Loading

無痛分娩の流れと費用・メリット

無痛分娩とは?母子の負担を軽減する無痛分娩の方法や費用

無痛分娩とはどういう出産方法なのか、「本当に痛くないの?」「出産費用は?」「リスクはあるの?」初めての出産への不安に戸惑うママ、無痛分娩を健闘中のママに無痛分娩という出産スタイルについて麻酔の具体的な方法や流れ、メリットなどを解説。

無痛分娩とは?母子の負担を軽減する無痛分娩の方法や費用

無痛分娩とは…出産時母子の負担を和らげる無痛分娩の方法や費用

出産はとにかく陣痛が痛い!我慢できない痛みがつづく!という情報をよく耳にします。
それだけで出産が怖いと思う妊婦さんも多いのでは?そんな妊婦さんに、無痛分娩という陣痛の痛みを軽減する出産法についての費用や前もって準備しておくと助かる事を解説します。

ソフロロジー式分娩の呼吸法とは?トレーニングやメリット
ソフロロジー式分娩の呼吸法とは?トレーニングやメリット
ソフロロジー式分娩の呼吸法の仕方を動画も含めて説明しています。CDやDVD書籍を使い独学で習得できるのか、練習するためのポイントや体験談など、ソフロロジー式分娩の気になる疑問を解決します。

無痛分娩とはこんな出産スタイルです!無痛分娩が向いている人

無痛分娩は陣痛の痛みを押さえ、母体への負担を軽減する出産スタイルです。いきむ必要があるために基本的には局所麻酔を使うようですが、場合によって全身麻酔を使う場合もあります。
緊張しやすい人、初産が難産だったひとは無痛分娩にするとスムーズにお産が進む方もいます。

無痛分娩はママの負担を抑える分娩方法

必ずしもお産の時、痛みが激しい方ばかりではありません。
初産だと比較し様がありませんが、痛みが少なくすんなり生まれてくる安産な方もいらっしゃいます。

出産が怖くて無痛分娩を選ぶかどうか迷う女性

安産で生まれてきてくれるならいいのですが、お産に時間がかかりすぎると母体が陣痛で体力を消耗し、母子ともに危険になる場合もあります。無痛分娩とはそういう場合などにも体への負担を抑え、お産の安全性を高める分娩方法と言えます。

無痛分娩が向いている人

無痛分娩に向いている方は主に

・高齢主産の方
・体力がない方
・高血圧の方
・痛みに弱い方…など。

以上の条件がある方が向いているといえます。

出産時に体力が持たないと陣痛、お産が長くなり赤ちゃんも危険になるからです。
血圧が高い方もやはりお産で力むため、出産時に脳出血などの症状が懸念される場合は産科で事前に無痛分娩を案内することもあります。

無痛分娩に向いていない人

無痛分娩に向いていない方は主に

・帝王切開経験がある方
・臨月時点で逆子が治っていない方
・麻酔アレルギーのある方
・腰に変形、腰回りの神経系が悪い方

などが当てはまる方は向いていません。

基本的に初産が帝王切開だった場合は次回の分娩も帝王切開になります。臨月時点で逆子が治っていない方も同様です。
無痛分娩は麻酔を使うので、もちろん麻酔アレルギーがある方は使えません。腰骨が変形している、腰回りの神経系が悪い方も麻酔を使うという点で無痛分娩は向いていないといえます。

水中出産のメリットとデメリット・費用や注意点とは?
水中出産のメリットとデメリット・費用や注意点とは?
水中出産とはどのような出産方法なのでしょうか?わざわざ水中で出産するメリットはどこにあるのか、費用や実施する上での注意点、自然分娩との違いなど、水中出産のメリットとデメリットについて紹介します。

無痛分娩の流れ

無痛分娩(局所麻酔による)になった場合の大まかな流れを説明します。

無痛分娩を待つ出産間近の女性

1.入院の日取りを決める

臨月に入ってからの検診で、赤ちゃんの位置・子宮口の具合をみて入院の日、出産の日を決めます。事前に出産の日を決めるのは麻酔科医師の立ち合いが必要なためですので、臨月に入ったら入院の準備を済ませて起きましょう。
出産後の家族への連絡なども事前確認しておくと安心です。

2.入院

母体の状況や病院によりますが、通常は出産前日の昼には入院します。
その後、検診をうけ出産に備えて子宮口を広げる措置をうけます。

3.出産当日

出産用の服に着替えてから分娩室へ行きます。ここからは病院によって進み方が異なりますが、大体の場合は以下のようになります。

無痛分娩の進め方

1.点滴で陣痛促進剤を投与します。


2.背中に麻酔を入れ、麻酔が効いたら無痛分娩用の麻酔を入れるチューブを背中にいれ、子宮口が5cm程度に広がるまで待ちます。


3.無痛分娩用の麻酔が入れられます。麻酔が効くと陣痛の痛みが和らぎます。


4.子宮口が10cm(全開)になるまで待ち、開ききると出産です。


5.出産は通常の分娩と同様にいきみます。圧迫感を感じるかもしれませんが、痛みはほとんどありません。

4の時点で陣痛の痛みが来る方も多いようですが、痛くても生理痛がひどいとき程度とされ、痛みに弱い方でも心配するほどのことではないしょう。
麻酔が効きだすと、大体の方が痛みを感じなくなってくるようです。

