内診グリグリとは?

内診グリグリで陣痛を促進!痛いけれど効果は抜群?

内診グリグリは、痛いけれど効果あり?妊娠中に内診グリグリをされたママに、痛みの程度、出血や下腹部痛の有無、その後に陣痛は来たかどうか伺いました。意外に痛くないという意見もあるので、妊婦さんは参考に!内診グリグリはいつから行うのか、どんな人が処置されやすいのかも解説します。

内診グリグリで陣痛を促進!痛いけれど効果は抜群?

内診グリグリとは?

内診グリグリとは、出産を控えた妊婦さんの子宮口に医師の手や医療器具によって刺激を与え、陣痛を促進する医療行為です。正式名称は、『卵膜剥離(らんまくはくり)』と言い、胎児を包んでいる卵膜と、子宮壁を引き剥がす目的で行われます。

グリグリと指や器具を回転させながら子宮口を押されているような感覚があることから、妊婦さんの間で『内診グリグリ』という表現されるようになりました。

内診グリグリはいつから行うの?

内診グリグリは、陣痛を促進させる目的で行われます。処置当日のうちに陣痛が来たり、そのまま出産となる可能性もあるため、出産予定日が近づいた正産期に入ってから行われるのが一般的です。

出産予定日が近づいた正産期の妊婦と女医

妊婦健診にはナプキンを持参しよう

内診グリグリは、出血を伴うこともあるため、帰宅時は要注意です。念のため、ナプキンを当てて帰りましょう。

妊婦健診の服装は?内診&エコー検査時のコーディネート
妊婦健診の服装は?内診&エコー検査時のコーディネート

内診グリグリが行われるのはどんな人?

内診グリグリは行わない方針の医師もいますが、主に以下のような妊婦が処置を受ける可能性が高いです。

  • 正産期に入っても出産兆候のない
  • できるだけ早く出産した方が良い人
  • 陣痛中に子宮口が全開にならない人

臨月・正産期に入っても子宮口が硬く、出産予定日を超過しそうな妊婦さん、出産予定日まではまだ時間があるが赤ちゃんや母体の負担を考慮して早めに出産した方が良い人などに内診グリグリは行われます。

また、陣痛はきているけれど、なかなか子宮口が全開にならないような場合にも、内診グリグリによって子宮口を開かせるケースもあります。

内診グリグリは1回だけで済まない?

内診グリグリは、処置後にすぐに効果が現れ、当日~2、3日以内に自然分娩に至る人もいます。
しかし、一方で1度の内診グリグリでは効果が現れない人もいます。

どの程度、内診グリグリを行うかは医師の方針にもより、1度やって効果がない場合は成り行きに任せるケースもありますが、妊婦さんの中には妊婦健診の度に内診グリグリを受けたという方もいます。

内診グリグリの痛みはどのぐらい?

痛みで顔をしかめる妊婦

実は内診グリグリは、経験者の間では痛いと評判です。
妊娠中に先輩ママから話を聞いて、怖くなったという妊婦さんもいらっしゃるでしょう。改めて、どんな痛みなのか、どの程度の痛みなのか、体験談をご紹介します。

内診グリグリは激痛だった!体験談

内診グリグリを1回だけ体験

予定日のグリグリで無事出産

みき(28歳)


私は噂にきく内診グリグリを予定日にしました。痛くて、帰りも休みながらじゃないと歩けませんでした。朝に受診しましたが、一日中痛かったです。

ただ、私の場合は出血もなかったので効果はいまひとつなのかな~と思っていたら、帰ってから前駆陣痛があり、まだまだ余裕かなーって思っていたら夜に破水をしてしまい、病院に行ったら即入院になりました。

その日の夜中に陣痛が始まり、2時間後には産まれました。多分、内診グリグリで刺激されて、その日はたくさん動いたので子宮口が開いたんだと思います。でも、内診グリグリは痛くて、声にならないくらい耐えていたのであまり好きではなかったです。

衝撃の痛さ

あき(30代前半)


私が内診の時に、いわゆる内診グリグリをされたのは、第一子の出産直前のことでした。陣痛間隔が7分になった時点で病院に到着し、子宮口の確認をする時に内診グリグリをされました。その痛さは想像を絶するものでした。初めての出産でしたし、あまりの痛さにかなり鮮明に覚えています。産まれるまでの間でも、この痛さが一番だったかもしれません。

