名付け女の子編、名前の決め方

名付け女の子編!女の子の人生に願いを込めた名前を贈ろう

名付け、もうすぐ女の子が生まれる!女の子の名前を一生懸命考えているパパママへ、赤ちゃんの名付けは思った以上に大変で責任重大です。女の子の名付けをするうえで大切にしなければいけない大切なこと、赤ちゃんの名前を考えるときにポイントとなる女の子の名前で大切にしたいことをご紹介。

名付け女の子編!女の子の人生に願いを込めた名前を贈ろう

赤ちゃんの名付け女の子編!女の子の名前を決めるときの基準は?

女の子が生まれたら…やっぱりかわいい名前を付けてあげたい!名前から感じるその子のイメージや、呼ばれたときの響きなどパパママのこだわりもいろいろありますよね。

名前は赤ちゃんにとって人生で初めてのパパママからの贈り物、そして、これからずっと一緒に人生を歩んでいく大切なものです。そんな大切な名前だからこそ、パパママは一生懸命悩んで、いろいろな祈りを込めて名前を決めていくと思います。名付けをするうえで何を基準に、何を大切にするべきなのでしょうか?

赤ちゃんの名付け男の子編・素敵な名前を子供に贈るコツ
赤ちゃんの名付け男の子編・素敵な名前を子供に贈るコツ
赤ちゃんの名付けは責任重大、でも男の子だからかっこいい名前を贈りたい!子供の名付けで一番大切にしたいことは何か?を中心に名付けのアプローチ、男の子らしい名付けのポイントや姓名判断の重きなども解説します。

女の子の人生に祈りを込めて!名付けで大切にしたいこと

観覧車の中ではしゃぐ女の子

名前を考えていると誰よりも素敵な名前を付けてあげたいと思ってしまいがち…漢字や響き、流行など、意識してしまうポイントが多くなってしまうと思います。しかし、名前はその子にとって一生背負っていく大切なもの。後悔しないためにも名付けするうえで本当に大切なポイントをおさえておきましょう。

個性的すぎる名前が増えた背景

今では珍しくなくなってしまった個性的すぎる名前、いわゆる「キラキラネーム」や「DQNネーム」ですが、一時は時代の流行にもなり世間を騒がせました。通常では読めない読み方や当て字が使われ、常識的には考えられないような名前が増えていった背景には、ゲーム・アニメ世代や「オンリーワン」思考といった時代の流れが大きく関わっていると考えられています。

いわゆる「キラキラネーム」や「DQNネーム」といった名前をつけた親世代は、総じて名付けへの責任感が薄い傾向があり、個性的すぎる名前に違和感を感じなかったり、子供の将来を考えずに思いつきだけでの名付けをしてしまったり、ゲームやアニメが身近なものになり影響を強く受けて、思い入れの強いキャラクターやアイテムを無理に漢字に当てはめ、子供の名前にしてしまう傾向もあるようです。

また、ゲームやアニメのキャラクターへのネーミング傾向は、「自分の子は特別」他の子とは違うオンリーワンの名前を求める意識が強い親世代にとってはインスピレーションの宝庫。他の子とはかぶらないオリジナリティにこだわる傾向が高いため、読みや書き方といった実用性よりも「音の響き」や「珍しさ」だけを重視する名前が増えてしまったようです。

名付けで大切にするべきは子供の人生

「名は体を表す」ということわざがあるように、名前はその人のイメージと大きな関わりを持ち人生を左右するものだといわれています。特別感や珍しさなどの個性にとらわれすぎて一歩間違った名付けをしてしまったら…名前が原因でトラブルがおきてしまったり、将来にも影響が出てしまうかもしれません。名前は一生共にする大切なものだからこそ、子供の人生をしっかりと考えながらの名付けが大切なのです。

その名前にたくさんの思いが詰まっていたとしても、その子にとって重荷になってしまうような名前になってしまったら?とても悲しく、辛いと思います。
パパママにとって名付けはとても責任重大だとたくさん悩んでしまうかもしれません。ですが、名付けはむしろたくさん悩むべき作業。その子にとってかけがえのない名前になるように、大切な子供の人生のためにもパパママの愛情いっぱいの素敵な名前を贈ってあげましょう。

女の子の名前を文字の意味から考える

女の子に求めるものってどんなものでしょうか?可愛らしくて華やか、明るくて健康的、人の気持ちが分かり手を差し伸べてあげるような心の優しさ…想いはそれぞれですが、誰からも愛される素敵な女性に育ってほしいですよね。

夏生まれの女の子の名前|名付けのポイント&注意点
夏生まれの女の子の名前|名付けのポイント&注意点
夏生まれの女の子の名前は夏の季節の華やかさや涼しげな雰囲気からイメージした名前にしたい!夏生まれの女の子の名付けに悩むパパママに贈る夏生まれの女の子にピッタリの名付けのヒント&赤ちゃんの名付けの注意点!

