無痛分娩の痛みはどれくらい

無痛分娩はどれくらい痛みがある?やってよかった体験談15

無痛分娩の痛みはどのくらい感じるものなのでしょうか。無痛分娩を選択したママたちが無痛分娩の痛みを語ってくれました。もう自然分娩は痛くてイヤというママや、出産の痛みを味わいたくないというママは、この体験談を参考に無痛分娩の理解を深めてください。

無痛分娩はどれくらい痛みがある?やってよかった体験談15

無痛分娩はどれくらい痛いの?

お腹を痛めたわが子はかわいいというものの、耐え難い出産の痛みを積極的に経験したいと考えるママは少ないでしょう。できることなら、赤ちゃんは痛い思いをしないでするっと生まれてきてほしいものです。

今回は、痛い思いをしないで赤ちゃんを産むことができる無痛分娩の体験談をご紹介します。無痛分娩を経験したママたちが、無痛分娩の痛みについて語ってくれました。

痛みを感じない無痛分娩とは、どのような出産なのでしょうか。気になる無痛分娩の費用情報もあります。興味のある方は、ぜひチェックして下さい。

無痛分娩の痛みはどのくらい?

出産を不安がり頭とお腹を抑える妊婦さん

無痛分娩と聞くと、「本当に痛みはないの?」と疑問を覚える人が多いでしょう。寄せられた体験談でも半信半疑で臨んだママもいることから、日本では、まだまだメジャーな出産方法でない事が分かります。

痛みの程度は、ママたちの表現を借りると、自然分娩の7割、痛たた…と声が出る程度、生理痛ぐらいの痛みと、多少の痛みを感じた人からまったく痛みを感じなかった人まで様々です。

しかし、感じる痛みの程度は、看護師さんたちと会話を楽しめる程度の痛みであると言えるでしょう。麻酔が効きにくい人でも、自然分娩よりははるかに痛くないのは事実のようです。

無痛分娩を選んで良かったこと

無痛分娩の良さは、痛みの軽減だけではありません。痛みの恐怖がないことから出産に集中できること、そして産後の回復が早いことが挙げられます。

痛みの恐怖がないと気持ちに余裕が生まれる

無痛分娩は、出産に痛みがない事があらかじめ分かっているので、出産に集中することができます。赤ちゃんが産まれるその瞬間までじっくりと出産と向き合って、落ち着いて赤ちゃんを迎えることができた、赤ちゃんをこの手に抱くまでの様子をしっかりと目に焼き付かせることができて良かったと語られていました。

産後の回復が早い

新生児を抱く出産したばかりの母親

多くのママたちが口にしているのは、産後の回復が早いことです。無痛分娩で出産することで、赤ちゃんの誕生を迎えるための体力の疲弊が少なくなります。痛みに耐えなくてもいい分、温存されていた体力を出産後のママの回復にあてることができるということなのでしょうか。

真偽のほどは不確かですが、この事実は、痛みの軽減と並び、無痛分娩を選択するうえで考えるべき大きなポイントと言えるでしょう。

無痛分娩の痛み経験談

無痛分娩という出産方法を選択すると、通常より5万円~10万円程度よけいに費用がかかります。しかし、それでも「次回も無痛分娩を選ぶ」とママたちは口を揃えます。

痛みのない出産方法である無痛分娩は、追加の費用を払ってでも選択したい出産方法であることが分かります。それほど魅力的な出産方法なら、知っておいて損はありません。

痛みが苦手なママや無痛分娩に興味がある人は、これからご紹介するママたちの体験談を参考に、無痛分娩の理解を深めてください。

無痛分娩とは?母子の負担を軽減する無痛分娩の方法や費用
無痛分娩とは?母子の負担を軽減する無痛分娩の方法や費用

痛みは自然分娩の7割程

星(40代前半)


