両親学級に夫婦で参加した体験談

両親学級で夫が父親になった!受講後のパパの変化【体験談】

両親学級で夫が変わる?両親学級に夫婦で参加したママに、講座の内容と両親学級へ誘った時のパパの反応、その後の変化を教えてもらいました。「行きたくない」としぶしぶ参加した旦那さまも父親としての自覚が芽生え、赤ちゃんのお世話に積極的に!?両親学級に夫婦で参加するメリットをお伝えします。

両親学級で夫が父親になった!受講後のパパの変化【体験談】

両親学級とは?

両親学級とは、出産を控えた妊婦さんや旦那さん、時にはその家族などを対象に、出産や育児の知識を学び、赤ちゃんのお世話の仕方を体験も通しつつ学ぶ講座です。

最近では、『プレママ・パパセミナー』といった名称がついていたり、母親のみが参加するものを『母親学級』、父親の参加が必須なものを『父親学級』とするなどの産院や自治体もありますが、講座の目的はだいたい同じと考えてよいでしょう。

両親学級を行っているのはどこ?

両親学級は、主に以下の3つの場所で開催されています。

  • 産院
  • 自治体
  • 民間のベビー用品などの店舗

教室でヨガ体操をする妊婦

産院が行っている両親学級は、妊婦健診時などにも案内があり、妊婦さんにとっては最も身近なものです。また、立ち会い出産を希望する場合は、旦那さんの両親学級への参加が必須の産院もあります。

一方で、民間のベビー用品店などの店舗での両親学級は、おみやげにおむつや粉ミルクの試供品などが参加特典としてもらえることもあります。内容も自治体のものと大差なく、人気の講座は予約ですぐに埋まってしまうケースもあります。

両親学級は、産院や自治体、民間を問わず、ほとんどが無料で参加できます。似たような内容の講座に参加する必要はありませんが、平日や土日など開催時間はそれぞれ違うので、都合の良い時間のものを選ぶと良いでしょう。

両親学級の内容

両親学級は、2時間程度で終了するもの、午前・午後に分けて開催するもの、妊娠期間中に講座が複数回あるものなど、プログラムの内容は様々です。また、グループワークで他の父母との交流があり、ママ友やパパ友作りを意識した両親学級も存在します。

しかし、講座のだいたいの内容としては、以下のような知識や体験レッスンが主流です。

妊娠・出産に関わる講座内容

  • 出産ビデオの鑑賞
  • 立ち会い出産の心得
  • 陣痛時の対応
  • 産院への連絡事項確認
  • 出産時の呼吸法
  • 安産のための妊婦体操
  • 妊娠~産後にかけての食事指導
  • パパの妊婦体験

妊婦と夫のペアで講習を受ける

実際の出産の映像を見ながら、出産の流れをつかむ講座は両親学級の定番です。産院主催の両親学級の場合、陣痛時の産院への連絡や入院準備について一緒に説明されることもよくあります。

そして、やはり印象に残るのが旦那さんの妊婦体験。身体に重りを付けて階段を上り下りしたりなど、妊婦さんの身体がどんな状態なのか、体験を通して学んでいきます。この体験講座により「妊婦さんって大変なんだ」と感想を持ち、ママへの労わりの心が強くなるパパは多いと評判です。

赤ちゃんのお世話に関する講座内容

  • 赤ちゃんの抱っこの仕方
  • 沐浴のさせ方
  • おむつの替え方
  • 授乳の仕方
  • 離乳食作り

初めて新生児のお世話に挑戦するママやパパにとって欠かせないのが赤ちゃんの抱っこや授乳、沐浴、おむつ替えなどのお世話全般に関する講座です。これらは座学のみではなく、出生時の新生児の大きさや体重を再現した赤ちゃん人形を使い、実習を行います。

両親学級で夫が変わった!?夫婦で参加した体験談

両親学級は、ぜひママだけでなく、パパと一緒に参加しましょう。
夫婦で両親学級へ参加したママに、両親学級へ参加する前の旦那さんの様子、その後の変化を教えてもらいました。

行ってみたい!とやる気満々だった旦那さんの両親学級・体験談

両親学級の開催を知ると「行ってみたい!」と意欲を示したパパは意外に多く、子育てへの関心の高さが伺えます。有給をとっての参加、産院での主治医の誘いに自分から手を挙げたパパもいました!

