マタニティレギンス

マタニティレギンス選びの決め手体験談15

マタニティレギンスを買うならこの体験談を参考にしてください。かなり使えると評判のマタニティレギンス選びの決め手を、レギンス大好きなママたちが教えてくれました。春夏でも冷房対策として使えます。マタニティレギンスのいいところを知って、ファッションを楽しんでください。

マタニティレギンス選びの決め手体験談15

持っていないと損をするマタニティレギンスの選び方

マタニティグッズは持っていなくてもそれなりに過ごせますが、持っていないと損をするほど大活躍するアイテムが「マタニティレギンス」です。

今回は、マタニティレギンスの選び方ポイントをご紹介します。マタニティレギンスがあまりにも便利で手放せないという先輩ママたちが、選んだ決め手を教えてくれました。

「マタニティレギンスってどうなの?」と購入をためらっているママは、ぜひ参考にしてください。

マタニティレギンスの選び方ポイント

レギンスを履いている妊婦さん

「ズボンでいいじゃない」、もちろんそれは正解です。しかし、マタニティレギンスにはズボンにはない魅力があるのです。だからこそ、買って後悔しない視点で選んでください。ここでは、先輩ママが教えてくれた「このマタニティレギンスを選んだ決め手」をご紹介します。

  • 透けない
  • 値段が安い
  • お腹周りに余裕がある
  • 春夏用は蒸れない通気性のいい素材
  • 黒やグレーなどの無難な色
  • 持っている短パンやスカートに合うもの
  • 締めつけが強くないもの
  • 伸びる
  • お腹をすっぽり包んでくれるもの
  • 薄手のもの
  • ふくらはぎが隠れる長さ
  • 少し厚めの生地
  • きれいにはける
  • ウエスト幅を調節できる

マタニティレギンスは春夏でも大活躍する

マタニティレギンスは冷えや浮腫を防げます

体験談を寄せてくれたママたちが口をそろえて言っているのが、「マタニティレギンスは便利」「買って良かった」「使える」「かかせない」という絶賛の言葉です。

はくと暑苦しそうに思える春夏でも、マタニティレギンスは冷房の寒さから妊婦を守ってくれる、足のむくみが軽減される、風邪をひかなくて済むと大好評です。

また、お腹が大きくても「おしゃれを楽しめる」ことも、マタニティレギンスの評価をあげるポイントになっています。ズボンとは違い、手持ちのスカートや短パン、チュニックやワンピースによく合うので、自分の好きなコーディネートを諦めなくてもいいのです。

マタニティレギンスは、着たことがないママには敷居が高いかも知れませんが、探せばそう高くない商品が見つかります。この体験談を参考に、マタニティレギンスファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

マタニティレギンスの選び方の決め手体験談

透けないもの

きりん(30代後半)


妊娠8ヶ月の冬が終わってマタニティタイツでは暑くなってきたので、千趣会(ベルメゾン)で春夏用マタニティレギンスを購入しました。

購入の決め手は、お腹周りに余裕があること、リーズナブルであること、透けないこと、の3点でした。

特にサイズについては、元々Lサイズの体型が妊婦になったら更に太り、マタニティLサイズでも入らないことがあったので、カタログでサイズをじっくりチェックしました。

マタニティLLサイズでお値段2千円ほど、透けないという条件を満たしたものを購入できたので満足です。ただ、少し厚手なので、春夏用といえども真夏は無理かもしれません。

私の脚が短いので、10分丈が12分丈みたいに、足元でクシュクシュになっちゃうのが残念なところです。

もしこれからマタニティレギンスを購入されるのであれば、厚みと丈もチェックして購入されることをオススメします。マタニティ用なので、産後はサイズを調整したとしても、どうしてもお腹周りがもったりします。

産後長くは履けないと思いますので、お値段もあまり高価でない方が良いかと思います。

スカートの下にレギンスを履いている妊婦さん

春夏用は蒸れにくい素材がいい

ころころ(30代後半)


