Loading

祝妊娠!妊娠初期の過ごし方

妊娠初期の過ごし方・快適マタニティライフのための心得

妊娠初期の過ごし方で気を付けたいことはたくさん!でも安静にってどの程度大人しくすればよいのか、仕事がある人は妊娠初期に職場に伝えるのはまだ早いかしら?など妊娠初期の過ごし方は不安や疑問点だらけ!つわりで食事がつらいときの対応など大切な妊娠初期は無理なくストレスフリーを優先して!

妊娠初期の過ごし方・快適マタニティライフのための心得

待ちに待った妊娠!マタニティライフの幕開けに大切な赤ちゃんのために知っておきたいこと

何だか胸がムカムカする、頭がぼうっとする、そういえば生理も遅れている…妊娠検査薬を使ったらなんと陽性!驚きと喜び、でもまだまだ実感がわかない、そんな気持ちが妊娠初期ではないでしょうか。

妊娠初期は、ゴマ粒より小さい赤ちゃんがレモン1個ほどの大きさにまで急激に成長するとっても大切な時期です。ママのホルモンバランスも大きく変化し、妊娠全期間を通じて一番体調を崩しやすい時期でもあります。
そんな妊娠初期はどのように過ごしたらよいか、ママと赤ちゃんにどんな変化があるかについて解説します。

妊娠初期の過ごし方~ママの生活が一変!日常のQ&A

お腹が大きくなる前に上の子と思い切り遊ぶママ

妊娠初期は急激に身体の状態が変化するので体調を崩しがちです。
妊娠中は投与できる薬も制限され、つらい症状が出ても対処できないことがあるので、無理をせずにできるだけゆっくりと過ごしましょう。

妊娠初期の「安静に」はどの程度?

切迫流産などの診断が出ていない場合は、日常生活はこれまで通り過ごして構いません。ただし、「転倒」には注意しなくてはいけないので、以下のことは避けましょう。

・これまでしていなかった運動を新しく始めること
・重いものを持つこと
・高いところに登ること(はしごや脚立など)
・全速力で走ること

上のお子さんとのかかわり方

安静に過ごしましょう、と言われても上のお子さんがいる場合は、10kg以上のお子さんを抱っこしたり、追いかけて走ったりせざるを得ない場合がありますよね。その場合はどうしたらよいでしょうか?
「ママはお腹に赤ちゃんがいるからちょっと抱っこは我慢してね」と言って通じる年齢であればよいのですが、そうでない場合は、全く抱っこしないのも難しいですよね。
ご自身の身体と相談しつつ上の子のお世話を行い、もしお腹が張ってしまうようなことがあれば抱っこは避けて、別の方法でスキンシップをたくさんとってあげましょう。

また、お散歩などでは上の子がすぐどこかへ行ってしまうためいつも走って追いかけている…という場合はママの転倒が心配です。そんな時はこんなグッズに頼ってみてはいかがでしょうか。

出典:www.youtube.com

こちらのリュックはハーネスがついているので、お子さんをある程度自由に歩かせつつ、危ない時には走って追いかけなくても止めることができます。
もしかすると、中高年の方から「犬みたいでかわいそうに…」と言われてしまう可能性も無きにしもあらずですが、ママの身体を大事にすることと、お子さんの安全には代えられません。

またこのリュックは、背中がまんまるのシルエットになっておりふくらみがあるので、後ろ向きに転倒してもリュックがクッションになり、頭を打つこともありません。

公式ページは、海外のサイトで内容がよくわからないという方は「リトルライフ アニマルデイサック」と検索するとAmazonや楽天のページがヒットしますので見てみてください。

妊娠初期の食事は?

