マタニティマークはいつから

マタニティマークはいつから付けるといい?どこでもらう?

マタニティマークはいつから付けるといいのか迷っている妊婦が多くいます。いつから、どこに付けるといいのか、もらい方も含めてご紹介していきます。マタニティマークは妊婦とお腹の赤ちゃんを守ることを目的に作られました。いつからと悩んでいるよりもマタニティマークの効果を知ることが大切です。

マタニティマークはいつから付けるといい?どこでもらう?

妊婦の象徴!マタニティマークはいつから付けるといいの?

最近、駅や街で見かけることが多くなったマタニティマーク。妊娠中は疲れやすく、体調も崩しやすい時期と言えますが、妊娠初期はお腹も目立たないため、その状態を周囲の人が外見から判断することは困難です。

そこで、周囲の人が妊婦さんに気付き、気づかいを示しやすくするためにマタニティマークが生まれました。周りの人のサポートが必要である妊婦であることに気づかせてくれるマタニティマークは、いつから付けるといいのでしょうか。

今回は、マタニティマークはいつから付けるといいのかを中心に、マタニティマークについてご紹介していきます。どこでもらえるのか、マタニティマークを付ける時の心構えも合わせてチェックしていきましょう。

マタニティマークはいつから?

産婦人科を受診する女性と付き添いの夫

マタニティマークは、周囲に妊産婦であることを示すことが目的なので、周囲から妊産婦であることが分かりにくい妊娠初期からつけ始めるといいでしょう。

まだ「つわりも始まっていないし、まだ必要ないわ」という人でも、いつ体調に変化が現れるかわかりません。「マタニティマークはいつから付けるといいのかしら」というよりも、産婦人科を受診し、妊娠が確定次第つけるのが一番良いと言えます。

妊娠が確定してすぐ付けるのはちょっと抵抗があるな…と思う方は、せめてマタニティマークの用意だけでもしておけば、いつでも付けることができるので安心です。

マタニティマークを付けていると周りから優しくしてもらえる

「私のお腹の中には赤ちゃんがいます」とわざわざ周りに言わなくても、マタニティマークを付けているだけでこの人は妊婦さんだと気付きます。マタニティマークを目にした人は、きっと妊婦さんが喜ぶ優しい心づかいをしてくれるはずです。

乗り物で席を譲ってもらえる

お腹がまだ目立たない妊娠初期の頃でも、マタニティマークを付けている人が立っていれば、「どうぞ」と席を譲ってくれることでしょう。つわりや体調不良になりやすい妊婦にとって、席に座って移動できるのは、本当に助かります。

荷物を持ってもらえる

荷物を持ちましょうかと声をかけられる妊婦

赤ちゃんがお腹の中にいる妊婦さんは身体が重く、荷物を持ちながら移動するのは一苦労です。そんな時、マタニティマークを身につけていると、「持ちますよ」と誰かが声をかけてくれるかも知れません。階段やスーパー、ショッピングの時など、短い間であったとしても、負担が減るのはうれしいことに違いありません。

煙草を控えてもらえる

妊婦が側にいると分かったら、煙草を吸っている人はその火を消してくれることでしょう。受動喫煙がお腹の赤ちゃんに良くないことは周知の事実です。煙草を吸っている人の近くにいる時は、できるだけ見やすい位置にマタニティマークを付け、妊婦であることをアピールするといいでしょう。

声をかけてもらえる

身につけたマタニティマークを見て「大丈夫ですか」と身体を気遣ってくれたり、「楽しみですね、体に気を付けてね」と声をかけてくれる人がいるかも知れません。妊婦さんは気持ちが不安定になりがちです。何気ない一言に勇気づけられて、うれしくなることもあるでしょう。

いいことばかりじゃない!マタニティマークをつける際の心構え

マタニティマークは、周囲に妊産婦であることを示すことで周囲の人からのサポートを受けやすくなる半面、注意が必要な場合があります。マタニティマークをつける上で、すべての人が好意的というわけではないという事も頭に入れておきましょう。

妊婦に優しくなれない人がいる

不機嫌な表情で見つめる女性

マタニティマークをつけている人を見るだけで、「席を譲って!」というアピールだと感じてしまう人や、「マタニティマークは甘えだ!」と感じる人、「子供が出来ない人の気持ちも考えて!」と感じてしまう人もいるため、妊産婦さんが嫌がらせをされてしまう場合があります。

もしもできるなら、電車に乗る際はなるべく座れる時間帯に乗る、体調が優れない日は外出を控えるなど、自分の行動に工夫をしてみましょう。誰もが妊婦さんに優しくする世の中であって欲しいですが、そうではない人がいるのも事実です。優しくしてもらえなかった場合は、スッパリと忘れるようにしてください。

