NST検査の目的・見方とは?

NST検査(ノンストレステスト)が妊娠後期に必要な理由

NST検査(ノンストレステスト)とはなにか、胎児の心拍と子宮収縮の両方を計測する目的、検査はいつからいつまでに実施されるのか、NST検査で分かることをご説明します。検査に時間がかかるのは異常ではありませんのでご安心を。検査結果である2つの折れ線グラフの見方や費用の目安も紹介します。

NST検査(ノンストレステスト)が妊娠後期に必要な理由

NST検査(ノンストレステスト)とは?

妊娠もいよいよ終盤に近づくと、かかりつけの産婦人科や助産院などでNST検査(ノンストレステスト)が実施されます。

NST検査は、NonSTress Test(ノンストレステスト)の略であり、つまり母体にも赤ちゃんにもストレスがかかっていない状態で赤ちゃんの健康をチェックする検査のことです。
陣痛が始まると母体は強いストレスがかかりますので、陣痛が始まるまでのタイミングで実施されます。

「NST検査」や「ノンストレステスト」以外にも、「胎児検査」や「胎児well-being検査」、「胎児心拍モニタリング」、単に「モニター検査」と呼ばれることもあります。

NST検査の目的

NST検査では、赤ちゃんの心拍がもっとも聞こえやすい位置にセンサーを取り付け、赤ちゃんの心拍と心音(寝ているときと起きているとき)を確認して、自然分娩に耐えられるのかを確認します。

NST検査でお腹にセンサーを付ける妊婦

正常分娩による出産の場合、赤ちゃんは何時間もかけて狭い産道を通りぬけなくてはいけません。妊婦さんも痛みに耐えなくてはいけませんが、赤ちゃんは全身で狭い産道をくぐりぬけますので、強い衝撃に長時間耐え抜く力を持っていることが求められます。

NST検査の方法

NST検査では、赤ちゃんの心拍がもっとも感じられるお腹の場所にセンサーを取り付け、機械によって赤ちゃんの心拍と子宮収縮の強さを折れ線グラフとして記録します。

お腹に赤ちゃんが2人いる場合は2つのセンサーを適切な位置に取り付けます。なお別途、妊産婦のおなかの張りを測定するセンサーも1つ取り付けます。

ママはリラックスしているだけでOK

検査を受ける妊婦

NST検査を受けている間、妊婦さんは診察台やベッドに横たわった状態でリラックスしていればいいだけです。病院などによっては雑誌や本などを貸してくれることもあります。読みものの提供がない場合も、検査時間中はゆったりとくつろいで身体を休めましょう。

NST検査を実施しているときは、装置のスピーカーから赤ちゃんの心音が聞こえています。出産後はなかなか赤ちゃんにセンサーを付けて心音を聞く機会がありませんので、赤ちゃんの様子を想像しながら赤ちゃんの心音に耳を傾けても良いでしょう。

NST検査はいつからいつまでに行う?

NST検査は出産直前の赤ちゃんの健康を確認する検査ですので、臨月(妊娠36週0日~妊娠39週0日)に入ってすぐの妊娠36週頃に行われます。病院によっては妊娠週数34週以降の早めの時期に実施されることも多いです。

ただし、妊娠高血圧症候群の症状が見られる場合には、出産が早まるリスクを考慮し、妊娠28週~妊娠35週に実施されることもあります。

病院や助産院によっては、正産期に入ってから健診のたびにNST検査を実施することもあります。通常は1回20~40分ほどで終わりますが、場合によっては1時間くらいかかることもありますので、普段よりもスケジュールに余裕を持って出かけるようにしましょう。

検査に時間がかかるのは異常?

妊婦さんによっては、NST検査に1時間ほど時間がかかってしまうこともあります。しかし、赤ちゃんが母体に問題があるから、時間がかかる訳ではありません。

ほとんどの場合、検査を実施したタイミングで赤ちゃんが寝ていたり、検査中に赤ちゃんが寝てしまったりして、起きているときの赤ちゃんの心拍数を計測できないためです。

赤ちゃんが寝ているときは、音を聞かせたり妊婦さんのお腹を揺らしたりして赤ちゃんを起こして検査を実施しますので、眠りが深い赤ちゃんの場合は検査終了までに時間がかかってしまいます。

NST検査を受けて分かること

胎児の状態は?

