Loading

妊娠初期症状の腹痛に伴う症状

我慢は禁物!妊娠初期症状の腹痛に伴う症状・痛み方をチェック

妊娠初期症状の腹痛はどのようなものか、なぜ妊娠初期に腹痛が起こるのか、妊娠初期の腹痛の症状を知りたい人へ、妊娠初期の腹痛と生理前の腹痛の違いから、妊娠初期の注意が必要な腹痛、辛い痛みの対処法までご紹介致します。

我慢は禁物!妊娠初期症状の腹痛に伴う症状・痛み方をチェック

おなかが痛い…妊娠初期症状の腹痛に伴う症状やその痛み、本当に大丈夫?

妊娠を心待ちにしていると体調の変化にだってとても敏感になりますよね。妊娠初期症状には思わず心配になってしまう症状も多いものですが、生理前のようなお腹の痛みはあるのに生理予定日が過ぎても生理が始まらないと、「もしかして妊娠したかも…でも妊娠していたらお腹が痛くて大丈夫なの?」と不安を感じる人も多いと思います。

妊娠初期の腹痛とは生理前の腹痛と比べどのようなものなのでしょうか?また、妊娠初期の腹痛はお腹の赤ちゃんに影響はないのでしょうか?

妊娠初期症状のひとつとしての「腹痛」

妊娠初期の腹痛症状に耐える女性

妊娠するとママの身体は、ホルモンの分泌が盛んになることで身体に不調を感じる事も多くなります。これによる妊娠初期症状はそれ自体があるかないか、またどの程度かも個人差があり人さまざまですが、妊娠超初期頃に軽い腹痛を感じる人も少なくありません。

妊娠初期の腹痛は、お腹の赤ちゃんを育てるための環境を整えるための大切な過程のために起こる症状の可能性もありますが、その場合はどうしてお腹が痛くなるのでしょうか?

妊娠初期の腹痛の症状

妊娠初期の腹痛は妊娠初期の中でも超初期に現れる症状とされ、ホルモンや体の変化によって起こると言われます。
しかし、生理前の腹痛の症状によく似ていて気が付かなかったり、いつもと違う腹痛に不安になってしまったりしてしまう人も少なくありません。妊娠初期の腹痛の症状とはどのようなものなのかを把握できていれば、妊娠兆候の腹痛のサインも感じ取れやすくなるのではないでしょうか?

妊娠初期症状のお腹の痛み方

痛みの感じ方は人それぞれですが、女性の腹痛は「チクチク」や「ズキズキ」と表現されることが多く、妊娠初期症状の腹痛もまた然り。子宮が引っ張られるような痛みだったり生理痛によく似た重い鈍痛であったりすることが多いようです。
痛みの感じ方は個人差があるので、同じ女性でも「わかるか!」とツッコミをいれたく表現もあるところは「女の腹痛あるあるダナ」と捉えておきましょう。

~生理様腹痛表現あるある~
  • チクチクした鋭痛
  • ズキズキ痛む
  • ぎゅううううと痛む
  • 生理痛のような鈍痛
  • 子宮が引っ張られるように痛む
  • 子宮の中で誰かが除夜の鐘をどついているような痛み
  • 子宮の中でゴリラがドラミングしているような痛み

痛みを感じる時間帯も一日中痛みのある人もいれば、痛みがあったりなかったりを繰り返す人もいます。

腹痛を感じる場所

妊娠初期の腹痛で最も多い症状は下腹部の痛みです。お腹というより胃が痛いと感じる人も多いですが、下腹部は子宮に近いので妊娠初期の腹痛の症状が出やすいのかもしれません。
生理痛と同じ子宮の辺りが痛むという人や、左右の下腹部が最も多く、腹痛というより足の付け根や恥骨辺りに痛みが現れる事もあるようです。

いつからいつまで続くの?

妊娠初期症状の腹痛は、早ければ生理予定日の1週間前の妊娠超初期から感知する人もいます。基礎体温が高温期に入ってから1週間後当たりは排卵のあたり。基礎体温を付けているなどすると排卵痛はややはっきりわかるとされ、また排卵痛はあっても排卵時だけの痛みなので長く続くことはありませんが、妊娠初期症状の腹痛は原因が違うため排卵痛のようにすぐには収まることはないようです。

何時から何時まで続くのかも個人差があるようです。強い痛みがずっと続くことはなく、妊娠週数が経つにつれ痛みは小さくなって安定期には収まるとされますが、もし、強い痛みが気になるとき、痛みが続くような時には病院で相談するのが安心です。

