Loading

母子手帳はいつ交付?紛失したら

母子手帳を最大限活用しよう!交付紛失・いつまで使う?

母子手帳は妊娠が確定すると交付される手帳で、妊娠中や出産に向けた健康管理、胎児の成長や出産後は集団健診や予防接種時に必要。妊婦健診や乳幼児健診、接種すべきワクチン接種が終了したあと、母子手帳はもう必要なくなるのでしょうか?大切に使いたい母子手帳はいつまで使うかや紛失時の対応を解説。

母子手帳を最大限活用しよう!交付紛失・いつまで使う?

母子手帳の活用法&疑問を解決!使わなきゃもったいない

赤ちゃんが出来て、今後の妊娠継続が比較的高い状態で進められると医師が判断すると、こんなことを言われます。「心拍も確認できたことですし、母子手帳を交付してもらって下さいね」と。その瞬間、妊娠が本当に認められた気がして、心から喜びを感じる人も多いのではないでしょうか?

母子手帳はお母さんだけではなく、お腹の赤ちゃんの手帳でもあるので、何だか同じものを共有している喜びにも浸ることが出来ます。

母子手帳マイスターになろう

母子手帳の使い方を説明する女性

さて、妊娠・出産・育児に関する情報が満載の【母子手帳】ですが、ただ病院での健診時に使うものと考えるのは、非常にもったいない話です。

母子手帳にはさまざまな活用法がありますので、知っておくことでもっと便利に使いこなすことが出来るでしょう。この際、母子手帳マイスターを目指すつもりで使いこなしてみませんか
予定を書き込んだマイ手帳の他に、母子手帳も便利に使っていければ、妊婦生活も子育てママ生活も快適に送ることが出来るうえに、子育ての記録もしっかりとのこしていくことができます。早速、一緒に確認していきましょう。

母子手帳いつどこでもらう?

みなさんは、母子手帳と呼んでいますが、正式名称は【母子健康手帳】です。交付は母子保健法で定められており、市区町村ごとに妊娠した女性に交付する手帳。
母子手帳には、妊娠中のママの健康状態の記録・赤ちゃんの出産時の記録・乳幼児の予防接種の記録など、ママと子供の健康管理を主に記録していきます。その他にも妊娠中の注意点や栄養管理に関する情報、子供の成長曲線表など、本当にさまざまな情報を得ることが出来ます。

実は、母子手帳は世界共通のアイテムではなく、日本オリジナルのアイテム。ちょっと驚きですよね?市区町村ごとにデザインや内容が異なり、ディズニーデザインのところもあれば、ミッフィーデザインのところもあります。キャラクター好きな女性にとってはちょっとうらやましかったりして!
3人の子供がいる転勤族のママからは、3冊の母子手帳の全てのデザインが異なるという話を聞いたことも!

妊婦健康診査受診票も一緒に交付される

母子手帳と一緒に、とても大切な「妊婦健康診査受診票」が交付されます。日本では健康保険が効かない妊婦健診には多額の費用が掛かりますが、妊娠は病気ではないにしても、母子の健康、強いては命をまもるためにきちんと健診を受ける必要があります。

母子手帳と一緒に交付される妊婦健康診査受診票があるなら、妊娠中の基本検査や血液検査にかかる費用が、全額または一部助成されるのです。お金と同じ扱いになるので、なくさないように母子手帳と一緒にしっかり保管しておきましょう。

母子手帳はいつから~いつまで使う?

さて、母子手帳はいつから~いつまで使うものなのでしょうか?リサーチしてみましたので、確認してくださいね。

妊娠8週目を目安に母子手帳をもらおう

妊娠した幸せに浸る女性

実は、いつまでに貰わなければいけないという決まりはありません。
医師によっては、赤ちゃんの心拍が確認される6~7週頃に手続きを促す人もいれば、比較的流産の心配が少なくなった12~13週に母子手帳を貰うようにと指示する医師もいます。だいたい、妊娠8週目で母子手帳を貰う人が多いようです。

母子手帳と一緒に定期健診の無料券が交付されますので、妊娠3~4ヶ月までには母子手帳を受け取っておきましょう。

妊娠後の引越し、母子手帳はどうなる?

