計画分娩のメリット&デメリット

計画分娩とは?出産日を調整するメリット&デメリット

計画分娩を検討されている方へ。計画分娩を決める前に、メリット&デメリットを理解しておきましょう。計画分娩の流れや費用についても出産前に頭に入れておくと安心です。

計画分娩とは?出産日を調整するメリット&デメリット

計画分娩のメリット・デメリット/予定日の調整&費用

一昔前までは考えられなかったことですが、最近は計画分娩で出産する妊婦さんが増えています。計画分娩を検討されている方は、計画分娩についてよく理解しておきたいものです。

今回は、計画分娩と自然分娩の違い・費用・メリット&デメリット・予定日の調整方法など、計画分娩について詳しくご紹介していきます。

計画分娩にするか自然分娩にするかなどバースプランについては、ご家族とよく話し合って納得する方法を選びましょう。

計画分娩とは?

計画分娩は、字の通り計画的に分娩を行うことです。計画分娩でも、普通分娩と帝王切開があります。妊婦さんやお腹の赤ちゃんの状態を見て、分娩方法は決められることになるでしょう。

自然分娩と計画分娩の違い

自然分娩の場合は、自然に陣痛が来るのを待ち、出産します。お産の前兆として、出血(おしるし)や破水が起こることもあります。また、破水や陣痛から数時間で出産となることもありますし、陣痛から数日入院した後、出産となることもあります。自然分娩は、まさしく赤ちゃんが出てきたいタイミングを待っての出産となります。

出産日の予定が書かれたスケジュール帳

計画分娩は、赤ちゃんが産まれたいタイミングで出産するのではなく、あらかじめ出産日を決めて、出産します。出産日が決まっていると、準備がしやすく気持ちの上でも楽になります。

普通分娩による計画分娩

普通分娩による計画分娩では、担当の産婦人科医と出産日を決めて、事前に入院して陣痛促進剤により人工的に陣痛を起こして出産します。ただ、設定した出産日より前に陣痛が来てしまい、そのまま出産となることもあります。

本来の出産予定日を超えても陣痛が来ない場合には、お腹の赤ちゃんの状態を考えて、陣痛促進剤で計画的に出産となることもあります。

担当の産婦人科医から、「○○日までに陣痛が来なければ、計画分娩に切り替えます」と言われることは多いです。予定日を超過しすぎると、お腹の赤ちゃんに十分な栄養が届かなくなることから、計画的に出産する必要があります。

無痛分娩による計画分娩

無痛分娩を希望する場合、計画分娩になることが一般的です。最近では、陣痛の痛みや赤ちゃんが産道を通る時の痛みを避けるため、無痛分娩を選択する妊婦さんも多くなっています。無痛分娩では、分娩前に麻酔をすることで痛みを感じにくくします。

もちろん、意識はありますので、出産時にいきみますし、赤ちゃんが出てくる瞬間を感じることもできます。ただ、中には麻酔の効き目が弱く、思った以上に痛みを感じることもあります。

無痛分娩は、欧米では多くの妊婦さんに選択されている出産方法ですが、日本を初めとするアジア地域では、まだまだ少数派です。日本でも、まだ一部の産院でしか無痛分娩を行っていません。

無痛分娩とは?母子の負担を軽減する無痛分娩の方法や費用
無痛分娩とは?母子の負担を軽減する無痛分娩の方法や費用

帝王切開による計画分娩

帝王切開も計画分娩の一つです。妊婦さんの状態・逆子など赤ちゃんの状態など、様々な理由で帝王切開による出産が選択されます。また、一人目を帝王切開で出産した場合には、二人目以降も帝王切開を推奨されることがほとんどです。

帝王切開は、様々な理由で自然分娩を出来ない時に行われます。陣痛が起こると困るため、出産予定日のずいぶん前での出産となり、赤ちゃんが小さく産まれることも多くあります。

普通分娩による計画分娩の流れ

普通分娩による計画分娩は、自然分娩とは流れが異なります。事前に担当の産婦人科医から流れの説明がありますので、疑問点などは出産の前にきちんと質問しておきましょう。

1.出産日前日・入院

一般的に、出産日の前日から入院します。中には、ベッドの空き具合など病院の事情により、出産日当日の入院となることもあります。あらかじめ、入院セットを準備し、当日の交通手段などもきちんと考えておきましょう。

