マタニティルームウェア

マタニティルームウェア春夏はこう選ぶ体験談15

マタニティルームウェアを選ぶならこの体験談を参考にしてください。先輩ママが教えてくれたマタニティルームウェアを選ぶポイントをご紹介しています。試したことのないママでも試してみたくなるような着心地の良さを先輩ママが語ってくれました。購入前にぜひ参考にしてください。

マタニティルームウェア春夏はこう選ぶ体験談15

春夏に心地よく着られるマタニティルームウェアの選び方

赤ちゃんの誕生を心待ちにしている貴重な時間は、できるだけゆったりとした気持ちで過ごしたいものです。そんなときは、マタニティルームウェアを着てリラックスしてみませんか。

今回は、先輩ママが教えてくれたマタニティルームウェアの選び方をご紹介します。気持ちが和らぐ暖かい季節でも、時折不安になりがちな妊婦さんの気持ちを支えてくれるほど着心地がいいなら、着てみる価値はあるでしょう。

食わず嫌いは損をします。「手持ちの服でなんとかなる」と言わず、先輩ママの体験談をご覧になってみてはいかがでしょう。もしかしたら、考え方が変わるかも知れません。

春夏のマタニティルームウェアを選んだ理由

ストライプのマタニティルームウェアでくつろいでる妊婦さん

マタニティルームウェアという名前から、妊婦さん向けに特別に作られている部屋着であることが分かります。選ぶときは、その特徴が自分にとって必要であるかどうかを考えて下さい。ここでは、先輩ママがマタニティルームウェアを選んだ理由をご紹介します。

  • ピンクは気分が明るくなるから
  • 授乳口がついているから
  • 安いもの
  • 来客時に恥ずかしくないデザイン
  • 着心地がよさそうだったから
  • ジェラートピケはデザインがかわいいから
  • お腹をすっぽり包んでくれるから
  • シンプルなものだと産後も着られるから
  • 伸縮性がある生地
  • 涼しさを感じられる生地
  • 前開きのボタンタイプ
  • 洗濯に強くて乾きやすいもの
  • ズボンがついているもの
  • ポケットがついている
  • ズボンのゴムの長さが調整できるもの
  • 起き毛のズボン
  • 見た目がマタニティっぽくない
  • 外に着ていけるデザイン

マタニティルームウェアはかわいさも大切

お腹を触ってる妊婦さん

「もっと早く買えばよかった」という先輩ママがいるほど、マタニティルームウェアは妊婦さんにとって心地の良い部屋着です。

そう、マタニティルームウェアには、見た目に分かる便利な機能だけでなく、妊婦さんの気分を和らげてくれる見えない機能が備わっています。見た目のかわいさや心をくすぐるデザインが、暖かい季節でも沈みがちな妊婦さんの気持ちを引き上げてくれるのです。

授乳口がついていたり、ズボンにサイズを調整する機能があるなど、妊婦さんに便利な使い方が喜ばれている一方で、たくさんの人が「リラックスできる」「心地いい」など、気持ちの変化をあげているのは、そのことを裏付けています。

マタニティルームウェアは、赤ちゃんに会うその日まで、妊婦さんの気持ちをおだやかにしてくれる極上のアイテムです。試してみてはいかがでしょうか。

マタニティルームウェアの選び方体験談

気分が明るくなるピンク

saku(29歳)


私は、第一子の臨月の時にマタニティルームウェアを購入しました。理由はお腹が大きくなり、オシャレが全然出来なくなって気持ちが沈んでしまったので、せめてルームウェアぐらい可愛い服が着たいと思ったからです。

ちょうどたまごクラブを読んでいて、それに掲載されていたルームウェアをベネッセの公式通販で購入しました。

選んだポイントは、まず授乳口付きのもの、そして気分が明るくなるようにピンクのストライプ柄を選びました。

購入したマタニティウェアはとっても可愛くて着心地も良く、もっと早く購入すれば良かったと思いました。

産後はとにかく頻回授乳なので、授乳口付きなのがとても便利でした。これから購入を考えている方は、絶対に授乳口付きがオススメです。

ピンクの部屋着ワンピースでソファーに横になりながら本を呼んでる妊婦さん

来客時に恥ずかしくないデザイン

ゆず(26歳)


妊娠5ヶ月のとき、西松屋というお店で購入しました。値段が安く、入院した時でも来客時に恥ずかしくならないようなデザインだったところが決め手でした。

4ヶ月頃までは、前から持っていたゆったりめの服で間に合うのではないかと思っていたのですが、5ヶ月を過ぎたあたりから急にお腹が大きくなり、普通の服だとお腹が出てしまうようになりました。