漢字の意味から名付け・女の子の人生に縁起の良い名前

花が大好きな女の子

名付けには欠かせない漢字ですが、漢字には一文字一文字に意味が存在しています。漢字の成り立ちを考え意味を紐解いていくと、縁起の良い字源を持つといわれている漢字には、成り立ちや由来が神ごとに関係していたり、人との繋がりに関係しているものが多いようです。

名前に祈りや願いを込めて…深い意味を持つ漢字の名前

縁起の良いといわれる漢字にはどのようなものがあるのでしょうか?漢字の成り立ちや由来と一緒に見ていきましょう。

心身ともに美しい人になりますようにと願いを込めて「佳」

「佳」の漢字は、縦横の線を規則的に重ねた「圭」から「整っている様子」を表し、これに「亻」を組み合わせて「整っている人、美しい人」を表しています。「佳」は「美しい、優れている、立派」という意味を持ち、心身ともに美しい人、美しく知的な人などの願いが込められます。

「佳」…彩佳(あやか)・佳乃(よしの)など

豊かな人生を送れるようにと願いを込めて「実」

「実」の旧字体は「實」になります。「宀」は祖先を祀る建物の屋根を表し、「貫」は貨幣として使われた貝を連ねたものを表しています。2つを組み合わせて「豊かなお供え物がある状態」を表現しています。「実」は「満ちる、満たす、富、真心、まこと、親切な心」という意味を持ち、豊かな人生、実りの多い人生、誠実な人などの願いが込められます。

「実」…愛実(あみ/まなみ)・実咲(みさき)など

思いやりのある優しい人になってほしいと願いを込めて「恵」

「恵」の旧字体は「惠」になります。上部の「叀」が縛りあげた袋の様子を表し、「心」は人間の心を表しています。2つ組み合わせて「引き締まった心」という意味から「慎む、いましむ」「気を配る様子」と変化し、現在の「恩を施す」の意味になりました。「恵」は「恩を施す、めぐむ、思いやり、さとい、素直、美しい」という意味を持ち、優しい心の持ち主、人の役に立てる人などの願いが込められます。

「恵」…恵(めぐみ)、理恵(りえ)、恵子(けいこ)など

漢字の成り立ちや由来、意味を名前に含めるとパパママの思いがしっかりと伝わる素敵な名前になりますね。女の子の名前に縁起が良いとされる漢字はまだまだたくさんあります。漢字には意味の深いものがたくさんありますので、漢字の成り立ちや由来を調べてみるとパパママの願いが込めやすいかもしれません。

「子」のつく名前に託された願い

最近の名付けではあまり見られなかった「子」が付く名前。
キラキラネームが流行する前より「子」のつく名前は「昔臭い」「ダサい」と避けられる風潮もありましたが、「子」と言う感じの意味を知っているでしょうか?古来より、「子」は高貴な女性につけられてきています。

「子」という字は「一」=「はじめ」と「了」=「終り」から成り立ち、つまり、生まれて(一)から死ぬ(了)までの一生を表しているともされています。
「幸子」は一生幸せであることを、「愛子」は一生愛に恵まれることを「信子」は一生信じられる人間性を願った名前であることでしょう。

「キラキラネーム」の反対語のように「しわしわネーム?」とさえ言われましたが、ふたを開けてみると可愛い名前、素敵な名前は多くありますよね
名前も流行に左右されてしまう面はありますが、大切な子供の名付けですから、良い名を送りたいものですよね!

ひらがなの名前に託す意味とは

綺麗に咲く花を模写する女の子

ひらがなは元々女性文字として生まれ、女性が主に使用していました。漢字にない見た目のやわらかさから女の子のひらがなの名前も人気があります。しかし、ひらがなは漢字のような意味は持たないので、一般的にはひらがなの名前には意味が込められないと思われる傾向はあります。

例えばこんな名前、どんな願いが込められる?

