Loading

胎動の位置で胎児の向きを知る方

胎動の位置で赤ちゃんの動きや逆子の可能性を知る方法

胎動の位置で赤ちゃんの向きや姿勢が分かるって知っていますか?胎動を感じ始める妊娠20週から妊娠後期、臨月と赤ちゃんの成長に伴い胎動の位置も変化していきます。また胎動の位置によって逆子や子宮下垂などの注意が必要な症状がわかることも!胎動の位置で赤ちゃんの存在をより強く感じましょう。

胎動の位置で赤ちゃんの動きや逆子の可能性を知る方法

胎動の位置で分かるお腹の中の赤ちゃんの様子

お腹の中で日々成長する我が子に早く会いたい、胎動を感じたいと楽しみにしているママは多いことでしょう。「まだかな?遅くないかな?」なんて不安を抱えて過ごす中、念願の胎動を感じた時の不思議な感覚に喜びはひとしおでしょう。

お腹の中で動く可愛い我が子の存在を感じながら愛おしさはさらに膨らみます。しかし、今度は次の疑問と不安が出てくるママもいます。「胎動はこの間隔で大丈夫?」「少ない?」「弱い?」「位置はこんな所に感じるもの?」「逆子の可能性は?」など不安になりだすと色々なことが気になりだします。初めての出産、そんな疑問や不安が出てくるのは当然のことです。

基本的には胎動は個人差が大きく、正しい強さも頻度もありません。位置も赤ちゃんの向きや気分、動きによっても変化します。今回は「胎動を感じる位置」について紹介します。

胎動を感じる位置は変化する

胎動を感じながら眠りにつくママ

胎動は妊娠の初期、中期、後期によって感じる位置や感じ方が変化します。時期に合わせた胎動の違いや感じ方を紹介します。
赤ちゃんも成長をするにつれ、動きが変わりますので感じ方が変わってきたら赤ちゃんが成長している証拠です。出産までの時間を楽しみましょう。

妊娠初期はママにはまだ胎動はわからない

胎動とは赤ちゃんが動くことなので、厳密にいうと妊娠初期でも赤ちゃんの胎動はあります。しかし、赤ちゃんは小さく、ママがその胎動を感じることはできません。
ママがお腹の赤ちゃんの動きを胎動として感じられるのは妊娠中期(妊娠16週~27週)からです。

妊娠初期症状がないけど大丈夫?不安なママが気をつけること
妊娠初期症状がないけど大丈夫?不安なママが気をつけること
妊娠初期症状がないと不安になるママのために、症状には個人差が大きく、全くない人もいることに触れながら、代表的な症状や気をつけることを詳しく解説。初期症状が出にくいとされている人の特徴も紹介します。

妊娠20週前後の胎動は恥骨の上からおへその下

初めて胎動を感じるのは妊娠20週前後で、位置としては恥骨の上からおへその下あたりで感じます。この頃は子宮の大きさに対して赤ちゃんは150gほどと小さいので、赤ちゃんは子宮内を好きに動いています。
妊娠16週頃から感じるなど早い人もいれば、妊娠23週頃にやっと感じたという遅い人もいます。初産のママの場合、胎動と気が付かずに過ごしていて初めての胎動が遅く感じることもあります。
胎動は赤ちゃんがまだ小さな頃は力も弱く「ポコポコとお腹の中でガスが動いている」「腸が動いている」と感じる程度で、毎日感じられないこともあります。

妊娠6ヶ月・ママと赤ちゃんの健康のために気をつけること
妊娠6ヶ月・ママと赤ちゃんの健康のために気をつけること
妊娠6ヶ月目(妊娠20週,妊娠21週,妊娠22週,妊娠23週)はお腹も大きくなり、安産のため体重管理が重要になってきます。体重管理の重要性や不調を乗り越えるおすすめの過ごし方、胎児の成長を解説します。

