マタニティパジャマ

マタニティパジャマ春夏選んだポイント体験談15

マタニティパジャマ春夏用を選ぶときはこの体験談を参考にしてください。先輩ママが教えてくれたマタニティパジャマを選ぶポイントをご紹介しています。入院中だけでなく産後も使える前開きでかわいものがいいとか、マタニティパジャマ選びが楽しくなる情報がいっぱいあります。

マタニティパジャマ春夏選んだポイント体験談15

春夏のマタニティパジャマはこう選ぶ!

妊娠が進んでお腹が膨らんでくると、いつも着ていたパジャマの脱ぎ着が大変になってきます。そこで妊婦さんにおすすめなのが「マタニティパジャマ」です。

今回は、マタニティパジャマを購入して良かったという先輩ママから、マタニティパジャマ購入のポイントをお聞きしました。「ちょっとしか着ないからもったいない」と先入観を持っているなら、思い切って捨ててみましょう。

春夏のマタニティパジャマを選んだポイント

ピンクの薄手のマタニティパジャマで寝てる妊婦さん

暖かい春夏の季節に出産を予定しているなら、防寒を気にせずに選択するといいでしょう。「薄手の生地を選ぶといい」という先輩ママのアドバイスから、赤ちゃんを抱っこしていると思いのほか暑いということが想像できます。ここでは、先輩ママたちが春夏のマタニティパジャマを選んだポイントを見ていきます。

  • 胸元が大きく開く
  • 入院中に安心できる丈の長さ
  • 見られても恥ずかしくないもの
  • ワンピースタイプのもの
  • 前開き
  • おしゃれ
  • 涼しい、風通しがいい
  • ゆったりと着られる
  • お腹を圧迫しない
  • 自分の好きなもの
  • 汗を吸収する素材
  • 薄い生地
  • 授乳口がある
  • 授乳のしやすさ
  • パジャマっぽくないもの
  • ズボンがゆったりしているもの
  • ウエストがゴムで調整できる
  • 価格

マタニティパジャマは意外と長く使える

マタニティパジャマは買って良かったと、体験談を寄せて下さったママ全員が言っています。その一番の理由は、「意外と長く使える」からです。

「卒乳まで使った」というママもいるので、特に、初めての出産で、2人目3人目を考えているママなら、お手頃価格の物を数枚買っても損はないでしょう。

また、機能的で肌に心地よい素材で、かつ自分のお気に入りのマタニティパジャマを身につけることで、心に余裕が生まれます。

たとえひとときでも、ゆったりした気持ちで赤ちゃんに笑顔で接する機会が増えるなら、マタニティパジャマがママの心をおだやかにしてくれるのに一役買っているのかもしれません。

春夏のマタニティパジャマを選んだポイント先輩ママの体験談

胸元が開くパジャマを選んだ

ささとめ(25歳)


妊娠6ヶ月頃まで頭から着るタイプのパジャマを使っていましたが、お腹が大きくなるにつれ、着替えるのが大変になったため、イオンで新しいパジャマを買いました。

ボタンの前開きのタイプで、産後も使えるよう授乳のための胸元が開くパジャマを選びました。また、入院中も使える丈が長いものでした。値段もそほど高くなく、3000円ほどのものを選びました。

前開きのタイプを選んで、とても良かったと思います。お腹がさらに大きくなった時期も苦しくなく、ゆったりと着ることができました。

イオンなど大型スーパーのマタニティ用品売り場に前開きのパジャマはたくさん売っているので、行ってみるといいと思います。リラックスして寝れるように、ゆったりとしたものを選ぶことをオススメします。

ボタン前開きのパジャマを着てる妊婦さん

誰かが来ても恥ずかしくない格好がいい

まーママ(20代前半)


妊娠8ヶ月頃に、西松屋のネットでマタニティパジャマを買いました。選んだポイントは、前開きであることが前提で、後は出産後の入院中に家族などの訪問時恥ずかしくない格好がいいなと思い、ある程度おしゃれなパジャマをポイントに選びました。

実際着てみて、前開きなので授乳時すぐにおっぱいをあげることができて、さらに自分で着替えができなかった状況になった時、着替えをしてくれる看護師さんも楽なようでした。お見舞いに来てくれた時にも恥ずかしいと思うことなく対応ができました。