これではお腹を冷やしてしまうし、今後ますますお腹が大きくなるだろうと、あわててマタニティ用のものを買いました。

やはり普通の服とは違い、お腹をすっぽり包んでくれるので、買ってよかったなと思いました。

これからマタニティルームウェアを買おうと思っている方も多いと思います。体調がよければ、ぜひ自分の目で素材を確認した上で、自分にあったマタニティルームウェアを購入してください。

いかに快適に過ごせるかを考えた

カプレーゼ(31歳)


私は、妊娠7ヶ月のときに赤ちゃん本舗というお店で、マタニティルームウェアを購入しました。

ただでさえ、マタニティ期間は体温も高く、お腹も大きく、暑苦しいです。いかに楽に、いかに快適に過ごせるかを考えて、手で触ってみて、着心地の良さそうなものを選びました。

最初、買おうか迷っていましたが、買って良かったですし、なんと、色違いをもう1着購入してしまいました。それくらい愛用していて、本当に買って良かったです。

もし迷っているようでしたら、買うことをオススメします。マタニティルームウェアを買ったことにより、自分で思っていた以上に、普段の生活が快適に過ごしやすくなると思います。お腹の赤ちゃんとママのリラックスが一番大切なことだと思います。

ジェラートピケは期待を裏切らない

ssh.k(20代後半)


妊娠6か月頃からお腹が出始めてきていたのと、出産予定日が夏だったので、とにかく暑かったのでマタニティルームウエアの購入を検討しました。

妊娠中はとにかく暑さを感じるので、できるだけ通気性がよく薄めの生地を中心に選んでいました。

有名なマタニティを扱っている店舗も探してみましたが、確かに機能性では十分な物が多かったのですが、マタニティ用とはいえども、デザイン的にもかわいい物がなかなかなかったのを覚えています。

そんな中、「ジェラートピケ」にもマタニティ用が多数揃えられていることを教えてもらったので、早速見に行ってみました。やはりこのブランドはかわいいデザインが多いので、マタニティ用でも期待を裏切られなかったです。

素材も多数あり、私は夏用に適しているコットンが入ったものを購入したのですが、とにかく着心地もよく圧迫感もないので、出産直前まで活用していました。大きめのサイズのルームウエアという感じなので、出産後ももちろん活用できますよ。

もし、マタニティルームウエアの購入を検討していて、デザインもこだわりたい方にはぜひおススメです。

モノトーンが便利

くまくま(30代後半)


妊娠7か月のころに、地元の大型スーパーの下着なども売っている衣料品コーナーで買いました。冬だったので温かいもの、お腹周りも包み込むものお腹周りがゆったりしたものを選びました。

このマタニティルームウエアは買ってよかったです。外出するときの服は、出産後体形が戻ると着られなくなってしまいますが、ルームウエアはゆったりした服がよいとお考えの方は、出産後でも十分着ることができます。

妊婦さんの生活パターンや、過ごされ方にもよりますが、妊娠中はあまり無理せずリラックスして過ごしたほうがいいと思います。

マタニティルームウエアが1着あると、お家で過ごすのも楽ちんです。デザインはシンプルなものにすると、出産した後の入院の時も着ることができます。モノトーンでしたらなお便利です。

涼し気なワンピースを着た妊婦さん

できるだけ安いものを

のんちゃん(23歳)


妊娠8ヶ月のときに、GUで購入しました。妊娠中のお腹に合わせて購入しようと思っていたので、妊娠期間だけ着ることを考え、できるだけ安い物が欲しいと思いました。

ですが、夏の暑い時期だったので涼しい物、またルームウェアなので、柔らかく着やすい物と生地にこだわりたかったので、安くて良いものを取り扱っているGUで購入しました。

購入した物は柔らかい生地で伸縮性もあり、夏にぴったりの涼しい物でとても着やすかったです。また、デザインも豊富に取り揃えてあったので、お気に入りの1枚を選ぶことができ、購入して良かったなと思っています。

短い期間でしか着ることがない物なので、安い物を購入できた方がいいと思います。また、妊娠中はお腹の締め付けはとても苦しいですし、夏の暑さは妊娠による体の重さでもっと暑く感じるため、収縮性があるものや涼しい生地の物を選ぶことがおすすめです。