妻の傍で「参加したい」と言う夫

初めての子育て体験

田中花子(37歳)


妊娠7か月頃に、出産予定の総合病院主催の両親が急に参加しました。両親学級の案内は、産婦人科の待合室に掲示されていて、健診の際にも助産師さんから進められていたので、私から夫を誘いました。夫も「今まで子供にほとんど関わったこともないし、抱っこをしたこともない。お世話の仕方もわからないから助かる」ということで快く承諾してくれました。

両親学級は、「お産コース」「おっぱいコース」で午前・午後にそれぞれ開催され、「お産コース」では、その病院で出産する際の持ち物の話やどのような状態になったら病院に連絡するか、夜間に緊急でくる場合の入り方、入院中の過ごし方などを聞きました。このコースをパパが受講しないと、立ち合い出産は認められません。

「おっぱいコース」では、赤ちゃん人形を使って、抱っこの仕方、おむつの替え方、授乳の仕方を学びました。受講中、夫は恐る恐る人形を抱いたりと慎重かつ真面目に受講していました。受講後は、少し親としても自覚がわいたような気がします。

両親学級で家事についても相談

かいまま(25歳)


妊娠9ヶ月の頃産院の両親学級に参加しました。誘ったのはママである私からでした。誘ってすぐにパパは快く了解してくれ、両親学級の日に合わせてお仕事のお休みをとってくれました。

両親学級の内容は、主に赤ちゃんが産まれてからの奥さんが担う予定の家事の内容についてでした。今までやっている掃除や洗濯など家事の項目を赤ちゃんが産まれて初めての子育てを行うママが全部やる事が可能かどうかという事を具体的に考えたり、ママの役割、パパの役割についてお互いに意見を言い合うと言う事が主な内容でした。

両親学級で、改めて子育ての家事の両立の難しさを感じました。両親学級が終わってパパが、家事は仕事から帰ってできる限りするつもりだから心配しなくても大丈夫だよと言ってくれたことがとても印象に残っています。おかげで家事をやらなくてはと言うプレッシャーを感じることなく子育てに専念できました。

妊婦体験での忘れられない言葉

メルモ(29歳)


妊娠7ヶ月の頃に産院主催の後期両親学級に参加しました。私から参加を提案しましたが、夫はお休みをとって、快く参加してくれました。

両親学級の内容は、赤ちゃんの体の仕組みや出産というものがどういうものなのか、出産のときの呼吸法や陣痛の耐え方の姿勢などを教えていただきました。パパの妊婦体験もあり、妊娠6ヶ月くらいの妊婦さんの体と同じような作りのベストをパパが着用し、寝転がった状態から起き上がったり、靴下を履いたりという体験ができました。

「妊婦さんてすごく重たいし大変なんだね」と言ってくれました。両親学級以降、階段を降りる時に必ず支えてくれるようになり、妊婦の大変さが少しは伝わったのかな?と嬉しかったです。

両親学級後に立ち会い出産を希望するように

りっちゃん(20代後半)


妊娠8ヶ月の頃、産院で開催されている両親学級に参加しました。たまたま旦那と一緒に検診に行った日に、両親学級があるよと先生に案内され、旦那が行ってみたいと言ったので2人で参加しました。

お産の始まりや進みかたなどを説明され、旦那は熱心に話しを聞き、メモも取っていました。旦那の妊婦体験もあり、お腹や胸に重りをつけていましたが、かなり動きにくく大変だったようで、「妊婦ってこんなに大変なんだね」と言っていました。