文字自体には漢字のような意味を持たないひらがな。ですが、ひらがなの名前にもコッソリと親の願いを託すことはできます。

あい

「あい」という名前からは「愛」や「藍」などが連想できます。「愛」には愛する気持ちや優しさ、「藍」からは落ち着きや凛々しさが込められ、2つの漢字の持つイメージから「あい」には誰からも愛される凛々しい人という願いが感じられます。

はる

「はる」という名前からは「春」や「陽」などが連想できます。「春」は穏やかさや優しさ、「陽」からは太陽や明るい日差しがイメージできます。「はる」という名前には春のように穏やかな人になってほしいという願いと明るく元気に育ってほしいという願いが感じられます。

ゆい

「ゆい」という名前からは「結」や「唯」などが連想できます。「結」は絆や縁を結ぶという意味を持ち、「唯」は「ただ~だけ」のような限定の意味を持つ漢字になります。「ゆい」という名前には友達を大切にでき、自分も大切にされるような人になってほしいという願いと、かけがえのない存在という子供に対するパパママの素直な気持ちを表現できます。

ひらがなは意味を持たない字ではありますが、女性らしくかつ一つの意味にとらわれない意味を込められるでしょう。また、ひらがなの名前には、誰にでも迷わず間違えずに呼んでもらえるメリットと、漢字に比べて相手にやわらかな印象を与えられるメリットもあります。
パパママの優しい願いを名前に込められたらとっても素敵ですよね!子供が大きくなって自分の名前の意味を知ったとき、きっと、パパママの愛情で心が満たされるはずです。

女の子の名前を文字の印象や響きから考える

女の子だったらこんな名前を付けてあげたいな。パパママの頭の中にはいろいろなイメージが浮かぶと思います。明るい響きの名前だったり、可憐で可愛らしい名前だったり、パパママが思い描くイメージからの名付け方法をみていきましょう。

女の子らしい名前

自転車でお友達の所へ行く女の子

女の子から受けるイメージって優しさだったり、明るさだったり、イメージってとても大切ですよね!そんなイメージにぴったりな名前だったらとても印象的だと思いませんか?そんなイメージに合った漢字をピックアップしてみました。

女の子ならではの優しさを込める

  • 「愛」…いとおしむ・いとしむ・かわいくてせつなくなる・かわいがる気持ち・いとしさ
  • 「心」…物事の中心・精神・思いやり思慮・要・重要な部分・心臓・心・胸
  • 「和」…やわらぎ・丸くまとまった状態・一緒に解け合ったさま・やわらぐ・なごむ
  • 「優」…やさしい・しなやかなさま・すぐれる・美しくひいでているさま
  • 「寧」…やすらか・落ち着いている・がさつかない・ていねいな・やすんずる・落ち着けて静かにさせる・安心させる

優しさを連想できる漢字には女の子特有の可愛らしさも感じられます。

活発さも素敵!明るく元気なイメージ

  • 「陽」…ひなた・太陽の光・明るくあたたかい・あざやかである・対立する両面のうち積極的、能動的なほう・人目のつくところ・はっきり見えるさま
  • 「咲」…人が笑うさま・笑う・花が咲く
  • 「笑」…わらう・わらい出しそうな・おかしい・花が開く
  • 「明」…あきらか・あかるい・光が差して明るい・道理がよくわかっているさま
  • 「晴」…はれる・日が清らかに輝く・空が澄みきっているさま・はれ

明るく元気なイメージの漢字には心がほっと和むようなあたたかさを感じます。こんな風に育ってほしい…そんなイメージを持つ漢字にもパパママの思いが込められます。

和を感じる古風なイメージにしたい

和服で七五三に臨む女の子

古風な名前は女性らしさの中にも凛とした芯の強さがあり、日本人ならではの「和」を感じる名前はとても人気があります。

女の子の名付けに向いた古風な漢字

  • 「雅」…みやびやかで上品、礼儀正しく気配りのできる人。雅(みやび)・雅妃(まさひ)など
  • 「京」…落ち着きのある上品な人。京(けい)・京香(きょうか)など
  • 「都」…都のように周囲に人が集まるような人。都(みやこ)・古都(こと)など
  • 「和」…周囲をやわらげる、なごやかな優しい人。和(のどか)・和奏(わかな)など
  • 「琴」…琴の弦のように芯のある人。琴(こと)・琴音(ことね)など

ほんの一例にすぎませんが日本的な漢字を一文字入れるだけでとても古風な印象になります。

凛とした品格が人気!古風な名前

  • 一文字の名前…凛(りん)・花/華(はな)・琴(こと)・紬(つむぎ)など
  • 二文字の名前…莉子(りこ)・綾乃(あやの)・結月(ゆづき)・小和(こより)など
  • 三文字の名前…久莉子(くりこ)・穂乃香(ほのか)など

止め字に「乃」を使う古風な名前は人気があるようです。「乃」で止めると古風さの中に清楚さが感じられます。他にも、ひらがな名でも人気のある「さくら」「ひかり」「あかり」「ひなた」「のどか」にも少し古風さが感じられますね。

自然に関連した女の子の名前

海が大好きなアウトドア派の女の子

子供の名前を考えるときに自然をテーマにしたいパパママが多いと思います。自然には大きな力や魅力がたくさんあります。女の子らしい自然をイメージした名前にはどんなものがあるのでしょうか?