妊娠24週をすぎるとお腹全体で感じるように

赤ちゃんの胎動を楽しみながら読書するママ

妊娠24週を過ぎると、お腹全体で胎動を感じるようになります。
赤ちゃんが「キック」「パンチ」と手足を伸ばしたり曲げたり、体を羊水の中でぐるりと回転する「ローリング」、「しゃっくり」など胎動の種類も豊富になってきます。

妊娠中期の頃はまだ羊水の中で身体を大きく動かすことができるため、左右に動いたり、上下に動いたり、回転したりと激しく大きく動くことができるためお腹全体で胎動を感じることができます。
この頃の赤ちゃんの3人に1人は逆子だと言われています。クルクルと回転しているため、逆子だとしても自然と戻る可能性も十分にありますので、神経質になる必要はありません。

妊娠後期の胎動はおへそよりも上のあたりで感じる

妊娠後期になるとお腹全体で強い胎動を感じますが、おへそよりも上のあたりでより強く感じるようになります。
子宮の大きさに対して赤ちゃんが大きくなり、子宮の中が狭くなります。そのため、激しくグルグル回ることがだんだんと減り、胎動を感じる位置や回数が落ち着く傾向にあります。臨月が近づくころには赤ちゃんの体の位置が左右どちらかに定まっていると左右で偏った胎動を感じます。

この頃から逆子の可能性などに注意する必要があり、後期に入ると1度回転してしまうと戻れなくなってしまうことがあります。逆子かもしれないと心配な場合は検診の際に相談をしましょう。

妊娠9ヶ月、出産に向け準備開始!ママと赤ちゃんの変化
妊娠9ヶ月、出産に向け準備開始!ママと赤ちゃんの変化
妊娠9ヶ月(妊娠32週,妊娠33週,妊娠34週,妊娠35週)に起こる出産に向けたママの身体や体調の変化、赤ちゃんの成長の様子をまとめ、不調を乗り越えるための過ごし方のコツや気をつけることを紹介します。

臨月~出産にかけて胎動の位置も下がり、恥骨が痛むことも

臨月に入ると胎動が無くなるということを聞きますが、こちらは間違いです。胎動には個人差があり、臨月に入って胎動が減るママもいれば、激しい胎動を感じるママもいます。ママによっては出産直前や陣痛中にも胎動を感じることもあります。
位置としても、お腹が大きくなり子宮は出産準備に入るため段々と下がってきます。そのために胎動の位置も下がっていき、胎児が動くと恥骨あたりに痛みを感じることがあります。

妊娠10ヶ月臨月のママと赤ちゃんの体の変化・出産兆候
妊娠10ヶ月臨月のママと赤ちゃんの体の変化・出産兆候
妊娠10ヶ月目に入り、いよいよ出産が近づいてきました。前駆陣痛や胎動の減りなどの出産兆候や陣痛の特徴、外出の時に気をつけることを知っておくことで、臨月を穏やかに過ごし、安心して出産を迎えましょう。

これはキック?パンチ?しゃっくり?胎動の見分け方

胎動をお腹の上の方で感じると「これはキックかな?パンチかな?」なんて気になりますよね。
赤ちゃんの胎動の中で最も力強いのが足でのキックです。ママのお腹に足の形が見えたということもあるほど力強く蹴ってきます。グニューといった感覚は手を伸ばしていることが多いようです。

しゃっくりの場合は、規則的にぴくぴくと痙攣するような動きなので見分けやすいようです。
硬く丸まっているのは背中で小さく丸いのは頭であることが多いです。しかし、頭だと思っていたらお尻だったということあるので、はっきりと見分けるのは難しいでしょう。

赤ちゃんによってはキックのように力強いパンチをしていることもあります。「今は何をしているのかな?」と想像しながら楽しめたらいいですね。

逆子の胎動の位置や特徴

激しい胎動に少し困っているママ

胎動を感じる中でトラブルや心配として多いものは、頭が上にくる「逆子」です。逆子とは、医学的には「骨盤位」と呼ばれ、正期産である妊娠37週~42週で産まれる赤ちゃんの約5%は逆子だと言われます。