もともとは立ち会い出産を希望していませんでしたが、出産の大変さを聞き、両親学級後は「自分も支えたい」と言い出し、立ち会い出産を希望するようになりました。

膝枕で妊婦の妻をいたわる夫

両親学級は楽しい思い出です

ちゃー(20代後半)


妊娠7ヶ月頃、通っていた産院で両親学級に参加しました。夫が出産に立ち会うのに両親学級への参加が条件だった為、必然的に夫も参加するかたちとなりました。お休みの日だったこともあり夫は「分かった!行くね」と快く参加してくれました。

出産の実際の流れを把握するためのビデオ鑑賞の後、妊婦体操や出産時の呼吸法などを実際にパパもママも体験し和気あいあいとしてとても楽しかった印象があります。私は出産のイメージがつき、看護師さんの「出産は必ず終わりがきます。辛い時にはこの言葉を忘れないで」という言葉を頂いてとても勇気が湧きました。

夫は注射を打たれることも苦手なほど痛みなどに弱く、出産のビデオの印象から「俺、大丈夫かな?しっかりサポートできるかな?」と弱音を吐いていたことをよく覚えています。

でも、本番はしっかり立ち会って出産の瞬間も見届けてくれました!出産後には「俺、必死で弱音を吐いてる暇もなかった~」と一生懸命サポートしてくれていたことがわかって嬉しかったです。

結構真剣に取り組んでくれました

りんご(30代後半)


妊娠8ヶ月の時に、育児グッズ店が主催した両親学級に参加しました。自治体や産院の両親学級はパパの仕事の都合がつかず、参加できませんでした。両親学校に行くことを提案したのは私です。パパもかなり興味があったようで、すごくノリノリの反応でした。

両親学級の内容は妊娠中のママの体の負担に関することや、赤ちゃんの人形を使った沐浴指導などがあります。妊娠中のママの体を再現するために、パパは体に重りを乗せたのですが、「こんなに毎日大変なんだね」と言ってくれ、辛い気持ちを共有できたことがすごく良かったです。

両親学級を通じて、普通に歩くだけで息が切れてしまう気持ちがわかったそうです。

妊婦体験をやりがたる夫で良かった!

梅かんてん(42)


妊婦体験のベストを着用する夫

妊娠7か月の時に出産する産院で後期の両親学級に参加しました。教室の参加は私が誘いました。夫は少し興味がある様子で進んで参加してくれました。

お父さんがおもりをつけての妊婦さん体験や出産がどんなふうにすすむか(助産師さんの演技付き)などがありました。妊婦さん体験は恥ずかしいのか、しないお父さん達もいました。でもうちの夫は、「こんな体験はなかなか出来ないから」と積極的に参加して、思った以上に重くて妊婦さんは毎日大変なんだなぁと感想を言っていました。その発言が嬉しく印象に残っています。

出産がどんなふうに進むかは助産師さんの演技もあり驚いていましたが、雑誌や本で読むだけでは伝わらないことがわかり、参加してよかったと言っていました。

他人事だったパパが変わった両親学級

佐々木まな(30代前半)


妊娠6か月を過ぎた頃、住んでいる地域の自治体で主催している両親教室に参加しました。あまり出産や赤ちゃんが生まれる事に対して、まだ心構えができていない様子の主人が心配で、私から両親学級に参加することを提案しました。もともと教室的なところへ行くのは嫌いじゃない主人だったので、嫌な顔せず、乗り気でした。

赤ちゃんのオムツ替えや、沐浴指導をうけたり、パパがお腹に重りのようなものをつけて妊婦さん体験をしたりしました。沐浴練習では主人がかなり手こずっていましたし、妊婦さん体験も苦しそうな様子で、両親教室が終わったあと、こんなに妊婦さんて大変なんだねと初めて妊婦さんが大変なことに気が付いた様子でした。