女の子だからこそ神秘的なイメージも魅力的

夜空に輝く「月」や「星」といった漢字も、よく名前に使われるようになってきています。ロマンチックでありながらどこか不思議な力を持った神秘的な魅力が感じられます。

  • 「月」…咲月(さつき)、美月(みづき)、優月(ゆづき)など
  • 「星」…星(ひかり/あかり)星花(せいか)など

女の子の名前はかわいい響きにこだわりたい!

女の子の名前を考えるときに意味はもちろんですが、呼んだときの音の響きはやはり気になるところです。

名前はどんな響きかによっても聞く人に与える印象が大きく変わってきますよね。可愛らしい響き、やさしい響き、明るく元気な響き…名前の持つ響きによって呼ぶ方も呼ばれる方も気分が違ってきます。言葉の持つ音や表情を「音相」といい名前がその人の性格やイメージと大きく関わりを持つように名前の持つ響きも大きく関わりがあるといわれています。

やわらかい響きの音・かたい響きの音

50音は大きく分けてやわらかい音とかたい音に分けられ、「ア行」「ナ行」「マ行」「ヤ行」「ラ行」はやわらかい響きの音、「カ行」「サ行」「タ行」「ハ行」はかたい響きの音とされます。

  • 可愛らしい響きはやわらかい音をベースにかたい音をミックス…アイリ・ミオなど
  • 優しい響きはやわらかい音をメインに…サヤ・ユウナなど

※「サ行」や「ハ行」かたい音とされていますが「サ」「ソ」「フ」などソフトなイメージのあるものは音の組み合わせで優しい印象にもなります。

  • 明るく元気な響きはやわらかい音とかたい音をバランスよく組み合わせる…イチカ・ヒカリ・リノなど

※「カ」「ハ」「ホ」の硬い音を止め字に使うと女の子らしさもプラスされます。

50音の柔らかい音と硬い音の組み合わせ方によっていろいろな響きの違いが判るのではないでしょうか?使いたい漢字と組み合わせ、決定にアプローチしていきましょう

注意すべきこと

名を読んだときの音もしっかり考えて名付けをしていきたいとは考えても、響きや音を先に決めてしまうと、後から読みに合わせて漢字を選ぶために当て字になってしまったり、漢字の意味を考えずに読み方だけで漢字を当ててしまうなどもあります。響きや音を先に決め後から漢字を決定するようなときは特に、漢字の持つイメージや意味にも気を付けるようにしましょう。

これだけは知っておきたい!名付けで女の子の名前を考えるときのポイント

名前はその子にとって一生のもの、大切な名前だからこそきちんと考えて名付けてあげたい…。女の子の名付けをするためにいろいろ調べていると、女の子の名前に使わないほうがいいとされるものが多々ありますが、女の子の名付けで気を付けたいポイントとは?

女の子の名前に使わないほうがいい漢字がある

ピアノの練習中の女の子

女の子の名前でも漢字を使った名前を考えるパパママがとても多いと思います。漢字の名前は日本人らしく素敵なのですが、意味を持つ漢字だからこそ注意しなければいけない点がいくつか存在します。

もともと人名には使えない漢字

珍しくてカッコイイ漢字を使いたい!そう思って名前を考えて出生届を提出したとしても受理してもらえなかった…一般的に使用している漢字のほとんどは名前に使用できるものがほとんどなのですが、名前として認められていない漢字も存在します。約18万字ある日本の漢字の中で名前に使用できるものは、戸籍法施行規則第60条に定められている常用漢字と人名用漢字の2998字と決められていますので、漢字を選ぶときには注意しましょう。

意味合い的に人名に向かない漢字に注意

名前として使用できる漢字であったとしても意味を調べてみると、実は縁起が悪く、良くない意味を持っていたり…名前には使用しない方がいいといわれている漢字はあまり知られていませんよね。
少しでも縁起を気にするのであれば、どんなに素敵な漢字の名前であっても後で後悔しないように、きちんと調べてから名前を決めた方がよさそうです。

フルネームでのバランスも大切!縦割れする名前はよくないの?

