おしるしが来てから出産まで

おしるしから出産までどう過ごす?病院に行くタイミングは

おしるしが来たら出産までのカウントダウンがはじまります。赤ちゃんが生まれる前の最後の一人の時間、焦らずに迎えるために、おしるしから出産までの過ごし方をご紹介します。おしるしの色や陣痛までの平均時間、陣痛が始まった後に病院に行くタイミングも合わせて解説します。

おしるしから出産までどう過ごす?病院に行くタイミングは

おしるしがあれば出産間近!最後の一人の時間をどう過ごす?

妊婦さんが臨月に入ると、いつ出産を迎えるのか、赤ちゃんに会えるワクワクとちょっと怖いようなソワソワが入り混じったような気持ちになりますよね。おしるしが来たら、出産間近の合図!おしるしが来てから出産までは、ママにとって最後の一人の時間です。そのときになって焦ってしまわないよう、おしるしが来てから出産までの過ごし方を解説していきます。

おしるしとは?おしるしの色はどんな色?

おしるしが来て出産準備を始める女性

そもそも、おしるしって何なのでしょう。病院や経産婦の人から聞いたことはあるけどよくわからないという人も多いと思います。おしるしとは、赤ちゃんを包んでいる卵膜が子宮からはがれて子宮口との間にズレが生じ、その際に起きた出血が子宮頚管の粘液と混じって外に出てくることです。

出産日が近づくと、前駆陣痛とよばれる子宮の収縮が始まりお腹がよく張るようになります。赤ちゃんが子宮口近くまで下りてきたことで子宮が収縮して子宮口が開き、卵膜とのズレが起きるので、おしるしがくるということは、間もなく陣痛が始まるという合図なのです。

正常なおしるし

おしるしは、少量の血液と粘液がまじりあったものなので、多くは薄いピンク色をしたおりもののような色です。茶色や褐色という場合もあります。量は人によって差があり、ショーツに少しつく程度という人もいれば生理初日くらいの量がでる人もいます。人によって量や色に多少違いがあるので、こういったもの!と決めつけてしまわないで色々なパターンを想定しておきましょう。

鮮血のような色の場合

おしるしの色や量は人によって違いますが、おしるしではなく異常な出血が起きてしまっているというパターンがあります。おしるしは、血液と粘液がまじりあったものなので、粘り気のあることが多いですが、鮮血のような色で粘り気のないサラサラした血液が出続けている場合は、異常出血の可能性があります。異常出血の場合は、おしるしの色以外にも、お腹がパンパンに張っていたり、腹痛があったりするので、ちょっとおかしいなと思ったらすぐに病院に電話して相談するようにしましょう。

おしるしがあってどれくらいで出産になる?おしるしが来てから数日後に陣痛がくる場合も!

おしるしがあったからといって、すぐに病院に駆け込む必要はありません。おしるしがあった!と病院にいったら、まだ本陣痛が来ていなかったと家に帰らせられてしまうことがあります。おしるしがあってから、すぐに本陣痛が始まる人もいますが、人によっては1週間後に陣痛がくるということもありますので、焦らずに本陣痛がくるのを待ちましょう。

「前駆陣痛・おしるし」出産サインの見分け方と過ごし方
「前駆陣痛・おしるし」出産サインの見分け方と過ごし方
前駆陣痛とおしるしについて、腰痛と腹痛が続く時間など本陣痛との見分け方、茶色の出血が起こる原理などを解説。この兆候が同時に現れるなど個人差がある事実、お風呂に入るなど出産までの過ごし方もご紹介します。

カウントダウン開始!出産までの過ごし方

出産までゆったり過ごす女性

おしるしがあったら、いよいよ出産へのカウントダウンが始まります。赤ちゃんに会いたい気持ちがどんどんつのる時期ですが、焦りは禁物です。はやる気持ちを抑えて落ち着いて過ごしましょう。ここでは、おしるしがあった後、出産を迎えるまでの過ごし方をご紹介します。

リラックスして出産に備えましょう

間もなく出産だと思うと、つい気構えてしまいがちですが、初産の場合陣痛から出産まで平均10時間以上かかりますし、長い人の場合は24時間以上かかることもあるので、早いうちから緊張しているのはよくありません。本陣痛が始まると余裕がなくなってしまいますし、破水したらお風呂に入ることはできないので、おしるしがきて落ち着いている場合は、ゆっくりとお風呂に入って体を温めておくのがおすすめです。ハーブティや暖かいお茶を飲んで、気分をリラックスさせておきましょう。

体を動かしたほうが良い陣痛がきます!