沐浴も練習しなきゃと意気込んでいました。赤ちやんが生まれる事に、どこか他人事のような様子があった主人だったので、両親教室に連れて行って良かったと思いました。

最初はしぶしぶ着いてきた旦那さんの両親学級・体験談

夫が変わったと喜ぶ妊婦の妻

「両親学級へ行こう」とママへ誘われて、最初はしぶしぶといった反応を示すパパはやはり多いようです。「女の人ばかりで、自分は浮いてしまうのではないか」という気持ちもあるので、ママは他のパパも付いてきている、講座全体でもパパの参加を勧めていると不安を和らげてあげましょう。

最初はママの付き添い程度の気持ちしかなかったパパも、講座を受講するうちに父親としての自覚が芽生えたり、赤ちゃんのお世話に自信を持ち、最後は「参加してよかった」と言ってくれるのが微笑ましいですね。

私の気持ちを理解してくれたようでした

こめちゃん(42歳)


妊娠7カ月の時に産院が主催した両親学級に夫とともに参加しました。夫は当初「本当に行くの?めんどくさい」と渋々了解した感じでしたが、いざ参加してみると助産師さんの話を真剣に聞いていました。

内容としては、沐浴の仕方や赤ちゃんへのお世話の仕方や接し方に加えて、妊婦さんの気持ちが理解できるように、実際に赤ちゃんの重さを考慮したエプロンを用いて「疑似妊婦」を体験してもらうというものもありました。夫もこれには「すごくお重いんだね。かがんだり、立ち上がったりする動作一つするのも大変だ」と驚いていました。

両親学級に参加した後は夫の私への接し方が明らかに変わりました。すすんでドアを開閉してくれたり、簡単な家事は「大変だから」と変わってくれるようになったのです。両親学級に参加して少しは妊婦さんの気持ちを理解できたようで良かったです。

両親学級からイクメンパパになりました

新緑(41歳)


第1子の妊娠7か月あたりに区が主催する両親学級に出席しました。私から両親学級に主人を誘いました。その時の主人の反応は嫌というほどではないけれど、特別行きたくもない感じで、微妙でした。

両親学級での内容は、妊娠による母体の心と体の変化についてやオムツ交換、沐浴、パパの妊婦体験、食事指導などがありました。

両親学級への参加を渋っていた主人でしたが、実際におむつ交換や沐浴を体験することで「僕にもできるから大丈夫だ」と満面の笑みで終了しました。両親学級での実習が良い起爆剤になったようで、産後は主人が赤ちゃんのお風呂担当になりました。両親学級は主人の育児参加の良いきっかけになりました。

全3回のうち、最終回のみ二人で

ありりん(27歳)


妊娠9カ月の頃、産院が主催する全3回の両親学級に参加しました。両親学級と言っても、1回目2回目はほとんどは母親の参加のみでした。しかし、車の運転することも控えており、3回目の最終回は立ち会い出産などの内容も含むものだったので、一緒にきて欲しいと私から旦那に頼みました

当初、旦那は「女の人ばっかりなんでしょ?行っていいの?」と気にしていましたが、実際に行くと最終回は半数ほど父親も参加していました。出産前後の話や、実際にお産の映像を見たり、出産時の父親の役目について助産師さんから話があったりしました。

参加後、もう少しで我が子が生まれてくる喜びを2人で噛み締め、出産時に必要なものを買いに行こうと旦那の方から言ってきたため、帰りに買って帰りました。

意外と頼りになる旦那様

さくらんぼ(30代前半)


妊娠8ヶ月の頃に自治体の主催する両親学級に参加しました。参加したいと言い出したのは、私の方です。主人はあまり乗り気ではありませんでした。両親学級当日も憂うつそうについて来ました。

