Loading

妊娠中のヘアカラーは要注意?

妊娠中のヘアカラー・市販はダメ?胎児や肌への影響は?

妊娠中のヘアカラーは妊婦さんの肌荒れを引き起こしやすい?お腹の赤ちゃんは大丈夫?市販のセルフカラーリング剤の影響や妊娠中のヘアカラーにまつわるリスク、美容室へ行く時期やヘアカラー回数を少なめにするための工夫など妊娠中のヘアスタイルの維持に関して知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中のヘアカラー・市販はダメ?胎児や肌への影響は?

妊娠中にヘアカラーをするときに気をつけたいことや赤ちゃんへの影響

お腹に赤ちゃんを宿すと、妊娠前には気にもしなかったことが気になるようになってくるもの。食べものや飲みものなど直接口にするものはもちろん、肌質や体質が変わったように感じて自分が身に付けるものにも敏感になることも。

妊娠中のママが気にすることの1つに【ヘアカラー】があります。
妊婦だってママになったって、オシャレを楽しみたいものですが、お腹の赤ちゃんに影響があることなら避けたいと考えますし、肌荒れしやすい妊娠中は多少なりとも髪や肌の健康を左右する恐れのあるヘアカラーの薬剤を塗布するのはやっぱりリスキーであるように感じますよね。

妊娠中のヘアカラーはお腹の赤ちゃんには影響はないのでしょうか?また、妊娠中の肌にはどんな影響があるのでしょうか?妊娠中に美容院に行くときの注意点と併せて、早速、確認していきましょう。

妊娠中のヘアカラーで一番気になるお腹の赤ちゃんへの影響の有無

妊娠中のヘアカラーで気になること

妊娠中にヘアカラーをすることによって、お腹の赤ちゃんにどのような影響があるのか?が気になるところですが、医師によって妊娠中のヘアカラーに対する意見は違ってきます。

ヘアカラーの成分が胎児に影響があるという証拠はない

「ヘアカラーの成分が頭皮など皮膚から体内に染みこんで、胎児に良くない影響を与えるのでは?」と考える妊婦さんも多いのですが、ヘアカラーが胎児に何かしらの影響があったという証拠はありません。0歳と4歳の現役ママである筆者も、妊娠中ヘアカラーをする前に心配で産婦人科医に問い合わせたことがありますが、「成分が体内に入ったとしても、胎児まで届くことは考えにくい」とのこと。

確証はないけれどおそらく大丈夫…つまり「絶対に大丈夫!」と言いきれないのは、きちんとデータとして発表されていないからです。

アルコールやタバコは胎児に悪影響を与えるデータも提示され医学的にハッキリしていますが、ヘアカラーに関してはまだその安全性は確立されていません。医師によって見地や考え方の違いも大きいほうでしょう。

妊娠中にヘアカラーをするときの注意点

妊娠中にカラーリングをすると、ヘアカラーの成分が頭皮から体内に入り込み、それが胎児にまで移行する…というのは、ちょっと考えにくいにはしろ、妊娠中のヘアカラーがあまり良く思われていない理由は他にもあります。

妊娠により女性の身体は目には見えない部分が大きく変わっていきます。非妊娠時と比べ体質が変わった、敏感になったと感じる人も多いはず。

非妊娠時は大丈夫だったものでも、今までにないような肌トラブルに見舞われてしまうことも少なくありません。妊娠中のヘアカラーは胎児への影響よりもどちらかというとご自身の肌への影響のほうが大きいと言えます。肌が負けて荒れてしまわないように、あらかじめ妊娠中のヘアカラーの注意事項についてしっかりと確認していきましょう。

妊娠中のヘアカラーはパッチテストを忘れずに

妊娠したら今までになく肌がガサガサになった、少しの刺激で湿疹が起きやすくなってしまった・・・など肌トラブルが発生しやすくなる傾向があります。妊娠中のヘアカラーはパッチテストを行ってから、が安心です。

妊娠中は頭皮が敏感になっている!