妊娠初期はまだ赤ちゃんはママからの栄養をもらって成長するわけではありません。ママは、赤ちゃんの分まで栄養を摂る必要はなく、妊娠前と変わらないカロリー摂取を心がけてください。

妊娠前に高カロリーの食生活を送っていた方は、妊娠により太りやすくなりますので和食中心のヘルシーな食生活に変えていくことを心がけましょう。
どんな食事が良いかわからない、という方はこちらの書籍も参考にしてみてください。


赤ちゃんが元気に育つ 妊娠中の食事レシピの画像
出典:www.seibidoshuppan.co.jp

赤ちゃんが元気に育つ 妊娠中の食事レシピ

価格 : 1,260円(税込)

妊娠の時期ごとにおすすめのレシピが掲載されています。母乳に良い食事レシピも掲載されているので、産後も長く活用できます。

つわりがある時の食事

つわりがある時は、食べることはもちろん作ることもつらい日々が続くでしょう。この時期は、無理をして食べる必要はありません。少しでも口に入れられるものをご自身で探して食べるようにしてください。

食欲がわかず、痩せていくこともある吐きづわり

つわりの中でも最もハードなのが吐きづわりです。例えていうなら24時間船酔いか2日酔いが続くような感じです。

中には、全く食べ物や飲み物を口にできず、脱水症状が起こりどんどん体重が減ってしまう「妊娠悪阻」になってしまう人もいます。その場合は点滴治療などを行います。
点滴でつわりそのものも楽になることがあるので、あまりにつわりがひどい場合は遠慮せずに主治医に相談しましょう。

つわりの症状とは?妊娠初期の体調変化を乗り越えるコツ
つわりの症状とは?妊娠初期の体調変化を乗り越えるコツ
つわりの症状は個人差が大きいのですが、妊婦の約8割がつわりを経験すると言われています。辛いつわりはいったいいつ終わるのか…。具体的なつわりの症状と緩和法、妊娠初期の体調不良を乗り越えるコツを紹介!

食べることができないので、「お腹の赤ちゃんが育たないのでは…」と心配になるかもしれませんが、大丈夫です。赤ちゃんは、胎盤が完成してママから栄養をもらえるようになるまでは、「卵黄嚢」といういわば「お弁当箱」から栄養をもらっているからです。

●この頃は栄養バランスを考えなくてもOK!

赤ちゃんはお弁当箱によって成長しているので、ママは食べられるもの、飲めるものを少しでも口にしましょう。
先輩ママの、「吐きづわりがひどくてもこれなら大丈夫だった!」という食べ物、飲み物にはこんなものがあります。色々試して、少しでも楽になるものが見つかるといいですね。

吐きづわりさんでもこれなら飲めた!

・レモン水
・梅ジュース
・三ツ矢サイダー
・リプトンのレモンティー
・ジンジャエール

吐きづわりさんでもこれなら食べられた!

・マクドナルドのフライドポテト
・トマト
・チョコレート
・グレープフルーツ
・アイス

気を付けないとあっという間に体重オーバー!食べづわり

食べづわりの場合は、食べていないと気持ちが悪くなってしまうことに加え、食欲も増している状態なのでどんどん食べてしまいます。しかも妊娠中は黄体ホルモンの影響で太りやすくなっているので、簡単に体重が増えていきます。

妊娠中のダイエットの正しい方法、出産までの体重管理術
妊娠中のダイエットの正しい方法、出産までの体重管理術
妊娠中のダイエットの正しい方法とは?激しい運動や食事を摂らないといった自己流ダイエットは赤ちゃんを危険にさらす危険大妊娠初期・中期・後期の体重管理のコツ、食事や運動面での適切なダイエット法を紹介!