2.赤ちゃん・母胎の状態チェック

病院で診断を受けている妊婦

入院したら、まず赤ちゃんや母胎の状態のチェックが行われます。赤ちゃんや母胎の状況次第では、まれに普通分娩から帝王切開に切り替わることもあります。

3.バルーンの挿入

計画分娩では、予定通り出産が進むように、子宮を広げるためのバルーン(メトロイリンテル)を挿入することがあります。バルーンを挿入する時には、少し痛みを感じます。子宮口の開きが十分な場合には、バルーンの挿入なしに、出産準備に入ります。

4.出産日当日・陣痛促進剤の投与

出産日当日に、陣痛促進剤を点滴で投与します。陣痛促進剤の効き目は、人により様々です。効き目が強く急にお産が進む場合もあれば、効き目が弱く陣痛促進剤を再投与したり、薬の種類を変えたりすることもあります。

5.普通分娩による出産

赤ちゃんを出産した妊婦

陣痛促進剤の投与により陣痛が始まると、子宮口が開いてきて、普通分娩となります。陣痛の痛みの強さには、個人差があります。助産師さんや旦那さんに腰をさすってもらうなどサポートしてもらい痛みを少しでも取り除いて、出産できるとよいですね。

計画分娩の費用

計画分娩を検討するなら費用のこともきちんと確認しておきたいですね。出産にかかる費用は、保険適用外の自由診療になり、費用も産婦人科によりずいぶん異なります。事前によく確認しておきましょう。

計画分娩は自然分娩より高額になる

普通分娩による計画分娩は、自然分娩より費用が高くなることが多いです。一般的に、無痛分娩や帝王切開なら、更に高額になります。計画分娩では、出産日の前日からの入院が必要となることや、陣痛促進剤・バルーン・麻酔などを使用することで、自然分娩より費用がかかります。

ただ、出産は何が起こるかわかりません。自然分娩を予定していても、陣痛が来てからなかなかお産が進まず入院期間が長くなってしまったり、最終的には陣痛促進剤を使用したりすることもあります。出産費用は、余裕を持って多めに見積もっておく方がよいでしょう。

医療保険や高額医療費制度を活用しよう

妊婦さん自身が民間の医療保険に加入している場合、帝王切開での出産で保険が下りることがあります。保険の加入内容を確認してみましょう。

また、計画分娩で高額な費用がかかった場合、国の「高額医療制度」を活用する方法もあります。高額医療制度は、所得や年齢により適用内容が異なりますので、お住まいの自治体の窓口で確認してみましょう。ただ、高額医療制度は後払い制度ですので、いったんは病院で費用を全額支払う必要があります。

確定申告の医療費控除を申告する方法もあります。少し手間がかかりますが、出産以外の医療費も合算できますので、ご家庭によっては高額な還付となることもあります。

計画分娩のメリット

計画分娩のメリットを解説

計画分娩による出産を選択する方が増えてきているということは、計画分娩にメリットがあるからなのでしょう。計画分娩によりメリットを見ていきます。

あらかじめ準備ができる

計画分娩の最大のメリットは、出産日を決めることで準備がしやすいということです。出産後は1週間ほど入院することになるため、妊婦さんとしては家のことをキチンと整理しておきましょう。心の準備だけでなく、家庭内の準備も出来るのは助かります。

担当医を選べる

総合病院など大きな病院では産婦人科医だけでも沢山いて、曜日により担当が異なります。毎回同じ産婦人科医に妊婦健診を受けていた方の中には、分娩も同じ医師に診てもらいたいと希望される人もいます。自然分娩の場合、分娩当日のどの産婦人科医が担当になるかわかりませんが、計画分娩なら、担当医が在勤している曜日を選ぶことができるので、安心です。

立ち会い出産をしやすい

旦那さんの立ち会い出産を希望される場合には、計画分娩にした方が、仕事の都合をつけやすいので旦那さんも助かるでしょう。特に、遠方での里帰り出産の場合には、自然分娩の場合、旦那さんが出産に間に合わないということもありますので、計画分娩にしておくと安心です。

上の子供の予定を優先できる

上にお子さんがいて出産予定日付近に入園式・卒園式・運動会など大きな行事の予定がある場合、その予定を優先させることができます。出産も大切ですが、上のお子さんにとっても1度きりの大切な行事。計画分娩をすることで、上のお子さんの行事にも出席できると、お子さんも喜んでくれるでしょう。

年度を選択することができる

出産予定日が3月末~4月初めの場合、計画出産を行うことで、年度を選ぶことができます。日本の年度制度では、4月1日が年度の区切りになり、4月2日以降の誕生から新年度となります。