妊娠中、女性の体は妊娠を継続させることに注力します。ホルモンバランスが大きく変わり、その影響でママ自身の若干免疫力が低下したり、水分が不足しやすく便秘ぎみになったり、寝不足や疲れやすさも顕著になり、さらに、妊娠初期はつわりで妊娠中期から後期は胃の圧迫で食事による栄養摂取が偏りやすいなど、肌の健康が左右されてしまいやすい要素はいたるところに潜んでいます。

髪の毛が生えているので顔や手、足の皮膚とは違うようでも、頭皮も立派な皮膚です。また、ヘアカラーヘアカラーによって、頭皮のトラブルが起きやすいという面から考えると、妊娠中のヘアカラーは避けた方が良いと言われるかもしれませんね。

つわりの症状とは?妊娠初期の体調変化を乗り越えるコツ
つわりの症状とは?妊娠初期の体調変化を乗り越えるコツ
つわりの症状は個人差が大きいのですが、妊婦の約8割がつわりを経験すると言われています。辛いつわりはいったいいつ終わるのか…。具体的なつわりの症状と緩和法、妊娠初期の体調不良を乗り越えるコツを紹介!

市販のカラーリング剤は肌が荒れやすい

市販のヘアカラーリング剤は妊娠中の使用は注意

市販のカラーリング剤は、慣れない人でもある程度ムラが無くきれいに染められるように強めの薬剤が用いられているため、美容院のカラーリング剤よりも肌や髪質に影響しやすいと言えます。
ただでさえ肌が敏感になっている妊娠中、市販のカラー剤を自分で塗ると、髪の毛だけではなく顔や首、手の皮膚にも付着してしまう可能性が高いのでかぶれが広範囲に及ぶ心配もあります。

妊娠中のヘアカラーは自分でやるのではなく、美容院にて美容師にお願いするのが安全ですね。最近では、低刺激のヘアカラー剤もたくさんあるようですよ!

今まで使い続けてきたスキンケア用品や化粧品でも突然肌に合わなくなって、蕁麻疹や湿疹に悩まされるようになってしまうことも珍しくはありません。妊娠前から通っていた美容院で、それまで何度もヘアカラーを試していたとしても、妊娠後は改めてパッチテストをおこなって頭皮に影響がないのか確認するようにしましょう。

長時間同じ姿勢が続くので、お腹の張りに注意が必要

妊娠中期から後期にかけて悩まされる機会が多くなるお腹の張りですが、自分では気づかぬうちにお腹が張っていたり、正産期を迎える前にお腹の張りの頻度が高くなると切迫早産と診断されて絶対安静が必要となることもあります。

ヘアカラーをするときは薬剤が髪の毛1本1本にしっかりと浸透するまで、同じ姿勢で過ごさなければいけないため、お腹が張りやすい妊婦さんにとって長時間同じ姿勢をキープしなければいけないということは妊娠中のヘアカラーで一番の問題となり得ます。

長時間同じ姿勢で座り続けていると血液が滞ってしまうこと、気分が悪くなってもすぐに横になって休むことができない状況もあり得ることから、お腹の張りやすい人は妊娠中のヘアカラーは見合わせるべきといえます。

妊婦でも歯医者はOK?妊娠中の歯科治療Q&Aと虫歯予防
妊婦でも歯医者はOK?妊娠中の歯科治療Q&Aと虫歯予防
妊婦さんのうちに歯医者さんに行っておきたい理由とは?妊娠中の歯科治療は治療に使う麻酔や薬、レントゲンが赤ちゃんに影響しないのかが一番の気がかり!妊娠中の歯科治療への不安や疑問にお答えします!

臭いに敏感なつわり中は無理しない

妊娠初期のつわりに注意

特に妊娠初期のつわりがある最中は、妊娠前には気にならなかった臭いにも体調が左右されてしまいがちです。ヘアカラーは鼻を突くような独特の臭いがあるので、カラーリング中に臭いが原因で気分が優れなくなってしまうことも少なくありません。さすがにつわりがひどい時期にどうしてもカラーリングしたい!という気になることもないでしょうが、ヘアカラーはつわりが落ち着いて体調が安定してからが安心です。

せっかくきれいを維持するために美容院に行っているのに、気分が悪くなって帰ってくるのは何だか悔しいですからね。ヘアカラーは時間もかかりますので、妊娠中は特に体調の良いときをチョイスするのが鉄則です。

つわりで吐き気が引き起こされる原因や吐きづわりの対処法
つわりで吐き気が引き起こされる原因や吐きづわりの対処法
つわりによる吐き気はhCG、プロゲステロン、エストロゲンといったホルモンの影響で引き起こされるのではないかと考えられています。心的要因が原因になる事もあるため、こまめな気晴らしも大切だと言えるでしょう。
つわり時期はいつから?一般的な時期や原因・乗り越え方
つわり時期はいつから?一般的な時期や原因・乗り越え方
つわりは妊娠初期から妊娠中期にかけて妊婦が苦しめられる方が多いです。いつがピークでいつ終わるのでしょうか。つわりの起こるメカニズムとその時期、つわりの原因と対処法、つわり期の過ごし方、どうして吐き気が起こるのか、その症状を緩和する方法を紹介します。