最初にグループになり、出産や育児への不安等を話し合いました。その際に、夫婦それぞれへ宛てた手紙を記入。次に、旦那さん達は重りをつけて妊婦体験をしました。寝た状態から起き上がってみたり、階段を歩く体験をしました。続いて、沐浴体験もしました。沐浴体験は私より主人の方が安定感があり上手でした。その後、離乳食を作り試食をしました。最後にまたグループで集まり話し合いをして終わりました。

その時に、最初に書いた手紙を相手に渡し読みました。初めは乗り気ではなかった主人も最後にはとても良い体験が出来たと喜んでいました。手紙もお互い普段は伝えられない気持ちを伝えれて良かったです。参加出来て良かったです。

妻の傍に立ち父親になる自覚を持つ夫

父親になる自覚が芽生えたようです

みか(20代前半)


産院で両親学級が開かれるということで、つわりが多少楽になった2か月の時に行かせていただきました。そのときは私から旦那に「ためになるので行こう」と誘いました。

両親学級の内容としては父親の子育てへの参加の仕方であったり、おむつ交換や沐浴が主な内容でした。また助産師さんからの講和のようなものもあったので、かなり勉強になりました。

両親学級に行ってみて、これまであまり子供が生まれるという実感がなかった旦那にも父親としての自覚が生まれ、一生懸命仕事を頑張るようになり、「これから家族を守るために頑張るね」という言葉を口にするようになりました。本当に行ってよかったです。

オドオドしてるけど前向きな旦那様

なみ(20代後半)


妊娠6ヶ月の頃、区が主催している両親学級へ行きました。全部三回あったんですが二回は一人で行き、他の家庭は意外と旦那様がきてたと思い、私も両親学級へ誘ってみました。

その時旦那様は少し嫌そうで「他の家庭は本当にお父さんも来てるの?」「行く必要あるの?」などと言っていました。「一回でいいから!絶対役立つよ!」となだめて半ば無理やり行き、その時は赤ちゃんの人形を使って沐浴の仕方などを学びました。

正直、夫の沐浴の仕方は上手とは言い難く、終始ためらいがちで、オドオドしてました。でも、終わったあと旦那にどうだったか聞いたところ、「知らないことが多くて、ビックリしたけど少し自信になった」と前向きでした。あのオドオド具合だと、いきなり本物の赤ちゃんを沐浴させるのは無理だったと思うので、練習してくれて良かったと私も思います。

積極的に手伝ってくれるようになりました

三枝 幸子(34歳)


妊娠8か月の頃に、出産を予定している産院で初めての両親学級に参加しました。それまでは私ひとりが母親学級に参加することはありましたが、夫婦揃っては初めてだったので少し緊張しながらも両親学級へ向かいました。

パパには私から一緒に参加しようと提案し、しぶしぶといった感じでしたが、実際に行ってみて出産の流れや妊娠するとこんなに体が重くなり、身動きが取りずらいということを体験することができました。

パパは出産の流れや妊婦さんの大変さを知って、赤ちゃんが産まれるための心構えができた様子でした。積極的に手伝ってくれることが多くなったので、参加して良かったです。

両親学級へのパパの参加は良いことばかり!

両親学級へパパが参加することのメリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 赤ちゃんのお世話について学べる
  • 妊婦さんの心や体について理解できる
  • 父親としての自覚が芽生える
  • 育児をしていく上での自信になる

2時間程度の講座では、お世話については十分に身に着かないこともありますが、聞いたことがある・やったことがあるのと、まったくなにも知らないのとでは、赤ちゃん誕生後のスタートラインが違います。

また、妊娠中の女性の身体の状態について理解できたり、「もうすぐ子供が産まれるんだ」と父親になる自覚も芽生えるなど、精神的な影響の点から参加をよかったと思っている夫婦は非常に多いです。

そして、両親学級に夫婦で参加すると、とても良い思い出になります。両親学級でパパが頑張ってくれた、終了後にこんな言葉をかけてくれたと、ママは覚えているものです。ぜひ二人一緒に両親学級に参加してみてください。

おすすめコンテンツ