妊娠したかも…チェックすべき妊娠超初期症状19&妊娠知識
妊娠したかも…チェックすべき妊娠超初期症状19&妊娠知識
妊娠したかも…と思ったとき、未知なることに不安を感じるもの。妊娠と判明してから慌てないよう、病院へ行く前に必要な予備知識として、妊娠超初期症状・妊娠検査薬・診察内容などについてチェックしておこう。

妊娠初期症状の腹痛の原因と痛み方の特徴

妊娠かどうかの診察をする婦人科の医者

妊娠初期症状の腹痛の原因として胎芽を育てるためにhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)やエストロゲン、プロゲステロンが多く分泌されホルモンバランスが変化し、子宮が収縮を繰り返すことにより起こるとされます。また、それらホルモンバランスの変化により腸の働きが弱くなってしまい便秘や下痢などの腹痛が起こってしまうのだとか。

それぞれについて詳しくチェックしましょう!

妊娠で大改革!身体の変化による腹痛

妊娠するとお腹の赤ちゃんが成長しやすいように子宮が大きくなっていきますが、とくに妊娠初期は子宮が伸び縮みを開始しはじめたばかりの時期であり、おなかの痛みとなって症状が現れることもあるのだとか。また、子宮が大きくなるにつれ子宮を支える靭帯が引っ張られて痛みを伴うこともあります

妊娠中は日に日に大きくなる子宮に骨盤が圧迫され、骨盤周りの筋肉の血行が悪くなることもしばしば。体の冷えに繋がると腹痛が引き起こされることもあるので、常にお腹は冷やさないようにしておきましょう。

便秘を伴う腹痛

妊娠中はプロゲステロンという黄体ホルモンが増加することで子宮の収縮だけではなく、「蠕動運動」という腸が便を肛門に送り出すための動きを担う筋肉の働きも抑制させてしまいます。プロゲステロンは子宮に水分を吸収し溜め込むようにも働くために、腸からの水分吸収が増える事で便の水分が少なくなってしまい便秘になってしまうのです。
またお腹が大きくなり腸が圧迫される事で便秘になりやすい状態ともいえます。その便秘が原因となり腹痛を引き起こすことにつながるのです。
妊娠初期はトイレのときにあまりお腹に力を入れたくありませんよね。便秘はひどくなる前に対策を講じるのが良いでしょう。産院の先生に相談しても便秘解消をサポートしてくれますよ!

下痢を伴う腹痛

妊娠初期に便秘を伴う腹痛に悩まされる人もいる反面で、逆に下痢症状が起こる人も。
便秘の場合はプロゲステロンのはたらきにより体に水分をため込むことで便の水分がなくなり便秘になりやすいのですが、腸運動が鈍ると逆に便の水分調節も鈍るなどのがあり、便の水分調節がうまくできずに下痢になってしまう事があります。

妊娠中の下痢|妊娠初期・中期・後期ごとの原因とは?
妊娠中の下痢|妊娠初期・中期・後期ごとの原因とは?
妊娠中の下痢は、便秘とともに悩まされる人が多いトラブルのひとつ。なぜ妊娠すると下痢になるのか、妊娠初期・中期・後期で考えられる下痢の原因を説明します。

腰痛を伴う腹痛

腰痛を起こす原因としてリラキシンという妊娠初期に分泌される卵巣ホルモンが影響しています。リラキシンには関節を緩める役割があり、子宮を支えるために骨盤が開き骨盤周りの靭帯を緩めることで骨盤が不安定になりそれ、それを支えようと周囲の筋肉や関節に負担がかかる事で腰痛が起こるとされています。また、身体の様々な組織や器官に存在しているプロスタグランジンというホルモンの分泌による子宮の収縮や血行不良等から、腰や下腹部に痛みが出る事があります。

その他の腹痛の原因

■自律神経の乱れによる機能低下・冷え

妊娠による女性ホルモンの大きな変化でホルモンのバランスが崩れることにより、自律神経が乱れてしまいます。

体のあらゆる機能には交感神経と副交感神経という生きるために大切な指令を体に送っている自律神経が大きく関わっています。
その自律神経が乱れることによって消化機能や体温調節、体の抵抗力が低下し下痢を起こしてしまう事があるのです。

■食事の偏り・水分の取りすぎ

妊娠初期の体はとても敏感です。妊娠に関係なく普段からの食生活が不規則だったり、外食が多く栄養のバランスも考えず暴飲暴食気味の人が妊娠すると、妊娠による急激な体の変化に胃腸が対応できずに下痢を起こしてしまう事があります。