これからマタニティパジャマを買おうか迷ってる妊婦さんがいたら、ネットは色々な種類があって、一人でのお出掛けが難しい場合でもすぐに検索して買うことができるし、自分の好みの物を見つけやすいです。

そして、買うなら前開きの物を選ぶことをオススメします。授乳時とても便利で、授乳時のストレスも少しは軽減できるかと思います。私も実際とても楽でした。

退院後も長く使えるもの

あかね(29歳)


私は妊娠線8ヶ月の時にお腹がこれまで以上に出てきて、今まで来ていたパジャマが入らなくなり、ベルメゾンのネット通販で、マタニティパジャマを購入しました。

そのマタニティパジャマは産前も産後も対応しているもので、出産時の入院パジャマとしても使えるものだったので、購入を決めました。花柄でお洒落なデザインで着心地もよく、本当に買って良かったです。

マタニティパジャマを購入するなら、前開きで、出産時の入院にも対応しているものがいいかと思います。

入院中はお見舞いなどでパジャマ姿で人に会う機会もあるかと思うので、そのことも考えて来客に対応できるようなデザインがおすすめです。退院後も使える産後対応パジャマだと更に長く使えるのでいいと思います。

風通しのいいワンピースがいい

ひなこ(31歳)


私は、妊娠7ヶ月のとき、家の近くにある赤ちゃん本舗と西松屋で買いました。ちなみに西松屋の方がお手頃値段でした。

とりあえず妊婦のせいでいつもよりとても暑かったので、涼しくてお腹に圧迫感がないものを探していていました。妊娠の週数も長くなるたびに体型が変わってきていて、体重も増えていたので、ゆったりと着られるブラカップのついたワンピースタイプを選びました。

とても涼しくてトイレなどもかがむのが大変になるのでワンピースだと楽チンになりました。

マタニティパジャマはとりあえず自分が一番楽なものを選ぶといいので、私はワンピースタイプをオススメします。夏だと蒸れたりしてお腹がかゆくなったりとかするので、風通しの良いものがいいと思います。

調整できる紐ボタンが便利

くま(31歳)


妊娠7ヶ月のときに西松屋で、チェック柄とボーダー柄の産後にも大活躍してくれるであろうパジャマを2枚購入しました。

選んだポイント
・授乳口がありポチッとはめてとめれるタイプ
・ズボンは紐ボタンで調整可能
・チェック柄ボーダー柄が好き
・汗をかきやすいから吸収性ある素材
・デザインがシンプルで気に入った

妊娠後期から産後6ヶ月の卒乳までパジャマ使っていて便利で助かったので良かったです。買って正解でした。

少し値が張るマタニティパジャマではありますが、本当買って損はないてますよ。赤ちゃんが泣いてもすぐ授乳口開けてパパッとオッパイあげられますし、産後後痩せてお腹小さくなるにつれ紐ボタンでズボン調整利きますし、長く使用できるので最低一着あれば重宝間違いないです。

私は西松屋で買いましたが、フリマやオークションにも出品ありますし良い品が安くで購入できるかも知れません。

病院で指定された前開きを選んだ

ひよりママ(35歳)


私は妊娠5ヶ月頃に、マタニティーウェアの専門店のカタログ通販で、初めてマタニティパジャマを購入しました。

選んだポイントは、病院に入院する場合に指定されている前開きでワンピースとして1枚で着られる長さだった事です。私が入院予定だった病院はズボンを履いている人がいなかったので、長さがあるものを探していました。

マタニティパジャマを家で着る時にはセットのズボンを履いていましたが、お腹がきつくなくとても楽に過ごせたので購入して良かったと思っています。

マタニティパジャマは一時しか着ないと思いがちですが、多くのマタニティパジャマは授乳口つきで、産後にも着られるので購入して損はないかと思います。

産後すぐにはお腹も戻らないですし、私は帝王切開で傷口が痛かったのもあり、マタニティパジャマの心地よさがとても助かりました。

無難な柄物がおすすめ

かりん(40代前半)


マタニティパジャマは、妊娠5ヶ月のときに通信販売で買いました。いくつか通販のお店を見比べましたが、結局ベルメゾンの商品の中から選びました。

夏の時期に向けて使おうと思っていたので、シンプルで涼しそうなデザインのものをと思い、前開きのギンガムチェックの柄のものを選びました。

マタニティパジャマは産後の入院中も病院で着ることになるので、無難な柄のものを選んで良かったと思います。

産後すぐの頃は生まれた赤ちゃんに授乳する回数がとにかく多くなるので、授乳しやすさを一番に考えて選ぶと良いと思います。

マタニティパジャマは産後も結構長い期間着ることができるので、もったいないと思わずに何枚か買うことをおすすめします。特に初めてのお子さんを出産予定の方は!