母子手帳は全国共通で使うことができるので、転居先の自治体から新たにもらうことはありません。心配しなくても大丈夫、引き続き大切に使いましょう。

母子手帳は子供が成人するまで保管しておこう

母子手帳はいつまで使うのか?ということもチョットだけ気になりませんか?

母子手帳には、幼少期から受けてきた予防接種の記録が明記してあるので、成長してからも意外と使う機会があるのです。毎年インフルエンザの予防摂取をするなら15歳くらいまでは使うこととなります。
高校になってからも予防接種で提示を求められたという話も。大学に入学してからはしか抗体やその他のワクチン接種履歴について、大学側に書類の提出を求められるケースもあります。

成人までは自分の手元に置いておいて、成人したらお子さんに記念としてプレゼントしても面白いかもしれませんね。

大人になってから母子手帳を見たときの話

0歳と4歳の子供を持つ現役ママの筆者の場合は、妊娠中に自分が幼少期にどのような予防接種を受けたのかが気になり、母に母子手帳を出してきてもらいました。
おたふく風邪・風疹・はしかなど、妊娠中に感染したくない病気の予防接種を幼少期に受けていたのか、個人的に気になったからです。必ず受けるべきワクチン接種はその時々で更新されていくために、ワクチン接種をしていないVPD(ワクチンで予防するべき病気)が残っていることも。

また、それとは別に妊娠中の記録ページを見て、母がどのような気持ちでお腹の中の私を育てていたのかを知ることが出来て、とても豊かな気持ちになれました。母子手帳を大切に保管してくれていた、母の愛情にも感謝の意が芽生えたのです。

母子手帳は子供がある程度大きくなった小学生以降は、使う機会はめっきり少なくなります。「絶対に成人するまで保管しておかなければいけない」という決まりはありませんが、大切に保管しておいて損はないものと言えるのではないでしょうか?

母子手帳を失くしたら?

母子手帳を無くしてしまった女性

大切な母子手帳を、もしも失くしてしまったら・・・どうしましょう?
妊娠中は自分の身体の変化に体力がついていかないなど戸惑うことも多く、注意散漫になって落し物をしてしまうことも多くなります。さらに上の子がいるならなおのこと、バタバタして大切な物をどこに置いたのか忘れてしまうことは決して珍しくありません。

万が一、紛失してしまったとき―――母子手帳は再発行が可能です。お住まいの地域の自治体に「母子健康手帳再交付申請書」を提出すれば、再発行してもらえますよ。

注意!妊婦健診受診票は再発行できません

しかしながら、忘れてはいけないポイントも。
実は、健診費用が助成される「妊婦健診受診票」は再発行ができません。「妊婦健診受診票」は複数枚の紙をまとめた冊子ですが、こちらはお金と同じ扱いになるので、一度失くしてしまったら戻っては来ません。

妊婦健診受診票は母子手帳と一緒に妊婦健診に使うために、そのまま母子手帳に挟んで保管しておく人が多いので、まるとご一緒に失くしてしまうケースも決して珍しくはありません。妊婦健診受診票が無いと、健診費用が実費になり、そうなるとお財布からお金に羽が生えて飛んで行ってしまうことになるので気をつけましょう!

病院にお願いすれば、記録は復活する?