幼児期は早生まれの子供は、体格面や発達面で同学年の子供に差をつけられることが多く、心配する親も多いです。一方、幼稚園入園までの期間も短くなるので、将来仕事復帰を検討されている方にとっては、早生まれの方が都合良いこともあります。

分娩が急に進むケースを避けることができる

陣痛から出産までの時間は、妊婦さんにより様々です。経産婦さんで、1度目の出産で陣痛開始から出産まで2~3時間と短かった場合は、2度目以降は更に短くなる可能性があります。

分娩が急に進んでは、産院に到着する前に、赤ちゃんの頭がかなり下りてきてしまうということもあります。中には、病院に到着した時には赤ちゃんの頭が見えていたというケースもあります。

急に分娩が進みそうな妊婦さんに対しては、産院の方から安心して出産するために計画分娩を進められることもあります。

計画分娩のデメリット

計画分娩のデメリットを解説

計画分娩を検討する際には、メリットだけでなくデメリットも十分に考慮しておきましょう。出産は、母胎・赤ちゃんともに元気で終えることが出来るのが当たり前と思われがちですが、中にはトラブルが起こることもあります。

陣痛促進剤の投与による痛み

陣痛促進剤を点滴により投与すると、急に強い陣痛が始まり強い痛みに苦しむ方もいます。強い陣痛の開始に伴い、子宮口も順調に開きお産が進んでいくと良いのですが、初産の場合などなかなか産道が開いてくれないことがあります。強い陣痛の痛みに長時間苦しむ可能性もあることを頭に入れておきましょう。

陣痛促進剤の投与による副作用

陣痛促進剤が効きやすい人は、急に強い陣痛が起こることで、強い子宮収縮が長時間続く過強陣痛を起こすことがあります。過強陣痛が起こると、胎児が圧迫され胎児機能不全になることもあります。

通常、陣痛促進剤の投与を中止しますが、子宮の収縮具合に改善が見られない場合には、子宮破損を防ぐために緊急帝王切開に切り替えら得ることがあります。

帝王切開の傷口の痛み

帝王切開による計画分娩を行う場合、手術後に切開した部分の痛みが残ることを考慮しておきましょう。入院中は、痛み止めを服用しながら傷口の回復を待つことになります。帝王切開の場合は、自然分娩より産後の回復に時間がかかります。退院後も傷口のケアなど気をつけてください。

計画分娩の出産日の調整

計画分娩では、担当の産婦人科医と相談をして出産日を決めます。ただ、母胎や胎児の状態次第では、希望通りの日にちに出産できないこともあります。

予定日は何週目から設定可能?

カレンダーに予定を書く女性

自然分娩の場合、妊娠37週を過ぎると正期産となります。ですので、計画分娩の場合も妊娠37週以降に出産日の調整が行われます。計画出産は、出産日をあらかじめ決めておくことができます。ただ、出産日を決めていても、急に破水することもありますので、妊娠37週を超えたらいつでも入院できる準備だけはしておきましょう。

予定日を超過する場合もあり

計画分娩による出産日を決定し、前日から入院していても、当日陣痛促進剤を投与しても、お産が進まず、予定日当日に出産できないこともあります。お産は、予想がつかないものです。出産予定日を超えることがあっても、「赤ちゃんがまだ出てきたくないのかな」と思い、焦らず赤ちゃんの出てくるタイミングを待ちましょう。

計画分娩はすべての産院で対応しているの?

計画分娩に対しては、妊婦さんそれぞれ考えがあることでしょう。産婦人科医の中でも、計画分娩に肯定的な意見の方・否定的な意見の方がいます。

また、計画分娩には、陣痛促進剤の痛みや副作用などリスクを伴うため、医師・助産師などスタッフが豊富にいる病院でないと、対応が難しいでしょう。

計画分娩を希望される場合には、計画分娩に肯定的な意見を持っていて、計画分娩の経験が豊富な産院を選ぶと良いでしょう。特に、無痛分娩による計画分娩を希望される場合には、無痛分娩を実施している産院が限られているため、早めに分娩の予約を行ってください。

計画分娩について知り納得いく出産方法を選ぼう!

計画分娩は、出産への心の準備ができ、立ち会い出産をしやすい理想的な出産方法のように思われますが、陣痛促進剤の投与による痛みや副作用などリスクも伴います。計画分娩を検討する際は、ご家族とよく相談し、計画分娩のメリット・デメリットをよく理解した上で選択してください。

おすすめコンテンツ