またつわりなどで水分しか取れないなどの状況から下痢をしやすくなることが考えられます。そういった場合にはお腹を冷やさないように配慮が必要です。

■精神的ストレス

初めての妊娠の人に多くみられるようです。妊娠が初めてだと色々な不安も多くなります。お腹の赤ちゃんの成長や初めてのお産、出産後の子育てへの不安、「マタニティブルー」ともいわれる症状ですが、不安なままの生活では腹痛だけでなくホルモンバランスも崩れてしまいます。

■鉄剤による副作用

女性に多い貧血の症状、日常的に貧血の薬を飲んでいるという人もいます。食事で鉄分を補えれば一番良いのですがなかなかうまくいかずに病院で鉄剤を処方してもらっている方もいるのではないでしょうか。

鉄剤を飲んでいる、または妊娠のために鉄剤を飲み始めたという人は妊娠初期の下痢の症状と共に鉄剤の副作用の下痢である事も考えられます。妊娠中にも安全な鉄剤がほしい場合には産婦人科でも処方してくれますので、貧血が気になる人は相談してみましょう。

妊娠初期の腹痛と生理痛を見分けたい!腹痛以外の症状に注目

体調がすぐれず不機嫌になる女性

妊娠初期症状の腹痛と生理前の腹痛はよく似ている事から、普段から生理痛を感じている人にとっては見分けるのがとても難しいようです。妊娠初期の腹痛は赤ちゃんを育てるために子宮が大きくなろうとすることで起こります。生理痛は経血と共に子宮内膜を身体の外へ出すためにプロスタグランジンという物質が分泌され、子宮や血管が収縮することによって起こります

生理予定日の1週間ほど前になるとPMS(月経前症候群)の症状が現れ、頭痛や胃痛、イライラや下腹部の重く張るような感覚になる人も多いと思います。
妊娠初期症状の腹痛は生理前の腹痛と比べて、いつもよりも重い鈍痛や下腹部全体が痛いなど、痛みが大きく出る事が多いようですが、痛みの感じ方には個人差があり、妊娠初期の腹痛と生理前の腹痛は始まる時期も同じくらいなので、妊娠の可能性がある場合にはほかの妊娠症状が現れていないか合わせてみるようにしてみましょう。

腹痛以外の妊娠超初期症状

  • 高温期がいつもよりも長く続きます。
  • 風邪のような身体のだるさや、頭痛や眠気の症状が出てきます。
  • おりものの色やにおい、質の状態にいつもと違う変化が見られます。また、微量の出血がみられる事もあります。
  • おっぱいに張りや痛みを感じる事が出てきます。
  • 足の付け根や下腹部につるような痛み、腰痛が出てきます。
  • 胃腸に変化が起こり、頻尿、便秘や下痢の症状が出る事があります。

妊娠超初期症状は妊娠初期に起こる腹痛の症状と同時期から現れやすい妊娠の兆候です。これらの症状が腹痛に伴い現れた場合には妊娠の可能性も出てはきますが、妊娠初期症状は個人差が大きく生理前や風邪などの症状とも似ているため、判断は難しいので参考程度に捉えて下さい。

生理が始まらず妊娠の可能性がある場合には、自己判断するのではなく早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠したかも…チェックすべき妊娠超初期症状19&妊娠知識
妊娠したかも…チェックすべき妊娠超初期症状19&妊娠知識
妊娠したかも…と思ったときは、生理の遅れや体調の変化を感じ始め嬉しさや不安でいっぱいかもしれませんね。病院で検査を受ける前に、妊娠超初期症状のチェックリスト・妊娠検査薬・診察内容や検診費用など、しっかりと予習しておいて、これから始まるかもしれない妊娠生活に備えてみませんか?

妊娠初期の注意が必要な腹痛

妊娠以外の腹痛の原因を探る医師

妊娠初期の腹痛として下腹部が外に張るような痛み、お腹から腰に掛けての痛み、生理痛に似たお腹の痛み、キュッとした軽い痛みは妊娠初期によくみられる腹痛の症状なので心配はいらないとされています。

またお腹全体に引っ張られるような感覚も長時間続く事もありますが痛みが長く続く事がなければ心配はないようです。しかし、強い痛みや痛みが治まらず継続して続くなどの危険な兆候を知らせる腹痛もあるので注意が必要です。

