Loading

生理予定日の妊娠検査薬の反応

生理予定日すぐの妊娠検査薬の反応は?精度や妊娠の可能性

生理予定日すぐの妊娠検査薬では陽性や陰性の正しい反応はでるのか、「陰性なのに妊娠していた」「うっすら陽性でわからない」など妊娠の可能性や精度を説明します。フライング検査にならないための正しい妊娠検査薬の使い方やお勧めの早期妊娠検査薬なども紹介します。

生理予定日すぐの妊娠検査薬の反応は?精度や妊娠の可能性

生理予定日すぐの妊娠検査薬チェックってどうなの?

妊娠しているかどうかを手軽に知ることができる『妊娠検査薬』。処方箋がなくてもドラッグストアや薬局で簡単に購入することができますので、使用する方も増えてきました。
この妊娠検査薬は生理が1日でも遅れたら使用することができるのでしょうか。

生理予定日はフライング?判定結果や精度

「妊娠しているか、早く知りたい!」そんな方にとって、手軽に自宅でチェックができる『妊娠検査薬』はお役立ちアイテムです。
ですが、生理予定日すぐでも正確に検査することができるのでしょうか。陰性と陽性の見方や生理予定日近くでの妊娠検査薬の精度について探ってまいります。

妊娠検査薬の反応はいつから出る?フライング検査の正確性
妊娠検査薬の反応はいつから出る?フライング検査の正確性
妊娠検査薬の陽性反応はいつから出るのでしょうか?正確に妊娠判定できる時期やフライング検査の精度、早期に妊娠しているかどうかを知りたいときに使用したい人に生理予定日前から反応を得られる検査薬も紹介。

検査結果が陰性だった場合

ベッドの上に投げ出された妊娠検査薬

妊娠すると、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンの分泌が活発になります。妊娠検査薬は、このホルモンの尿中濃度で妊娠しているかどうかを判断する検査薬です。一般的には、妊娠している場合、排卵後12日目頃にhCG濃度が25mIU/mlになり、排卵後14日目頃には50mIU/mlに増加します。

一般的には生理予定日の1週間後から使用可能

妊娠のタイミングやhCGの増え方によって多少前後しますが、hCG濃度がほぼ確実に50mIU/mlになるのは生理予定日から1週間を過ぎたころと言われています。そのため、ほとんどの妊娠検査薬では、使用説明書に「生理予定日を1週間ほど過ぎてからご使用ください」と書かれているのです。

ですから、妊娠検査薬で陰性がでても、次のような場合は妊娠している可能性が充分に考えられます。

  • 排卵後14日が過ぎていない場合
  • hCGの増え方が一般よりゆっくりなため、排卵後14日を過ぎても検査できる濃度に達していない場合
  • 生理周期がもともと不規則なため、いつ排卵したのかが本人もよく分からない場合
  • 水分を過剰摂取して、一時的に尿中のhCG濃度が低くなっている場合

数日後に再検査をしてみる

妊娠検査薬の再検査を考える女性

妊娠検査薬で陰性の結果が出ても、3日間ほど経っても生理がこない場合や妊娠の可能性が考えられる場合は再度検査をしてみましょう。妊娠検査薬は、2本セットで入っていることが多いですので、日を置いて検査することでより正確にチェックすることができますよ。
「陰性と思っていたのに妊娠してた!」ということもしばしばありますので、数日後の再検査はマストです。

また、生理周期がもともと不規則な人は、妊娠検査薬で陰性の結果が出てから、さらに1週間後に検査をしてみてください。生理が後ろにずれていて、hCGの濃度の上昇もずれている可能性が考えられますので、再検査をしてみると陽性になることも少なくないのです。

陰性と思っていたら線がうすく出てくることも

ほとんどの妊娠検査薬は、尿をかけてから1~3分で結果が分かります。ですが、既定の時間が経った時にはテストラインには何の線も出ていなかったのに、10分ほど放置しておくと線がうっすら陽性に見えてくる時がまれにあります。

これは、テストラインにかかった尿が蒸発して、試薬の紙がふやけてしまうために線が見えてしまう現象です。陽性かどうかは1~3分の規定時間が経ったときにはっきりと線が浮かび上がるかどうかで判断するようにしてください。

妊娠検査薬が陰性になる理由・生理が来ないのは妊娠?
妊娠検査薬が陰性になる理由・生理が来ないのは妊娠?
妊娠検査薬で陰性になった場合は、妊娠していないことが多いですが、妊娠している可能性もあります。しかし何故陰性になるのか、妊娠検査薬が陰性になった際の体の状態を詳しく説明いたします。

検索結果が陽性だった場合

妊娠検査薬の反応を待つ女性

妊娠検査薬は、妊娠しているときに分泌が活発になるhCGの濃度が一定以上に高くなると反応する検査試薬です。hCGは妊娠しているときだけでなく、次のときにも濃度が高くなりますので、『陽性=妊娠』とは判断できません。