授乳口があるといい

ゆみ(33歳)


妊娠6か月の産休前でなかなか買いに行く時間がなかったため、楽天で探して買いました。入院時にもパジャマが必要だったので、お見舞いに来てもらった時に人に会っても可愛いくておしゃれなルームウェアを選びました。

マタニティ用なのでズボンのゴムが調整することが出来るので、どんどんお腹が大きくなりますが、その時のお腹のサイズに合わせて着用できるのがすごくよかったです。

普通のズボンでは、お腹が出る前からも、ゴムの圧迫が赤ちゃんに影響するのではと気になっていました。

出産してからは授乳口がとっても便利で、ボタンひとつでさっと授乳が出来るので、泣いている赤ちゃんを長時間待たせることなく授乳ができました。服をまくりあげる必要もないので、見た目的にも恥ずかしくなく重宝しました。

おっぱいを卒業してからも、普通のルームウェアとしてももちろん使えるので買ってよかったです。これから買おうか迷ってる方には絶対おすすめです。

洗濯に強い渇きやすい生地

あいな(29歳)


妊娠7ヶ月の時に、西松屋でマタニティルームウェアを購入しました。妊娠7ヶ月の時は、夏場で暑くて外に出る機会が少なくなり、スーパーへの買い物か病院の検診くらいしか外に出ることがありませんでした。

その程度の用事でも、そのまま外にも出られるようなマタニティルームウェアがいいと思い、柔らかく洗濯しやすそうな綿の薄手のロングワンピースのものを購入しました。

柔らかい素材で、家でもくつろぎやすく、汗をかく季節で洗濯も毎日しましたが、丈夫な生地で長持ちしたので購入して良かったです。スカートにした為、妊婦検診もそのルームウェアで行っていました。

マタニティルームウェアを購入するなら、近場の外出もできるようなデザインのものがいいと思います。また、汗をかく季節は洗濯の回数も増えるかと思うので、洗濯にも強く乾きやすい生地がおすすめです。家でリラックスできるように着心地のよい服を選ぶといいと思います。

ポケットがついていた

なお(30歳)


妊娠8ヶ月のときに、ゆめタウン内にあるマタニティ用品コーナーで購入しました。特にブランドにこだわりはなかったので素材とデザイン、値段を考慮して決めました。

選んだポイントは、ボタンが付いている前開きタイプで1枚で過ごせる裾の長いワンピースのようだったからです。ポケットも2つ付いていたのでスマホやハンカチなどちょっとした小物を入れることが出来たのも良かったです。

デザインもシンプルに白地にボーダー柄が入ったものを選びました。春夏用のマタニティルームウェアなので、色もダーク系より明るいイメージの白地が良いと思いました。

これから購入を検討している方は、春夏とはいえ夜は冷えたりするので、半袖より薄手で長袖を選ぶと良いと思います。

ズボンのゴムの長さが調整できる

ゆづ(27歳)


私は、妊娠5ヶ月のときに赤ちゃん用品店でマタニティルームウエアを購入しました。最初は「マタニティルームウエアは必要ない」と思っていましたが、入院予定だった産院の持ち物にマタニティルームウエアがあったため、購入する事にしました。

産院の指定は「授乳口のある、ロングのマタニティルームウエア」でした。ルームウエアを購入したのは冬でしたが、出産予定が5月と微妙な時期でしたので、出産の時期でも使えるように薄めの生地のルームウエアを購入し、カーディガンを羽織るなどして調整しながら、残りの妊娠中に使いました。

購入時私が気を付けたポイントは、「ズボンのゴムの長さが調整できるタイプを選ぶ事」です。妊娠中はおなかが大きいですが、産後はおなかがへこむため、ゴムの部分をボタンなどで調整できるタイプは便利で、産後の授乳でも使用できて長くルームウエアを使用する事ができました。

5月、6月など夏前の時期に出産を控えている方、意外と赤ちゃんを抱っこしているのはとても暑いです。

私も購入時どんな生地のものを購入するか悩みましたが、特に春に使用するルームウエアはぜひ薄めの生地のものを購入して、カーディガンなどで調整することをお勧めしたいです。

羽織れるパーカーとのセットだった

カナ(35歳)


妊娠6カ月のときに、ショッピングモールに入っている小売店で、マタニティ用ルームウェアを購入しました。

春夏用なのでズボンはハーフパンツで、しかしお腹を冷やさないように、起毛で出来ていました。上は、Tシャツと、羽織れるゆったりめのパーカーとのセットでした。家でゴロゴロゆっくりするには最適だと考えて、一目惚れして購入しました。