内診グリグリの痛さ自体は、その時だけでしたが、このおかげで、陣痛が進み、出産までの時間が短く済んだのではないかという印象です。初めの内診グリグリの後、順調に子宮口が開いてくれたので、一回で済みましたが、もし順調に進まなかったら何回もされたのかなぁ。出産までの陣痛時間、「またされるかも?」とビクビクしていたのを覚えています。

とっても痛いけど、効果は抜群でした

まりお(36歳)


息子を出産する時に、予定日より大幅に遅れてしまったので、内診で刺激するから、それで陣痛がくるのを促そうねとお医者さんにいわれて、内診グリグリをされました。これでもかという感じで、とっても痛かったのを覚えています。

それから帰って、痛みがどんどんましてきて、結局それが陣痛につながりました。出血は結構ありました。初めての内診グリグリで陣痛までつながって、出産までは2日間かかりましたが、自然分娩で済んだのは内診グリグリのおかげだと思います。すごいなと感動しました。痛かったですけど、結果オーライです。

病院の廊下に響き渡る絶叫

診察室から絶叫が聞こえたそうです。

はる(30代後半)


妊娠38週の時、母親に付き添ってもらい妊婦健診に行きました。母を待合室に残して私だけ診察室に入ると、先生が「もう38週だし、赤ちゃんがあまり大きくなりすぎても出産が大変になるから、早目に産まれるようにしちゃいましょう」と気軽な感じで言っていたので、何かしらの処置をされるのかなぁと思いながら内診台に乗りました。

先生に「ちょっと痛いけど我慢してね?」と言われたかと思った直後、グリグリやられました。「これが噂の内診グリグリか!」と気づいたのも束の間、あまりの痛さに「痛ぁーーー!」と絶叫してしまいました。待合室にいた母は、思わず看護士さんに「うちの娘に何かあったのでしょうか?」と聞いてしまったと言っていました。

先生は「痛かったよね。でも本番のお産はこんなもんじゃないからね?」と、優しげな口調ですが容赦はありません。ですが、本番のお産は徐々に痛みが増すのに比べて、内診グリグリはいきなり痛みの頂点に襲われます。陣痛より、内診グリグリの方が衝撃は大きかったです。一度で済んだのは幸いです。

恐怖の内診グリグリ

かんな(29歳)


出産経験が三度あるにも関わらず、内診グリグリは未経験でした。妊娠サイトで内診グリグリの痛みについては知っていましたが、経験がなかったので恐怖の内診グリグリだと思っていました。

四人目の出産は、予定日を過ぎても生まれる気配がありませんでした。予定日を三日過ぎた頃、内診した先生により初めての内診グリグリが行われました。先生の指でやっていたと感じていますが、子宮の入り口と赤ちゃんのいる膜の間を指で隙間を開けてるというか、剥がしてるような感覚でした。

行っている最中はまさにグリグリされて痛かったです。終わった後も半日くらいは痛く、すぐにお腹も痛くなってきました。良い刺激になって陣痛が来れば良いなと思っていました。歩くことは普通にできましたが、茶オリがすぐに出ました。出血はありませんでした。内診グリグリはその一回限りで、翌日出産しました。

出血も多く、その日のうちに陣痛!

小島葵(30代前半)


38週の妊婦健診の時に、子宮口が2センチ開いている、いつ陣痛が来てもおかしくないと医師から言われました。その際に、何も告げられずに内診グリグリをされました。いきなりのことでものすごく痛くて、思わずのけぞるくらいでした。

先生いわく、膜のようなものを剥がしたと言っていましたが、詳しくはあまり教えてもらえませんでした。内診の後は、生理二日目くらいの出血と、じわじわとした生理痛のような痛みがありましたが、我慢できないような痛みではなかったのであまり気にしませんでした。これが午前11時くらいでした。

歩いて家に帰ってからも出血と痛みは続き、夕方から少し強くなり始め、夜にはかなり強い痛みに変わりました。寝ていないと耐えられないくらいの痛みになってから陣痛であることに気付き、痛みの間隔を測り始めました。

夜中の12時を過ぎたあたりで、痛みが3分おきになってきたので産院に連絡して入院し、翌朝無事に出産しました。

出産

内診グリグリ後に破水

さな(30代前半)