正常妊娠以外でhCGの濃度が高くなる場合は

  • 閉経期である
  • 不妊治療を行い、性腺刺激ホルモンなどを投与されている
  • 糖尿病である
  • 何らかの理由により蛋白尿や血尿が見られる
  • 卵巣がんなどの悪性腫瘍がある
  • 子宮外妊娠

これら以外にも、妊娠とは関連の無い何らかの原因でhCG濃度が高くなることがあります。妊娠検査薬で陽性反応が出たら産婦人科を受診して正確な診断を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の陽性反応は本物?妊娠以外の陽性反応とは
妊娠検査薬の陽性反応は本物?妊娠以外の陽性反応とは
妊娠検査薬の陽性反応は本物なのか、薄い陽性やhCG検出の仕組み、妊娠後の出血は生理なのかそれとも重症化しやすい不正出血なのかなど妊娠検査薬の陽性反応について解説します。

生理予定日の妊娠検査薬判定結果の精度は?妊娠の可能性もある?

「生理予定日を過ぎてから1週間後以降に妊娠検査薬を使用する」ということをわかってはいても、どうしても早く知りたくて、生理予定日当日に妊娠検査薬を使用してしまう人もいるのではないでしょうか。

実際に、生理予定日当日から1週間以内に妊娠検査薬を使用して陽性だったという方も多いようです。生理予定日から1週間以内に使用して妊娠が分かる確率については調査されてしませんが、hCGの濃度が25mIU/ml以上で感知できる妊娠検査薬もありますので、どうしても早く調べたいという方は活用して見るのも良いですね。

フライング検査の心得

反応がでたが薄い陽性反応で困る女性

正確に検査するためにも、妊娠検査薬を無駄にしないためにも、生理予定日の1週間以降に妊娠検査薬を使用するのがベストです。

でも、早く結果を知りたい方はどうしてもフライング気味に検査をしてしまいますよね。フライング検査をしてしまったときの注意すべき点について説明します。

フライング検査では確定できない!判定結果の受け止め方

今、市販されている妊娠検査薬は、病院で使用されているものとほとんど同じですので、正しく使用すれば99%の確率で妊娠しているかどうかを判定することができます。

しかしながら、取扱説明書には生理予定日の1週間以降に使用するようにと書かれていたにもかかわらず前倒しで使用した場合や、生理が不規則な方が排卵日の予測を誤って早めに妊娠検査薬を使用した場合には、妊娠しているかどうかを確定することが難しくなります。

フライング検査するときの注意点

また、フライング検査をして陽性が出た場合も、生理予定日の1週間以降に測り直すと陰性がでることもあります。その他にも、蛋白尿や血尿、悪性腫瘍などの原因でフライング検査時に薄い陽性が生じてしまうこともあります。

妊娠しているかどうかが気になって「検査ができる規定の時期まで待てない!」という気持ちは自然なことですが、フライング検査で陽性が出ても、それがぬか喜びになってしまう可能性が充分にありますので、取扱説明書に書かれた時期以前の検査は参考程度に捉える事を肝に銘じておいてくださいね。

生理予定日以降に妊娠検査薬の反応が見られる時期

両手に大事そうに持たれた陽性反応の検査薬

生理予定日以降、いつからいつまで妊娠検査薬で妊娠しているかどうかを調べることができるのでしょうか。
一般的な妊娠検査薬の使用可能期間と、妊娠検査薬で実際に妊娠が判明した時期などについて見ていきましょう。

妊娠検査薬から陽性反応が出る時期

基礎体温をつけている人なら、高温期や低温期をしっかりと把握していることと思います。妊娠検査薬でチェックするhCGは高温期の9日目前後で分泌量が急増しますので、高温期の9日目に妊娠検査薬を使用すると陽性反応が見られることがあります。

hCGの濃度が25mIU/ml以上で反応する妊娠検査薬なら、もっとも早くて高温期9日目、生理予定日5日前で陽性反応が出ることもあると言えます。
もちろん、人によってはhCG濃度の上昇速度が異なりますし、基礎体温をつけていない方や生理周期が規則的でない方の場合は日数の数え間違えも充分に有り得ますので、必ずしも生理予定日5日前に陽性反応が出ると言いきることはできません。

生理開始予定日から3日前でも半分は検査できる

生理開始予定日を考え中の女性

妊娠検査薬を正しく使用するためには、取扱説明書をしっかり読んで、使用可能時期に検査をすることが求められますが、フライング気味に使用しても、生理開始予定日3日前なら約50%、2日前なら約70%、1日前なら約85%の確率で妊娠しているかどうかを調べることができると言われています。

ですが、先程も述べましたように、フライング検査で陽性反応や薄い陽性反応が出ても、正確な時期に検査をすると陰性になっていたりすることもありますので、参考までに見ておくのが賢明でしょう。

また、正確な時期に検査をしたとしても、妊娠しているかどうかの最終的な判断は、産婦人科で赤ちゃんの心拍を確認することによって行われます。心臓が動いているか確認できるのは、妊娠6週目に入ってから、つまり生理予定日の2週間以降ですので、妊娠検査薬で急いで妊娠を確認したところで、すぐには確定できるわけではないと言うことも覚えておきましょう。