着てみると、やはりとても着やすく、ズボンは起毛なのであたたかく、肌触りも良く、ヘビーローテションすることになりました。もう1セット買えば良かったと思ったくらいです。

妊娠中は、家にいる時間も多くなるでしょうし、何より家での時間は大切なリラックスタイムです。肌触りと着心地を自分好みで考えれば、優雅なひとときを家で楽しむことが出来ると思います。

ボタン前開きのマタニティルームウェアを着てる妊婦さん

前開きのボタンタイプ

こうめ(36歳)


妊娠6ヶ月のとき、マタニティの服を売っている西松屋で買いました。産後使えるように、前開きのボタンタイプにしました。産院授乳用に前開きが良いと指導を受けていたからです。

それから、ワンピースでは無く、ズボンも付いているものにしました。私は冷え性で、特に下半身が冷えていました。体が冷えるとお腹の赤ちゃんが逆子になりやすいと産院で言われ、体を冷やさないようにしました。体が冷えなくて良かったです。

それに、普段は黒やグレーなどの地味な暗い色の服しか着ていませんでした。マタニティルームウェアは明るい色が多く売っていて、普段着ないようなピンクや黄色の服を選びました。そのおかげで、つわりで少し調子が悪い時も気分良く過ごせました。

見た目がおしゃれ

花沢さん(35歳)


妊娠してしばらくはサイズに余裕のある手持ちのルームウェアでやり過ごしていましたが、妊娠7か月が過ぎお腹が本格的に大きくなってくると流石に苦しくなり、ベビー用品店の西松屋にてマタニティルームウェアを購入しました。

上衣はAラインのチュニック風で、パンツはスリムなシルエットですがお腹をすっぽり包め、さらにゴムでサイズ調整出来るものでした。

購入のポイントは価格が安かった事と、見た目がマタニティっぽくなくておしゃれだった事です。結果その商品を買ってとても良かったと思います。

安くておしゃれなだけでなく着心地も良く、パジャマとしても使えるだけでなく、急な来客時にそのまま出ても恥ずかしくないものだったからです。

今マタニティルームウェアの購入を迷っている妊婦さんにアドバイスしたいのは、安くて良い商品があれば買った方が良いということです。

実際夫のジャージを借りたり大きいサイズの手持ちの服を捜し出してやり過ごせない事もありませんが、そのまま人に会うのははずかしいです。

だからといって宅配の人やご近所さんが来るたびにちゃんとした外着に着替えるのは妊婦だと特に面倒だからです。ただ、妊娠中だけのものなので高価でない物をお勧めします。

外に着ていけるデザイン

ゆみっち(47歳)


妊娠5ヶ月のとき、ショッピングセンターで主人の姉から何かマタニティの服をプレゼントしたいと言われて一緒に買いに行きました。

どれにするか迷いましたが、家に居るときにゆったりした気持ちで過ごしたいので、マタニティルームウェアを選びました。

締め付けずに、ゆったりでとても楽ちんでデザインも外にも着ていけるようなデザインで、とても可愛くてお気に入りでした。姉から買ってもらったのがまた嬉しくて今もタンスにしまっています。

マタニティルームウェアは、お腹が迫り出して大きくなるととても楽です。服を着替える事なく就寝にも着れて、2着くらい着替えを持っていたら妊娠生活には良いと思います。

季節によって選ぶタイプは違いますが、夏は涼しく冬は暖かいタイプとあるから、季節により選べば良いと思います。

お腹を締めつけない

かな(35才)


マタニティーの時期は限られているので、マタニティルームウェアにお金をかけたくなかったのですが、妊娠五ヶ月のときに、産んだあとも使えるものを西松屋で購入しました。

あまりおなかを圧迫したくなかったのと、暑いので涼しい服をと思い、授乳口つきのワンピースを二着購入しました。

おなかを締め付けないので、着ていて心地よく、毎日きていました。ただ、かなり安いものだったので、ワンシーズンで毛玉ができてしまい、結局産後は着ることができませんでした。

気に入ったものがあれば、もう少しお金を出していいものを選んでもよかったかなとおもっています。

マタニティルームウェアを着る時間は短い期間なので、安いものを数枚買うのもいいし、すこしお値段はしても生地のいいものを選んで、心地よく長く着るのも手かもしれません。

おすすめコンテンツ