母子手帳の再交付となったとき、紛失した母子手帳に書きこまれていた妊娠中の経過記録や、子供の予防接種の記録はいったいどうなるのでしょう?カルテがきちんと残されているので、記録自体は保管されているのですが、病院側が新しい母子手帳に再記入してくれるかどうかは・・・正直分かりません。

記録を探し再記入するのにも時間と手間がかかるので、病院が忙しい時間帯は申し出を受け入れてもらえない場合もあります。事前に電話で相談をしてみるか、平日の比較的空いている時間帯に病院に相談しましょう。

母子手帳のオススメ活用法

母子手帳は妊娠中の経過や予防接種の記録管理だけではなく、他にもさまざまな活用法があります。以下にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

現役ママたちの母子手帳の使い方

母子手帳の活用方法を模索する女性

  • 初めての妊娠で、食事管理に自信がなかった。母子手帳の中にある「妊娠中の食事について」というページを熟読して、気を付けながらメニューを考えていた。
  • 低体重で生まれた我が子。成長曲線に細かく記録しながら、体重や身長が標準なのか?小さめなのかを確認していた。
  • 妊娠中の気持ちを記入して、不安な気持ちやワクワクする気持ちを素直に受け止めた。
  • 赤ちゃんのウンチの色が正常かどうか、母子手帳の記載ページで何度も確認した。

母子手帳には新米ママに必要かつ有用な情報が詰まっていることがわかります。
だからこそ、ただ記録する手帳として使うのはもったいない!妊娠中・子育て中に生じる「?」については、母子手帳を見れば大よそはわかるようになっているって素敵ですね♪

母子手帳をかわいく守る!母子手帳ケースのアイディアまとめ

母子手帳を使うときは、保険証・病院の診察券・妊婦健診受診票・予防接種の補助券と共に使う場合がほとんどなので、ひとまとめにして保管しておくのがオススメ。また、言われなくてもそうする人は多いでしょう。
一度に紛失するリスクはあれど、バラバラにしておくと、それこそ何がどこにいったか分からなくなってしまいますよ!

初めての妊娠のときって、赤ちゃんグッズを準備するのが本当に楽しいものですが、母子手帳は妊娠の比較的早い段階で必要となるアイテムなので、母子手帳と必要書類を一括管理する母子手帳ケースも早めに準備しておきましょう。
以下に、手軽に揃えることができる母子手帳ケースのアイディアをまとめてみました。

母子手帳ケース人気ブランド×かわいくて賢い選ぶポイント
母子手帳ケース人気ブランド×かわいくて賢い選ぶポイント
母子手帳ケースの人気ブランド「ジェラートピケ」など10選をご紹介!見開き・ジャバラなどのタイプ別、母子手帳のサイズ別など、選ぶポイント、便利な使い方や、母子手帳の受取方法もお伝えします。

しまむらのマルチケースが超便利!

しまむらのマルチケースは、2人目を妊娠中のママに大人気です。2人分の母子手帳・健康保険証・診察券・予防接種の冊子など、たくさん収納できるところが人気のポイント。

マジックテープタイプの製品なら、ファスナーよりも手軽に開け閉めすることが出来ますし、ダンボやトイストーリー、モンスターズユニバーシティなどキュートなキャラクターを用いた商品が多いのも魅力です。もちろん値段も、お手軽なしまむら価格であることは言うまでもありません。

100円均一の母子手帳ケースも使える!

100円均一商品を扱うダイソー

母子手帳ケースの一般的な相場は、1000~1300円位。ブランド母子手帳ケースばかりに目が逝ったあとは意外と安価に抑えているんだな~と思う価格ですが、さらにお安く100円均一でも可愛い母子手帳ケースをゲットすることも可能!大手100円ショップ、「ダイソー」と「Seria」の母子手帳ケースがプチプライスなのに可愛いと評判なのです。

ダイソーの母子手帳ケースは、花柄などの比較的華やかでキュートなデザインのものが多い印象を受けました。Seriaの母子手帳ケースは、ドッド柄のシンプルなデザインになっています。
100円の母子手帳ケースなら、汚れてしまっても気軽に買い変えることが出来ますし、兄弟が多い場合も1人1人に準備できるのでオススメです。

実際に100円均一の母子手帳をこんな風に使っています

  • 3つ購入して、兄弟3人分の母子手帳、お薬手帳、予防接種の冊子ごとに分けている。
  • ストックを購入して、汚れるたびに新しいものに交換している。
  • 1年ごとに新しいものを使って、リニューアル感を楽しんでいる。
  • 100円均一のケースに、ビーズやリボンを付けて自己流アレンジを楽しんでいる。

300円ショップにも母子手帳ケースがあった!

