初産は時間がかかる?平均は?

初産にかかった時間は長い?短い?先輩ママの出産体験談

初産は時間がかかる?一般的な初産の平均所要時間と、体験談をご紹介。11時間~15時間程度の平均的な人もいれば、10時間未満のスピード出産も珍しくありませんが、早い=楽・安産とは限りません!ママ自身がその分娩時間を長いと感じたか、短いと感じたか、出産時間を一言で表現してもらいました。

初産にかかった時間は長い?短い?先輩ママの出産体験談

初産の出産時間は長い?陣痛から分娩終了までの平均時間

よく「初産は分娩終了までの所要時間が長い」と評されます。

初産にかかる平均的な分娩時間は、平均11時間~15時間とされており(注1)、10時間を切ると「早い」「安産」などと看護師や周囲の人から言われることも多くあります。

しかし、実は経産婦さんが出産にかかる時間は、平均6時間~8時間程度(注2)。子宮口が開きやすく、陣痛の進みも早いため、二人目、三人目の出産は一人目の半分以下という方も珍しくありません。

経産婦の出産にみられる傾向や注意点とお悩み対策
経産婦の出産にみられる傾向や注意点とお悩み対策

もちろん個人差がありますが、経産婦の場合に比べて、全体的な傾向として「初産は、出産までの所要時間が長い」というのは確かでしょう。

正確な『分娩開始』『分娩終了』の定義は?

日本産婦人科学会では、分娩の開始や終了は、以下のように定義されています(注3)。
この定義では、陣痛が規則的になった状態を分娩開始としますので、仮に長時間前駆陣痛に苦しんだとしても、分娩時間にはカウントされません。

前駆陣痛に苦しむ妊婦

分娩の開始

  • 規則正しく陣痛が起こり、周期が10分以内になった状態
  • または、1時間6回の頻度になった時点

分娩の終了

  • 胎児出生後、胎盤が晩出された時点
前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ

初産にかかった時間は長い?短い?先輩ママの体験談

具体的に何時間かかるのかも大切ですが、陣痛を体験したママたちがその時間をどのように捉えていたのかも、気になるところです。

今回の体験談では、初産でかかった分娩終了までの時間と、その時間を自分では長いと感じたか、短いと感じたか、先輩ママの率直な気持ちを教えてもらいました。

11時間~15時間は初産では平均的!

初産の場合、陣痛開始から分娩終了までの時間が11時間~15時間というのは平均的です。多くの妊婦さんは、分娩台に上がるまでが非常に長い、つまり陣痛の時間が長くて辛いと感じています。

子宮口が全開になるまではいきまないように指示をされることも多いため、陣痛に耐えて、いきみを逃し、分娩台に上がると、「やっと産める!」という心境になるのでしょう。分娩台に上がったら、数回いきんだだけで産まれたという方もいます。

ベッドに横になる妊婦

ゴールがわからない!陣痛中は長く感じます

マリコ(40歳)


41週0日で出産しました。陣痛が始まってから14時間かかりました。初産の平均分娩時間は12時間くらいと聞いていたので、標準なのかなと思っています。

出産予定日を過ぎてもまったく気配がなく、気長に待つしかないと思っていたところ、早朝に少量の破水がありました。水のような、少し血液がまざったようなものがあったのです。あまり気にせず自宅で過ごしていたところ、15分という規則的な痛みが起こり始めました。病院に連絡するととりあえず来てくださいとのことで、用意していた入院セットをもってタクシーで向かいました。

そのまま入院となり、その時はまだ余裕がありましたが6時間ほどすると本格的な陣痛になりました。2分間隔になってからが長かったです。付き添ってくれた夫も、さすってくれたりしましたがあまり効果もありません。結局耐えるしかないのです。分娩台に行くと20分くらいで生まれました。

しんどすぎて、今が何月何日の何時なのかもわかりませんでした。陣痛から出産までの時間は、ゴールが見えなくて本当に長く感じました。

14時間苦しんだのに『安産』なの?

