妊娠超初期の体温変化

妊娠超初期の体温変化は?妊娠兆候を早期発見する方法

妊娠超初期には、体温は高くなるのでしょうか?それとも低くなるのでしょうか?基礎体温を計ることは、ごく早期に妊娠の可能性に気づく上でとても有効な手段です。日頃から基礎体温を計っている方にも、計っていない方にも知って頂きたい、妊娠超初期の体温の変化について解説します。

妊娠超初期の体温変化は?妊娠兆候を早期発見する方法

妊娠超初期は体温の変化で早期発見!

「もしかして妊娠したかも…?」赤ちゃんを待ち望んでいる女性にとって、妊娠の兆候は出来るだけ早く見つけたいものです。

妊娠のごく初期にも様々な兆候があると言われていますが、それらの症状は人によって起こる起こらないすらもまちまちですが妊娠超初期の体温上昇は妊娠兆候として誰でも起こるもので信憑性が高い要素です。
日頃から月経周期が安定している人で「基礎体温」を計っている方は特に、月経が遅れたり、つわりが始まったりする前に、その兆候に気付きやすいと言えます。

体温計を見ている女性

まだ基礎体温を計ったことがない方も、妊娠と体温の関係を正しく知って、小さな幸せのおとずれにいち早く気がついてみませんか?

月経周期と基礎体温の関係

基礎体温を継続的に計り、記録することで、自分の体のリズムが分かってきます。
では、妊娠超初期の体温はどのように変化するのでしょうか?

女性の月経周期は、ほとんどの女性で25~38日。月経期間は3~7日間と言われています。女性であればごく身近な、この月経周期に伴って変化する体温のことをご存じでしょうか?
これは「基礎体温」と呼ばれるものです。聞いたことがある、という方ももちろん多いですよね。

想像妊娠は基礎体温でわかる!妊娠や不妊を知らせる3法則
想像妊娠は基礎体温でわかる!妊娠や不妊を知らせる3法則
想像妊娠は基礎体温を測ることで、予防・早期発見が可能です!また、基礎体温をつけることは妊娠しやすい身体づくりにも役立ちます。基礎体温による想像妊娠と本当の妊娠の見分け方のポイントを紹介します。

基礎体温は安静状態にあるときの体温

基礎体温とは、体が一番安静な状態にあるときの体温のことを言います。平たく言うのでしたら、何もしていないときの体温、ということになります。
朝はなるべく同時刻に目を覚まし、あらかじめ枕元に用意しておいた婦人体温計をそっと取って、舌下で体温を計るのです。これを毎日繰り返します。

この基礎体温を記録していくと何になるのかと言うと、女性の体をコントロールしているホルモンの動きを知ることが出来ます。

高温期と低温期の周期

基礎体温のグラフ

体温が高い時期を「高温期」と呼び、この体温を上げる働きをするホルモンを、「プロゲステロン」と呼びます。また、体温の低い時期を「低温期」と呼び、この体温を下げる働きをするホルモンを、「エストロゲン」と呼びます。

女性の体は、この2つの女性ホルモンによってコントロールされているので、基礎体温が高い時期と低い時期があるのです。

月経が始まって、2週間位の間は「低温期」が続きます。その後、排卵が起こると今度は「高温期」の時期が2週間位続きます。
このサイクルは妊娠が成立しない限り繰り返し続きますが、プロゲステロンの働きが活発になる高温期が14日以上続いた状態になると、妊娠の兆候だと言われています。
元々高温期の期間が長い方は、いつもの期間プラス2日以上で、妊娠の兆候と判断することが出来るでしょう。

また、普段の高温期よりも、妊娠したときの方がさらに体温が上がった、という方も多いようなので基礎体温表を見るときの参考にしてみてくださいね。

妊娠超初期は妊娠0週から4週のこと

そもそも、妊娠超初期とは、いつぐらいのことを言うのでしょうか。
妊娠週数は最後の月経の開始日から数えますが、妊娠超初期と呼ばれるのは、およそ妊娠0週から4週までの事を言います。