NST検査を受けることで何が分かるのでしょうか。

赤ちゃんが元気かどうかチェックできる

NST検査は元々赤ちゃんが元気かどうかを確認するテストです。赤ちゃんの心臓がしっかり動いていて、体力は万全なのか確認できます。

出産時期が近付いているか予測できる

NST検査では、赤ちゃんの心拍数をチェックするセンサーだけでなく、妊婦さんのお腹の張りをチェックするセンサーも装着します。

出産が近づいてくるとお腹が頻繁に張るようになりますので、どの程度出産時期が近付いているかについてもNST検査によって知ることができます。

自然分娩が可能かどうか確かめられる

母体のおなかが張る度に、赤ちゃんの心拍数が落ちてしまうことがNST検査によって観察されると、「赤ちゃんは自然分娩に耐えることが難しい」と判断されます。
妊婦さんの体調や妊娠週数等を考慮して、帝王切開による出産に切り替える必要性が生じてきます。

NST検査結果の見方

NST検査終了後、結果のグラフを見せてもらえることがあります。

一般的には、
上部に記された折れ線グラフは「赤ちゃんの心拍数」
下部に記された折れ線グラフは「妊婦さんの子宮収縮の強さ」です。

この2本の折れ線グラフに加えて、胎動の記録が表示されることもあります。

赤ちゃんの心拍数

折れ線グラフ

細かい変化(基線細変動)がある状態が正常

赤ちゃんの心拍数は、常に一定で安定しているのではなく、細かい変化(基線細変動)がある状態が普通です。妊娠後期には赤ちゃんは20分~40分間隔で寝たり起きたりを繰り返すようになりますが、睡眠中は基線細変動が若干減ります。

ただし、赤ちゃんの心拍数が細変動と呼ぶことができないほど大きく変化している場合は、赤ちゃんの健康状態を詳しく検査する必要が生じてきます。

赤ちゃんの心拍数が低下する要因

赤ちゃんの心拍数が低下する要因としては、単に赤ちゃんが寝ていることもありますが、しっかり起きていたのなら、あまり元気がないなど、異常の可能性も考えられます。
また、母体の胎盤の機能が低下しているときも、赤ちゃんの心拍数が低下してしまうことがあります。

胎児の心拍数モニタリングでわかること~平均値や赤ちゃんの異常
胎児の心拍数モニタリングでわかること~平均値や赤ちゃんの異常

一過性頻脈

赤ちゃんが身体を動かすときは、一時的に赤ちゃんの心拍数が高くなります。このように一過性の高心拍数が記録されることを「一過性頻脈」と言います。20分のNST検査で2回ほどの一過性頻脈が見られると、赤ちゃんは健康であると判断されることが多いです。

赤ちゃんの心拍数と子宮収縮の関連性

基線細変動と一過性頻脈をチェックしてから、赤ちゃんの心拍数と妊婦さんの子宮収縮の強さの関連をチェックします。

妊婦さんの子宮収縮が強まる度に赤ちゃんの心拍数が大きく減っているなら、赤ちゃんの体力が十分でないと判断されることが多いです。

NST検査の費用は?

NST検査の費用

急に出産が始まる場合を除き、ほとんどの妊婦さんが出産前に少なくとも一度は受診するNST検査。どの妊婦さんも基本的には1回以上受けますので、費用についても知っておきましょう。

費用の目安

平成28年度の診療報酬改正後のNST検査の診療報酬は200点です。つまり、NST検査を実費で支払う場合は2,000円、3割負担で600円になります。

通常の妊婦健診にNST検査がプラスされる場合は、通常の妊婦健診料に2,000円が加算されると心づもりしておいてください。

妊婦健診補助券は使えるのか?

自治体によって枚数は異なりますが、母子手帳を発行してもらうと妊婦健診に使用できる「妊婦健診補助券」が何枚かついてきます。

基本的にはNST検査と妊婦健診はセットで実施されるものですので、出産間近の妊婦健診時に妊婦健診補助券を使用すれば、NST検査の費用も妊婦健診補助券で賄うことができます。

ただし、妊婦健診補助券の使用ルールは自治体によって異なりますのでご注意ください。

妊婦健診補助券に上限額が決まっている場合

妊婦健診1回当たりに妊婦健診補助券1枚を使用するのではなく、妊婦健診の費用の一部を負担する意味合いの妊婦健診補助券の場合、上限額を超えた差額は妊婦さん自身が負担しなくてはなりません。