妊娠6ヶ月のとき、バースデイと言うお店で購入しました。春夏用に蒸れにくい素材のものを選びました。私は冷え性だったので、レギンスやタイツは必須アイテムでした。

体が冷えて逆子になると注意されたので購入しました。体が冷えにくくて良かったです。また、冬用のタイツでは汗をかいて腿の所があせもが出てしまうけど、春夏用のは肌に優しかったです。通気性の良いタイプを買うのをお勧めします。

真夏でもエアコンで部屋が冷えていたり、お腹は触ってみると意外と冷たくなっていることが多いです。妊婦さんは下半身を冷やしてはいけないので、絶対スカートの時はレギンスを履いた方がいいと思います。

いつもより体調を崩しやすいので、体を温めて、風邪をひかないように心がけてください。

黒やグレーなどの無難な色がいい

まいまい(30代前半)


マタニティレギンスは何本か買いましたが、無印良品や赤ちゃん本舗等のベビー用品店、ニッセンのオンラインストアで購入しました。

年齢が30代前半で派手な格好はできないのですが、これら3店舗は黒やグレー等、無難な色が手に取りやすい値段で売られていたのもポイントでした。

妊娠中は下半身を冷やしてはいけないので、いつもレギンスを履いていたのですが、特にすぐに駄目になることもなく妊娠5ヶ月から出産まで使えたので良かったです。

マタニティレギンスは妊娠中かなり使えます!私は真夏もロングスカートの中にレギンス履いて過ごしていたのですが、蒸れることもなく逆に赤ちゃんが守られているような感じがして安心できました。何本か買っておくことをおすすめします。

一時的な利用なので安いものを

あいちょ(32歳)


私は、妊娠7ヶ月頃に、西松屋とベルメゾンでマタニティレギンスを買いました。背が小さいので、身長にあったものかどうか、また、妊娠中の一次的な利用と考えていたので、安いものを買うことに視点をおき、購入しました。

購入し、とても良かったです。ワンピースを着ることが多かったので、とても活用させて頂きました。お腹もしっかり包み込み、春先の少し肌寒い日には暖かい感じがしました。レギンスはかかせない1品です。また、妊娠した時は必ず、購入すると思います。

これからの妊婦さんは、買った方が絶対に良いです。マキシ丈のワンピースで良い方はそれでも良いかもですが、私は身長が小さいので、そのようなワンピースは似合わないので、やはり、膝丈のワンピースを愛用してたので、レギンスは必須でした。

持っていた短パンに合うものを

ぱーる(20代後半)


マタニティ用品は全て西松屋で揃えました。マタニティレギンスもその1つです。姉からの貰い物も含めて3〜4着程持っていました。

お腹もだいぶ大きくなってきた妊娠6ヶ月頃、ズボンばかりじゃつまらないし、でも肌寒くなる季節だったのでマタニティレギンスを買いました。姉からマタニティ短パンをもらっていたので、レギンスは大活躍しました。

その後も冬になればズボンの下に履いたりしていたので、買ってから産むまでかなり使っていたと思います。

妊娠中は、なかなか自分の思うようにファッションを楽しむことが難しいです。でも、レギンスを持ってるだけで、短パンやスカートが履けたり、ほんの少しでもファッションの幅が広がると思います。

締めつけが強くないもの

まつみ(23歳)


インターネットで調べたりもしましたが、少し値段が高いと感じたため、西松屋に行ってみたところ安かったので買いました。

妊娠5ヵ月を過ぎるとお腹も徐々に大きくなり始めたので、普通のレギンスはきつく、お腹周りを覆い隠してくれて締め付けが強くないものを探していました。

3枚程購入し、活用していました。ズボンを履くよりも締め付けが少なく動きやすかったので、身体への負担も少なかったので、買ってよかったです。

マタニティグッズを揃えるとなると金銭的にもかかることから、買うのをためらう人もいると思いますが、お腹を締め付けるのは良くないし、体調的にもゆったりといられるマタニティレギンスは買ったほうがいいと思います。

安いところを探せばあると思うので、価格が気になる場合は調べたりして比べてみるといいと思います。

安さにこだわった

ひよこ(30代後半)