このころは、「なんとなく熱っぽい」「だるい」などの他、つわりの症状が出てくることもあります。しかしこれらは4週目以降に出てくることが多いため、まだ妊娠に気がつかない方も多いでしょう。

さらに、妊娠ごく初期の頃はまだ妊娠検査薬も反応しないので「もしかして?」と気づけるのは、やはり基礎体温を毎日計っている方なのではないでしょうか。

妊娠検査薬はいつから?産婦人科は受診した方がいい?

体温計を見ている女性

基礎体温表をつけていて、高温期が14日以上続いている…ドキドキして、早く妊娠の有無が知りたくなってしまう気持ち、よく分かります。
でも一般的な妊娠検査薬は、月経予定日の1週間後から使用できるように作られていますから、あまりにも早く検査をして、陰性だった…なんてがっかりすることのないようにしてください。

基礎体温表を持って産婦人科に駆け込みたくなるかもしれませんが、それも少し早いかもしれません。
お医者さんに「おめでたですよ」と言われるには、超音波検査をして下記の3つの条件を満たしていなくてはいけません。

  1. 赤ちゃんのお部屋(胎嚢)が見える
  2. 赤ちゃんの姿(胎芽)が見える
  3. 赤ちゃんの心拍が確認できる

妊娠超初期では、まだこれらを確認することが難しいのです。たとえ妊娠検査薬で陽性反応が出ていても、ごく初期の妊娠4週目あたりでは、赤ちゃんが見えないことも…。はやる気持ちを抑え、大体5週目かな?と思える頃に受診されるといいのではないかと思います。

そして、たとえ受診した際に赤ちゃんが確認出来なくても、気を落としすぎず、基礎体温で高温期が続いているようでしたら、期待しながら次の検診を待ちましょう。

妊娠していても体温が下がるインプランテーションディップとは?

妊娠超初期の基礎体温の変化の仕方と非妊娠時との違い
妊娠超初期の基礎体温の変化の仕方と非妊娠時との違い
妊娠超初期の基礎体温は、どのように変化するかご存知でしょうか?妊娠を意識し始め、基礎体温を測り始める方も多いかと思います。基礎体温を測る事は、女性の体のリズムを知るのにとても有効な手段です。そこで今回、妊娠超初期の基礎体温について、妊娠の仕組みと共に、詳しく説明いたします。

ほとんどの方は聞き慣れない言葉だと思いますが、「インプランテーションディップ」について説明したいと思います。
これは、妊娠超初期に起こる一時的な体温の低下のことで、高温期の途中で1~2日間ほど基礎体温が下がるものの、またもとの高温期に戻るという現象です。

高温期が続いていて「妊娠したかも?」と期待していた矢先、基礎体温が下がってしまったらがっかりしてしまうかもしれません。
ですが、このように妊娠していても一時的に体温が下がることがある、ということも知っておいてください。

この現象は妊婦さんの2割程度に見られるというもので、妊娠していたから必ずあるというものではなく、また、インプランテーションディップがあったからといって、必ず妊娠している、というわけでもないようです。

日本ではまだなじみがなく認知度も低いのですが、アメリカなどでは研究が進んでいるようですので、これからもっと確かなことが分かってくることでしょう。

計り間違いにご注意を

他にも、高温期が続いていて妊娠している兆候が見えるのにもかかわらず、基礎体温が下がってしまった、ということがあります。それは、いわゆる「計り間違い」によるものです。実はこれが一番多いそうです。

ちゃんと計ったつもりでいつものように計れていなかったとか、部屋がいつもより寒くて冷えてしまったとか、何かしらの理由できちんと計れなかった…というのはよくあることですので、あまりがっかりせず、次の日以降も計測を続けましょう。

妊娠超初期の体温変化・正しい基礎体温測定でわかること
妊娠超初期の体温変化・正しい基礎体温測定でわかること
妊娠超初期の体温変化に見る特徴は?妊娠超初期のホルモンバランスの変化から見る体温の変動、体調の変化、基礎体温表の捉え方、基礎体温の測り方を紹介!基礎体温を通して妊娠超初期の体調管理をして行きましょう!