自治体によっては1枚当たりの上限額が3,000~10,000円に決められていることがありますので、説明文をしっかり読むようにしましょう。

妊婦健診補助券の上限額が決まっていない場合

診察料金に関係なく、1回の検診に妊婦健診補助券が1枚使用できるというルールの自治体もあります。このように上限が決められていないときは、妊娠初期や中期に妊婦健診補助券を使用するよりも、1回当たりの診察料金が高くなりがちな妊娠後期やNST検査を実施するタイミングで妊婦健診補助券を使用する方がお得になります。

妊婦健診補助券の説明書をしっかりと読んで、もっともお得なタイミングで補助券を利用するようにしましょう。

妊婦健診補助券が複数枚使用できる場合

自治体によっては、妊婦健診補助券を複数枚同時使用できることもあります。1,000円ごとに1枚などのルールが決められていますので、必要に応じて使用しましょう。

NST検査が保険適応になるケース

エコー検査する女医がNSTも追加すると判断

妊娠・出産は病気ではありませんので、妊婦健診自体が健康保険の適用外となります。そのため、妊婦健診の一環としてNST検査が実施されるときは、NST検査も健康保険の対象外となり、補助券が使えない場合は実費(2,000円)を支払わなくてはなりません。

ですが、妊婦さんや赤ちゃんに健康上の不安がある場合、出産時のリスクが高いと判断される場合、NST検査は「医療行為を受けるための検査」という位置付けになります。入院中に複数回にわたって検査をする場合、健康保険が適用されて費用の負担が軽くなるケースがあります。

NST検査に健康保険が適用される例

  • 妊娠高血圧症候群
  • 胎児の発育に問題がある場合
  • 常位胎盤早期剥離が見られる場合
  • 前置胎盤が観察される場合
  • 胎盤機能不全
  • 双子以上の多胎児を妊娠している場合
  • 羊水に異常が認められる場合
  • 子宮収縮抑制剤を使用しているとき
  • 妊婦さんに心疾患や糖尿病、甲状腺疾患、腎疾患、膠原病、特発性血小板減少性紫斑病、白血病、血友病、HIV陽性及びRh型の不適合が見られるとき
  • 出血量が多いとき
  • 妊娠期間中に帝王切開以外の開腹手術を行った妊婦さん、もしくは帝王切開以外の開腹手術を行う予定がある妊婦さん
  • 40歳以上で今回の出産が初めての妊婦
  • BMI(キログラム体重÷メートル表示の身長の2乗)が35以上である初産婦
  • その他、医師が妊婦さんや赤ちゃんの状態がハイリスクであると判断する場合

NST検査で入院が決まる場合

NST検査で陣痛が判明

NST検査を実施することで、至急入院しなくてはいけないと判断される妊婦さんもいます。どのようなことが起こったときに入院指示が出されるのでしょうか。

既に陣痛が起こっているとき

NST検査では、赤ちゃんの心拍数だけでなく、妊婦さんのおなかの張りを調べることができます。妊婦さんのおなかの張りが、通常時の張りではなく陣痛時の子宮収縮であると判断された場合は、出産が迫っていると判断されて、そのまま入院することになります。

出産時には、分娩監視装置と呼ばれるセンサーを装着しますが、これはNST検査で用いられるセンサーとまったく同じものを指しており、赤ちゃんの心拍数と子宮収縮をもっとも感知できる場所に装着します。そのため、NST検査で陣痛が起こっていることが判明した場合は、センサーを外さずにそのまま出産準備をします。

帝王切開を急いだ方が良いとき

子宮収縮が起こるタイミングで赤ちゃんの心拍数が低下してしまう場合などは、赤ちゃんが自然分娩に耐えられないと判断されます。そのため、産道を通らずに生まれてくることができるように、帝王切開の実施が決定されます。

本格的な陣痛がもうすぐ起こると判断されるとき、お腹の中で異常が起こっており出産を急いだ方が良いときは、至急、帝王切開が行われます。

本格的な陣痛まで今しばらく時間がかかると判断されたときは、適切なタイミングで帝王切開が実施できるようにスケジュールを組みます。

NST検査(ノンストレステスト)は出産前の最後の検査!

妊婦健診時にNST検査を行うようになると、出産が間近に迫ってきたことを示しています。

NST検査はセンサーを装着するだけの検査です。そのため、妊婦さん自身も赤ちゃんにも痛みや不快感などの身体的負担はありません。「検査が増えると面倒」とは思わずに、自分自身と赤ちゃんのための必要な検査であることを意識し、リラックスして検査に臨んで下さい。

おすすめコンテンツ