赤ちゃんの名付けをするうえで名字とのバランスがとても大切になってきます。

フルネームで見たときのバランス

画数の多い名字に画数の多い名前を付けてしまうと、フルネームで見たときにとても重い印象を与えてしまいます。また、漢字一文字の名字に漢字一文字の名前もバランスがとりにくく、組み合わせによっては紙面にフルネームをかいても名字だけ?と間違えられてしまったりもするようです。

呼ばれたときの響き、呼びやすさも大切

濁音のある名字に名前にまで濁音を入れてしまうと、フルネームで呼ばれたときに濁った感じになってしまい呼びづらさが出てきてしまいます。

漢字が与える見た目のイメージ

名字と名前の同じ部首の漢字を使用すると見た目のイメージが悪く見えてしまいがちです。また、名前を書いたときに縦に線を引くと部首と作りが左右に分かれてしまう縦割れの名前はバラバラになってしまうというイメージがあるようです。

女の子はいずれ名字が変わってしまう可能性が高いので、名字とのバランスなんて考えなくてもいいように思ってしまうかもしれません。しかし、それはまだまだ先の話、しばらくの間は変わるものではないので、名付けをするときはフルネームでのバランス、見やすさや呼びやすさも重視しながら名前を付けてあげましょう!

女の子には縁起が良くない?名前ジンクス

女の子の名前には避けた方が良いといわれるものがあります。

春夏秋冬、四季の漢字

女性は四季のつく名前、四季は変わり行くものだから、春夏秋冬の漢字を使うとコロコロと気が変わる移り気な性格の子に育つといわれることも。

花や植物を意味する漢字

花や植物は枯れてしまうものなので、子供の人生も枯れて散ってしまうという暗示があるとされ、あまり良くないとされます。

水が関係する漢字

女の子の名前でよく目にする「流・海・波・深」というような水が起源の文字は「水のように流されやすい」とされ女の子の名前では避けたほうが無難だと言われています。

濁音の入る名前

濁点がつく名前は「運勢が濁る」といわれ、女の子の名前には濁音は入れないほうが良いといわれています。この考えは地域によっても違い、比較的年配の世代の方がこだわる傾向があります。

ジンクスを信じるか信じないかはそれぞれの考え方で変わってきます。実際にはよくないといわれている名前の人でも幸せに生活している人がほとんどです。

いずれ名字が変わる可能性の高い女の子、画数は気にする?気にしない?

ママの指で楽しく遊ぶ女の子

少しでもいい名前を付けてあげたい!少なからず名付けで頭をよぎる姓名判断ですが、女の子はいずれ名字が変わってしまう可能性が高いので、どこまで気にしていいものか悩んでしまいますよね。

姓名判断の考え方

姓名判断では名前がその人の過去・現在・未来を暗示していると考えられています。基本的に姓と名を5つの計算法で算出した天格・人格・地格・外格・総格の5格で運勢をみていきます。女の子は結婚で姓が変わる可能性が高いために、人生の前半の運勢を表す地格を特に重視して名付けた方が良いといわれています。

女の子は悪い画数が多い?大吉数でも注意するべき画数

大吉数といわれている総格11、16、21、23、31、32、41画ですが、女性での総格23、32画は注意が必要だといわれています。大吉数16、23、32画は強い運勢の一面を持つ画数で、特に23、32画は仕事をバリバリこなしても、恋愛や結婚などの異性でのトラブルが起こりやすいようです。

ですが、画数や姓名判断はあくまでも占いにすぎません。占いよりも自分たちの経験や考えからの名前を子供に付けてあげたいと、画数は気にしないというパパママも多いようです。姓名判断は流派によっても違いが出てきてしまうものなので、あまりにもこだわりすぎてしまうと困惑してしまうかもしれません。

名前のジンクスや画数、姓名判断、全てにおいて縁起が良くてパパママの思い描いたままの名前となるとなかなか難しいかもしれません。まずはパパママのこだわりたいポイントをしっかりとおさえて、漢字をつかうのであれば意味を大切に名前を考えてあげましょう。

女の子の人生を豊かに!素敵な名前を贈ってあげましょう!

名付けはとても大変ですよね。いろいろ考えてしまうとなかなか決まらなくてどうしていいのか訳が分からなくなってしまいます。名付けで大切にしなくてはいけないのは、名前は一生背負っていく大切なものだからこそ、子供の将来をしっかりと考えたうえで決めなければいけないということです。

とっても責任重大なので余計に悩んでしまうかもしれませんが、どうすればよいか分からなくなってしまったときは、一度、頭の中をリセットして、パパママのこだわりポイントを整理してみましょう。
子供には幸せな人生を歩んでほしいと心から願うはずです。女の子らしいかわいい名前の中にパパママの優しい愛情を込めて素敵な名前を贈ってあげてくださいね!

おすすめコンテンツ