4.産後~退院

産後の母体は麻酔のチューブなどが通ったままです。まだ麻酔が効いている状態のため、約2時間程度はその場で様子を見ます。問題がなければチューブを取り除き、あとは病室で休みます。

経過順調で退院の日までは後陣痛(子宮が元に戻ろうとする痛み)や会陰切開の部分の痛みなどがありますが鎮痛薬の内服で痛みはなくなります。

無痛分娩で入院する前に陣痛がきた、破水したら…?

無痛分娩の予定でいたけれど、「入院する前に陣痛がきてしまった!」「破水してしまった!」という場合でも無痛分娩は可能です。

病院へ行き、陣痛からの場合は指示に従います。破水していた場合、その時点で陣痛が起こっていなければ陣痛促進剤を投与されます。その後通常の無痛分娩と同じ措置が取られます。

無痛分娩の局所麻酔と全身麻酔の方法

無痛分娩の場合、麻酔の使い方は局所と全身の2通りあります。2つの違いを解説していきます。

臨月に入りお腹が張ってきている女性

局所麻酔の方法

局所麻酔とは、部分的に麻酔で痛みを和らげさせるというものです。無痛分娩ではメジャーなやり方で全身麻酔と違って意識がしっかりしたまま出産に望めます。

局所麻酔のメリットは、

・高血圧、妊娠中毒の方は血圧を下げる効果がある。
・難産経験者、痛みに弱い方はリラックスしやすい。
・陣痛開始~生まれるまでしっかり見届けられる。

といったものがあります。

母体がリラックスして出産すると、赤ちゃんも生まれてきやすい、安産になりやすい傾向があります。

局所麻酔の場合、硬膜外麻酔という、脊髄の近くにある硬膜外という空間に麻酔を入れる方法が主です。特徴としては痛みを感じることが少なくなるが、手足はしっかり動く、意識もはっきりしたままでいられるというものがあります。

全身麻酔の方法

全身麻酔はその名の通り、全身に麻酔がかかるため意識のないまま出産という形が多くなります。
基本的には、母体や赤ちゃんに何かしらのトラブルがあり、緊急の手術を要する場合などに用いられますが局所麻酔で行う無痛分娩と比較するとマイナーな方法と言えます。

緊急手術以外で全身麻酔を使うときは、麻酔により子宮の収縮も弱まり、加えて全身に麻酔の影響が出るため、意識がなくなりいきむことが出来なくなることから、分娩がある程度進んだ状態で用いられます。

・緊急の場合に、麻酔をかけるのが比較的に簡単なのですぐに措置が取れる。
・痛みは感じられない。

全身麻酔をするときは静脈に麻酔を打つというやりかたです。吐き気を催す場合もあるので、事前に全身麻酔での無痛分娩が決まっている場合は、10時間以上前から飲食禁止ということがあります。

無痛分娩Q&A リスクの有無やかかる費用

無痛分娩の最大のメリットは痛みを最小限に抑える、またはまったく痛みを感じなくなるということ。ならばデメリットはあるのでしょうか?

無痛分娩について勉強中の女性

無痛分娩は本当に痛くないのか、麻酔によるデメリット、痛みを伴わない出産のデメリットとはどんなものなのかなどを見ていきましょう。

無痛分娩は本当に痛くないの?

麻酔の効きには個人差があるものですが、研究も進み大抵の場合は痛みを感じないで出産できるとされています。
局所麻酔による無痛分娩用に背中にチューブを通すときも、チューブを通すための麻酔を打ってもらうため痛みを感じません。痛みというより圧迫感を感じる程度のことが多いです。

痛いときはどうしたらいい?

どうしても痛みを感じる場合は、その場にいる看護師もしくは医師にすぐに言うようにしましょう。
基本的に痛みを感じることは少ない無痛分娩ですが、人によっては麻酔が効きにくい、効くまでに時間がかかる方もいます。痛みがあるときは我慢するのではなく、すぐに伝えることが大事です。

麻酔の痛みはどの位?

局所麻酔、全身麻酔も最初にいたいと感じるのは注射される痛み程度です。
一度麻酔を投与してしまえば、あとはじんわりしびれる感じに少し違和感があるかもしれません。

赤ちゃんへの影響はあるの?

妊娠状態の母体に麻酔を打つと赤ちゃんへの影響があるのでは?と心配してしまう人もいますが、胎児への影響はありません。それどころか麻酔なしの分娩と比べてみると、無痛分娩で麻酔を使って分娩する方が母子ともにストレスを緩和させ、胎盤から空気を送る機能が改善されるので、逆にいい影響が期待されます。

母体への影響は?

