Loading

エコー写真で性別診断しよう

エコー写真での性別の見分け方|女の子・男の子の特徴は?

エコー写真での性別の見分け方、男の子・女の子それぞれの特徴や性別判定できる時期を解説。事前の診断と生まれてきた赤ちゃんの性別が違うのはどうして?へその緒を見間違えるってホント?事前に性別を知るメリットとデメリット、性別にまつわる迷信や3D・4Dエコーの特徴も説明します。

エコー写真での性別の見分け方|女の子・男の子の特徴は?

エコー写真で性別はいつわかる?赤ちゃんの性別が気になる!

「お腹の中の赤ちゃんの性別はどちらだろう?」と考えることは妊娠中の楽しみのひとつです。検診前には「そろそろ分かるかな?」とそわそわしながら受診し、判定されないと「まだ分からなかったかぁ、次は分かるかな?」なんてドキドキしながら過ごします。お腹が大きくなってくると周りからも「赤ちゃんの性別はもう分かっているの?」なんて聞かれることもあります。

「男の子でも女の子でもどちらでもいい」と言いながらもやはり、男女の判定は気になります。産み分けを考えていたママやパパにとってはとても重要な瞬間でもあります。
お腹の中の赤ちゃんの性別はいつ頃、どのように判定されるのでしょうか。

性別の判定はエコー検査

エコー写真を見ながらサラダを食べる妊婦

赤ちゃんの性別判定は妊婦検診の際のエコー検査で判定されます。モニターに映し出された赤ちゃんの様子は説明がないと分かりづらい物で、特に赤ちゃんが小さいころはどこが何かもよくわかりません。医師はそのエコーを目で見て判定を伝えてくれます。しかし、赤ちゃんの体勢や向きなどによっては確認ができず、判定がなかなかされないケースや途中で判定が変わるケースもあります。

エコー検査の最大の目的は赤ちゃんが元気に育っているかの確認です。そのため、医師によっては性別を積極的には確認してくれなかったり、聞かないと教えてくれなかったりすることもあります。
一方で、「女の子ですね」「男の子ですね」と判断がついた瞬間にさらっと性別を教える医師もいます。生まれるまで知りたくないという方は事前にわかっても教えないようお願いしておきましょう。

2D・3D・4Dエコーの違い

妊娠中のお腹を記録する妊婦

近年、エコーの精度は高くなり、2Dのみだけでなく3Dや4Dで赤ちゃんを見られるようになりました。DとはDimensionの頭文字からとっていて「次元」という意味です。

2Dのエコーとは

縦と横に超音波をあてて、返ってきたデータを映像化し平面的に赤ちゃんを見られるエコーです。

3Dのエコーとは

2Dの縦と横の超音波に「深さ」を加えて赤ちゃんを立体的に見られるエコー技術です。赤ちゃんの様子の分かりやすい3Dエコー写真はママにとって記念になりやすく、普段赤ちゃんの存在を実感しづらいパパに見せるにも良いと言えます。

4Dのエコーとは

3Dの縦、横、深さに「時間」を加えたエコー技術で、赤ちゃんを立体的にリアルタイムで見ることができる方法で、要するに3Dの動画です。

通常のエコー検診では2Dが使用されることが一般的です。エコー検診は赤ちゃんやママに異常がないか、成長はきちんと進んでいるかなどを調べるため行われます。表面だけを映す3Dや4Dよりも2Dで確認をする方が赤ちゃんの成長度合いや赤ちゃんの骨や内部まで確認ができるため2Dでの検診の方が情報を多く得られます。
記念写真的要素の強い3Dや4Dは導入していない産院もあり、妊婦検診とは別に追加料金もかかってしまうので、3Dや4Dエコーを受けたい場合は事前のリサーチが必要です。

4Dエコーの時期や料金、ダウン症や性別の診断は可能?
4Dエコーの時期や料金、ダウン症や性別の診断は可能?
4Dエコーってどんなもの?2D・3Dエコーとはどう違うの?4Dエコーはいつからできる?といった、4Dエコーにまつわる疑問に答えます。また、気になる料金や、最新の4Dエコー外来事情についても解説。

性別を知るメリットは?

