてきて安心していた頃、痛みが出てきました。

歩くとチクチクした痛みを感じました。最初はどこが痛いのかよくわからなかったのですが、調べてみると恥骨痛というものが出てきて、初めて病名を知りました。

私は歩いているときも激痛だったので、骨盤矯正のベルトを購入したのですがまったく効果がなく、「このままでは嫌だ!」と思い、産後1ヶ月から整形外科へ骨盤矯正へ通いました。レントゲンも撮りました。通い始めてからは、かなり体が楽になりましたし、産後の体重のヘリも早くなりました。

産後4か月あたりまで痛みを感じていましたが、骨盤矯正に行ったこともあってか痛みは軽減されていきました。もし痛みで悩んでいるのであれば、やっぱり早く専門医を受診すべきだと思います。特に産後半年までであれば骨盤は戻りやすいので早めに行くことをお勧めします。

整形外科医に骨盤を矯正してもらっている女性

3人目は恥骨が痛かった…

さんママ(40代)


私の場合、1人目2人目は産後何事もなくすごしたのですが、3人目の時は、後陣痛や恥骨痛に苦しみました。産後2日目から、座っているだけでも恥骨がうずくように痛くて、冷や汗が出たくらいでした。

助産師さんに相談したところ、「骨盤が緩いのかも」とのことで、骨盤ベルトをきつく巻くことで恥骨痛は軽減されました。あとは、身体が元に戻ろうとしている過程の痛みなので、上の子のお世話もありましたが、1ヶ月はほとんど寝て過ごし、体の回復を優先しました。

産後1週間で恥骨痛は和らいできて、1ヶ月後には良くなっていたと思います。

湿布も良いらしいです

みおん(30代後半)


産後の恥骨痛は動くとジンジンするような感じで、産後すぐから産後3ヶ月位まで続きました。私の場合、歩いている時が痛みがひどく感じました。

骨盤ベルトをしている時は痛みがあまり気にならなかったので、なるべく骨盤ベルトを巻いて生活したり、出産後から使っていた円座のクッションに座るようにしていました。

痛みで病院を受診した時は、あまりに痛む時は湿布を張ると良いと言われ、臀部に湿布を張って少し症状が和らいだりしました。

おすすめコンテンツ