1人目の出産のときに自然分娩のとんでもない痛みを知ってしまった私は、2人目を妊娠したとき、夫になんと反対されようと断固無痛分娩にすると主張しました。

無痛分娩だから痛みはないだろう、と思って油断していた私ですが、陣痛が始まり、分娩台に乗った私、「いつになったら痛みがなくなるの」と思う程、無痛分娩の麻酔が効きませんでした。

といっても、自然分娩の痛みに比べたら、やはり若干痛みは減っています。自然分娩の7割程の痛みだったと思います。しかし、自然分娩のピークのときのような痛みがなかったのは、よかったと思います。

私は、自然分娩のあのピークの痛みに耐えることは、もう二度とできない、と思っているので、痛みに弱い方や、恐れがある方には、無痛分娩はいいと思います。

リスク等もあると思いますのでよく検討の上、無痛分娩が経験豊富な病院を選択することをおすすめします。

また、私は、麻酔があまり効きませんでしたが、周りの方たちは、皆さん麻酔がちゃんと効いたようで、「全く痛くなかった」と言っていました。

麻酔をするといきみにくい

ももじん(30代後半)


初めての出産でしたが、30代ということもあり無痛分娩を選びました。きっかけはアメリカで出産した友人が無痛分娩を経験し、アメリカでは無痛分娩が当たり前だという話を聞いたからです。母体の回復も早いので、産後の入院期間もアメリカはとても短いそうです。

普通分娩を経験していないので痛みの比較が出来ないのですが、私は子宮口が5センチ開くまでは麻酔無し、それ以降に硬膜外麻酔をするという分娩方法でした。

陣痛も経験しましたが、麻酔を打つと陣痛は感じられず仮眠をとることも出来ました。ただ、麻酔をすることで陣痛が弱まり、いきむ力も入りづらかったので、産まれるまでに時間がかかりました。

また、会陰切開をする時などしっかり麻酔が効いていたので全く痛みがありませんでした。費用は追加5万円だったので、トータルの出産費用としても50万円以内で済みました。

硬膜外麻酔を受ける妊婦さん

痛たた…と声に出てしまうくらいの痛み

うた(35歳)


31歳と34歳で2度出産しました。2回とも同じ産院で、無痛分娩を選択しました。1人目出産の時は朝から麻酔をかけ、陣痛促進剤をしながら産んだので、軽い生理痛ほどの痛みしか感じずに4時間で出産、とても軽いお産となりました。

2人目出産では、計画分娩前日にバルーン(水風船のような、子宮口を広げるもの)を入れたところ、夜中に陣痛がきて、朝には子宮口7センチまで開いていて、そこから無痛の麻酔をしたため痛みを経験しました。

叫ぶほどではなかったものの、痛たた…と声に出てしまうくらいの痛みでした。麻酔をかけてからはほとんど痛みを感じず、赤ちゃんが降りてきている感覚は感じながら、朝9時に出産しました。

痛みに弱い私は、子宮口7センチでもかなり辛かったので、麻酔をかけ始めてから本当に楽になり、無痛を選んで本当によかったと感じました。

費用はプラス10万円でしたが、私は20万でも無痛を選んだなと思うくらいおすすめです。

産後の回復が早くて良かった

ゆゆ(20代前半)


当時は二人目の妊娠でした。一人目の出産の際に、陣痛がとてもひどく難産でした。二人目は無痛分娩で自分に余裕があるように産みたいと思いました。

実際の痛みに関しては子宮の違和感と、少しではありますが陣痛の痛みを感じたのですが、一人目の時と比べてやはりとても楽でした。

何よりも産むことだけに集中ができるので良かったです。そして、産後の回復がとても早かったのも良かった点です。

私が無痛分娩を選んで良かったと思うことは、きちんと計画的に出産できたこと。そして私は一人目の主産の時がとても壮絶で体的にも不安だったのですが、きちんと赤ちゃんの産まれてくる瞬間まで向き合うことができたことです。