妊娠中に体重が増加していたので、主治医からは「早めに産みましょう」と言われていました。正期産に入ってからの内診でグリグリされました。友人からは激痛と言われていましたが、確かにかなり痛かったです。本当に子宮が刺激された、という感じの痛みです。

ジンジン痛んでその日はずっと痛みがありました。結局その日の夜中に破水し、出産となったので、内診グリグリをされたのでその一回きりです。

私は出血や歩きづらいといったことはありませんでしたが、かなり激しく先生の手で刺激されたのでお腹の奥底がずっと痛んでいるという感覚がしばらく続きました。

友人の中には、陣痛よりも内診ぐりぐりの方がつらかったという人もいますので、侮ってはいけないと思います。

すごく痛かったけど、産後には忘れます笑

やきにく(20代前半)


内診グリグリというものをなんとなく聞いてはいましたが、出産が遅れている場合などに刺激するのだと思っていたので、38週で予定日まで10日あった健診の日にグリグリされ、びっくりしました。気持ち悪さと痛みで「うー痛い」と少し唸りたくなるような感覚でした。

それからしばらくは、赤ちゃんが降りてきたような、下半身に違和感がある状態が続き、歩きづらくなりました。しかし、それまでまったく出産の兆候が見られなかったのに、グリグリから5時間後にはおしるしがありました。そして次の日の夕方に前期破水し、入院となりました。そして次の日、促進剤を使い出産しました。

分娩台で結局何回もグリグリされたので、陣痛の痛みも相まってすごく痛かったですが、我が子に対面したらもう忘れてしまいました。

もう2度と経験したくない痛み

あい(20代前半)


内診グリグリは、正直痛いです。痛すぎて思わず体に力が入ってしまうほどでした。叫ぶというか、思わず「痛い!」とおさえられない声が出てしまいます。

出血もあり、私はグリグリから2日くらい痛かったです。家でも痛くて泣いていました。しかし、内診グリグリから2日後に陣痛がきたので、私は出産をするまでに内診グリグリは1回だけで済みました。

本当に、あれだけはもうしたくないですね。痛みがひどいのであれば多少動いたりして、気を紛らわせたりしたほうがいいと思います。

内診グリグリを2回以上体験

手で顔を覆い痛みに耐える妊婦

5~6回やられている間の心境

あき(35歳)


初めての出産で、陣痛時の内診で「ちょっと見ますね~」と内診グリグリされました。陣痛時にグリグリされるので傷口に塩を塗られるような感覚です。痛みはグリグリしている時だけで、その時以外は痛みはありませんでした。

しかし、分娩台に乗るまでに5~6回は内診グリグリがあったと思います。初めの1回目は内診グリグリされるなんて思ってもいなくて、突然の出来事で「あ~痛かった!」で終わりました。2回目も内診グリグリがあるなんて思ってもいなく、「また痛かった!」で終わりました。
3回目からは内診=グリグリなんだと学習し、気合いを入れて内診を待ちました。やっぱり痛くて、4回目からは内診ですよ~と言われるたびに半泣き状態というか、陣痛の痛みもあり苦痛でした。

後半の方が内診グリグリがある、痛いんだと分かっているので気持ち的にしんどかったです。

何度やられても痛いです

mio(30代後半)


二人の子供を出産した経験がありますが、二人とも臨月に入ってから内診グリグチをされました。第一子は38週に入ってから初めて内診を受けたのですが、初めての内診グリグリは衝撃的で、痛みが激しく、それにしばらくして出血もしました。その時の刺激でかは不明ですが、その日の夜に出産しました。

第二子は36週で内診グリグリ、二度目の37週の時に、健診後の夜中にそのまま陣痛が来て翌朝、出産しました。内診を受けたことが出産につながる体質なのかもしれません。

内診グリグリは合計3度受けましたが、いつも痛いです。痛みが軽くなるとか慣れるということはなく、毎回痛かったです。できれば受けたくないです。

長めの内診グリグリに悶絶

岡本一香(30代後半)


出産予定日が近くなると内診グリグリをされ、冷や汗が出るくらい痛かったです。体感的には1分くらい続いたんじゃないかと思えるのですが、痛かったから長く感じただけでそこまで経過していなかったのかもしれません。でも、先生も「もうちょっと我慢してね。ごめんね」と言っていたので、他の人より時間がかかったようです。