基礎体温は正しく測るポイント

基礎体温の計り方については少しお話しましたが、これから実際につけてみたい、という方のためにもう少し詳しく触れておきたいと思います。
基礎体温をつける上で大事なポイントは5つあります。

体温計をくわえる女性

  1. 毎日決まった時間に計る。
  2. 朝起きたときにすぐ計る。
  3. なるべく安静にした状態で計る。
  4. 専用の体温計を使って舌下で計る。
  5. 忘れず記録する。

記録は毎日つけることが肝心です。
また、安静時の体温でないと意味がないため、目覚めるのと同時に、なるべく動かない状態で静かに計ることが条件です。

起き上がってしまうと、体温が上がってしまうため、必ず寝た状態のまま計ってください。そして、体温計は専用の「婦人体温計」を使用してください。
細かい計測は普通の体温計では無理だからです。婦人体温計は、脇の下ではなく、舌の下で計ります。朝目覚めたとき、すぐに手が届くように枕元などに置いておくといいでしょう。

記録をつけるための基礎体温表は、お近くのドラッグストアや薬屋さんで購入することが出来ます。
最近は便利で高機能なアプリもありますので、紙よりスマホで管理したい!という方は下記を参考にされてみてはいかがでしょうか。


ルナルナのアプリ

ルナルナ 体温ノート:基礎体温グラフで妊娠・妊活・体調管理

Androidアプリの案内

iPhoneアプリの案内

妊娠超初期症状には体温が上がる以外にもこんなことが

個人による差が大きい妊娠超初期の症状ですが、基礎体温が上がる以外にも妊娠の兆候と思われることがありますのでいくつかご紹介しましょう。
妊娠が成立すると、女性ホルモン「プロゲステロン」の量が増えることによって高温期に突入することはすでにお話しましたが、このホルモンの働きによって様々な症状が出てくると考えられています。

風邪症状や生理前に似た症状を伴う人もいます

風邪に似た症状

たとえば、熱っぽくなる、ぼーっとする、だるかったり、頭痛がしたり、風邪に似た症状が現れることがあります。

生理のときに似たような下腹部痛が起こることもあります。これは、子宮が収縮することによって起こると考えられています。
また、においが気になる、気持ち悪い、食べ物の嗜好が変わったなどのつわり症状が早期から現れる場合もあります。他にもおりものの変化や、トイレが近くなったなんて方も…。

中でも風邪をひいたときに似ているという人は多いので、妊娠を意識されている方は、ちょっと風邪の症状が出たからといって、安易に薬を飲むことは控えた方が良いかもしれません。

妊娠かな?と思ったときから…妊娠超初期の過ごし方

基礎体温を計りはじめて、妊娠を意識されている方はささいな変化にも敏感になっていることが多いようです。それも無理はありません。赤ちゃんが欲しいという思いは、女性にとってかけがえのない願いなのですから。

しかし「妊娠する」ことだけにとらわれず、心も体も健やかな妊活ライフを送ってみてはいかがでしょうか?いざ赤ちゃんが出来て振り返れば、妊娠したいと必死に考えていたことも良い思い出になるかもしれませんが、やはりそれがストレスになってしまうのは避けたいところです。

少しのことで一喜一憂するのではなく、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんをお腹に迎える準備をされてください。
体を冷やさないようにすること、食べ物に気をつけること、きちんと睡眠をとることなどが、実は妊娠の前からとても大事なことなのです。
気持ちよく妊娠生活40週のスタートラインに立つためにも、どうぞそれまでの生活も穏やかにお過ごしください。

おすすめコンテンツ