今回本当に利用してよかったと思っています。かかった費用はプラス5万円でした。私はこの金額は最高だったと思っていますし、きちんと痛みも軽減されて満足しています。

痛みがないと落ち着いて出産できる

りりこ(30代後半)


私は一人目、二人目共にどちらも無痛分娩で出産しました。無痛分娩を選んだ理由は出産の時の痛みが怖かったからです。

周囲の友達に聞くと陣痛の痛さはかなりのものらしく、私はそれにとても恐怖心を感じていました。無痛分娩で感じた痛みは、本当に全く痛さがありませんでした。

一人目は計画分娩だったので、陣痛すら経験していませんでした。しかし、二人目は陣痛が来た後に麻酔を入れたので陣痛の経験があるのですが、麻酔を入れてからはすーっと痛みが引いていき、そこから痛みを感じることはありませんでした。

無痛分娩を選んで良かったと思うことは、やはり痛さを感じずに落ち着いて赤ちゃんを迎えられたということです。痛みがなくても生まれた時の喜びは全く変わらないと思います。

かかった費用は一人目は普通分娩+10万円、二人目は違う病院だったので普通分娩プラス5万円でした。このくらいの費用で痛みのない出産が出来たので、私は満足しています。

生理痛ぐらいの痛み

はるゆう(33歳)


1人目の出産が壮絶な出産だった為、2人目は無痛分娩と最初から決めていました。無痛分娩はリスクがあると聞いてはいたものの、特に悩む事なく、主人や家族にも無痛分娩する事を伝えました。

分娩当日は弱い陣痛が来てるとのことで、早速促進剤と背中に麻酔を入れてもらい、部屋で待機していると、すぐに破水、子宮口3センチで順調なスタートでした。

この頃は生理痛くらいのモヤモヤした痛みくらいで、テレビを見たり会話したりと余裕でした。二時間後には全開と言われ分娩室に行ったのですが、1人目の時は周りも見えないくらいただ痛みに耐え、ゴールはいつなのか、赤ちゃんの頭が見えましたと言われてもとにかく早く産みたいそれ一心でした。

無痛分娩は痛みも少なく、赤ちゃんを迎え入れる心の準備ができて、産まれて抱くまでしっかり目に焼き付けることができたので、無痛分娩を選んで良かったと思いました。

特に無痛を選んだからといって体調の変化もありませんでした。費用は入院費にプラス6万円、本当にやって良かったです。3人目もあるなら必ず無痛分娩を選びます。

アメリカの病院で無痛分娩に向けて硬膜外出産を受ける妊婦さん

アメリカでは無痛分娩が普通

百合恵(41歳)


私は30歳の時に、二人目で無痛分娩をしました。なぜならその時は、夫の都合でアメリカにいたからです。アメリカでは普通に無痛分娩を選べて、自然分娩の方を選ぶと、敢えて痛い方を選ぶのはどうしてかと逆に聞かれてしまうくらいでした。

日本ではどうだか知りませんが、無痛分娩といえども、最初陣痛が痛いと思うまでは麻酔はかけずにいて、痛がったら医者が麻酔を投入してくれました。

ただ、私があまりにも痛がったので、麻酔科医が焦って麻酔を追加で入れたため麻酔が効きすぎて、いきむために麻酔が切れるのを待つという、ちょっと間抜けな状態になってしまいました。

自然分娩の時はいきむまでも明らかに辛くて、いきむ時は本当に必死でその時のことは今思い出そうとしてもきちんと覚えていないくらいです。

無痛分娩を選んでよかったと思うことは、出産が楽なのはもちろんの事、産後の自分の復活がすごく早かったです。

アメリカでは保険できくのは入院1日だけだったので、それはすごく助かりました。上の子もいるし、実家(日本)もあてにはできなかったですし。

かかった費用は高くて、請求書は100万になっていてびっくりしましたが、保険に入っていたのでよかったです。

陣痛が来てから麻酔をする

白田(30台前半)