4Dエコーに映った赤ちゃんの足

エコーが発展する前までは、産まれてくるまで男の子か女の子か分からず、ママやパパは「どちらかな?」「どちらでも楽しみだね」と言いながら産まれてくるのを心待ちにしていました。
今はママたちの希望次第ですが、事前に性別を知った上で出産をするというケースがほとんどです。赤ちゃんの性別を事前に知っているとベビー用品の準備がしやすい、悩んでしまう名前をどちらかに集中して考えられるというメリットがあります。お祝いをする側も、以前は性別が分からないから、プレゼントは男女どちらでも違和感のないアイテムを用意するという人が多かったのですが、事前に分かるようになりプレゼントの検討が楽になりました。

ただし、産まれてきたら男女の判定が間違っていたということもあるので、性別のはっきりしたアイテムばかりで揃えるのではなく、どちらでも使えるアイテムも用意しておくことをおすすめします。
病院の先生の方針によっては教えてくれない、聞いていないのに教えてくれるなど対応は様々ですので、「あえて知りたくない」などの希望がある場合は事前に伝えておくと良いでしょう。

「どちらであっても楽しみだから」「男女どちらも産んで、3人目だから次は産まれてくる楽しみにとっておく」なんていうママも少なくはありません。産まれてくるまでのドキドキ感を楽しむのも良いですね。

エコー写真での性別の見分け方

お腹の中の赤ちゃんが大きくなってくると全身が見えなくなってきます。出産が近くなるころには顔のアップや手のアップのエコー写真が増えてきます。エコー検査を受けていると角度やアップにした部分や見方によってはママでも分かるほど性別の判断ができることもあります。

妊娠16週~24週ぐらいで判定可能!

買い物中にニコニコする赤ちゃん

赤ちゃんの性別の判定には個人差があり、早い時は妊娠16週頃、一般的には妊娠24週頃に判別されることが多いです。検診をしている医師は妊娠9週頃から男の子か女の子かだいたい判断ができるようになりますが、ママへ伝えるのはもう少し後になります。

妊娠16週頃の赤ちゃんの大きさは身長が140㎜程度で、体重は60g~120gとまだまだ小さく、妊娠24週頃には600g~1,000gほどの体重になり、体もしっかりとしてきて性別の判断もしやすくなります。
妊娠15週より早く性別が伝えられたり、妊娠24週を過ぎたのに性別がなかなか判断できないという違いは赤ちゃんの発育に問題があるために起こるのではありません。お腹の中でうずくまる姿勢をしていたり、手や足の角度などによって見えづらくなっていたりと、確認ができないだけですので、あまり心配し過ぎないようにし「次は分かるかな?」と楽しみにしていてください。

女の子・男の子の判断方法

赤ちゃんの性別はエコーで判断をされますが、何を基準に判断をしているのでしょうか。女の子と男の子のどのような違いがあるか紹介します。

女の子の場合のエコー写真の特徴

足の間に小さな影がない場合、消去法で女の子と言われることもありますが、正確には足の間に木の葉やコーヒー豆のような楕円形で、線が入ったようなものが確認できたら女の子です。
また女の子の場合、膀胱と子宮の2つの黒い丸が映ります。男の子は膀胱しか存在しないので黒い丸は1つです。この2つの黒点を確認できるとより確信が持てます。

男の子の場合のエコー写真の特徴

男の子の赤ちゃんはエコー写真で見ると、足と足の間にピーナッツのような小さな影が見られます。また、男の子の場合、お腹に黒い丸が1つ映るだけです。男の子の場合は、妊娠週数の早い時期でも見分けがつきやすいと言われています。

男の子の特徴を捉えたエコー写真

男の子の特徴が見やすいエコー写真

判定と生まれた赤ちゃんの性別が違う!

産まれてきた赤ちゃんが判定と違っていたということがあります。赤ちゃんの性別は妊娠した瞬間にはすでに決まっており、成長過程で変化するものではありません。では、なぜ判定が途中で変わったり、間違って判定されたまま出産に至るのでしょうか?