通常の妊娠検査薬は生理後一週間後から

手帳に書いた生理予定日をチェックする女性

妊娠するとhCGの分泌量が増え、妊娠2週目では0.2mIU/mlだった尿中hCG濃度が、妊娠3週目には20~50mIU/mlに、妊娠4週目には200mIU/mlにまで増加します。
一般的な妊娠検査薬は尿中hCGが50mIU/ml以上で感知するようになっていますので、妊娠4週目、つまり生理予定日をすぎた当たりに検査すれば正しく調べることができると言えるのです。

もちろん、妊娠した時期が前後することや生理予定日が前後すること、尿中hCG濃度の増加スピードが遅いことなどもありますので、日数的な余裕を持って『生理予定日から1週間過ぎてから検査をすること』が推奨されているのです。

hCG濃度が高い間はいつでも陽性結果が出る

妊娠検査薬はhCG濃度が高い間は、いつでも陽性結果が出るようになっていますので、生理予定日1週間後から妊娠10週ころまで、いつでも陽性の反応を見ることができます。
妊娠10週を過ぎると徐々に濃度が低下していきますので、それまでに使用することがオススメです。

生理予定日前後の妊娠超初期症状

妊娠超初期症状に襲われる女性

生理予定日前後に妊娠超初期症状が見られることもあります。次のような症状が見られたら、妊娠検査薬を使用して、妊娠しているかどうかチェックして見ましょう。

体がだるい

37度前後の微熱状態が1週間以上続く場合、風邪のひきはじめのようなだるさを感じる場合、妊娠超初期症状の可能性があります。
妊娠している可能性がある場合は、市販の解熱剤や痛み止めを服用しないように注意しましょう。

頭痛がひどい

生理予定日前後に頭痛がひどくなることもあります。あまりにも症状が重い場合は市販薬を服用するのではなく、病院を受診し妊娠の可能性があることを伝えて薬を処方してもらうようにしましょう。

昼間も眠くなる

スマホを操作中に寝てしまった女性

集中力が続かないことや昼間も眠くて大変になることもあります。
車の運転や危険な作業は避けましょう。

つわりのような症状が現れる

  • 胸やお腹が張る
  • 腹痛や腰痛がある
  • 吐き気がする
  • 匂いや食べ物に敏感になる

など、つわりのような症状が出ることもあります。

妊娠超初期症状チェックリスト20~妊娠かな?と思ったら~
妊娠超初期症状チェックリスト20~妊娠かな?と思ったら~
妊娠超初期症状をチェックしよう!妊娠兆候とされる症状20個をリスト化、症状はいつから出るのか、原因や気を付けたいことなど項目毎に詳しく解説、妊娠の有無を早く知る妊娠検査薬や無料アプリもご紹介。

生理予定日から使える妊娠検査薬

妊娠しているかどうか1日でも早く知りたい人は、生理予定日から使える妊娠検査薬を使用して見るのはいかがでしょうか。ドラッグストアや薬局、オンラインショップなどで手軽に購入できる妊娠検査薬をご紹介いたします。


チェックワンファストの画像
出典:www.arax.co.jp

チェックワンファスト

生理予定日から使用できる妊娠検査薬です。薬剤師がいる薬局で取り扱っています。1箱に2本入っていますので、1週間ほど間隔を空けて確認して見ることもできますね。


クリアブルーデジタル妊娠検査薬の画像
出典:bandh-r.org

クリアブルーデジタル妊娠検査薬

生理予定日の4日前から使用できる妊娠検査薬です。アメリカにおいて、デジタル式妊娠検査薬としてはもっとも売れているブランドでもあります。1本1,880円と高価ですが、2本まとめて購入すると2,880円、3本では4,280円と割安になります。オンラインショップで購入できます。


ワンステップ妊娠検査薬の画像
出典:blerdology.co

ワンステップ妊娠検査薬

生理予定日から使用できる妊娠検査薬です。1本当たり116円と非常にリーズナブルです。50本入っていますので、何度もチェックしたい人にもオススメです。アメリカのブランドですので、オンラインショップなどの通販で購入することができます。

妊娠しているかどうか落ち着いて判断しよう

1日でも早く知りたいのは、妊娠を心待ちにしている方にとっては当然の感情だと言えます。ですが、あまりにも早く妊娠検査薬でチェックをして、陽性が陰性に変わってしまうなら、精神的にも大きなダメージを受けてしまいますよね。フライング検査をするのではなく、妊娠検査薬の説明書に従って正しい時期にチェックすることが大切です。

また、妊娠検査薬で陽性反応が出ても、最終的な判断は病院で受けなくてはなりません。病院で赤ちゃんの心拍が確認できるのは妊娠6週目以降のことが多いですので、妊娠検査薬で陽性が出てもすぐには妊娠確定をすることはできないのです。あわてて行動するのではなく、落ち着いて行動するようにしましょうね。