胎盤が完成するまでの赤ちゃんは、ママから栄養をもらって成長しているわけではないので、この頃増えた体重は全てママの脂肪です。
食べづわりさんは、産院から体重増加について怒られてしまうことも多いでしょう。でも、気持ちが悪いのを我慢するのは難しいので、太りにくく、ちょこちょこ口に入れられるおやつで乗り切りましょう。

食べづわりさんにおすすめのおやつ

・おしゃぶり昆布
・こんにゃくゼリー
・牛乳寒天
・カリカリ梅
・カロリーゼロの飴

カロリーゼロの飴は、こちらがおすすめです。


ラカント カロリーゼロ飴の画像
出典:www.lakanto.jp

ラカント カロリーゼロ飴

カロリーゼロの飴の多くは、「アスパルテーム」や「スクラロース」といった合成甘味料を使用しています。これらの合成甘味料については、安全性についてはまだ議論の余地があるようなので、妊娠中の方にはあまりおすすめできません。しかし、ラカント カロリーゼロ飴に使われている原材料、成分は全て安全性の高いもの。

甘味料として使われている「エリスリトール」は、果実などに含まれている天然成分です。その他、甘味料として「ラカンカエキス」が配合されていますが、こちらもウリ科の植物から抽出された天然成分です。ちなみに、もう一つ気になる原材料名に「ポリデキストロース」がありますが、これはトウモロコシを原料にした食物繊維のことです。

妊娠初期の仕事は?

妊娠が分かり職場の同僚に報告する女性

妊娠が判明した直後は体調の変化が大きく、思うように仕事が進まないことがあります。また、妊娠が判明した時点で産休入りも確定したことになります。

バリバリと仕事をこなしてきた人にとっては、これまでと同じように仕事ができない、仕事を増やすことができないともどかしい思いに駆られることもあるかもしれません。
でも、お腹の赤ちゃんとママの身体を最優先に考えた仕事のやり方に変えていくことが必要です。

上司やチームメイトへの報告

妊娠すると、体調が悪くなるだけではなく妊婦健診の受診や、気になる症状があったときの緊急の受診など、会社を休んだり席をはずしたりしなければいけないことが度々出てきます。

妊娠をまだ報告したくないという場合もあるかもしれませんが、別の理由でカモフラージュしながら休みをとるのも限界があります。
身体に無理のない範囲で業務を行い、心配なことがあったら気兼ねなくすぐに受診ができるよう、なるべく早めに上司やチームメイトには報告しましょう。それが、結果的に一番迷惑をかけない方法になります。

妊娠初期に仕事をするうえで注意すべきこと

幸いにも仕事に支障が出るような体調の変化が起こらなかった人も、無理は厳禁です。
日本労働組合総連合会の調査によれば、妊娠中に1日9時間以上働いていた人は4人に1人が早産していたということです。

仕事には必ず代わりがいますが、赤ちゃんのママに代わりはいません。「この仕事は自分じゃないとできない」と無理に仕事をし、体調を崩して仕事に穴をあけるより、予め仕事の量をセーブし、休んでも誰かにフォローしてもらえるように体制を整えることのほうがよほど「仕事ができる人」と思われます。

約半年後には産休も待っています。
ご自身の業務内容を可視化し、引継ぎの準備をしておくのに早すぎることはありません。

仕事をしている人にはつらい眠りづわり

妊娠がわかってから、とにかく眠くて仕方がない…。こんな人も多くいるでしょう。これもれっきとしたつわりの症状のひとつ。食事以外の面でもつわりの症状は出てくるのです。
上司に妊娠をまだ伝えたくない、あるいは伝えていても「眠りづわり」はなかなか理解してもらえない、というケースは多く、仕事をしている妊婦さんには悩ましい症状です。

妊娠していない時は、仕事中に眠くなればブラックコーヒーなどカフェイン飲料を飲んで乗り切ることもできますが、妊娠中はカフェインもあまり摂りたくないもの。
そこで、仕事中につらい眠りづわりを乗り切るアイディアを集めてみました。

仕事中の眠りづわり、こうして乗り切ろう!

・会議中は眠くなってしまうことが多いので、出なくてもよい会議はなるべく欠席させてもらえるよう上司にお願いし、後で議事録を確認
・(妊娠を伝えている場合は)ちょっと気分が悪いのでトイレに少し行ってきます、と伝え、トイレで仮眠をとる
・昼休みにはアラームをかけてトイレで寝る
・デスクワークなら、積極的に電話をとる
・家事は最低限にし、家ではなるべく睡眠時間を多く確保する

妊娠初期の運動は?