お腹が少しずつ大きくなり始めた妊娠5ヶ月頃に、マタニティレギンスを買いました。お腹が大きくなってくると、その体型に会うズボンがなくて困っていました。

でも新しくマタニティ用のズボンを買うのはなんとなく勿体ないと思い、どうせ買うならレギンスのほうが良いんじゃないかと思いました。

マタニティレギンスは、赤ちゃん用の育児グッズが売っているお店で買いました。でも後からマタニティ用の通販専門店もあるということを知って、そっちと比べて買えば良かったかな、とも思いました。

マタニティレギンスを選んだポイントは価格です。妊娠中しかはかないものなので、安さにこだわりました。

マタニティレギンスは妊娠中に大活躍してくれました。ズボンのはけない妊娠中には、絶対に必須アイテムです。むしろ洗い替えが必要なくらい重宝したので、買っておいて損はないと思います。

色と伸びで決めた

ここまま(27歳)


私は、妊娠6ヶ月の頃に通販でマタニティレギンスを買いました。買う時は、色、伸び、レビューを見て決めました。

購入して正解でした!今まではマタニティ用のストレッチデニムとかハイウエストのワイドパンツとか履いてましたが、レギンスのが動きやすいです。

特に上に子供がいるので、一緒に遊んでる時とかは最高です。色違いでまたほしいぐらい気に入ってます。お腹もマタニティ仕様なので締め付けはないし、妊娠が進むにつれて腰回り太ももなどサイズが大きくなっていきますが、ストレッチが効くので買い替えも必要ないし、1本買えば出産まで使えます。

絶対に春夏1本は持っていて間違いないアイテムです!腰回りが気になるなら大きいTシャツなどで隠せます。とにかく涼しいので、特に上にお子さんがいて動き回らなきゃいけない方はいいと思います。

普通のレギンスも買いましたが、マタニティ用はやっぱり伸びが違うので、少し値段が高くてもマタニティ用のレギンスをオススメします。

大きなお腹も隠せるレギンスを履こうとしている妊婦さん

大きさに余裕のあるものを

かえで(30代前半)


マタニティレギンスは、妊娠5ヶ月頃に西松屋で購入しました。ベビー用品店ならたいていどこでも売っていると思います。

私が買ったレギンスは、お腹もお尻もすっぽりと包んでくれて、臨月まで使える大きさに余裕のあるものを選びました。

妊娠中はたとえ夏でも、お腹が冷えるような格好をするのは身体によくないです。レギンスやスパッツを履けば、お腹の冷えの防止になるので大変重宝します。

また、妊娠してお腹が大きくなるとズボンがなかなか履けなく、ワンピースやチュニックなどの服装が多くなると思うので、レギンスはファッションとしてもとても重宝します。

そのうえ、日焼けも防止できます。そのため2、3着持っていると便利だと思います。夏でも冬でとオールシーズン使うことのできるアイテムです。

お腹をすっぽり包んでくれるもの

あやの(30代後半)


妊娠六ヶ月に入り少しずつお腹が大きくなってきて、普段履いているパンツが入らなくなってきたころ、お腹を圧迫しないワンピースなどを着る機会が多くなってきました。

季節は夏で暑いといえども、室内は冷房がきいていて寒いと感じることもたびたびあります。

妊婦にとって冷えは大敵、冷えから切迫流産などに発展してはいけないと思い、お腹だけは冷やさないように気をつける必要があります。

近所のイオンのベビー・マタニティ用品売り場にいくと、ちょうどほしかったレギンスが目に入りました。

やはりマタニティ用だけあって、お腹周りが大きくなっていてすっぽり包んでくれるようになっています。

トコちゃんベルトをしてからレギンスを履くと、ちょうどトコちゃんベルトもフィットしてくれたので一石二鳥でした。

春や夏でもお腹を冷やさないよう、そしてお腹を支えてくれるという意味でも、マタニティレギンスは大活躍してくれるのでお勧めです。

薄手のもの

こう(30歳)