子宮のスペースの大きかった妊娠初期から中期の頃はクルクルと回るため逆子になってもすぐ戻ることも多いですが、妊娠後期に入ると赤ちゃんが大きくなり、子宮のスペースが狭くなるため戻りづらくなります。
逆子だと判断する胎動の位置や逆子の場合の対処法を紹介します。

逆子になった場合の胎動の位置

通常の胎動ではお腹の上の方で動きを感じていたのが下の方で動きを感じるようになった、下の方に向かって勢いよく蹴られているような感覚を感じたら逆子の可能性があります。しゃっくりがお腹の下ではなく、上の方で感じた場合も頭が上にある可能性が高いと考えられます。

逆子のまま後期に入り、週数が進むと赤ちゃんの筋力が発達し、力の強い足で膀胱を蹴ってしまうため、強い痛みを感じるママもいます。ママによっては痛みで立っていられなくなるケースもあるようです。
膀胱への刺激が強いため、蹴られるたびに尿意を感じて頻尿になったり、お腹の下の方を強く蹴られるため、お腹が張りやすくなったりするなどの特徴があります。ママによっては立ち上がる度に恥骨が痛むということもあるようです。

妊娠の週数が進むと胎動がはっきりと分かるため、逆子に気が付きやすいようです。しかし、検診で初めて知るママもいますので、心配しすぎないようにしてください。

逆子は32週までなら自然と治る可能性がある

妊娠初期から中期は、羊水の量も多いため、赤ちゃんは活発に動き、回転も頻繁に行います。そのため逆子になることも少なくありません。26週頃から産院でも逆子の診断を始めますが、32週頃までは自然と治ることもあります。

出産まで逆子の場合、お産に時間がかかってしまったり、自然分娩をしようとすると赤ちゃんの頭がママの骨盤に引っかかって呼吸ができなくなってしまったりと大変な出産になることもあり、出産後に後遺症が残ってしまう可能性があります。
そのため、妊娠33週頃までに逆子であった場合、帝王切開での出産をすすめる病院も最近では多くなっています。

逆子の場合の対処方法

逆子を直すために逆子体操を始めるママ

30週頃までに逆子が改善されないと「逆子体操」を勧められます。
逆子体操とは、骨盤を緩めることで赤ちゃんが動きやすくするために行う体操です。赤ちゃんが活発に動いている時や就寝前のリラックスした状態で行うと治りが良いとされています。激しい運動ではなく、妊婦の体に負担のない程度のストレッチのような体操です。

ママによってはグルッと回って逆子が治ったのが分かったということもあるようです。頑張って毎日逆子体操をしているけれど、なかなか治らないこともあります。
頑張り過ぎてしまうとお腹が張ったり、痛みがでたりすることもあるので無理をしないよう、体調と相談しながら行うようにしましょう。

医師や助産師によっては、お腹の上から赤ちゃんの向きを変える「外回転術」という方法もあります。
他にもいくつか逆子に良いとされることがあります。どれも絶対治るという方法ではありませんが、お医者さんと相談しながら試してみてはいかがでしょうか。

ウォーキングをする

1日に3時間ほどウォーキングをすることで適度な振動が起こり、赤ちゃんが回転する手助けになると言われています。
ママによってはお腹が張りやすくなることもあるので、開始時期や体調などお医者さんと相談してみてください。

臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月に運動すると安産になるというのは本当でしょうか?なぜ臨月の運動が推奨されるのか、その理由をまとめました。臨月の定番であるウォーキングの注意点や家で手軽にできるスクワットの方法なども紹介します。

寝方を変える

毎日の寝方で赤ちゃんの向きを少しずつ直す方法です。お腹が大きくなってくると寝返りがしづらくなり、向きや寝方が偏りがちになります。その寝方が逆子の原因となっている場合もあると言われています。エコーで赤ちゃんの位置やへその緒の位置、背中の向きなどを確認して赤ちゃんの背中が上にくるように寝るといいようです。