高齢出産を控え運動を始める女性

妊娠初期には、運動は推奨されていません。胎盤が完成し、ママの体調が安定し始める頃に、医師の許可を得て始めるようにしましょう。目安は妊娠12週以降です。

妊娠初期の自転車

自転車は転倒の危険があるのでおすすめできません。妊娠中だけでも、公共の交通機関を使って安全に移動するようにしましょう。

妊娠初期のストレス、不安や心配ごととの向き合い方は?

妊娠初期は、まだ自分がママになるということに実感がわかず、不安でいっぱいになることもあるでしょう。また、お腹の赤ちゃんの無事を心配し、インターネットで色々なことを検索し、ネガティブな情報にたどり着いてさらに心配が増してしまうこともあります。

ママになる心の準備は、できていないのが普通です。出産してからでさえ、すぐには実感がわかないものです。赤ちゃんのお世話を必死にすることを通じて、徐々にママになったと実感ができることでしょう。今は、まだ焦る必要はありません。

心配性のママは、インターネットで不安なことに関するキーワードを検索しないようにしましょう。
インターネットでは、極まれにしか起きないことの体験談や不幸な経験に関する話題がどうしても目についてしまいます。
そういった情報を目にして必要以上に心配しても、何も良いことはありません。
「こういうこともあるんだなあ」と、冷静にとらえられないのであれば、検索するのはやめましょう。

妊娠初期はこんな時期!妊娠初期のママと赤ちゃんの変化

食欲が増している妊娠中の女性

妊娠初期とは、妊娠0週~妊娠15週までを指します。
といっても最後の生理開始日を妊娠0週0日と数えるので、妊娠0週はまだ赤ちゃんはできていない状態ですし、もちろん妊娠検査薬も反応しません。妊娠検査薬が反応するのは、個人差もありますが妊娠5~6週目くらいです。その頃には、多くの人が何らかの体調変化を感じます。

妊娠初期のママ 様々な身体の変化が起こる理由

妊娠検査薬は、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)ホルモンを検出することによって反応します。hCGホルモンは、妊娠を継続させるための黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促す働きがあります。

プロゲステロンの分泌が増えることによって、身体には様々な変化が起こります。

プロゲステロンの分泌で起こる身体の変化

・子宮の収縮を防ぐよう働くので、その影響で内蔵全体の動きが悪くなり便秘になる
・皮脂の分泌が増えるので、肌荒れが起きる
・感情が不安定になる
・食欲が増す
・胸が張る

また、妊娠初期に起こる身体の変化として最もよく聞かれる「つわり」については、hCGホルモンや黄体ホルモンの分泌量が増えることとも言われていますが、その因果関係ははっきりとは検証されていません。

妊娠11週ころまでにつわりがピークを迎えます

妊娠初期の代表的な身体の変化として挙げられる「つわり」は、人によって現れ方は様々で、中には全くつわりがないラッキーな方もいます。多くの人が、胎盤が完成する妊娠12週ころになるとつわりは軽快しますが、中には妊娠後期まで続いてしまう人もいます。

珍しいこんなつわりも!

妊娠初期に起こる身体の変化は十人十色。つわり症状で多く見られるのが「吐きづわり」「食べづわり」そして「眠気づわり」ですが、他にもさまざまなつわりがあるようです。

「こんなものがダメになった!」という珍しいつわり体験をご紹介します。ホルモンのしわざは本当に不思議です。

・特定の音にイライラする
・光を見ることがつらくなる
・洗剤のにおいがダメになる
・うがいができなくなる
・特定の色が嫌いになる
・特定の芸能人をテレビで見ると吐き気を催す
・特定のアーティストの曲を聴くとイライラする

他にもよだれづわりと呼ばれる唾液分泌過多に悩まされる人も…。
妊娠初期の身体の急激なホルモン変化の影響とされますが、このようにさまざまな症状となってあらわれるだなんてツラいながらもすごいことですね!