実はサポートが必要な人かも知れない

マタニティマークを付けていたのに席を譲ってもらえなかったからといって、目の前の席に座っていた人が優しくない人だとは限りません。

「マタニティマークを付けている妊婦さんだから席を譲ってあげたいけれど、自分も具合が悪いから座っていたい」と心の中でごめんなさいを言っている、たまたま具合が悪かった人なのかも知れません。

マタニティマークが招く危険…現代版・妊婦のマナー
マタニティマークが招く危険…現代版・妊婦のマナー

どこでもらう?マタニティマークが入手できる5つの場所

マタニティマークを付ける上での心構えが分かったら、さっそくマタニティマークをゲットしましょう。初めての妊娠の場合、マタニティマークはどこで入手できるのかな?と疑問に持つ方が多いです。ここでは、マタニティマークが入手できる5つの場所をご紹介します。

1.役所の窓口

役所の待合室

母子手帳の配布のタイミングでマタニティマークを配布している自治体が多いです。どのようにして配布されているかを確認したい場合は、最寄りの自治体に電話やメールなどで確認してみましょう。

2.ママ雑誌のおまけ

妊婦さん向けの雑誌として、「たまごクラブ」、「Pre-mo(プレモ)」、「妊すぐ」などでは、おまけとしてマタニティマークがついている場合があります。

ただし、販売されている号によっては、マタニティマーク以外のおまけがついている場合もありますので、確認した上で購入するようにしましょう。

妊婦さん向け雑誌は、マタニティマークがついているだけではなく、日常生活に役立つ情報が載っていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

3.駅の事務室

JR東日本では、ボールチェーンがついたマタニティマークを配布しています。駅をよく利用している人は、最寄りの駅に聞いてみるといいでしょう。JR東日本でなくても、配布しているかも知れません。

4.大手航空会社の空港カウンター

JALやANAなどの大手航空会社では、空港カウンターでマタニティマークを配布しています。タイミングによっては限定デザインのものがもらえる場合がありますが、「国内線利用の方のみ」などの条件がある場合もありますので、確認が必要です。

JALでは「マタニティマーク・タグ」の配布だけではなく、妊娠中のママや、赤ちゃん連れでも安心なサポートが充実していますので、気になる方はインターネットで利用する航空会社のホームページをチェックしてみるとよいでしょう。

5.ショップで購入することもできる

もう少し個性的で可愛いマタニティマークが欲しい人は、楽天市場やAmazonなどのネットショップや、妊娠・出産グッズを取り扱うショップをチェックしてみましょう。販売されているマタニティマークがついた商品は、無料で配布されているものとは異なり、おしゃれでかわいいものが多くあります。車の後部に貼る事のできるステッカーや、缶バッジタイプのものもありますので、探してみるといいでしょう。

どこがいい?マタニティマークをつけるところ

ショルダーバッグにマタニティマークを付ける女性

マタニティマークを身につける場合は、周囲の人から見える位置でなくては意味がありません。その為、外出時に持つカバンの取っ手や、リュックのファスナー部分などにつけた方がよいでしょう。

バッジやキーホルダーだと、落としてしまうかも知れません。邪魔だなと感じる方は、ワッペンタイプのマタニティマークを布製のカバンに縫い付けたり、アイロンで接着する方法もあります。車に乗る機会の多い方は、カーステッカータイプのマタニティマークを車の後ろにつけることもできます。

マタニティマークは、周囲の人に妊産婦であることを示すものなので、どのようなタイプであっても、「周囲の人が気づきやすい位置」を意識してつけるようにしましょう。

マタニティマークの制度はいつから始まった?

マタニティマークは、平成13年よりスタートしたお母さんと子供の健康水準を向上させるための国民運動計画である、「健やか21」の取り組みの一環として始まり、平成18年に決定されました。お年寄りや体の不自由な方を優先する「優先席」の制度は、昭和48年から本格的に始まっていることと比べると、マタニティマークはまだまだ歴史の浅い制度と言えます。

しかし、現在ではこのマークがついたキーホルダーをつけている人を見ると、「妊婦さんなんだな」と気づくことが出来るほど社会に浸透して来ました。公共の場でも、マタニティマークが入ったポスターが貼られる、妊婦が優先的に使える駐車場を設けるなど、妊婦に優しい取り組みがどんどん進んでいます。妊婦がマタニティマークを身につけて自分が妊婦である事を示すのに、遠慮はいらない時代になったのです。

マタニティマークはいつから付けてもOK!

マタニティマークは、妊婦とお腹の赤ちゃんを守ってくれるグッズです。「マタニティマークをいつからつけようかな」と悩んでいるより、妊娠が分かった時点ですぐに付けたほうがいいでしょう。

確かにマタニティマークを身につけていることでイヤな思いをすることがあるかも知れませんが、周りの優しさを改めて感じられるうれしい出来事のほうが多いはずです。

初めはちょっと恥ずかしいかも知れませんが、「いつから」と時を待たずにマタニティマークを身に付けてください。そして、自身に起こるさまざまな事を受け入れ、心豊かなお母さんになってください。

おすすめコンテンツ