サワ(30代前半)


出産予定日を過ぎて42週と2日でやっと陣痛がきました。夜の7時ころから陣痛が始まり、最初は全然痛みが緩くて分かりませんでしたが、だんだんと痛みが強くなり痛みと痛みの間隔が短くなりました。

一晩中、痛い、痛くないを繰り返し、翌日の午前9時ころ産婦人科に電話し、すぐに主人の運転する車で病院に連れて行ってもらいました。病院に着くと陣痛室に入り、点滴を打ちました。陣痛室に30分ほどいましたが、看護師さんが来られ子宮口を確認すると全開になっていたのでそこでチューブを入れられ破水、慌てて分娩室へ移動しました。

病院に着いてから陣痛室に入って、あれよあれよという間に、分娩室でなにがなんだか分からないまま1時間20分ほどで出産しました。看護師さんからは初産にしては早くて安産だと言われました。一晩中、14時間は苦しんだのに「これが安産と言うのか?」と思い、自分の中では何て長い痛みとの戦いだと思いました。正直、出産は辛いししんどかったです。

新生児を抱く母親

陣痛は長い、いきむのは一瞬

おはる(30代後半)


妊娠36週に入ったばかりの日に突然破水をしたので、急遽産院に駆け込んで軽い検査を受けたあと陣痛室に案内されました。しかし一向に陣痛が来る気配はなく、夜中にようやく微弱陣痛が始まったのですが、朝が近づいても陣痛が強まらずに子宮口も1センチしか開いていませんでした。

そこで助産師さんが「じゃ子宮口を広げちゃおう!」と一言告げて子宮口に手を入れてグリグリし始めました。まさかこんな原始的な方法で処置をされるとは…と驚きと同時にあまりの痛みに悶絶状態でした。

さらに朝の9時ごろお医者さんに勧められて陣痛促進剤を点滴する事になったのですが、この効果なのか一気に陣痛が進んで3分おきになった時にはもう呼吸法を意識する余裕などどこにもなく、痛みの波が来ている時はベッド横のティッシュ箱を殴りつけたりシーツを噛むなど、パニック状態に陥っていました。

14時過ぎにようやく分娩室に移されたので思い切り息んだところ、なんと一度のふんばりで赤ちゃんの頭が出てきてスルッと出産できました。結局陣痛から出産までトータルで15,16時間かかりましたが、陣痛に耐えている時間は長かったものの、お産自体は一瞬で終わったような感じです。

急に子宮口が全開に!?

ナオコ(42歳)


妊娠40週2日で初めての出産をしました。陣痛から出産までは約10時間少しかかりましたが、早い方だとは思います。

昼間におしるしと呼ばれるうっすらとした出血があり、覚悟していたらその日の夜中に陣痛がきました。陣痛が10分おきになってから、病院に電話して車で向かいました。夜中の静かな病院で今か今かと待っていましたが、子宮口はまだあまり開いてないとのこと。先生の判断で、一度自宅に戻ることになりました。

定期的な痛みはあるけれど、まだまだ生理痛の痛み程度で、出産に備えてシャワーを浴びたり、勧められたように自宅の階段をのぼったり下りたりしていました。夕方になって再び病院へ。バランスボールにのっていると、いきなり激痛に変わり、動けないほど。なんとか診察室までいくと、既に子宮口が全開になっているそうで、そのまま分娩室へ。

あまりの痛さと急展開に驚きました。とにかく腰がくだけそうに痛い!何度もいきみを繰り返して、ようやく頭がでたときには本当にうれしかったです。陣痛から出産までを一言で表現すると「産みの苦しみってホントに苦しい!」です。

とにかく長かった!

