Loading

名付けのコツ・男の子の名前

赤ちゃんの名付け男の子編・素敵な名前を子供に贈るコツ

赤ちゃんの名付けで男の子の名前を考えるときに知っておきたい名付けのポイントや注意点とは?赤ちゃんとこれから始まる赤ちゃんの人生を考えて後悔しない名前を贈りたい!子供の名前を考えるときのアプローチや漢字の使い方、姓名判断の重きや何より名付けで一番大切にしたいものは何か?を考えます。

赤ちゃんの名付け男の子編・素敵な名前を子供に贈るコツ

もうすぐ男の子が生まれる予定‼どんな名前をつける?

多くが赤ちゃんが生まれてくる前に考える赤ちゃんの名前。人によっては赤ちゃんを授かる前から、男の子らしい元気で活発な名前がいいな…とか、名前を呼ばれたときにかっこいい響きの名前がいいな…なんて、ママパパもいろいろと名前のイメージを膨らませていることと思います。

赤ちゃんの名付けは責任は重大ですが、男の子の場合、多くは生涯そのままの名字名前の組み合わせで過ごしていきますので、男の子の名付けは女の子とは少々勝手が違います。あれこれ悩んでしまうと、いつの間にか訳が分からなくなってしまって余計悩んでしまったり…。大切な我が子への最初の贈り物である名付け。今回は、男の子の名前を考える上での発想や気を付けるべきポイントとはどのようなものがあるのかみていきましょう。

絶対に後悔しない!子供の名付けで一番大切にしたいこと

名付けを拒否する赤ちゃん

我が子に贈る名前を考えていると、たくさんの言葉が頭をめぐり、何が良いのだろう…どうつけたら良いのだろう…と真剣になってしまいます。子供の名付けをするうえで絶対に後悔しないための一番大切なポイントとは何なのでしょうか?

まずはじめに、後悔しない名付けのために気をつけたいポイントを解説してまいります。

『オンリーワン』であることは大切?

パパママが今までの人生で何回も遭遇してきた超がつくほど一般的すぎる名前は、確かに特徴はありません。特にパパママ自身が一般的な名前でマイナスイメージを持っていたのなら、我が子に付ける名前は誰ともかぶらないようなこの子だけの名前を・・・と考えてしまいがち。
ですが、インスピレーションでチョイスした音を無理に漢字に当てはめてしまうなら、ちょっと変わったキラキラネームが出来上がってしまいます。

名前は本人が使うよりも周りの人から呼ばれるために使われるほうが多いもの。名前を見ても読めない、呼びずらい名前では周りの人を混乱させてしまったり、だいぶ変わった名前なら本人も名前で辛い思いをしてしまうでしょう。個性を狙いすぎた感じが否めない奇抜な名前は避けてあげるべきです。

子供の人生を考えて!

子供は一生その名前を背負って生きていきます。名前が子供の人生に与える影響は甚大でしょう。
生まれたときはパパママの保護がないと生きていけなかった赤ちゃんも、やがて成長し赤ちゃんから子供になり、中学生、高校生になり、成人し、就職し、社会で働いて歳を取っていきます。それぞれの世代になったとき、その名前がふさわしいかどうかかを考えてみましょう。

子供の人生は子供のものです。両親の与えた名前によって不利な人生を歩むことがないよう子供の将来を考えながら名前を付けてあげましょう。

マタニティハイに要注意!

赤ちゃんが産まれた!となると、待ちに待った赤ちゃんの誕生に気分は一気に舞い上がります。ですが、そんなマタニティハイの状態で赤ちゃんに名前を付けてしまうのは要注意。

名付けには何かしらのとっかかりが必要ですが、一番とっかかりやすいのは『音』や『イメージ』だったりします。ここにマタニティハイが影響し変な勢いに乗ってしまうと、一歩引いた冷静さが失われ、自分の赤ちゃんには個性の光る名前を付けてあげたいとか、男の子ならとにかくカッコいい名前を!という思いだけが突っ走り、あとで後悔してしまうことになりかねません。

妊娠が分かったら生まれるまでの間にパパと時間をかけてゆっくり話し合いながら名前を決めたり、周りの人の意見も聞いてみたり、じっくりと落ち着いて名付けをするようにしましょう。

名付けはじっくり冷静に!