初めての出産で、とにかく不安しかありませんでした。痛いのだろうなと、とにかく痛みが怖かったです。なので、無痛分娩にしようと思いました。

計画分娩ではないので、陣痛が来てから麻酔をするので、陣痛の痛みはあります。麻酔が効いたら、痛みはなくなります。

人により麻酔の効き方が違うようですが、私は全く痛みを感じませんでした。それまで耐えていた痛みがなくなるので、分娩に集中できました。最後は落ち着いていきむことができました。費用は約42万円ほどでした。

陣痛の痛みも人それぞれだと思いますが、私は陣痛だけでも辛かったので、この痛みの中でいきむなんてできないと思いました。

次また出産するとしても無痛を選びます。出産に対して、痛みの不安がある人にはおすすめです。

お腹の張りが少しわかる程度

山田ちほ(20代後半)


わたしは初産で無痛分娩を選択しました。初めは計画分娩で促進剤を使用し自然分娩をする予定でしたが、促進剤を入れ始めてから陣痛がすごく痛くて、この痛みをあと何時間も我慢できないと思い、先生と相談して無痛分娩に切り替えました。

麻酔を背中から入れてからは全く痛みはなく、お腹の張りが少しわかる程度でした。痛みがないので無駄な力が入らず、楽に出産できたこと、産後の回復が早かったことが無痛分娩を選んで良かったと思うことです。

費用は無痛分娩で5万円プラス、わたしは赤ちゃんが出てくるときに上手くいきめず吸引分娩になったので、その費用と会陰縫合でプラス2万円くらいでした。

痛みもなく産後も元気に動くことができて、出産一時金から足が出たのは10万円ほどだったので、里帰りできない妊婦さんや痛みに弱い妊婦さんにはおすすめします。

看護師と楽しく雑談していた

まみみ(30歳)


私は元々無痛分娩に凄く興味がありましたが、健診へ行っていた病院の提携病院の総合病院での出産という流れになりました。

初産という事もあり、出産予定日を過ぎても陣痛や出産への兆候等は全くみられないまま、促進剤使用の出産へと変わりました。

促進剤は夜中もほとんど寝れずに陣痛に耐え、翌朝促進剤は辛くて嫌ですと訴え、翌日麻酔を入れての促進剤投与の予定になりました。

その日の夜に膀胱炎になり、夜中痛み耐えていました。陣痛なんて一切思っていませんでしたし、前日の促進剤の時に体験した痛みの数十分の一の痛みでしたので、陣痛を疑いもせず、翌朝の検診まで過ごしていました。

検診ではすでに9cmも子宮口が開いていたようですが、麻酔が効くのが早いのか、出産が早いのかは微妙な所ですが予定通り麻酔をしました。

麻酔後すぐに麻酔が効き痛みも無くなり、陣痛中は排便感があるのみでしたので、看護師達と終始雑談で楽しく出産しました。

無痛分娩には賛否両論がありますが、私は無痛分娩にして良かったと思います。出産時、無理にいきむ事もなく、裂けたのは通常以下の傷で済みましたし、何より疲れてグッタリ…という事もなかったです。

本当に無痛だった

小百合(30代後半)


初めての出産の時、出産の痛みに対する不安や恐怖を和らげようと思い、無痛分娩を選択しました。

その一人目を産んだ時に、隣の部屋から自然分娩の人のものすごい絶叫が聞こえたので、一度自然分娩を体験してみたい気もしないではなかったのですが、恐ろしくなり二人目も無痛分娩にしました。

陣痛も生理痛程度で、出産も痛みなんて全然感じませんでした。産後初めてお手洗に行った時の方がよっぽど痛かったです。

無痛分娩は、急に産気づいたりせず順調にいくと計画出産になります。子宮口の状態等を検診で見て、先生が入院する日を決めてくれます。

出産する日が決まっているものですから、夫も仕事を休んで立ち会ってくれました。何より、産後の回復が早かったように思います。

費用は嵩みましたが、それだけの価値は充分ありました。もし、3人目を授かったらまた無痛分娩にする予定です。

旦那さん立ち会いのもと出産しようとしてる妊婦さん

普通分娩の40%くらい

せさら(37歳)