指が届かないとかで、予定日過ぎても毎度グリグリされたので5回は味わいました。少量の出血で直ぐに治るのですが、下腹部に先生の親指が当たった青アザが出来ました。痛みは毎回変わらず、慣れません。「これから出産しようって人がこれくらいのことで痛がってたらダメだよ」なんて言われましたが、痛いものは痛いんです。

終いには「先生、指が短いんじゃないんですか」と先生をなじってしまいました。

内診グリグリは痛くない?意外に平気だった妊婦さんの体験談

陣痛で息を吐く妊婦

激痛、陣痛より痛いという声の一方で、「意外に痛くなかった」「違和感程度ですぐに終わった」など、内診グリグリはそんなに痛くないと感じた妊婦さんもいます。やはり内診グリグリも陣痛と同様に、痛みには個人差があるもののようです。

思ったほど痛くない

y.mama(27歳)


初めてされたのは妊娠9ヶ月頃。妊娠後期になって産婦人科でよく見かけるママさんと仲良くなったり、出産経験のある職場の先輩から話を聞き、「内診グリグリ」について知りました。

初めは「痛いの?どのくらい?1回だけ?それとも何度もするの?」と不安だらけでした。いざ診察が始まると不安で一杯でしたが、痛みは最初の一瞬で違和感がある内に終わりました。痛みも我慢出来ないような痛みではありませんでした。

私は決して痛みに強い訳ではなく、むしろ採血などは子供のように嫌がります。笑
そして診察が終わると何だかお股に違和感がある感覚で少し歩きづらかったですが、痛みも違和感も回数を重ねると少なくなるというより慣れてきましたよ。

私は出産までに2.3回していますが、出血はありませんでした。

痛みというより違和感程度でした

あみママ(31歳)


臨月になり、検診も1週毎になり、最初は順調にお腹も下がってきていて、赤ちゃんが通ってくるところの筋肉も柔らかいとお墨付きを頂いたのですが、その後子宮口もあまり開かず、内診グリグリを体験することになりました。

久々の内診だったので、違和感はありましたが、思ったより痛みは感じませんでした。その日はなんだかお腹に少し違和感は覚えたものの、陣痛のような痛みでもなく、本当に『違和感』という程度の痛みでした。おりものに少し色は付きましたが、出血やおしるしと呼ぶほどのものでもありませんでした。

次の週も子宮口に変化が無く、再度内診グリグリをしましたが、痛みなども一回目と変わらず、違和感程度でした。しかし、その2,3日後、破水し促進剤で無事出産を終えました。

毎日のウォーキングなども行っていたので、内診グリグリが直接影響したのかは分かりませんが、それ自体はそこまで苦痛なものでは無かったなと感じています。

初めてのときには動いて怒られたけど

嶋田恵子(40代前半)


内診グリグリはものすごく痛かったです。それまでの内診で、痛みを感じたことがなかったので、とてもびっくりしました。急にされたので痛みで腰を浮かしてしまい、怒られてしまいました。時間は10秒以内くらいでしたが、ものすごく長く感じました。

慣れてくると、これで赤ちゃんに早く会えるようになると思うようになり、我慢できるようになりました。回数を重ねるたびに痛みは軽く感じました。慣れたのか、マヒしているのかわからなくなりました。内診グリグリは、出産までに3回ありました。

痛いけれど効果は抜群?内診グリグリ

内診グリグリを受けた妊婦さんからは、以下のような声も聞かれます。

  • 痛いけれど、その日のうちに陣痛が来た。
  • おかげで自然分娩ができた。

もちろん本当に内診グリグリによって陣痛が促進されたのか、それともたまたま陣痛が来る時期と処置の時期が重なったのかは定かではありません。
しかし、「痛いけれど、これで赤ちゃんに会える」、「赤ちゃんが産まれると痛みは忘れた」とポジティブに捉えているママもいました。

内診グリグリだけでなく、陣痛もそうですが、体に力が入っていると痛みは増してしまいます。
内診グリグリの痛みが怖くてたまらない妊婦さんは、内診グリグリの間はできるだけリラックスし、赤ちゃんのことを思い浮かべてみましょう。

おすすめコンテンツ