Loading

つわりの吐き気の原因と対処法

つわりで吐き気が引き起こされる原因や吐きづわりの対処法

つわりに最も多いと言われている、吐き気や嘔吐を伴う症状を吐きつわりと言います。食べ物を食べたとき、空腹時にかかわらず吐き気をもよおしますが、少しでも緩和させるポイントもあります。この記事ではつわりによる吐き気を緩和させる対処法について詳しく説明しています。

つわりで吐き気が引き起こされる原因や吐きづわりの対処法

つわりで一番多いのは吐き気の症状

つわりと言えば、吐き気・嘔吐と言った吐きつわりの症状が多いという認識の方が多いでしょう。しかしそもそもどうして吐き気の症状が起こるのか?吐き気や嘔吐をしてしまった場合、体にはどのような変化が起きているのか?吐きつわりを防止する効果的な対処法はあるのか?と不思議に思う方も多いはずです。つわりの代表的な症状の吐き気に焦点を当てて詳しく説明します。

つわり時期はいつから?一般的な時期や原因・乗り越え方
つわり時期はいつから?一般的な時期や原因・乗り越え方
つわりの時期は個人差あがるのでいつからいつまでとは言えません。つわりがないままに妊娠期間を終えて出産する妊婦も稀にいます。どのような理由でつわりが起こるのかつわりが起きたときの対処法も解説します。

吐き気をもよおすつわりを「吐きつわり」と言う

つわりの症状の妊婦

食べ物を食べた、食べていないに関わらず、胃の中がムカムカして吐き気を感じるつわりの事を「吐きつわり」と呼んでいます。ついつい暴飲暴食をしてしまったときに胃がムカムカする状態、一日中車酔いをしている状態と同様な気持ち悪さが続くようです。

吐き気をもよおしているだけの方もいれば、実際に嘔吐してしまう場合もあり、吐き気の頻度についても人によって個人差があるようです。吐き気が一日中続く人、朝だけ症状が酷い人、日によって症状の出具合が違う人などの違いがあります。

吐き気の原因!つわりを引き起こしている背景は?

つわりが引き起こされる原因については、いまだ未解明な部分が多いです。しかし、その中でも比較的有力だと言われているのが、ホルモンバランスの変化によるものだとされています。

つわりの症状とは?妊娠初期の体調変化を乗り越えるコツ
つわりの症状とは?妊娠初期の体調変化を乗り越えるコツ
つわりの症状は個人差が大きいのですが、妊婦の約8割がつわりを経験すると言われています。辛いつわりはいったいいつ終わるのか…。具体的なつわりの症状と緩和法、妊娠初期の体調不良を乗り越えるコツを紹介!

赤ちゃんが出来たら分泌されるホルモンとは?

お腹に赤ちゃんが出来ると、これを維持するためにhCGというホルモンが過剰に分泌されます。ヒト絨毛性ゴナドトロピンと呼ばれていて、子宮筋の収縮を抑える働きをしています。
hCGは妊娠3ヶ月ごろをピークに急降下して少なくなるため、ちょうどつわりのとき期と一致しています。そのため、このホルモンがつわりの原因ではないかと有力視されているのです。

安静にしている妊婦

女性ホルモンの量も急上昇!

エストロゲン、プロゲステロンという2種類の女性ホルモンの量が急上昇する事も原因の1つとして考えられています。これらの女性ホルモンは妊娠に伴い、子宮や胸を大きくしてママになる準備をするホルモンだとされていますが、それ以外の作用も隠されています。

エストロゲンには水分を保持する働きもあるので、比較的赤ちゃんが出来るとむくみが出来やすくなると言います。また、プロゲステロンには、内臓の筋肉の緊張を抑える作用があるため、胃腸の活動が鈍くなり便秘を引き起こしたり、ガスがたまりやすかったりと言った症状が増えるのです。

つわりは心的要因によって引き起こされることもある

ストレスをかかえた女性

赤ちゃんがお腹にいる事は楽しみな反面、不安や心配事も必然的に生じてくるものです。妊娠する事によって仕事を辞めたり、今まで出来る事が出来なくなったりと生活環境が変化してきます。それによるストレスが原因となり、つわりに発展している場合も多いそうです。

ときには気晴らしをしたり、家族の理解を得られるようきちんと説明したりと、不安の少ない状態で生活出来るように工夫しましょう
また、吐き気が起きたときでも「気のせい…」とご自身に言い聞かせていたら良くなった、という方もおり、気の持ちようだと捉える方も中にはいらっしゃいます。

吐き気を緩和させるには、ビタミンB6の摂取が鍵

ビタミンB6にはつわりを和らげる効果があることが分かってきています。ビタミンB6が不足した場合は、妊娠高血圧症候群に陥りやすく、つわりを悪化させる原因となるそうです。
その理由としてはビタミンB6に、つわりや妊娠高血圧症候群の原因となるキサンツレン酸の発生を抑える働きがあるため、より症状を緩和させると言われているのです。

ビタミンB6が摂れる手軽食材は「バナナ」

バナナ

最も手軽にビタミンB6が摂取できる食品としては、バナナが挙げられます。小分けにしてラップにくるんでおき、こまめに摘めるようにすると良いでしょう。
バナナには糖質も含まれているため、1日の摂取量としては2本程度が目安だとされています。満腹感を感じる効果もあるため、寝起きの空腹時・朝食にバナナヨーグルト・おやつや間食として召し上がるのもおすすめです。