無痛分娩で麻酔を使うことで副作用などはあるのか?と言ったことも心配のひとつ。
稀に麻酔が効き過ぎて足がしびれ、産後しばらく歩けない方がいます。また、本来は陣痛に合わせていきむのですが、麻酔が効いていることによりそのタイミングがわかりにくい場合があります。
その時は助産師さんがタイミングを教えてくれるので大丈夫です。

無痛分娩の費用は?

無痛分娩の費用は通常の出産と同様に保険適用外です。通常の出産費用にプラスして無痛分娩の費用が追加され、費用は産院により違いがあります。無料の産院もあるようなので詳しくは出産する産院で確認しましょう。
医院によって費用はかなり差がありますので明確にはできませんが、大体の平均としては通常の分娩に+5~10万程度。大学医院の場合は20万程度。
というのが相場となっているようです。
無痛分娩ができる委員は限られているので、事前にリサーチすることをお勧めします。

お腹を痛めて産むかどうかが子供への愛情に関係する?

海外ではほぼ全員が無痛分娩で出産するという国もありますが、日本においての無痛分娩のイメージはまだまだ良いとは言えないのではないでしょうか?年配の方の一部にはときどき「痛みを感じないで産むと子供に対する母性や愛情が薄くなる」と考えるかたもいらっしゃいます。

が、それは間違いです。
無痛分娩で産んだとしても、お腹に10ヶ月赤ちゃんを抱えて守ってきたのはお母さんです。
痛みを和らげてはいても、体はちゃんと赤ちゃんを産もうと動いていますし、最後にいきむのはお母さん。頑張るのはお母さんなのです。

さらに言うと、お母さんの周りの人が何と言おうとその人自体が陣痛や出産により痛むわけでも、今から生まれる赤ちゃんを10ヶ月体の中で守ったわけでもありませんよね。「無痛分娩で産んだら母性が芽生えず愛情が伴わない」というのは間違いですし、旦那さんやそれ以外の家族がもし「分娩、出産の痛みは我慢して当然、痛みを感じないで産むなら母親失格」というなら、それは無知と根拠のない横暴でしかありません。

母体、赤ちゃんのことを考えると医学的には無痛分娩のほうが普通分娩よりも優れているという論説もあります。少しでも産むときの安全を優先し、母体の産後回復を早める意味でも無痛分娩へ理解を示してもらいたいですね。

逆子の場合は無痛分娩に向かない

先ほども触れていますが臨月までに逆子が治っていない場合、無痛分娩は向きません。
無痛分娩とは基本的に経腟分娩であるため、逆子の場合は出産時赤ちゃんへのリスクが高く母体の負担も増すために、自然分娩は推奨しない場合が殆どです。無痛分娩を予定していたとしても帝王切開に切り替わる可能性は高いと言えるでしょう。

日本と海外の無痛分娩で出産する人の割合

海外では無痛分娩を選択する人が多く居るようですが、日本ではまだ無痛分娩はできる病院も充実しているとは言えず、認知度も低めです。この差はどこから来るのでしょうか?

無痛分娩で出産予定の海外の女性

日本で無痛分娩を選ぶ割合は全体の2.6%

日本で無痛分娩を受けた人の割合は2008年の時点で2.6%。世界に比べればかなり低い数値で、なぜこんなに低いのかは日本人の分娩に対する考え方に問題があるようです。
そのひとつが、やはり「痛みを伴わない出産は母性や愛情に影響する」という考え。また、出産費用が保険適用外の為に通常より高いというのもネックとなっているようです。

海外での無痛分娩の割合

海外の無痛分娩の割合はどうでしょうか?

欧米諸国を例に挙げると…

  • フランス(2008年/経膣分娩)…約80%
  • アメリカ(2010年/経膣分娩)…約61%
  • ノルウェー(2005年/全種分娩のうち)…約26%
  • イギリス(2006年/全種分娩のうち)…約23%
  • ドイツ(2002~03年/全種分娩のうち)…約18%

これに対し、アジア諸国は全体的に低く16~9%の国が多いようです。とはいえ、日本と比べると海外のほうが圧倒的に高い無痛分娩率と言えますね。

無痛分娩とは出産時の母子の負担を軽減できる出産スタイル

まだまだ日本では認知の低い無痛分娩。ですが出産における母体や赤ちゃんへの負担を考えると、無痛分娩とは通常の分娩より負担がかなり軽く産後の回復も早い出産方法であるいうことができます。

周囲の認知や、費用、対応可能な病院も決して多くはないという状況から難しいと考える方も多いと思われます。ですが、「母子ともにリラックスした状態で出産に望みたい」と考えるのなら、医学的にも安心できる点が多い無痛分娩という選択肢を一つ増やしてみませんか?