まもなくお産…とはいっても、じっとして待っていなくてはならないわけではありません。むしろ、軽く体を動かしたほうが良い陣痛がきてお産が早まると言われています。医学的な根拠はありませんが、実際に産院で「子宮口がまだ開いてないから院内を歩いてきて」と言われることも多いのです。おしるしがきたけど、なかなか陣痛が始まらないという場合は、家の周りを歩いてみたり、階段の上り下りをしてみるといいでしょう。子宮口が開いてお産が早まる可能性があります。

やっておきたい出産までの最終チェック

いざ陣痛が来たときに、急いで入院の準備をしようとしても時間に余裕がない場合が多いです。37週の正産期に入ったら、いつ陣痛がきてもいいように入院の準備を始めましょう。おしるしが来たら、準備の最終チェックをすると漏れがありません。

用意するもの

入院するうえで必ず必要なものと、あったら便利なものを紹介します。病院によって産褥パットやお母さん用のパジャマ、入院中に着る赤ちゃんの肌着などを用意してくれるところもありますが、これは病院によってかなり差がありますので、何が借りられるのかあらかじめ確認しておきましょう。

必ず必要なもの
  • 母子健康手帳
  • 診察券
  • 健康保険証
  • 印鑑
あったらいいもの(分娩、陣痛中)
  • テニスボール…陣痛のいきみを逃がしたり、お尻を押したりするのに便利です
  • ストロー付きのペットボトル…陣痛中の水分補給に便利です
  • iPod…陣痛の合間にリラックスしたいときにおすすめ
  • 軽食…陣痛は長時間にわたるので、簡単に栄養補給ができるものがあるとグッド
  • タオル…陣痛のいきみを逃がしたり、汗を拭いたり、噛んだりと色々使えます
  • ミニバッグ…大部屋の場合、分娩中に貴重品を入れて持ち運ぶのに便利です
入院中に必要なもの
  • パジャマ2、3枚…授乳しやすいよう前開きの物を選びましょう
  • 歯磨きセット
  • 洗面用具
  • ヘアゴム…生まれたばかりの赤ちゃんと接するときは、髪はまとめたほうが良いです
  • 産褥ショーツ2、3枚…産褥ナプキンが交換しやすいよう股の部分で開くようになっているもの
  • 授乳用ブラジャー2、3枚
  • 薄手のカーディガンなど羽織れるもの
  • 母乳パッド
  • 産褥ナプキン
  • タオル類
  • ウェットティッシュ
  • 清浄綿
退院時に必要なもの
  • 赤ちゃんの退院着
  • 赤ちゃんのおくるみ
  • 新生児用のチャイルドシート(自家用車で帰る場合)
  • 赤ちゃんのおむつ
  • お金(入院費)
  • 会社などに届けるための書類など

連絡先

出産時に慌てないように連絡先をメモする女性

出産時は何が起きるかわかりません。通常分娩の予定だったのが、何かの理由で急遽帝王切開に変わることもありますし、病院の書類などで保証人が必要になったりすることもあります。すぐに家族に連絡が取れるように、病院と家族両方に連絡先をしっかりと教えておきましょう。

配偶者と配偶者両親、妊婦さんの両親の連絡先はお互いに把握するようにして、病院の連絡先も伝えておきましょう。病院にも、緊急連絡先として配偶者と両親などの連絡先を教えておくと安心です。

なかには、出産前後の大変な時期に夫の両親に来られると気を使ってしまうので困るという妊婦さんもいると思いますが、病院にあらかじめその旨を伝えておくと、限られた人にだけ入院していることや病室を教えるようにお願いすることもできるので、必要な場合はそういったものも利用すると良いでしょう。

その他1週間家を空ける前にこれをすると良い

出産で一週間家を空けるとなると、家がめちゃくちゃになってしまうんじゃないかと心配になってしまう妊婦さんもいるのではないでしょうか。実際、家事のほとんどを奥さんが行っている家庭の場合は、旦那さんが家事をできるのかどうか不安になってしまうと思います。

臨月に入る前から、旦那さんに家事を手伝ってもらって家事を覚えてもらったり、作り置きのおかずを用意しておくなど準備ができればベストですが、場合によっては家事代行サービスを利用するのもおすすめです。

普段家事をしない旦那さんに、家をきれいに保っておいてねとお願いして出て行ったのに、帰ってきたら汚くてガッカリしたという声は多く聞きます。出産直後は体力がもどっていませんし、新生児をかかえて家事をするのは非常に大変なので、実母に手伝いに来てもらうなど、いろいろな助けを利用しておうちの中を整えましょう。

陣痛に備えて交通手段を確保しておこう

陣痛が10分間隔になってきたら病院にむかいます。「大丈夫」と思っても、妊婦さんが自分で運転して病院に向かうのは危ないので絶対にNGです!旦那さんや、両親に連れて行ってもらう、または公共交通機関を利用するなど、交通手段は確保しておきましょう。

陣痛タクシー

周りに送迎を頼めないという妊婦さんにおススメなのが、陣痛タクシーです。これは、あらかじめタクシー会社に必要事項を登録しておくと、電話をするだけですぐにかかりつけの病院まで送迎をしてくれるサービスです。運賃も通常のタクシー料金と一緒ですし、登録は無料なので、何かあったときのために登録だけでもしておくと安心です。

陣痛タクシー|不安な陣痛時、安心して病院へ行くために
陣痛タクシー|不安な陣痛時、安心して病院へ行くために
陣痛タクシーの予約登録方法は?本当に安心して利用できる?陣痛時妊婦さんをスムーズに病院まで運んでくれる心強い陣痛タクシーのサービス概要や登録・利用法からサービスを提供しているタクシー会社を紹介!