あお(40代前半)


私が実際に出産した日は、妊娠41週2日です。陣痛が始まってから出産までは結局15時間かかりましたね。いくら初産は言え、自分では長い!と思います。

陣痛が始まったのは朝方6時頃。その後入院の準備をして病院に行き、部屋で陣痛促進剤を打ちながら待機していました。しかしその後お昼になっても夕方になっても一向に陣痛が強くならず。でも、夕食を食べ終わったあたりから急に痛くなり、そのまま分娩室の横の部屋のベッドで待たされました。

陣痛がかなり強くなった夜7時ごろにやっと分娩室に通されましたが、何度いきんでも終わりません。どうやら陣痛が弱いらしく、結局点滴で陣痛促進剤をプラスされました。それでもなかなか産まれず、「あとどれくらいですか…?」と助産師さんに聞いてしまいましたね。

結局産まれたのは分娩室に入って2時間経過した夜9時。もう私はヘトヘトで、赤ちゃんが産まれても感動より「やっと終わった…」という気持ちしかありませんでした。会陰切開もしたのですが、その後の縫合がまた痛くて…正直泣きそうでした。陣

痛から出産までの時間を一言で言うと「長かった…」です。もう2人目は無理かも、なんて思いました。

10時間未満は初産ではスピード出産の部類!

新生児の指を掴む母親

破水によりお産が急に進むなどして、初産でも思いのほか出産に時間がかからないケースというのは存在します。あまり出産に時間がかからないと、妊婦さんも体力が温存できるためか、「思ったほど痛くなかった」という声も聞かれます。

しかし、所要時間が短いからといって安産とは限らず、妊娠時のトラブルなどで思いがけず正産期を前に赤ちゃんが早く出てきてしまうケースもあります。

超がつくほどの安産

つぶあんぱん(30歳)


妊娠38週5日目に出産しました。陣痛から出産までたった2時間しか掛からず、看護師さんにも珍しいねと言われました。初産として、自分でも短いと思います。

まるで便意のようにお腹が痛くて、これが陣痛なのかと思うくらいでしたが、看護師がまだまだというので10分おきから5分おきになる陣痛に耐えました。2時間という気がしなかったくらい、痛みも思ったより少なく感じました。

痛くて辛くて長かったと周囲の方々は口を揃えて言っていましたが、私には本当にあっという間の陣痛時間と出産でした。超が付くほどの安産とも言われたくらいの安産です。

ドキドキしたけど、3時間のスピード出産

かみかみ(40代前半)


年齢的に遅めの出産ということもあり、出産まではひたすら出産に関しての知識を頭に植え付けるように、本屋に行っていたと思います。つわりもひどい方だったからかもしれません。39週目に、夜中寝ていて突然破水し、慌てて救急車で病院に搬送されました。

「いよいよ出てくるのか?」と思って、気持ちだけ焦りながら分娩台に乗ったのを覚えています。破水を先にしてしまっていたので、ここから陣痛がどんなものなのか?と思ってドキドキしていたんですが、痛みは我慢できる程度でした。

ただ、周りがバタバタしていたのに気をとられていたせいもあり、気づけば看護師さんから「子宮口も全開です」といわれました。そのあとすぐに「いきんでください」と言われて、3回くらいいきんだら、スルッと産まれてきた感じです。
全体で3時間のスピード出産だったと思います。

あっという間の出産でした。

mana(30歳)


39週3日で子供が生まれました。その日の朝からなんとなく違和感があったのですが、陣痛などもこず、夜寝ていると明け方に目が覚めてトイレに向かいました。トイレについてパンツを下した瞬間に「パチン」と音がし、少量ですが破水をしました。

そのまま主人を起こし、明け方の5時半ころに病院に向かいました。5分ほどで病院に着き、着くと同時に分娩室に移動。陣痛も始まっていたので、「今日中には生まれるね」なんて看護師さんに言われました。

どうせ生まれるなら、「主人が仕事終わって帰ってきてからがいいな」なんて思いながら夜まで痛みに耐える準備をしていたのですが、痛みがどんどん強くなり、病院に着いてから1時間半後には出産に!主人は仕事に行く前だったので立ち合いはできましたが、こんなに早く生まれるなんで思っていませんでした!