お兄ちゃんのスキンシップが気に入らない赤ちゃん

名前は生まれてくる赤ちゃんにとって一生使う大切なものです。名前のせいで辛い思いをさせないためにも「子供の将来をしっかり考えながら、子供の立場になって名前を付けてあげる」それが一番大切です。

生まれてきた我が子には、個性的なかっこいい名前をつけてあげたいと親なら必ず考えるはずです。しかし、一時のキラキラネームブームが過ぎ、現在は当時親が良かれと思った名前が度が過ぎたキラキラネームで、成長し名前で苦しむ子供を見て後悔をする親は後を絶ちません。
また、聞きなれない個性的な名前は確かにインパクトはありますが、どの子も個性的で逆に覚えにくいという現象も出てきています。

パパやママが生まれてくる赤ちゃんを思って一生懸命考えつけた名前は素敵ですが、名前は生まれてくる赤ちゃんが一人の人間として生きて人生を全うするまでの間共にするものです。名付けに本当に重きを置くべきは『個性』や『オンリーワン』ではなく、大切な人間の人生に添える親の愛や願いではないでしょうか?

名付けのアプローチで見る男の子の名前の考え方

名無しのベビーちゃんのなかなか名前が決まらない…名前を考えるのは本当に大変ですよね。何もないところから子供の名前を考えたとき、どういう名前がいいのかな?と思いますよね。
名付けには、何かしらのとっかかりが必要。それが名前の由来となったりもしますが、男の子の名前を考えるときはどんな由来やどんなアプローチがあるのでしょうか?

親の思いを込めて、男の子の名前を『意味』から考える

弟にミルクをあげるお姉ちゃん

まずご紹介するのは親の願いや思いから名付けを展開するアプローチ。「健やかに成長して欲しい」など、子供にどんな風に成長してほしいのか、思いを込めて名前を考えてみましょう。
漢字にはそれぞれ意味がありますので、そこに着目し名前に思いや願いを込めるなら良き日本名となることでしょう。

感受性や豊かな才能

感受性とは感じる力・感じとる能力といわれ周りの人や環境の変化、動きにとても敏感で芸術に最も必要な能力だといわれています。
感受性と芸術に関連しているために「創」「匠」「巧」「奏」「音」「律」といった漢字を名前に含め、繊細な感受性や豊かな才能に恵まれるようにと思いを込めます。

可能性や大きな志

夢への可能性や志は見つけるものでも与えてもらうものでもなく、自分の中で作るものです。自由に自分の考えで前に前進する意味が含まれた漢字には「来」「翔」「翼」「開」「悠」「永」などがあります。

将来の夢や希望、運命を切り開く力を持った人になってほしいそんな思いを込められます。

強運、一生の祝福

親は我が子にはずっと幸せでいてほしいと願うもの。幸せや喜びの意味を持つ漢字には「幸」「泰」「慶」「栄」「嘉」「潤」などがあります。
幸せな意味を持つ漢字には幸運や幸福、豊かな生活ができるようになどの思いを込められます。

聡明、知的、経験を生かす能力

知性の豊かさや理解力が求められる聡明さも人生を豊かにする要素となります。「英」「聡」「賢」「智」「慧」「秀」の漢字には賢さや理解力の意味、頭の回転がよく自分の考えで前に進んでいくという漢字のイメージがあります。真の頭の良さ、人間関係を上手くさばく力を持ってほしいという思いが込められます。

親の名前を一字使う名付けの方法

親の名前から文字をとって名付けする昔ながらの名付けの方法は、特に男の子の名前に人気があります。パパやママの一部を自分の子供に受け継がせるのは素敵ですよね。昔から長男は親の名前を受け継ぐという家系もあったようです。

男の子の名前を『イメージ』から考える

弟に足の乗せるお兄ちゃん

男の子らしい名前を頭に思い浮かべるとどんなイメージが沸いてきますか?カッコイイ名前?人気のある古風な名前?まずはどんなイメージの名前にしたいかを考えてみましょう。

男の子らしいイメージの漢字を使う

男の子らしさをイメージした名前なら、名前だけ見たときの男の子?女の子?という判別に困る要素は少なくなりますね。男の子の名付けに向いている漢字をご紹介します。

【健康で元気なイメージできる漢字】

男の子らしく、元気で健康的に育ってほしい!そんなイメージの強い漢字と意味をみていきましょう。

  • 「元」…人の頭を表す・物事のはじめ・根本
  • 「壮」…堂々として勇ましい・元気に溢れているさま
  • 「健」…元気が溢れて力強い
  • 「旺」…さかん・勢いがある「旺盛」
  • 「丈」…「丈夫」背たけが高い・こわれにくい
【強さ、たくましさをイメージできる漢字】

