葵を使って名前をつけよう!

葵がつく名前をつけたい!字の意味&男の子と女の子の名前

赤ちゃんに葵の字を使って名前をつけましょう。葵という漢字が持つ意味や成り立ち、葵という字にまつわる話や字画、男の子の名前、女の子の名前、二語名と三語名、葵の花言葉など、これさえ読めば葵を使った名付けにまつわる話はすべて分かります。

葵がつく名前をつけたい!字の意味&男の子と女の子の名前

赤ちゃんの名前を「葵」を使った名前にしたい!

葵は植物の名前です。葵と言えば、徳川幕府でおなじみ、徳川家の御紋である葵のモデルとなった双葉葵、葵の一種であるハイビスカスやオクラがあり、意外と身近な植物です。

最近は、名付けでも人気のある漢字の一つになっています。今回は、「葵」の名付けについてご紹介します。

「葵」一文字の名前をつけたい

葵ちゃん。葵くん。あおいちゃん。あおいくん。まもるくん。植物や花の名前の中では、男の子の名前としても違和感が少ない漢字です。

葵の御紋のイメージや、ハイビスカスを始めとするたくさんの葵の花の大きく元気に咲く姿が、中性的なイメージを作り出しているのでしょう。いろんな漢字と組み合わせた名前も、一文字名でも、とても素敵な名前になりますね。

「葵」が持つ意味

葵は植物・花の名前の中で男の子にも使いやすい漢字

葵は、四方に向けて花を咲かせる野菜の名前です。楚葵(そき)はセリのことを指し、鳧葵(ふき)はジュンサイを表します。また、あおい科の観賞用の植物を指す漢字でもあります。

戎葵(じゅうき)はタチアオイ、蒲葵(ほき)はビロウ、ビロウとはヤシ科の木で、よくヤシの木と間違われる木です。向日葵(ひまわり)の漢字の中にも葵の文字が使われています。これは、葵が「四方を向いて花が開き、開いて回る野菜」の象徴だからです。

男の子の名前一文字の葵は変?

葵は植物の名前の中では、男の子の名付けに使いやすい漢字です。女の子の名前と間違われることがあるかもしれませんが、葵くんは実在しますし、男の子の名前としても違和感が少ないです。

タチアオイの天に向かってまっすぐ伸びている凛々しい姿から「凛々しい男の子に育ってほしい」「まっすぐ育ってほしい」そんな思いを込めることもできますね。

葵がつく女の子の名前・二語名

葵にはいろんな種類があります。葵と名付けるなら、タチアオイの大きくて鮮やかな色が美しい、ジャコウアオイの小さくても可憐な花のような女の子になって欲しいですね。そんな願いが込められる女の子の二語名をご紹介します。

亜葵(あき)

亜が7画、葵が12画、合計19画。「亜」という漢字は、主のもののすぐ下や次ぐものという意味を持つ漢字です。土台の絵が転じた漢字で、表に出ずに下から支えるという意味もあります。タチアオイのように鮮やかな大きい花を咲かせるため、人の見えないところで地道な努力を重ねられる人になって欲しい。自分の努力によって成功を掴み取って欲しい。そんな願いが込められそうです。また「亜」という漢字は、女の子の名付けではとても人気のある漢字でもありますので、親しみが持てます。

葵依(きい)

葵が12画、依が8画、合計20画。「依」という漢字は物陰に隠れたり、寄りかかったり、頼りにするという意味があります。はかなげで、まるで守ってあげたくなるような可憐な女の子を連想させますね。ジャコウアオイやゼニアオイのように、小さくてはかない印象のかわいらしい女の子に、女の子らしい女の子に育って欲しいという願いが込められそうです。

衣という字は後ろから襟で首を隠すところを描いた象形文字です。何かの影などを拠りどころにして姿を隠しているという意味もあり、それが転じて何かを頼りにするという意味になりました。

葵子(きこ)

葵が12画、子が3画、合計15画。「子」という漢字は頭が良く、人格が優れた人につけた敬称です。孔子や老子、孟子などが有名ですね。また「子」という字は親しみや敬うような意味もあります。男性が成人した後、小野妹子や蘇我馬子などのように、そのまま名乗っている人がたくさんいました。

鎌倉時代頃になると身分の高い女性の名前に「子」をつけるようになり、大正時代頃になると華族の子女の名前に付けることが推奨されるようになりました。現在では女の子の止め字として広く使われています。2文字の名前に「子」を止め字として使用することで、女の子らしい音の響きを感じられるでしょう。

爽葵(さき)

ハイビスカス

爽が11画、葵が12画、合計23画。「爽」という漢字は、さっぱりとして気持ちが良いことや割り切っているさま、しつこくない様子を表しています。また夜明けという意味もあり、すがすがしさを感じることができます。

さっぱりとした性格は男女問わず人気があります。爽やかで、ハイビスカスのように華やかな魅力溢れる女の子に育って欲しいという願いが込められます。

珠葵(たまき)