お腹を触ってる妊婦さん

お腹にゆとりがあるものを

カンナ(35歳)


西松屋で、妊娠6カ月ごろにマタニティパジャマを購入しました。だんだんお腹が出て来ると、今まで普通に使っていたパジャマのウェストのゴムが気になるようになってしまって、とにかくお腹にゆとりがあるものを探しました。

ポイントは、寝やすそうな生地、好みの肌触り、お腹のゆとり、です。この際デザインは何でもいいと思いました。寝るだけですので……。

マタニティパジャマでお腹も落ち着いたせいか、つわりも少し楽になったように感じました。買って良かったと思います。

妊婦さんは睡眠が大切です。ただでさえお腹はどんどん大きくなり、どんどん寝苦しさは増していきます。

睡眠環境を整えることのひとつとして、自分が着やすい、リラックス出来そうなパジャマを購入するのは良いことだと思います。冷えないように、おなかをきちんとカバー出来ているものがいいでしょう。

授乳口付きかどうかは気にしなくていい

はる(31歳)


西松屋で、妊娠5か月のときに、赤ちゃんのベビー服を買うついでにマタニティパジャマも購入しました。

購入したのは、上がボーダーのワンピースタイプになっているものです。入院中に院内を歩いたり、産後に来客時に応対しても違和感が無いようにパジャマっぽくないものをと思い、このデザインを選びました。

2千円くらいの安価なものでしたが、着心地も特に問題無かったし、出産後子供が大きくなってからでも普通のルームウェアとして使えたので買って良かったと思います。

マタニティパジャマというと、授乳口がついているかどうかを気にされる方も多いと思いますが、実際に赤ちゃんに母乳をあげる時に、小さな授乳口からあげようとすると上手くいかなかったりします。

前開きになっているものを選んでボタンを外してあげた方が簡単なので、授乳口付きかどうかはあまり気にしなくてもいいと思います。

胸を出しやすいかどうかに重点をおいた

にんぷこ(34歳)


妊娠も安定期に入った妊娠6ヶ月ころに、近所にある西松屋でマタニティパジャマを購入しました。

マタニティパジャマといっても、たくさん種類がありますが、夜に授乳することを考えて、胸を出しやすいかどうかに重点をおいて選ぶことにしました。

私の購入したマタニティパジャマは、胸の部分をボタンで開け閉めすることができるタイプのマタニティパジャマです。

夜の授乳の際にも大活躍で、本当に購入してよかったなと思いました。しかもお腹の部分がゆったりとしているため、ストレスがなく眠ることができます。

産後は、妊娠期間中は想像もしていなかった生活リズムになります。3時間置きの授乳になり、自分自身の体の回復とともに慣れない子育てが待っています。

少しでも眠ることができるときには、しっかりとストレスなく睡眠できるように、また、授乳がしやすいようにマタニティパジャマを選んでみてくださいね。

生地は薄めのものがいい

とみー(30歳)


マタニティパジャマは、妊娠7ヶ月の時無印良品で購入しました。店舗に立ち寄ったところちょうど割引中で、白とグレーのボーダー柄が自分好みであったこと、生地が柔らかく着やすそうだったこともあり、こちらを選びました。

私は妊娠中お腹周りが最大で100センチまで大きくなったので、マタニティパジャマのゆったりしたズボンがとても助かりました。

また、授乳口も付いているパジャマだったので、出産後も夜中の授乳で寒い思いをせずにすみました。

マタニティ服は一時期しか着ないので、私はパジャマ以外は購入せず、マタニティ時期、産後は大きめのシャツやワンピースで過ごしました。

ただ、パジャマは購入してよかったと思っています。オススメは授乳口付きのものです。産後の授乳でとても便利です。

入院中にパジャマを自分で用意する方は、生地が薄めのものがオススメです。産院は赤ちゃんの体温に合わせて室温が管理されているため、大人は暑く感じます。

私は春の出産でしたが、病院では汗だくでした。寒い時や診察の時は上にカーディガンなどを羽織ればいいので、準備しておくと使えると思います。

そこそこの価格のものでも十分活躍してくれる

ひよこ(30代後半)