どんな時も強い意志を持ち、困難にも負けないたくましさを持つような、男の子らしい強さをイメージできる漢字とその意味をみていきましょう。

  • 「勇」…気力が盛んで強いさま
  • 「将」…軍をひきいる長
  • 「豪」…強い・荒々しくて勇ましい・頭・財産や勢力のある人
  • 「武」…たけだけしい。力で相手をおさえる
  • 「雄」…威勢がよい・男らしい・雄々しい
【クールな爽やかさイメージできる漢字】

爽やかですがすがしい印象を持ちつつも男の子らしい!そんなイメージの漢字と意味をみていきましょう。

  • 「蒼」…あおい・草木のあおあおと生い茂るさま
  • 「青」…あお・若々しい
  • 「爽」…さわやか・さっぱりして気持ちがよいさま・あきらか
  • 「駿」…すらりと背が高く足の速い馬・優れた人・高くそびえている・偉大である・すみやか・すばやい
  • 「澄」…すむ・汚れがとれてすみわたるさま

イメージから入る名付けは、漢字の持つ意味に多少ズレが生じるところには気をつけるべきですが、一般的に男の子らしいイメージがある漢字を用いるのも名付けのアプローチのひとつです。

特に古風なイメージの名前にしたい

古風な和風の名前の人気は不動のもの。日本人らしさを感じる古風な名前は品格のある凛々しい男の子をイメージさせますよね。
男の子であれば偉大で男らしく育ってほしいという願いを込めて歴史上の人物から漢字をとったり、「和」を感じさせる漢字を使うなら、より日本的で古風な名前となります。

【古風さを感じさせる漢字】

漢字は東洋の文字文化ですが、特に日本的な名前を…と思ったときにはどんな漢字がしっくりくるのでしょうか?
「和」や「古風」を感じさせる漢字はいろいろありますが、男の子の名前に向いている一文字で日本らしさをイメージできる漢字と込められる思いをみていきましょう。

  • 「和」…友情を大切に人を和ませる優しい人
  • 「尊」…高い志と人から信頼される人
  • 「雅」…風流で上品さがあり優雅な雰囲気を持つ人
  • 「士」…強く立派な人、勉強が好きで専門知識をみにつける人
  • 「武」…強くたくましく、家族や仲間を守れる人
  • 「臣」…感謝の心尊敬の心を忘れない品格のある人

ほんの一例にすぎませんが、日本らしさを感じる漢字を一文字プラスするだけで古風な印象の名前になるでしょう。
音読み訓読みの区別も日本らしさを表現できる部分です。訓読みを名前に取り入れて

【人気のある男の子の古風な名前】

古風な名前の中にはとてもかっこいい響きの名前がとても多く人気です。

  • 一文字の名前…匠/巧(たくみ)・尊/健/武(たける)など
  • 二文字の名前…大和(やまと)・雅人(まさひと/まさと)など
  • 三文字の名前…龍之介(りゅうのすけ)・健太郎(けんたろう)など

古風な名前は少し堅いイメージがありますが、日本男児のイメージが強い「○太郎」や「○之介」といった止め字にこだわった三文字の名前はより古風なイメージをより強めてくれますね。
時代に流されない日本らしい漢字や響きが新鮮でかっこいい印象を与えます。

春夏秋冬、生まれた季節をイメージしてみよう

松ぼっくりをママに自慢する男の子

赤ちゃんが生まれた季節を名付けに反映するのも素敵ですよね。季節にちなんだ男の子の名前に向いている漢字をみていきましょう。

【3月~5月の春生まれ】

春をイメージした男の子向けの漢字には「春」「桜」「陽」「輝」「颯」などがあります。
春は日に日に太陽の光がやわらかくなる季節です。桜や菜の花などきれいな植物と爽やかな空、入学式などの出会いの季節でもあります。春にちなんだ漢字を使うと春の日差しのようなやわらかで元気を与えるくれるような印象になります。

【6月~8月の夏生まれ】

夏をイメージした男の子向けの漢字には「夏」「海」「蛍」「涼」「葵」などがあります。
夏は青い空と海、夏休みなどのイベントも多くなる季節です。夏をイメージすると元気で活発なイメージを与えながらも爽やかな印象を与える名前は多いです。

夏生まれの女の子の名前|名付けのポイント&注意点
夏生まれの女の子の名前|名付けのポイント&注意点
夏生まれの女の子の名前は夏の季節の華やかさや涼しげな雰囲気からイメージした名前にしたい!夏生まれの女の子の名付けに悩むパパママに贈る夏生まれの女の子にピッタリの名付けのヒント&赤ちゃんの名付けの注意点!
【9月~11月の秋生まれ】