お灸をする

全身のツボの中には、逆子を直すツボがあるといわれています。そのツボをお灸で刺激することで逆子が治るという東洋医学で行われる方法です。逆子の原因の1つに「冷え」があり、お灸で体を温めることで血行がよくなり、逆子が改善されるようです。

お腹をさすりながら話す

お腹の中にいる赤ちゃんは妊娠24週ごろからすでに耳が聞こえています。お腹をなでなでとさすりながら「頭は下にするんだよ~」「足はこっちだよ~」と語りかけてあげましょう。ママの心配は赤ちゃんにも伝わるので不安な気持ちではなく「これで治ったらラッキー」くらいの気軽な気持ちでコミュニケーションの一環だと思って行うと良いでしょう。

注意が必要な胎動の位置

無事に赤ちゃんが生まれるようにお腹をさするママ

胎動の位置や強さは人それぞれですが、時期によっては切迫早産の可能性があるため注意が必要です。
妊娠22週から36週の間に赤ちゃんが産まれそうになることを切迫早産と言います。切迫早産の場合、赤ちゃんが産まれてこないように対処をする必要があります。
赤ちゃんの頭が骨盤にはまるため、鼠径部で胎動を感じることがあります。胎動の位置が「足のつけ根」や「膀胱」あたりで感じた場合は、かなり下がっている可能性がありますので要注意です。

子宮下垂の可能性に注意

胎動を感じ始める頃、急に胎動の位置が低くなったと感じる人もいます。お腹を触ると恥骨の辺りに膨らみや出っ張りを感じる場合は、子宮下垂の可能性があります。子宮下垂はひどくなると子宮脱になることもあります。
子宮下垂とは、子宮が重くなったことで、子宮の周りの筋肉が子宮を支えることができなくなり下がってしまう状態です。赤ちゃんがそのまま大きくなってしまうと骨盤膣に収まりきらず早産となってしまう事もあります。ママも不快感や少量の出血などの症状が現れることもあります。
急に胎動の位置が下がったと感じた場合は、急いで病院に連絡しましょう。出産に大きな影響がないとも言われますが、痛みを感じるママも多いので、必要に応じて人工的に子宮の位置を元に戻す処置を行うこともあります。

片方ばかり胎動を感じる時

胎動が片側だけにしか感じないと、赤ちゃんに何か起きたのではないかと心配するママもいます。
右側だけ、左側だけといった片側ばかりで胎動を感じる場合の多くは、赤ちゃんの向きが横を向いているためです。
横向きになっているため、足や手が片側ばかりにあたっているだけなので心配はありません。これは、赤ちゃんが大きくなり、グルグルと大きく動くことができなくなるころに多く見られる現象です。

ただし、双子の赤ちゃんの場合は2人揃って片方にいることは困難になります。片側だけ動いて、もう片側が全く動かないのは片方の赤ちゃんに何か異常が起きている可能性があるので、急いで病院を受診しましょう。

胎動の位置は毎日確認しましょう

初めての妊娠で分からないことばかりで不安な毎日を過ごすママにとって、胎動は赤ちゃんとの大切なコミュニケーションであり、妊娠を実感する嬉しい動きです。

プカプカと羊水の中に浮かびながら気持ちよさそうに手足を伸ばしたり、元気いっぱいキックをしたり、アクロバットな動きをしている姿を想像するだけで赤ちゃんの事がさらに愛おしくなることでしょう。胸の下あたりに手を置いてリラックスしながら横になると感じる胎動に癒され「早く会いたいね」「産まれてきてくれるの楽しみだよ」と思わず語りかけることもあります。

胎動の位置は赤ちゃんの成長の目安にもなります。胎動があるかどうかにばかり気をとられますが、胎動の位置も気にかけてあげましょう。
普段からどの位置でどんな胎動を感じているかを気にしながら過ごすと変化に気が付きやすくなりますので、1日1回は胎動を感じるタイミングを作りましょう。
もしも、何か心配なことがあれば、医師にきちんと相談してストレスを感じないようにすることも大切です。