上の子の出産予定日が5月だったため、入院時に春夏用のマタニティパジャマが必要になりました。

妊娠8か月のときに、妊娠中だけでなく入院時や退院時に授乳出来るよう、授乳口が付いたマタニティパジャマを購入しました。

買った場所は、赤ちゃん用の育児グッズが売っている育児専門店です。大きなショッピングセンター内にあるグッズ専門店で買いました。

このマタニティパジャマを選んだポイントは、価格とデザイン、そして授乳口がついていることがポイントです。

入院中にマタニティパジャマを着ていない人もいましたが、私は少々お値段はしたものの買って良かったです。やはり授乳のしやすさが全然違ったからです。普通のパジャマだと、お腹のあたりをまくり上げないといけないからです。

マタニティパジャマは意外と値段がするものも多いので、そんなに高いものを買わなくても良いと思います。そこそこの価格のものでも十分活躍してくれます。

ベッドでお腹を触ってる妊婦さん

好きなものを身につけていると気持ちが上がる

とと(30代後半)


妊娠7か月のころ、出産時の入院の際に着用するパジャマで、かわいいものがないかネットで探していたところ、楽天市場でたまたま見つけ、芸能人も着ていることから購入してみました。

近くのデパートでもマタニティコーナーで見ていましたが、小花プリントのものやパステル調でいかにもといったものが多く好みではありませんでした。

購入したものは、デザインはシンプルなのに七分袖の脇にはリボンがついていたり、ゆったりしているのにだぼっとした野暮ったさがないため素敵です。授乳しやすいような工夫もされていました。

入院中は心細さや不安もあり、また授乳など寝れないストレスなどもありました。なので、ずっとパジャマで過ごすためには、やはり好きなものを身に着けていると自然と気持ちも上がります。

入院後も楽なので着ていましたが、やはり授乳しやすく機能的なのでもっていると便利です。購入をためらったこともありましたが買ってよかったです。

赤ちゃんを見に来てくれる人が多かったので買って良かった

さな(30代前半)


8ヶ月に入り、母にマタニティーパジャマは購入したの?と聞かれました。子どものことばかり気にしていたので、言われてみれば自分のマタニティーパジャマのことはすっかり忘れていました。

そこで、母と西松屋に行き、マタニティーパジャマを探しました。西松屋には赤ちゃんのものを揃えるために何度か来ていますが、マタニティーパジャマが販売されているとは知りませんでした。

見てみると、かわいい柄のものやシンプルなデザインのものまであります。私はシンプルなデザインのものを選びました。

マタニティーパジャマは全体的にふわーっとしていて、生地もやわらかくストレスを感じないように出来ています。さらに胸の部分がマジックテープで開けれるようになっていて、赤ちゃんにおっぱいをあげるときにとても便利にできています。主に出産後の入院中に着ていました。

意外と出産後の入院中に出産祝いに赤ちゃんを見に来てくれる友人や親戚が多かったので、マタニティーパジャマは便利でした。

ウエストがゴムで調整できるもの

なつまま(34歳)


お腹が大きくなり始めた妊娠5ヶ月を機に、妊娠中だけでなく、産後も使えるマタニティパジャマを探し始めました。

お腹が大きくなっていっても圧迫しないように、ウエストがゴムで調節できるもので、産後の授乳のことも考えて授乳しやすいことを条件に探していたところ、ちょうどいいものがベルメゾンにあったので購入しました。

デザインもかわいかったし、夜も快適に過ごせ、妊娠中だけでなく産後も長く使えたので購入してよかったと思っています。

妊娠中の春夏ものを使用するのは短いと4ヶ月程なので、あっという間に過ぎてしまいます。

普通のパジャマよりも少しお高めのお値段なので、これからマタニティパジャマを購入するなら、産後も使用できるものを購入することをおすすめします。

おすすめコンテンツ