私は、妊娠5か月頃に、西松屋でマタニティレギンスを買いました。厚手ではないことが選んだポイントでした。

買って良かったです。たくさん履きましたし、次の子用にまだとってあります。マタニティレギンスを買おうかどうか迷っているなら、絶対買った方がいいです。

お腹が少し出てくるのが妊娠五か月くらいで、ここから徐々にお腹がパンパンになってきます。そうすると、普通のレギンスではお腹に圧迫感を覚えてよくありません。

妊婦は、夏場でも足は冷やさない方がいいです。妊娠すると、血流の流れが良くなくなるので足がむくんだりします。なので、夏場でもレギンスを着用することをお勧めします。

冬は寒くて履くと思うのですが、夏場はどこか室内に入ったり電車だったりすると、寒いことがよくあると思います。私はオフィスのエアコンが少し寒かったです。

でも、自分の都合だけでエアコンを調整できないので、足の冷え対策で是非履いて欲しいと思います。

ふくらはぎが隠れる長さ

新緑(41歳)


レギンスを買ったのは、赤ちゃん本舗と百貨店です。百貨店では、フォーマルなマタニティーを購入した時に一緒にレギンスをすすめられ購入しました。妊娠6か月頃のことです。

そのレギンスの履き心地が良かったので、日常着用に赤ちゃん本舗でレギンスを購入しました。

妊娠が進むにつれて下半身がむくみやすくなってきます。むくみは冷えがあると助長します。レギンスを履くことで、下半身の冷えが抑えられていたと思います。

また、レギンスを履くことで脚を適度に圧迫してくれるので、むくみが助長しにくかったのでとてもよかったです。レギンスの種類も多く、どれにするか迷うのですが、私は、お腹周りが緩いものを選ぶようにしました。

その他にも、ふくらはぎが隠れる程度の長さのものの方が、脚の冷えが少ないので脚のトラブルも少なくできるのでお勧めです。

厚地でないもの

ナナ子(35歳)


妊娠7ヶ月頃に、マタニティ用レギンスをアカチャンホンポで購入しました。おなかがゆったりとしたレギンスを持っておらず、かと言って、妊婦が薄着(短めのスカートやキュロット)で歩き回るのもどうかと思い、厚地でないレギンスを探していたところ、きちんとニーズに合ったものを見つけることが出来ました。

妊婦は足腰を冷やしてはいけない、と良く言われるので、見つけられて本当に良かったです。レギンスに合わせて、マタニティ用の短パンやスカートを履くことも出来、自分が好きなコーディネートを楽しむことが出来ました。

夏にレギンスは暑いと思われがちですが、そんなことはありません。やはり腰回りはなるべくあたたかくしておいたほうがいいと思いますし、合わせ方次第で色々な服を楽しめます。おなかに余裕のあるマタニティ用レギンスは必要だと思います。

少し厚めの生地

かかお(29歳)


妊娠7ヶ月のときに、無印良品でマタニティ用のレギンスを買いました。見た目も伸びがよさそうなのと、お腹周りもしっかりカバーしてくれそうなデザインだったので、ここで買ってみようと思いました。

色は黒で、ちゃんとお腹が冷えないように少し厚めの生地だったのも魅力的でした。実際に試着してみても全然苦しさは感じなかったです。

ちゃんとお腹もカバーしてくれる長さだったので冷え等も心配せずでした。きっとぎりぎりまで使えるな。と思いましたが、実際は臨月に入ると急にお腹が大きくなったこともあり、9ヶ月ごろまでの使用でした。

マタニティレギンスは赤ちゃん本舗等でもありますが、デザインを気にするのであれば無印がいいと思います。無印のは足首等もほど良い太さだったので、妊婦でもきれいに掃けました。

ウエスト幅を調節できる

はな(27歳)


私はマタニティ服をネット通販で買っていたので、妊娠6ヶ月頃に、そのサイトで見つけて買いました。

ウエスト部分のゴムにボタンがついていて、ウエスト幅を調節できるので「もっとお腹が大きくなっても買い直さなくて済むし、産後もゴムを絞れば履けそう」と思い、そのレギンスを選びました。

産後は母乳育児のおかげでかなり痩せたので、レギンスのゴムをかなり絞ってもダボついてしまい、綺麗なラインでは履けなくなったのですが、部屋着として重宝しています。でも、一応産後も履けているので買って良かったと思います。

産後も着られるかどうかは個人差があるので分からないですが、妊娠中の冷えは大敵なので、お腹から足首まで冷えから守ってくれるマタニティレギンスは、季節を問わずかなり役立つのでオススメです。

おすすめコンテンツ