100円ショップに母子手帳ケースがあるのなら、300円ショップにもモチロンあるよね?と思い、リサーチしてみたところ・・・300円ショップ「3Coins」にありました!
300円ショップともなると、ケースの作りもしっかりしていますし、筆記用具も収納できるので、外出時にもかさばることなく持ち運ぶことができます。

知り合いのママ友は、300円ショップの母子手帳ケースを2つ購入して、1つは子供の母子手帳や保険証を収納、もう1つは通帳や印鑑などを収納しているそうです。

超シンプルが最高!B6サイズファスナー付ビニールポーチ

「子育て中は荷物が多くなるので、本当に移動が大変」「母子手帳ケースって、意外と大きいから邪魔」「中に何を入れたのか、忘れてしまう」という悩みをお持ちのママも少なくありません。

妊娠中・子育て中、出来るだけ荷物を少なく!出し入れする手間を少なく!と効率的に動きたいパパやママは、母子手帳ケースも超シンプルなものにしてみませんか? 100円で買えちゃう普通のビニールポーチを母子手帳ケース代わりにしてみましょう。
子供が複数人いるご家庭では、1人1人母子手帳や保険証などを分け、学校から配られる重要書類などを収納しておくのに重宝するでしょう。便利をつきつめる精神は子育ての日々に必要かもしれません。

筆者の場合も、母子手帳ケースをひとりひとり用意するのは比較的かさばるのがいやで、100均のB6サイズ内ポケット付きビニールポーチに兄弟それぞれの母子手帳お薬手帳を分けてまとめていました。
色違いで用意をしているためどっちがどっちか一目瞭然、ごろっと感がない、結構頼れる収納力にめちゃ使いやすい♪と感じております。

スタイリッシュなシンプルさ!無印良品の「EVAファスナー付B6」

無印良品の「EVAファスナー付B6」は、透明のポーチなので中身も確認しやすいですし、値段も税込105円と驚くほどにお得です。安いからと言って使いにくいわけではなく、ファスナーがとても滑らかなので、扱いやすいのも魅力の1つとなっています。

愛情込めて手作りもいい♡

手作り母子手帳ケースの作り方を調べる女性

市販の母子手帳ケースがたくさん販売されていますが、「お腹の赤ちゃんのために何か作ってあげたい!」というママは、愛情を込めて手作りの母子手帳ケースに挑戦してみませんか?
手作りするためにはいくつかの方法がありますが、最も間違いがないのは「市販の手作りキット」を使った手作り。手作りキットなら材料をそろえる手間が省けますし、初心者向けに作り方も丁寧に書いてあるので、お裁縫が初めてという人でも大丈夫!

キットでなくても、「母子手帳の作り方」と検索してみると、たくさんの情報が得られます。自分に合った、納得のいく作品にチャレンジしてみたくなりますね♪

イマ流行りのハンドメイドアイテムが魅力的

最近はハンドメイドの商品を、インターネットサイトにアップして販売する人も増えています。ハンドメイドの商品は1つ1つのデザインが凝っていますし、何よりも作り手の気持ちが込められているので嬉しさを覚えるはずです。お値段もお手頃な商品が多いので、気軽に購入できるのも良いですね。

ハンドメイドアイテムを購入できるサイトとして人気のCreema ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスを見てみると、毎日何かしらの商品がアップされているので、どれにしようか迷ってしまうかもしれませんね。

自分と子供のために、母子手帳はきちんと保管しよう

今回は、母子手帳の交付から使い方、管理の方法について、詳しくお話しました。
母子手帳は妊娠が発覚してから、子供の予防接種スケジュールが過密かつ集団健診がある3歳頃までが最も頻繁に使う期間と言えますが、妊娠中の経過・子供の予防接種の記録・妊娠中に必要な情報などがたくさん詰まっている母子手帳は、とても大切なものです。子供が大きくなるまで大切に保管してあげたいですね

おすすめコンテンツ