食事の献立にビタミンB6を取り入れる方法

毎日の食事の献立としては、白米を玄米に変更する方法が効果的です。玄米にはビタミンB6が豊富に含まれており、妊娠期間中に不足しがちな亜鉛を補う事も出来るためです。妊娠中は白米が食べられなくなった、という話はよく耳にしますが、玄米だと食べられる場合が多いそうです。他、ビタミンB6を多く含む食材としては、マグロ・カツオ・鮭といった魚類が挙げられます。生ものはあまりおすすめできないため、加熱調理をして意識的に摂取すると良いでしょう。

つわりによる吐き気を緩和させるためのポイント

こういったつわりによる吐き気については、ちょっとした食べ方や生活習慣に留意するだけで改善出来る場合があるのです。ここでは吐き気を緩和するポイントについて御説明いたします。

においを発する場所に近づかない

においを発する場所に近づかない

つわり中はにおいに敏感になる時期でもあります。今までは大丈夫だったにおいに過敏に反応し、吐き気をもよおす場合も少なくありません。特に温かいものには注意が必要で、冷たいものよりも香りがたってしまうため、料理は冷ましてから食べた方が良いと言われています。
夕飯時の買い物についても、揚げ物・鮮魚コーナーなどのにおいが強烈な場所には近づくのを避けた方が良いです。においによる吐き気が酷い場合は、家族にお願いするというのも1つの方法です。

食べられるものを、食べられるときに、食べられるだけ食べる!

食べられるものを、食べられるときに、食べられるだけ食べる

つわりの時期は、妊娠前と比べて人によっては大きく嗜好が変わる時期です。好きで食べていたものを急に受け付けなくなったり、逆に意外なものを好んで食べるようになったりすることが多いそうです。特に吐き気で食べられるものが限定してしまった場合に、栄養バランスについても気がかりになるかもしれません。

しかし妊娠初期の赤ちゃんに必要な栄養はごくわずかで、ママのお腹の中に蓄えられている栄養も十分あるため、成長に支障が出ることは少ないとされています。そのため、つわりで吐き気が辛い時期については特に栄養バランスについては過度に意識し過ぎず、ご自身が食べたいものを食べることが推奨されているのです。時間帯によって吐き気を強く感じる場合もあるため、吐き気をもよおさない時間を選んで食べておくことも大切です。

嘔吐の症状がある場合は脱水症状にも注意!

吐き気をもよおしているだけでなく、実際に嘔吐を繰り返してしまう場合には食べ物の摂取だけでなく、脱水症状に陥らないように注意する必要があります。

つわりがひどい…重い症状は我慢禁物!乗り越え方&対処法
つわりがひどい…重い症状は我慢禁物!乗り越え方&対処法
つわりがひどいけど「妊娠中は仕方ない、みんな辛いんだ」と無条件に我慢してしまってはいませんか?ひどいつわりとはどの程度の症状を言うのか、辛いつわりの乗り越え方や気になるお腹の赤ちゃんへの影響などを解説。

こんな症状には注意!脱水症状の危険性が

重い脱水症状には点滴を

脱水症状とは水分の不足だけでなく電解質が十分に摂取出来ていない場合に起こります。水だけ飲めばよいと安易に考えている方は注意が必要です。水分が十分に摂れておらず、めまい・だるさ・唇の渇きなどの症状が見られる場合は、脱水症状を引き起こしている可能性があります。
脱水症状になると、体が水分を補給できない状態に陥る場合が多いため、医師の診察の上、点滴などの処置を行なって貰った方が良いでしょう。

つわりによる吐き気・嘔吐の際に飲むのに効果的な飲み物は?

ミネラルウォーター

水と電解質を同時に補給できる飲料として、嘔吐を繰り返すときに最も効果的な飲み物とされるのは、ミネラルウォーターです。私たちの血液中には電解質となったミネラルが溶け込んでいますが、汗や尿に溶けだして体外に排出されるため、常時補給することが大切となります。
つわりによる嘔吐の症状があるママさんにとっては更にミネラルが不足してしまう事態となり、それを電解質・水分同時に補給できる飲料であるミネラルウォーターは理想的な飲料なのです。

スポーツドリンクも同じく補給は出来ますが、糖質が多く含まれているため、飲み過ぎると糖質の過剰摂取になりかねません。そのため、スポーツドリンクを飲む場合は水で薄めて飲むようにする、といった工夫が必要になってきます。

水分を摂ることも困難な場合には病院を受診した方が良い

受診

水分を摂ることも困難で、1日5回以上の嘔吐が認められる場合は「妊娠悪阻」という病気の可能性がありますので、すぐに病院を受診した方が良いでしょう。
水分を摂ることが出来ない時点で、かなり口は渇いていて脱水症状が進んでいるはずです。気の持ちよう、と捉え無理をしがちなママさんもいますが、水分摂取は大きな目安になりますので、病院へ行ってお医者さんへ相談することが大切です。

症状が酷くならないように早めの対策を!

一日中吐き気が続いていたり、特定のにおいに過敏に反応して吐き気をもよおしたりと、妊娠中は過敏になっている部分が非常に多い時期です。自分に言い聞かせることで治る場合もありますが、無理をしすぎて重症化してしまうケースも少なくありません
つわりを緩和させるポイントを実践して脱水症状に注意して生活すること、早めの対策を練っていくことが大切だと言えます。症状が酷いときは無理をしないで病院を受診するようにしましょう。