珠が10画、葵が12画、合計22画。「珠」という漢字は丸い真珠を表す漢字で、美しいものを例えて言うときに使う漢字です。また、朱色の玉という意味や、貝の中にじっととどまっている玉という意味もあります。いずれにせよ綺麗な玉を連想することができますね。

美の女神ヴィーナスが生まれ、地面に足をついたとき、ヴィーナスの肌にしたたる水滴の一滴一滴が真珠となったという伝説が残るほど、美と真珠の関係は深いものです。

真珠のように美しくタチアオイやハイビスカスの花のように華やかな女の子になるように。また、真珠が慎み深さや清らかさの象徴でもあることから、慎み深く清らかでジャコウアオイのような可憐な女の子に育って欲しい。そんな願いを込めることもできるでしょう。

葵が付く女の子の名前・三語名

葵という漢字に2つの漢字をプラスして、より具体的な願いや気持ち、思いを込めた名前を考えてみましょう。葵は種類が多いので、華やかな花を咲かせる種類もあれば、目立たない小さな花を咲かせる種類もあります。三語名にすることで「葵」という一文字だけではパッと連想しにくいような、細やかな表現を名前に込めることができます。

葵乃花(きのか)

葵が12画、乃が2画、花が7画、合計21画。「乃」という漢字は、はっきり割り切らず間を置いてつなげる気持ちを表しています。さっぱりと割り切れない気持ちを表す漢字でもあります。

「乃」は、女の子の名付けに使われる止め字の中でも、とても人気のある漢字です。「の」と読める漢字が少ないことも「乃」に人気がある理由の一つですが、何よりこの「乃」には和風の響きや印象を感じます。

「花」という漢字には、植物の花という意味はもちろん、花のように美しい様子や人気がある物(人)、華やかな物(人)という意味があります。みんなの人気者で容姿端麗、古風な女らしさも兼ね備えた人になって欲しい。そんな欲張りな願いが込められる名前です。

由葵実(ゆきみ)

由が5画、葵が12画、実が8画、合計25画。「由」という漢字は、「~による、~から出てくる、~に由来する」という意味があります。そのことによってという意味、そのことが生じる訳や原因を表す漢字です。

由という漢字は「自由」に使われる漢字というイメージが強いのですが、もともと自由という漢字は仏教用語で、「自に由る(おのずからによる)」という言葉です。欲望からの解脱や、他の物から拘束や支配を受けないで自分自身の本能に従うという意味、無我や自己責任という意味を持っています。

「由」は、自由という漢字ももちろんですが、宇宙の宙の中にも入っている漢字ですので、何となく広い空間や、気ままな様子、思い通りの様子を連想させます。

「実」という漢字は、中身のつまった草木の実を表す漢字です。転じて内容がつまっていることや、まこと、ほんとうのこと、実際に、という意味があります。

人生を自分の思いのままに生きて欲しい。実のある人生を送って欲しい。実のある人間に育って欲しい。そんな願いが込められそうです。

葵が付く男の子の名前・二語名

花の中ではどちらかと言えば中性的なイメージを持つ葵。多くの花が持つ柔らかいイメージだけではなく、ひまわりのように強く凛々しくたくましい茎の姿は、男の子の名前に用いても違和感を感じさせません。

敦葵(あつき)

敦が12画、葵が12画、合計24画。「敦」という漢字はずっしりと安定しているという意味を持っています。また、おさめる、元の場所に落ち着けるという意味の他にも情が厚いという意味があります。

葵の太い茎、まっすぐに立つ姿のイメージと、敦の漢字が持つずっしりと安定している様が安定や安心を連想させます。人に安心感を与えられる、落ち着いた人になって欲しい、情に厚い人に育って欲しいという願いが込められます。

誠葵(まさき)

誠は13画、葵が12画、合計25画。「誠」という漢字は、嘘やごまかしのない心や言動、ごまかしのない真実という意味を持つ漢字です。誠実な心を持つ人になって欲しい、大地にまっすぐ根を下ろし安定した人生を送って欲しいという願いが込められそうです。

佑葵(ゆうき)

困っている人に手を差し伸べている男性

佑が7画、葵が12画、合計19画。「佑」という漢字は、外側からかばい助けるという意味がある漢字です。この「佑」の右側の「右」は手と口という意味があり、転じて神の助けという意味があります。

右手は、何かをかばって抱きかかえるという意味を持っています。ここから「佑」の漢字はかばって保護をするという意味を持つようになりました。

葵のようにしっかりと立ち、安定した人生を送りながらも、困った人に自然と手を差し伸べられる優しい心を持った人になって欲しいという願いを込められますね。

葵が付く男の子の名前・三語名

葵は、組み合わせる漢字によっては性別を間違えられることがあります。男の子らしい2つの漢字を組み合わせることで、葵という植物の持つ強いイメージを引き出すことができます。

太真葵(たまき)

太が4画、真が10画、葵が12画、合計26画。「太」という漢字はとても膨れている、豊かな様子やゆったりと落ち着いている様子を表す漢字であり、親や年長者など目上の人の呼び名につける尊称です。