先生ものんびりしていて、いざ産まれるって時には、みなさん大慌てだったのが今思い出すととっても面白かったです。

まさか今日?これが陣痛?という感じ

うどん(30代後半)


私が出産をしたのは36週です。初産で まだ出産までに余裕があると思っていたのですが、検診に行ったら「子宮頚管が短くなっているので安静にしていてください」と言われてしまいました。

でも、その時はまだそんなに切羽詰まった状態だと気付いていなかったのですが、その夜におなかが痛くなってきて、横になって休んでいても痛い。でも予定日までに一か月もあるし、まさか陣痛だとは思っていませんでした。 

痛いのにリズムがあることに気が付いて、「ようやく陣痛かな」と思い至って、感覚を図ったら10分間隔くらいでした。夜だったし、痛くない時を見計らって、自分で運転して病院に向かいました。 

着いたらそのまま分娩室に直行で、分娩台に上がり、二回いきんだら産まれちゃいました。おおよその陣痛と出産を込めて、4時間のスピード出産でした。辛さを感じる前に、 あっけなく終わった出来事でした。  

出産した新生児を見つめる母親

私は分娩台に上がってからが長いと思う

きゅうり(20代前半)


妊娠38週2日で出産しました。陣痛から出産までの時間は7時間弱で、初産にしては早い方だと思います。

おしるしがあってすぐ病院に行ったのですが、病院につくとすぐに陣痛がはじまりました。早く分娩台にあがるためにと看護師さんに教えてもらい、陣痛の合間に病院の廊下を往復して歩きました。すると、だんだんと陣痛が強くなり、間隔も短くなってきて、いきみ逃しをするのが大変になってきました。

多くの出産経験者は、「分娩台に上がるまでが長い」と言いますが、私は分娩台にあがるまではあっという間で2時間ほどでした。でも、分娩台にあがってからが一番大変で、あまりの痛さになかなか腹筋に力を入れることができずに、あともう少しの状態が長く続き苦しかったです。

初産だけど、意外に早かったです

てるこ(30代前半)


妊娠39週と2日目の出産でした。ちょうど、主人と検診に朝行き、「まだだろうね」と言われて、街中をウロウロ散歩したり、スクワットしたりして陣痛に繋がるようにしていました。

その辺りから、時々お腹張るなぁという感じだったのですが、感覚もまばらでした。夜19時くらいから、お腹が10分感覚で痛くなり、おしるしもあったので急いで病院に電話して、入院の準備をして車で向かいました。病院着いたのが20時過ぎで、内診をしてもらい、初産なのであと12時間かかるかもしれないと言われました。

でも、22時くらいにはお腹の張りの感覚も短くなり分娩室に移動しました。そこから、分娩台に上がり、腰が半端なく痛くテニスボールで押してもらいながら、いきみ逃しをしました。結局、日付が変わってほどなく生まれました。自分にこんな声が出るのかと言うくらい、大きな声が出ました。

正直過ぎてしまえばあっという間ですが、出産は体験してみないとわからない恐怖と幸せを味わえる体験だと思いました。

3日かかると言われたのですが、結果は6時間!

真央(27歳)


私は妊娠34週4日という、出産予定日まで1ヶ月以上早く出産に至りました。その日の朝方目覚めると、おりものではない何かが出ている感覚が。トイレへ行き確認すると水が混じった出血。隣で寝ていた主人に伝え、急いで病院へ。診察すると破水しているのでこのまま入院との事でした。

週数が早く、胎児の成長に不安であるため、自然に陣痛が来るのを待ち、1週間以内に陣痛が来なければ帝王切開も視野に入れて…と色んな説明をされました。「出産まで遅くとも1週間以内ですが、初産ですし恐らく3日位かかるかと思います」と言われ、入院する部屋の準備が出来るのを待つ間、LDR室にベッドのまま運ばれました。

その矢先、規則的なお腹の痛みを感じ始め、数分後には勢いよく羊水が出ていました。その頃に実母が到着し私の様子を見て、医師に「今日生まれるんですか?」と訊くと「この感じだと日付が変わる頃かな?」と状況が少し変わった模様!