はじめてのお産の時に一泊二日かかり、怖くなって急きょ無痛分娩にしてもらいましたが麻酔が効きにくい体質もあり、痛みは結構あったと思いますが、普通分娩よりははるかに痛みがやわらかいと思いました。

お産が終わった後にかなり麻酔が効いた状態になって、下半身がまったく動かなくて寝返りも打てませんでした。

5万かかりましたが、普通分娩の痛みに比べればかなり楽なお産ができたのでよかったのでおすすめします。

普通分娩が120%の痛みとすれば、無痛分娩は私の場合、40%位の痛みでお産ができたのでよかったですよ。

5万は高いと思うでしょうが、怖さや痛みは軽減されます。少し普通分娩に比べると感動の違いがある部分はありますが、はじめてのお産の方にはおすすめします。

痛みの恐怖が減らせる

ゆず(20代後半)


初産の出産で無痛分娩を選択しました。とにかく陣痛が怖かったので、妊娠中ずっと陣痛に怯えることにストレスを感じたため、いっそのこと無痛分娩に決めていたら不安が消えると思いました。

無痛とはいえ、麻酔を入れるまでは普通の痛みを感じるので、陣痛はありました。ただ、麻酔が効いてからは会話ができるほど落ち着いていられたので、かなり痛みは抑えることができていたと思います。

費用は入院費なども含めて90万円でした。やはり通常と比べると値段は上がりますが、そのぶん痛みから逃れることもできましたし、何より妊娠中の陣痛に対する恐怖を減らすことができたので良かったと思います。

二人目も授かったら、また無痛分娩をしたいと考えています。お金に余裕がある方はぜひおすすめします。

出産までが本当に短かった

ひーママ(32才)


一人目の出産で余りにも時間がかかり、6年あいての2人目の出産ということもあり、無痛分娩を選択しました。

自然分娩と無痛分娩を両方経験し、一番明確だったのは痛みの感じ方です。自然分娩は冷や汗をかき、身震いするほど痛みあまり記憶がなかったのですが、無痛分娩は出産後の体の楽さ、体力などの低下が殆んど感じずに出産を終えることが出来ました。

なによりも出産の兆候が表れてから出産までが本当に短かったのが率直な感想です。もしかしたら最後の出産になるかもしれないと思い、痛みや疲れで誕生の記憶があいまいになるのは嫌だ、きちんと記憶に残したいと思って先生に相談し、無痛分娩を提案され今回無痛分娩をしました。

自然分娩は痛みで少しパニックになってしまったということもあり、無痛分娩で8万ほどお金がプラスになりましたが、納得のいく思い出に残る出産ができたのは無痛分娩のお陰です。痛みに余りにも弱い方やパニックを起こしやすい方はおすすめです。

痛みはゼロだった

conana(40代後半)


初産で、私は痛みにとても弱いために無痛分娩を選択しました。産みの痛みは全くのゼロで、分娩直前になっても担当の助産婦さんと世間話をしていられたくらいです。

無痛分娩をして良かったと思うことは、出産前の痛みに対する恐ろしさを感じるストレスがなく、安心して気楽に出産日を迎えられたことです。

かかった費用は、もちろん自然分娩よりも高く80万円ほどでありました。ですが、私のように痛みに対して過度に反応してしまう人は、出産予定日が近づいてくると、不安や怖さが強くなってきて、大事な時期を心穏やかに過ごせない気がします。

そのまま不安定な状態で出産日を迎えることは、何よりもお腹の赤ちゃんによろしくないのではとも思いますので、かかる費用を考えても、無痛分娩は選択肢の一つとして是非おすすめしたいと思います。

おすすめコンテンツ