「真」という漢字は嘘や偽りがないこと、偽らないことや飾りが無い情、真心や誠意という意味の他にも、不完全な部分や不足した目方がないこと、充実した様子を表す漢字です。欠け目がなく充実しているという意味があります。

誰に対してもまっすぐで偽らず、誠意を尽くし、等身大の自分を見せられる穏やかな心を持てることは、人としてとても魅力がありますね。誰に対しても真心を示すことができる人、誠実でいられる人になって欲しい。将来、金銭的な苦労をせずゆったりと生きられるようになって欲しいという願いを込められる名前です。

由宇葵(ゆうき)

由が5画、宇が6画、葵が12画、合計23画。「由」という漢字は、事が生じる訳や原因や「~から出てくる」「~に基づく、由来する」という意味を持つ漢字ですが、「自由」という漢字に使われている字であるイメージが強いです。

もともと自由という漢字は、「自に由る(おのずからによる)」という言葉で欲望からの解脱や、他の物から拘束や支配を受けないで自分自身の本能に従うという意味、無我や自己責任という意味を持つ仏教用語です。

「宇」という漢字は大きな屋根がある家や、大きなひさしを表す漢字です。すべての空間や大きな空に覆われた空間という意味の他に、空間の大きさ自体を表す漢字でもあります。

地にしっかりと根を張って立ち、自分の言動に責任を持つことができる人、大きな心で周りの人を守ることができる器の大きな人になって欲しいという願いが込めてみましょう。

男の子にもピッタリ!「葵」の花言葉

タチアオイの花言葉は、「大望」「野心」「豊かな実り」「気高く威厳に満ちた美」です。どの花言葉も親の願いを代弁したようなものばかりで、葵という漢字が名付けに向いていることを物語っています。ここでは、男の子の名前につけてもおかしくない上に、こんなにも名付けにピッタリの葵の花言葉の意味をご紹介します。

「大望」

大望は、大きな望み、野望と言う意味です。子供には色んな物を手に入れて欲しい。色んな物を見て色んなことを知って欲しい。親が子供にそう願うのは当然の感情です。そんな親の願いを「葵」の一文字に込めることもできますね。

「野心」

この言葉にも大きな望みという意味があります。野心には分を超えるようにみえる大きな望みという意味も含まれるのですが、親のわが子にかける望みというものは得てしてそういうものです。

自分よりも立派になって欲しい。自分よりも大成功して欲しい。自分よりももっと幸せになって欲しい。それこそが親の大望であり野心です。

「豊かな実り」

長く伸びているタチアオイ

「豊かな実り」とは、子供の人生が大きな実りを得られるようにと願う親の気持ちそのものではないでしょうか。タチアオイが鮮やかで大きな美しい花を咲かせるように、子供の人生も成功という大輪の花を咲かせて欲しい、豊かな実りに満ちたものであって欲しいですね。

「気高く威厳に満ちた美」

日の当たる場所で堂々と人生を送って欲しい。媚びたり卑屈になることなく、自分に自信を持って生きられる人になって欲しい。そんな気持ちがこの花言葉に込められますね。

葵ってこんな字!

くさかんむりの下の「癸」とは、十干(じっかん)の十番目の字です。十干とは、十二支と組み合せて使う10個の字で、昔は年や日を表すことに使われていました。中国の世界観を示す陰陽五行説では、癸は水の陰とされ、物静かなイメージがある春の小雨や小川などを表す字とされています。努力や知性という意味も持ち合わせています。

字源

「くさかんむり」は並んで生えた草の象徴です。「癸」には、二本の木を十字に組み合せて日の出、日の入りや、東西南北の方位を知る器具という意味が含まれており、この二つのことから「四方に向けて花びらを開く花」葵という文字ができました。

音読みと訓読み

音読みは「キ・ギ」訓読みは「あおい」と読みます。

字画

字画は12画です。

「葵」にまつわる話

源氏物語のイラスト

葵という花は、昔から日本人に愛されてきた、どこか不思議な力を感じさせる花と言えます。葵と聞いて、源氏物語に登場する光源氏という容姿端麗な貴族が初めて正妻に迎えた女性である、「葵の上」を最初に思い浮かべる人も多いでしょう。もしかしたら、約260年続いた徳川幕府の家紋を思い出す人もいるかも知れません。

また、平安時代に活躍した武将「木曽義仲」の恋人であった葵御前、恋のライバル巴御前ともども戦場で戦った勇ましい女性を挙げる方もいるでしょう。いつも日本人の身近にあった葵は、その時々で、心に忍ばせた「大望」や「野心」を華やかな姿で覆い包んできたのです。

赤ちゃんに人気の名前「葵」をつけよう

「葵」は、男の子にも女の子にも違和感なく名付けられる人気の名前です。華やかな姿とはうらはらの、まっすぐ前に進む凛々しさも感じられることから、名付けの人気が高まっています。

「葵」には、文字にも読み方にも素晴らしい意味があります。赤ちゃんに「葵」の名前をつけるなら、大人になった時に、「こんな願いを込めて名付けたんだよ」と話してあげられるように、いっぱい悩んであげてください。

おすすめコンテンツ