性別の判断はエコーでの目視によるものです。そのため、エコーの映像によっては見にくかったり、見間違えたりすることがあります。
近年はエコーが3Dや4Dといった立体的な映像や機器の発達などによりクリアに見られることが可能となったことで、異常の早期発見が可能となり、性別の判定精度があがり医師も判定しやすくなりましたが、絶対正しいものではないと思っておきましょう。

女の子→男の子の場合

聴診器でお腹の様子を確認する看護師

女の子だと判断されたのに、途中で男の子だと判定が変わることがあります。女の子といわれていたのに、男の子だった場合は、赤ちゃんが足を閉じていて、股の間の影を上手に隠していたケースが多いです。

男の子→女の子の場合

男の子だと言われていたのに、女の子が産まれてきたり、途中で変更になったりするケースもあります。
股の間に影を確認したために男の子だと判断されても、実は足の間に挟まっていたのはへその緒の見間違いだったというケース、足の辺りでたまたま手を握っていてその指を見間違えたりすることもあります。

子宮があるかどうかも判定ポイント

性別の確信を持てるのは、見た目よりも子宮と膀胱などの器官が見えた時だと言われています。女の子は子宮と膀胱が2つの黒点として現れ、男の子は膀胱のみで1つの黒点です。
こういった器官による判定は、へその緒や指による見間違いも少ないといわれていますが、やはり赤ちゃんの角度によっては上手く見えないことがあるので、性別の判定は間違いもあるということは覚えておきましょう。

性別判定の迷信に根拠はなし!楽しみ方の1つとして受け止めよう

赤ちゃんの性別が分かるのを楽しみにする妊婦

妊娠中、年配の方に「ママの顔つきが優しいからきっと女の子ね」なんてことを言われた方もいるのではないでしょうか。きつい顔になったら男の子、お腹が前に突き出てきたら男の子で横に広がったら女の子、と電車の席の隣のおばさんやスーパーでレジに並んでいたら…と見ず知らずの方に予測診断をされたなんて話も聞くこともあります。これらの性別判定は他にもあります。

・胎動が激しいと男の子
・ママの脈拍を左右で比べ、右が強いと女の子
・結婚指輪を糸に結んでお腹の上に垂らして円を描くように動いたら女の子
・ママが甘い物ばかり食べたくなったら女の子

もちろん根拠はなく、迷信です。お腹の膨らみにいたってはママの骨盤の形から違いが出るものだと言われています。味覚が妊娠をきっかけに変わってしまうことはありますが、その変化が男女によって異なるという明確なデータはありません。
ただ、どれも可愛い赤ちゃんがお腹の中にいると思う時の楽しみ方の一つだと考えましょう。周りのみんなも祝福をしてくれていて、産んで育てたことのある先輩ママは懐かしくなってつい関わりたくなってしまうのかもしれませんね。

赤ちゃんの性別がストレスになってしまうなら…

赤ちゃんの性別は生まれてからの楽しみにする妊婦

男の子だとしても女の子だとしても嬉しいはずの赤ちゃんですが、男女の判定がストレスになることもあります。明確な希望がある方は、希望通りの性別の赤ちゃんが産まれてくるかばかりが気になってしまい、希望通りじゃないと残念に感じてしまうこともあります。
また「男の子が良かった」「女の子じゃないんだ」など周囲の人に勝手な希望を言われて傷ついてしまったり、希望通りに産めなくて申し訳ないという気分になってしまったりすることもあります。

赤ちゃんは本来「元気に産まれてくれるか」が一番重要なことですが、技術が発達した結果として可能となった産み分けや早期の性別判断などがママにとってストレスの原因となってしまうこともあります。
周囲の人は傷つけようとして言っているのではないことが大半です。相手の言葉を深刻に受け止め過ぎないようにしましょう。「希望通りの性別の赤ちゃんが欲しいのではなく、赤ちゃんが欲しい」という気持ちを忘れないことが大切です。

男の子?女の子?産まれてくるまでドキドキを楽しむ

男の子だったら、一緒に野球やサッカーをしたい!女の子だったら、可愛いお洋服をたくさん着させたい!
赤ちゃんの性別が気になるのは、子どもが生まれてからの生活が気になるからでしょう。でも、女の子だって野球やサッカーなど活発に動きまわるのが好きな子もいますし、男の子でもおままごとが好きで、おしゃれに関心があったって良いはず。結局はその子の個性次第です。

赤ちゃんの性別が希望とは違った場合、正直がっかりして、そんなふうに思った自分を責めてしまうママもいるでしょう。また、パパや周りの反応に苛立つこともあるかもしれません。
しかし、ほとんどの方が一時的にがっかりしたとしても、気持ちを切り替えて、子どもに愛情を注いでいるものです。

エコー検査で渡されるエコー写真にはたくさんの情報が載っています。自宅でゆっくりと眺めながらどんどん大きくなってくる我が子に会える日をみんなで心待ちにしましょう。医師でも性別を間違えることがあると言われると不安にもなりますが、生まれるまでドキドキを楽しみましょう。