妊娠初期の胎児はこんな様子

妊娠初期の胎児の様子を勉強する女性

ここまではママの様子について詳しく解説してきましたが、続いて赤ちゃんの様子について解説します。
妊娠初期においては、赤ちゃんが順調に育っているかどうかはエコー画像をみたときの「CRL」という数値で判断します。これは赤ちゃんの頭からお尻までの長さを指します。以降で記述している「赤ちゃんの大きさ」は、「CRL」を基準とします。

妊娠4週

赤ちゃんの大きさは約2mm、ゴマ一粒にも満たないくらいです。
こんなに小さいのに、もう内臓が作られ始めているのです。まだこの時期にはエコーで赤ちゃんの姿を確認できることはほとんどありません。エコーでは、赤ちゃんを包んでいる胎嚢を見ることで妊娠の成立を確認することになります。

この時期の赤ちゃんはまだ胎児とは呼ばず、7週までは「胎芽」と呼ばれます。

妊娠4週ママの変化と赤ちゃんの成長は?体調管理のポイント
妊娠4週ママの変化と赤ちゃんの成長は?体調管理のポイント
妊娠4週目には、どのような変化が母体と胎児に見られるでしょうか。妊娠2ヶ月目ならではの下腹部痛などのつわり症状、出血、気をつけることや過ごし方、エコー検査と妊娠検査薬の反応等について説明します。

妊娠5週

赤ちゃんの大きさは5mmくらいに成長します。1週間で倍以上に大きくなるとは、すごいスピードですね。この頃赤ちゃんのお弁当箱「卵黄嚢」を超音波エコーで確認できることがあります。5週目からは、もう顔の形成が始まります。

妊娠5週目の体調の変化や胎嚢と心拍など赤ちゃんの成長
妊娠5週目の体調の変化や胎嚢と心拍など赤ちゃんの成長
妊娠5週目の妊婦のお腹や胎嚢の変化、妊娠2ヶ月目の気をつけることや理想的な過ごし方、つわり、出血、食欲の変化、赤ちゃんの心拍などについて説明します。アルコールやタバコを控えママの準備を始めましょう。

妊娠6週

赤ちゃんの大きさは8mmくらいになります。ようやく、赤ちゃんの姿をエコーで確認できるようになります。また、早い人では、心拍の確認もできます。

妊娠6週目の妊婦と胎児の変化、気をつけることや過ごし方
妊娠6週目の妊婦と胎児の変化、気をつけることや過ごし方
妊娠6週目の妊婦は、妊娠2ヶ月目の終わりに近づくことでどんなことに気をつけることができるでしょうか。胎嚢の大きさや心拍の様子、エコー検査や出血についても説明します。

妊娠7週

赤ちゃんの大きさは1cmくらいになります。
多くの人が赤ちゃんの心拍を確認できます。エコーでは心臓の動きはピカピカ点滅しているように見えます。細胞分裂が活発に行われ、身体の各器官が次々と作られていきます。

妊娠7週目の妊婦と胎児の変化!生活における注意事項
妊娠7週目の妊婦と胎児の変化!生活における注意事項
妊娠7週目とは妊婦と胎児にとってどのような時期なのでしょうか。妊娠2ヶ月目の最後の週に見られる赤ちゃんの心拍や胎嚢の大きさ、出血やお腹の張り、エコー検査や気をつけることについて説明します。

妊娠8週

赤ちゃんの大きさは2cmくらいになります。8週目からは、ようやく「胎児」と呼ばれます。
手足が伸び初め、徐々に人間らしい形になってきます。この頃の赤ちゃんの大きさが、妊娠全期間を通じて最も個人差が少ないので、この頃の大きさをもとに出産予定日を割り出してくれる病院もあります。