秋をイメージした男の子向けの漢字には「秋」「楓」「実」「月」「稔」などがあります。
秋は収穫、実り、芸術、食欲、スポーツ、読書などなど…文化的にも充実しているイメージがあります。紅葉狩りやお月見なども秋の行事です。秋にちなんだ漢字には実りの多い人生や感受性豊かな人などの思いが込められます。

【12月~2月の冬生まれ】

冬をイメージした男の子向けの漢字には「冬」「柊」「聖」「透」「冴」などがあります。冬は寒さから厳しさを感じてしまう季節ですが、クリスマスやお正月のイベントもあります。真っ白な雪に冷たい空気、冬にちなんだ漢字は凛とした清らかな印象になります。

春夏秋冬、それぞれの季節には全く違う印象があります。四季折々の季節にあった名前は日本らしく温かみがあります。

自然をイメージして心の広い男の子を表現したい!

ママパパとおでかけする男の子

自然を表す言葉には、「陸、海」といった雄大で力強く頼もしいイメージや「空、風」のように爽やかで自由なイメージを持つもの、「太陽」のシンボル的なイメージや「月、星」などの神秘的なイメージが強いものがあります。

  • 「陸」…大地や大陸の意味を持ち、力強く元気で自然の頼もしさを感じられます。
  • 「海」…海は地球の約7割を占めているといわれています。広大な海からは自然の雄大さ、心の広さが感じられます。
  • 「空」…男の子の名前に人気の漢字の一つです。果てしなく広がる空には自然の爽やかなイメージが強く感じられます。
  • 「風」…風からは自然の自由なイメージを感じられます。
  • 「陽」…太陽は一日の始まりを教えてくれる大切な存在です。そんな太陽からは明るく元気で活発なイメージが感じられます。
  • 「月」…暗い夜をそっと優しい光で照らしてくれる月には神秘的な魅力があります。
  • 「星」…夜空にキラキラと無数に広がる星にはロマンチックでありながら、輝きに満ちたイメージが感じられます。

自然の力には計り知れないパワーがあります。自然の言葉を含ませるだけでとても雄大さを持った名前になりますね。

ちょっと考えただけでもいろいろな発想のポイントが出てきます。まずは、パパとママが「これだけは」という名前に含ませたいこだわりのポイントを一つ押さえておくと名前を考えやすいかもしれません。

男の子の名前のアプローチ法として意味のある漢字や漢字のイメージをみてきましたがほんの一部の例に過ぎません。名付けたい男の子の名前の意味や由来をしっかりと考えて、素敵な名前を考えてあげましょう。

男の子の名付けワンポイント!

どうしても名前が決まらない!こんなときはどうする?名前を考えるときの注意点はあるの?子供の名付けでで知っておきたいワンポイントとはどんなものでしょうか?

日本人らしさキラリ!漢字の名前を付けるときのコツ

住民が参加する夏祭りの風景

日本の名前には漢字を使った名前がとても多く、特に男の子の名付けなら、ほとんどのケースで漢字名が候補にラインナップされることでしょう。そんな日本人らしさが光る漢字を使った名前ですが、気を付けなければいけない注意点がいくつか存在します。

漢字の読みやすさ、バランスも大切

漢字には音読み・訓読みの他に「名のり」という名前に限って使われてきた読み方がありますが、読み方に迷ってしまう漢字は名前が覚えずらい原因になってしまいます。
また名前は苗字とのバランスも大切で、画数の多い苗字に画数の多い名前を付けてしまうと重い印象を与えてしまったり、漢数字や部首などの苗字と同じ構成の漢字を名前に使ってしまうと違和感のある名前になってしまいます。

人名に使えない漢字もあります!

名前を付けるときには響きや意味、どんな漢字を使うのかを考えていきますが、名前には使えない漢字や意味から名付けには向かない漢字もあります。

日本には約18万字の漢字がありますが、名前に使える漢字は、戸籍法施行規則第60条で定めらた常用漢字と人名用漢字の2998字と決められています。一般的な漢字であれば問題はないのですが、中には「これは大丈夫でしょう」と思っていても使えない漢字もありますので、漢字を選ぶときは注意しましょう。

【名付けに向かない意味を持つ漢字に要注意】

名前に使う漢字の意味を調べてみると使える漢字であったとしても、実は縁起が悪かったり、良くない意味を持つ漢字もあります。どの漢字が避けられるべきかはあまり知られてなく、実在する名前にも多々使われてしまっているのが実情です。漢字の名前を付けるときはよく知らべながら考えるようにしましょう。