アレルギー反応に気を付けて、異常があったときはすぐに中止を

妊娠中は免疫力が低下することから妊婦さんは風邪をはじめとする病気にも気を使います。感染症とは違いますが、新たなアレルギー症状を引き起こしてしまう人も。

妊娠中の身体は自分の想像以上に敏感になっています。少しでも体調に違和感を覚えたら美容師さんに申告して、ヘアカラーを中止する対処を取るようにして下さい。

強いアレルギー反応が出ると・・・

非妊娠時にもヘアカラーの薬剤の影響で皮膚がかぶれてしまったり、赤くなってしまうだけではなく、稀にアナフィラキシーと呼ばれる強いアレルギー反応を引き起こしてしまうこともあることから、妊娠時のヘアカラーは慎重になるべき。(※1)

強いアレルギー症状は皮膚が赤くなるなどの炎症反応だけでは収まらず、呼吸が浅くなって息苦しくなったり、血圧が急速に低下することによって命の危険を感じる状態になる可能性も・・・。気をつけましょう!

妊娠初期と後期は避けるべき?

妊娠後期のお腹が張りやすいときも長時間の美容室は辛くなりがち

先にも触れたとおり妊娠初期はつわりで気分が優れないときが多いため、ヘアカラーはオススメ出来ませんが、お腹が大きくなってくる妊娠後期もまた、体型の変化から長時間同じ姿勢をキープするのが難しくなってしまいます。
妊娠中にカラーリングを行うときは、妊娠初期と妊娠後期のカラーリングは避けた方が良いでしょう。ちなみに、筆者は妊娠後期にヘアカラーを行いましたが結構大変でした・・・。

妊娠後期にヘアカラーをして、これが辛かった!

筆者は、妊娠37週のときに美容院に行ってヘアカラーをしました。ロングヘアーでカラーリングに1時間半もかかることなど全く考えずに!いつもの調子で同じ姿勢を取るだけのことが、すでに正期産に突入していた大きなおなかを支えながら長時間同じ体制をキープするわけですから、腰に負荷がかかって痛くても動きにくく辛かったことを記憶しています。

お腹の張り自体はあまり気にならなかったとはいえ、何よりも辛かったのはシャンプーのとき!シャンプー台に仰向きに寝ると、お腹の皮が突っ張っている感覚があり、とても息苦しさを感じました。思わず「シャンプーを、早めに終わりにして頂けますか?」と言ってしまったほどです。
臨月に入るとお腹も最大に大きくなってきますので、妊娠中のヘアカラーは妊娠8ヶ月から9ヶ月のときが最適かもしれませんね。

妊娠中のママにオススメのヘアスタイル

ヘアカラーの時間をできるだけ短くするという観点から、妊娠中にはショートカットやボブスタイルがおすすめ。髪の毛が短いとカラー剤を塗る時間も、浸透させる時間も短縮できるため美容室で長時間同じ姿勢を取らずに住みます。洗髪したりドライヤーで乾かしたりする時間も短縮できるので、自宅でのケアもとても楽になりますよ!

美容師さんに妊娠していることをきちんと伝えよう

お腹が大きい妊娠後期には、一目でお腹に赤ちゃんがいることを気づいてもらえますが、妊娠初期~中期はなかなか気が付きにくいところがあります。妊娠・出産経験のある女性の美容師さんや、子供がいる男性の美容師さんなら気が付いてくれるかもしれませんが、身近に妊婦さんがいないとなかなか分からないものなのです。

また、気が付いても周りからは「もしかして・・・?」と切り出しにくいという部分もあります。
「お腹に赤ちゃんがいらっしゃるんですか?」と聞いて、「ただの食べ過ぎです!」と答えられてしまったら、フォローのしようもありませんから、質問をマニュアル化しているお店以外では美容師さんからはあまり聞いてこないかもしれませんね。

妊娠中にカラーリングをするときは、妊娠しているという旨は自分からお店、または担当美容師さんへしっかりと伝えましょう。美容師さんも妊娠中だと分かれば、座りやすいようにクッションをくれたり、低刺激のヘアカラーにしてくれたり、気分が悪くなったときのための準備を知れたりと配慮してくれるはずです。

美容師さんに伝えてみたら?カラーリングの時間を短くして!