早ければ、この頃から心音を聞くこともできるようになるそうです。

妊娠8週目の母体と胎児の変化、知っておきたい事柄
妊娠8週目の母体と胎児の変化、知っておきたい事柄
妊娠8週目から妊娠3ヶ月目に入っていきます。この時期に気をつけることやエコー検査の様子、出血やお腹の張りなどのつわり、胎児の心拍や胎嚢の大きさなどについて説明します。

妊娠9週

赤ちゃんの大きさは2~3cm程度になります。
指も徐々に形成されてきます。指と言うのは、ニョキニョキと生えてくるわけではないんですよ。初めはカエルのように水かきがついている形をしているのですが、この水かきにあたる部分の細胞が死滅してなくなることにより、指がはっきりとできてくる仕組みになっています。

妊娠9週目の妊婦と胎児の変化、安定期に向けての注意事項
妊娠9週目の妊婦と胎児の変化、安定期に向けての注意事項
妊娠9週目は、お腹の張りなどのつわり症状、出血などはどの程度見られるでしょうか。また、妊娠3カ月目に入って胎児の心拍や胎嚢の大きさがどの程度変わるのか、エコー検査や気をつけることについても説明します。

妊娠10週

赤ちゃんの大きさは3~4cm程度になります。爪や歯が作られ始めます。
性能の良い超音波エコー装置を設置していて、性別の判断が得意な医師がいる場合、この頃で赤ちゃんの性別がわかることもあります。

妊娠10週の妊婦の変化!気をつけることや過ごし方
妊娠10週の妊婦の変化!気をつけることや過ごし方
妊娠10週目になると、妊婦の体にはどのような変化が現れてくるでしょうか。注意すべきことやお腹の様子、旅行には行けるのか、性別はもう分かるのかなどについて説明します。

妊娠11週

妊娠3ヶ月の終わりの週です。
赤ちゃんの大きさは4~5cm程度になります。体重は約20g、いちご1個分ぐらいです。3D、4Dエコーでは、頭と手足もしっかり確認でき、身体を丸めているかわいい赤ちゃんを見ることができますよ。

この頃から、赤ちゃんはお腹の中でおしっこをするようになります。

赤ちゃんは、口の周りに触れたものを口に持っていく反射でおっぱいを飲めるようになりますが、この反射能力がこの頃から発達します。タイミングがいいと、エコーで指しゃぶりをするかわいい姿を見ることができます。

妊娠11週目の妊婦と胎児の変化!過ごし方の注意点
妊娠11週目の妊婦と胎児の変化!過ごし方の注意点
妊娠11週目には、妊婦と胎児にどのような変化が見られるでしょうか。気をつけることや過ごし方、つわりや体重増加、出生前診断や性別判定の可否などについて説明します。

妊娠12週

赤ちゃんの大きさは5~6cm程度になります。

これまで顔の側面についていた目が顔の正面に移動してきて、人間らしい顔になってきます。目に限らず、赤ちゃんの顔は左右から中心に向かってくっついていくように発達します。

妊娠12週の妊婦と胎児の変化、体調管理や食生活のポイント
妊娠12週の妊婦と胎児の変化、体調管理や食生活のポイント
妊娠12週目には、お母さんと赤ちゃんの体や症状にどのような変化が見られるようになるでしょうか。気をつけることや過ごし方、出血やつわりなどについても説明します。
おうちで赤ちゃんの心音を聞こう!

待望の赤ちゃんがお腹に宿ると毎日、「赤ちゃん元気かな…」と心配でなりませんよね。まだこの時期は胎動も感じられないので、赤ちゃんが元気かどうかはとっても気になり、妊婦健診が毎週あったらいいのに…と思うこともあるのでは?