子供の名前を考えるのって結構大変…その他のこだわりのポイント

毛布の中でママを見つめる赤ちゃん

生まれてくる赤ちゃんのために名前を考えるのはとても気持ちが弾むものですが、考え始めるといろいろと悩んでしまってなかなか決まらないものです。

人気の男の子の名前ランキングもチェック

毎年様々な企業から赤ちゃんの名付けで人気の名前ランキングが発表されています。
企業によって内容は様々ですが、流行に乗るかはさておき…名付けで悩んでしまったときは参考程度にランキングをチェックしてみるのもいいかもしれません。

こだわる人はこだわる!名前の画数、姓名判断

赤ちゃんに名前を付けるとなると一瞬でも頭に浮かんでくるのは姓名判断ですよね。
少しでも縁起の良い名前、幸運な名前を付けてあげたいとやはり画数にもこだわってしまうもの。この画数は大丈夫かな…調べてみるとあまりよくなくて却下になってしまい、違う漢字を考えてみたり、また振り出しに戻ってしまったり…。

画数などの要因が入り込んでくると、ことさら名付けは難航します。
漢字名を付ける文化から、赤ちゃんの名前を考えるうえでどれくらい姓名判断や画数を気にしてしまう人はどうしても多い反面で、画数や姓名判断はいわゆる占いですので、全く気にしない人ももちろんいます。

【姓名判断の考え方】

一般的に姓名判断では天格、人格、地格、外格、総格の5つの格に分けて考えられ、性と名の画数を5つのパターンで計算し運勢を導くものです。
姓名判断では総格だけ、若しくは苗字や名前など部分的な画数では判断はしないようにといわれていますので、5つの格を総合的に判断していく必要があります。

最初は画数も気にしていても、制限が生じることで使いたい漢字がどれも使えないなど名付けが複雑化してしまいがちな姓名判断。結果的に占いよりも自分たちの経験や考えからの名前を付けてあげたい、姓名判断は気にしないでいこう!と方向転換するパパやママも増えていますが、姓名判断にはいくつかの流派があり字画の数え方や占いの方法に違いがあるため、結果にも違いは出てきてしまうのも、名付けを難航させてしまう要素であるといえるでしょう。

【いい画数悪い画数】

良い画数には、総画数11、13、15、16、24、31、41、45、47画とされ、男の子はこの画数に加えて21、23、32、33画も良い画数といわれています。結婚後に姓が変わることの少ない男の子のほうが良い画数が多い傾向があるようです。

凶の画数は2、4、9、10、12、14、19、20、22、26、28、46、50、54、55、59、60、62画。たくさんあるようですが、画数の1画~81画の中で…と考えると、凶数の画数は意外と少ないのではないでしょうか?

やっぱり画数は気にするべき?

姓名判断をするかしないかで悩むパパやママも多いようですが、字画を気にするかしないかは個人の見解によります。昔は名前の画数を気にしての名付けも重視されていましたが、あまり気にしてしまうとなかなか名前が決まらないという事態にもなりかねません。姓名判断で良い結果が出ればもちろんうれしいですがあまり深刻にならずに捉え、画数よりも漢字に込められた意味や書きやすい字画であるかを考えるほうが重要なのかもしれません。

画数による姓名判断による名付けは賛否両論です。こだわる人は画数をすごく気にしてしまいますし、こだわらないという人でも頭の片隅では少し気にはなっているようです。
画数が気になるようならあらかじめ総画数の良い漢字から名付けに用いる文字をピックアップしたり、姓名判断をしてもらって運勢の良い名前を付けるのも良いかもしれません。

子供の名付け行き詰ってしまったときには、ちょっと立ち止まってこだわっていた部分から離れ、ポイントをずらしてみるのもいいかもしれません。特に姓名判断は参考程度にしても良いと言える要素です。

名前は一生もの!生まれてくる男の子を想像しながら素敵な名前を付けてあげましょう

名前はその子にとって一生ものであり、親から大切な我が子への大切な贈り物でもあります。
大切な名前だからこそたくさん悩んでもいいと思います。生まれてくる男の子を想像しながらいろいろな願いやイメージを持って男の子らしい素敵な名前を考えてあげましょう

名前を考えるのはパパとママにとっても子供のためにする初めての共同作業にもなりますね!大変かもしれませんがパパやママが一生懸命悩んで考えてくれた名前はきっと素敵なものになるはずです!