こうなったら今日中に出産したい!と覚悟を決め、ひたすら痛みに耐え、呼吸に集中していると子宮口全開に!痛みもMAXに!そこから5~6回いきんで赤ちゃん誕生!結果、陣痛から6時間程のスピード出産でした。その後も元気に育っています。

陣痛ってお腹が痛くなるんじゃ・・・

なっちゃん(24歳)


妊娠41週1日で出産しました。朝から前駆陣痛がありましたが、遠のいてしまったので、義姉と昼からショッピングモールで3時間程散歩しました。ちょっと腰がだるく、異様に眠いなーと思いながら帰宅し、横になっていると、22時頃からまた前駆陣痛が・・・とりあえず寝室に行き、間隔を測って行くと、だんだんお腹より腰が痛くなりました。

でも、腰が痛いのは違うと思い我慢。12時頃お腹の痛みが10分間隔になり、病院に連絡しましたが、5分間隔で来てくださいと言われ、待機と痛みの我慢。3時頃まで寝付けず、どうしても腰が痛いので、病院に連絡し、行くことに。着いて早々、腰が痛いのも陣痛よ!と言われ、3時には3分間隔だった事が判明(笑)子宮口も7cm程開き、すぐに分娩台に。

それから旦那が6時半から仕事に行かなくてはいけないと知った助産師さんが、人口破水をしてくださり、そのまま2時間で出産。初産で陣痛が始まり6時間半、分娩台に上がって2時間で出産しました。

破水してからはあっという間、いきみ逃しは必要なかったです。まさか、お腹より腰の方が痛いとは思わず、家で我慢し続けるとは思いませんでした。

新生児の額にキスする母親

時間的には早いと思いますが、激痛でした

玲子(20代前半)


39週6日で、分娩時間は5時間36分でした。初産婦では早い方だと思います。

高血圧で入院していて、バルーンを入れて促進剤を打ち続けて陣痛がきました。陣痛が始まりだしてからは、息がしづらく、ましてや旦那さんも仕事で、一人で陣痛に耐えたのが辛かったです。間隔が段々と短くなっていく中で、促進剤を打っているため痛みが強く、帝王切開でもいいから早く終われと思いました。

子宮口が8センチになって、分娩室に移動しましたが、痛みが強すぎて息ができず、血圧も160/120代になり頭痛などで赤ちゃんと私の心音が下がったため、促進剤の量を増やし、そこからははっきり言って意識が朦朧としていました。

吸引分娩だったので、なおさら分娩時間が早かったと思います。赤ちゃんの頭が出て来た時には、嬉しくて涙が出て来ました。分娩時間だけ見ると早いですが、あの痛みが続いていたら・・と思うと恐怖です。

でも、赤ちゃんを見たら、一気にそんな痛みもかき消されました

丸一日以上、陣痛に苦しむケースも…

残念ながら、子宮口が開かないなどの理由で、他の人よりも長い陣痛に苦しまなくてはいけないケースはあります。運動不足なども関係しますが、生活習慣だけが影響する訳ではありません。

ママになる方は大変ですが、「無事に生まれたすべてよし!」と考え、将来、子供にその時の出来事を語ってあげましょう。

長い陣痛との闘い

小島早苗(30代後半)


陣痛は37週5日の、朝から始まりました。お腹痛いなぁ、と思ってトイレに行ったら、便秘が解消されました。しかし、チクチクする痛みが治まらず。その日は、ちょうど検診日だったので、先生にそのことを話すと「前駆陣痛だね」と。家から歩いて15分くらいの病院だったので、チクチクする痛みと闘いながら歩いて帰りましたが、歩けば歩くほどお腹の痛みが強くなりました。

夕方、痛みが強くなってきたので、前駆陣痛ではないことに気付き、再度病院へ。しかし、子宮口は開いていないので家に帰りました。どんどん強くなる痛み。夜中に電話してから病院へ。しかし、また帰されます。その晩は眠ることすらも出来ないくらいの陣痛と闘いました。

早朝、我慢の限界で病院へ向かいましたが、子宮口が開いていないのでまた帰されそうになったので「帰らない!」と大声で叫び、そのまま入院させてもらいました。朝7時に入院して産まれたのは13時。

分娩室に入ってからは2時間くらいで産まれましたが、陣痛が始まってから29時間かかりました。陣痛から出産まで、非常に長かったです。

おすすめコンテンツ