やらないほうが良いこともある

リラックスして体を休める妊婦

妊娠37週に入ると、赤ちゃんはいつ生まれてもおかしくありません。赤ちゃんが生まれる前の最後の一人の時間ということで、ちょっと旅行に行きたいとか、普段は会えない友達に会いたいと思うことがあります。

臨月に入っても外出することはできますが、家の周辺や、遠くてもかかりつけの病院に車で30分以内にいける範囲にとどめておくようにしましょう。病院から遠い場所で産気づいてしまった場合、近くの病院で受け入れてもらえず、たらい回しにされてしまうことがあります。

いくら気分転換にいいといっても、臨月の妊婦さんが遠くまで外出するのは危険がともないます。しなくてはならない用事は家族に頼んでください。行きたいところがあっても我慢してください。遠くの外出は控え、静かに赤ちゃんとの対面の時を待ちましょう。

妊娠37週目のママの体の変化とおなかの中の胎児の様子
妊娠37週目のママの体の変化とおなかの中の胎児の様子
妊娠37週目のママの体調の変化と胎児の成長の様子を解説します。安産になる食生活や体重管理の方法など出産準備の方法も解説しています。臨月を迎え辛い時期ですが、赤ちゃんに会えるまでもう少し頑張りましょう。

知っておきたい病院に行くまでのタイミング

陣痛が始まると、すぐに生まれてしまうのではないかと不安になるかもしれませんが、陣痛が規則的になってから実際に生まれるまで時間がかかります。あまり早く病院にいってしまうと、一度家に帰るように指示されることもあるので、注意してください。

陣痛の間隔が10分おきになったら

聴診器を当てお腹の赤ちゃんの様子を伺う妊婦

時計で陣痛の間隔を計って、きっかり10分おきにきているようだったら病院に連絡して向かいましょう。10分間隔になっていても、子宮口が開ききるまでは時間がかかりますので焦らなくても大丈夫です。そのまま入院になることが多いので、入院に必要な荷物などを持って病院に向かいましょう。

陣痛ってどんなかんじ?

初産の場合

初めての出産の場合、お産はゆっくりしたペースで進みます。子宮の収縮ですので、陣痛の痛みは生理痛の重いときのような感じです。だいたい陣痛の痛みが1分程度きたら、痛みの間隔が消えて楽になり、また1分程度の痛みがやってきます。陣痛がきていないときは余裕がありますので、その間に水分補給や軽食を食べたり、音楽を聴いてリフレッシュしたりしましょう。子宮口が完全に開いて、陣痛の間隔が非常に短くなり、いきみたくなってきたら出産間近です!

経産婦の場合

二人目以降の出産の場合、お産の進みが非常に速いといわれています。一度出産を経験していることで、子宮口や産道がスムーズに開くため、陣痛が始まってから生まれるまでの所要時間が短いことが多いです。病院からの指導で、経産婦の場合は陣痛の間隔が15分おきになったらくるようにいわれることが多いのは、そういった理由からなのです。経産婦の場合、おしるしから出産までの時間も非常に短く、おしるしがあったことすら気づかない妊婦さんも多いので、いつもと何か違うなと感じたらすぐに病院に連絡してみましょう。

破水から始まる場合もある

お産の順序として、破水から始まる場合があります。破水から始まった場合は、赤ちゃんを包む膜が破れている状態なので、菌などが感染してしまうと非常に危険です。破水したら感染などを防ぐためすぐ入院する必要があるので、入院の準備をして病院にむかいましょう

おしるしや陣痛スタートの場合はお風呂に入るのもOKですが、破水スタートの場合は入浴もNGなので注意してください。破水すると、羊水がジャバジャバでてきますので、夜用の生理用ナプキンや産褥ナプキンでおさえたうえでバスタオルなどを車のシートに敷いた方が安心です。

臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月に外出はどこまでの範囲の外出なら安全か、外出時の注意点とは何か?外出先で破水や陣痛がはじまったらどうすれば良いかなどの解説と出産する前にしておいたほうが良いことを説明します。

赤ちゃんに会えるのはもうすぐ!

おしるしが来たら、赤ちゃんに会えるのはもうすぐです!出産までは大変な道のりですが、妊婦さんだけでなく、赤ちゃんもお母さんに会うために頑張って出てこようとしてくれています。赤ちゃんに会えるまでもうひと踏ん張りですよ。

おすすめコンテンツ