カラーリングは髪質や毛量、長さによって時間がかかることもある作業です。
カラーリングに時間がかかりそうだと判断できるときは、美容師さんに「カラーリングの時間を短くしてほしい」と相談してみるのも方法です。スタッフの空き状況によってはヘアカラーの時間を短縮するため髪の毛にカラー剤を塗るスタッフの数を増やしてくれたり、根元のみにカラーを入れるリタッチを提案してくれるかもしれません。

我慢して、気持ちが悪くなたりお腹の張りを引き起こしてしまうよりは「ワガママかな?」と思わずに、気になることは素直に打ち明けてみましょう!何か良いアイディアを提案してくれるかもしれません。

妊娠中のヘアカラー回数は少なめに

カラーチェンジの回数を少なくする工夫も必要

明るめのカラーリングをしている人や、特にショートヘアやボブスタイルの人は、スタイルを維持するために美容室に通うスパンは短いことも多いのですが、妊娠中は身体への負担を考えてヘアカラー等負担が大きいメンテナンスの回数は少なめにするのがおすすめ。髪の毛の根元が黒くなっても目立たないように、最初から全体を暗めのカラーにすれば通う回数も少なくて済みます。

明るめカラーはカラーチェンジも考えて

0歳と4歳の現役ママである筆者は、基本的にカラーは明るいベージュにしていたために根元が黒くなると目立ちやすく、小まめにカラーリングを行うために妊娠する前は月に1回のペースで髪の毛のメンテナンスに通っていました。

が、髪の毛の根元が黒くなっていることが気になるのなら、最初から目立たないようにしましょうという美容師さんの提案もあり、妊娠してからは全体的に暗めのカラーにして大正解!以前は月に1度通ってメンテナンスが必要でしたが、暗めのカラーにしたことで3ヶ月に1度のカラーリングで済むようになったのです。
妊娠中は、できるだけ身体に負担をかけることなく、「綺麗」をキープする工夫も大切ですね。

最後に!市販のヘアカラー剤より美容院でのカラーリングがおすすめ!

「美容院に行くのが面倒だから、市販のカラーリングで染めるつもり」「切迫早産気味で安静にしなければいけないので、市販のカラー剤を購入した」というプレママも少なくありませんが、これも先に説明しましたが、美容室で調合するカラーリング剤と比較して市販のカラーリング剤は慣れない消費者でも比較的色ムラなく染め上げられるように、薬液がやや強めです。
また、市販のヘアカラー剤は、美容院で使うものよりも質が落ち、かぶれやアレルギーを引き起こしやすいと言われています。

要するに、市販のヘアカラーは妊娠中は避けるべき。肌が荒れがちな妊娠中は、なるべく皮膚に刺激のない方法を髪の毛のプロフェッショナルである美容師さんにも相談しながら決めていくと安心ですね!

キレイにしていたいと思う気持ちは素晴らしい!

ファッションやメイク、ヘアスタイルは女性としての自分を楽しむ術ですし、妊娠したり子供が出来ても美容に気を遣う姿勢を持った人は、同じ女性から見ても魅力があります。
妊娠中は吐き気がしたり肌が荒れたりと、非妊娠時と比べ思うように過ごせない日の連続はあれど、体調が良くて赤ちゃんに影響さえなければ、できる限り女性としての嗜みとして美容にも気を使いたい!というのが正直な気持ちでしょう。

「これから赤ちゃんが生まれるから、できるだけ楽にお手入れできる髪型にしたほうがいいわよ」と考える人もいますし、確かにその要素も考慮すべきではありますが、もともと派手好きだった人が子供ができたからといきなり「ママらしい落ちついたファッションにしなきゃ!」と思っても、自分的に無理をしてしまうことになるのなら、基本的には自分が好きなファッション美容を軸にしていても良いのではないでしょうか?
年齢や環境変化に見合ったファッションも大切ですが、無理のない範囲での自分らしさも同じくらい尊重していきたいものです。

妊娠中のヘアカラーは慎重に!

今回は、妊娠中のヘアカラーについてお話しました。妊娠中は皮膚が敏感になりますし、今までに現れなかったアレルギーを発症してしまう確率も高まります。カラーリングをしたいときは、手っ取り早く市販のヘアカラー剤を用いるのではなく、美容師に相談して、できるだけ皮膚や身体に負担のかからない方法を探しましょう。
妊娠中でも美しい自分でいたい気持ちを大切にしながら、無理をせずにヘアカラーを楽しんでいってくださいね。

おすすめコンテンツ