そこで、おうちで赤ちゃんの心音を手軽に聞けるグッズを購入してみましょう。


 Angelsounds エンジェルサウンズ JPD-100Sの画像
出典:angelsounds.co.jp

Angelsounds エンジェルサウンズ JPD-100S

コンパクトで使い方も非常に簡単な機械ですが、心音がとてもよく聞こえるので、赤ちゃんの様子が不安なママにはとってもおすすめです。赤ちゃんが大きくなってくると、心音だけでなくモニョモニョと動いている音も聞くことができるのでとっても楽しいですよ。

こちらの機械は妊娠12週から使用することができます。

妊娠13週

赤ちゃんの大きさは6~7cm程度になります。
手足の筋肉がどんどん発達してきます。また、この頃には胎盤も完成してきます。
胎盤が完成すると、赤ちゃんはママから栄養をもらうことができるようになるので成長がスピードアップします。

妊娠13週お腹が膨らんできた時の過ごし方&気をつけること
妊娠13週お腹が膨らんできた時の過ごし方&気をつけること
妊娠13週目(妊娠4ヶ月2週目)はつわりも落ち着き、比較的過ごしやすい時期です。妊娠線予防など気をつけること、運動や食事などおすすめの過ごし方、胎児の変化や出血の有無、性別判定やダウン症の可能性を解説。

妊娠14週

赤ちゃんの大きさは8~11cm程度になります。胎盤が完成してからは、赤ちゃんの成長には個人差が出てきます。

手の動きが発達し、ものを掴むことができるようになるので、へその緒を掴んで遊ぶ赤ちゃんもいます。キックやパンチもできるようになるので、ママが胎動を感じられる日ももうすぐです。

妊娠14週の症状&過ごし方、胎動や性別はわかる?
妊娠14週の症状&過ごし方、胎動や性別はわかる?
妊娠14週目(妊娠4ヶ月3週目)は安定期までもう少しの時期ですね。母体や胎児にどのような変化や症状、特徴が見られるでしょうか。気を付けること、つわりが長引く時の過ごし方、胎動の有無や性別の判定を解説。

妊娠15週

赤ちゃんの大きさは11~13cm程度になります。体重は約100g、レモン1個分くらいになります。

妊娠15週妊娠初期終了|ママの症状と胎児の成長&過ごし方
妊娠15週妊娠初期終了|ママの症状と胎児の成長&過ごし方
妊娠15週は妊娠4か月の最終週で安定期は目前です。この時期の胎児の様子、お腹のハリや腰痛などの症状、つわりが長引く場合の対処法、食事や体重管理など過ごし方のコツやダウン症や性別の診断も解説します。

かわいいほっぺたが作られ初め、4Dエコーでは徐々に赤ちゃんらしい姿を見られるようになってきます。動きが一層活発になり、早い人では胎動を感じる人もいるかも?しかし、初産婦さんでは初めて胎動を感じるのは20週前後のことが多いので、胎動を感じなくてもまだ焦らないでくださいね。

胎動といっても、経験したことがないとどのようなものかわかりませんよね。初めは、赤ちゃんも小さいために腸やお腹のガスの動きと区別ができないこともあります。胎動に初めて気づいた時の感じ方の例を集めてみました。

・お腹の中でガスがポコポコしている感じ
・お腹の中で魚がうにょうにょ泳いでいる感じ
・お腹の中をくすぐられている感じ
・お腹の中で小さなボールが転がってぶつかった感じ

妊娠生活は振り返ればあっという間!人生に何度もない経験を楽しんで

妊娠中の過ごし方などを教えてくれるアプリなどを利用していると、出産予定日まであと200日以上あると表示され、ずいぶん先だなあ…と待ち遠しい気持ちになりますよね。

でもいざ出産すると、目が回るように毎日が忙しく、妊娠中ののんびりした自由な日々が懐かしくなります。今、つわりに苦しんでいるという人も、必ず終わりが来ます。つわりは病気ではありませんから、終わりが来れば笑い話にさえなります。

今しかないこの自由な日々と、赤ちゃんと一心同体の幸せな日々を目いっぱい楽しみましょう。