子宮外妊娠の可能性のある腹痛

子宮外妊娠とは異常妊娠とも呼ばれ、子宮以外の本来であれば宿ってはいけない場所に赤ちゃんが宿ってしまっている状態になります。そのために赤ちゃんが成長すればする程に子宮の痛みは強くなっていきます。特徴として時間がたつにつれて下腹部痛がひどくなったり急激に痛むという症状が現れます。
子宮外妊娠の場合でも妊娠検査薬は陽性反応を示します。しかし妊娠を継続することはできず、症状が悪化してしまうと卵管が破裂してしまう可能性もあるのです。妊娠超初期はまだ胎芽が成長していないため、ひどい腹痛には感じられませんが継続して腹痛が起こる場合には注意が必要です。おかしいと感じたら早めに病院を受診しましょう。

その他の腹痛や気になる症状は病院へ!

妊娠初期には全体の約10~15%が妊娠の継続が困難になりお腹の赤ちゃんが育たない状態に陥ってしまうといわれています。
その原因の多くが胎児側の異常とされ、染色体異常形態異常により子宮内でも生存できなくなってしまうのです。

■腹痛の特徴
  • 常に痛みがある状態が続きます。
  • 痛みがだんだん強くなっていきます。
  • 下腹部に締め付けられる感覚があります。
  • 下腹部に強い激痛が出ます。

このような症状が継続してある場合には危険な可能性があります。また腹痛だけでなく同時に出てくる場合がある症状は以下。

■腹痛と合わせて注意が必要な症状
  • 出血する場合があります。
  • 腰痛の症状が現れる場合があります。
  • 基礎体温が急激に下がる場合があります。
  • つわりや妊娠初期症状がなくなってしまう場合があります。

検査を受けた段階でまだお腹の赤ちゃんが無事であれば、処置次第で妊娠を継続できる可能性も出てきます。自己判断はせずに少しでも気になる症状があればすぐに病院を受診するようにしましょう。

お腹が痛いときの対処法と解消法

マッサージでリラックスする妊娠初期の女性

妊娠初期の腹痛は妊娠兆候の一つであり、お腹の赤ちゃんを育てるための大切な変化に伴うものです。腹痛があるとお腹の赤ちゃんへの心配も出てきてしまい気になってしまうかもしれません。しかし考えすぎずに余裕をもって過ごすようにしましょう

腹痛が辛い時の対処法

ホルモンバランスの変化や体の変化により起こる腹痛は仕方のない事ですが、痛い時は辛いものです。そんな時少しでも痛みを軽くするために出来る事は試してみてください。
また、家事や仕事は家族や職場の人に理解してもらい無理のない範囲でこなすようにしましょう。

身体を温める

体の冷えは腹痛を引き起こす原因にもなり妊婦さんには大敵です。下腹部を温めるのも大切ですが下肢の血流は子宮と直接的に関係していますので、下半身全体を温めるようにしましょう。ハイソックスやレッグウォーマー、腹巻や毛糸のパンツなどを使用すると効果的です。

安静にする

痛みが強い時は安静にするのが一番の対処法です。立ったり座ったりすると重力の関係で子宮が下へ引っ張られ痛みが強くなります。痛みが強い時はむやみに動かず、出来るだけ寝転んで安静にして様子を見るようにしましょう。

腹痛を軽減するために出来る解消法

日常の生活の中で、腹痛を軽減するために出来る腹痛の予防策となる解消法があります。すべての妊娠初期の腹痛をなくすことはできませんが、少し生活を変えるだけで腹痛を軽減できるかもしれません。
妊娠前と妊娠してからは体の変化も大きく、お腹の赤ちゃんに影響してしまう事も出てきます。生活の見直しをすることも妊娠初期にはとても大切なことなのです。

お腹にやさしい食生活をはじめましょう

便秘や下痢の症状で腹痛を伴う場合は食事を改善することで予防することが可能です。バランスの良い食事はもちろんですが、便秘気味の人は便秘対策として、便のかさを増す食物繊維と腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖を摂ることが予防につながります。

また下痢気味の人は下痢対策として、根菜を中心にしたバランスの良い食事を摂ることで予防につながります。

下痢をしているからといって水分を控えると脱水症状を引き起こす可能性があるため、下痢をしているときは特に水分補給を心がけるようにしましょう。辛いもの、冷たすぎるもの、油っこいものも胃腸を刺激する原因になるので避けるようにしましょう。

妊婦は焼肉を食べても大丈夫?安心して食べるための注意点
妊婦は焼肉を食べても大丈夫?安心して食べるための注意点
妊婦さんが焼肉を食べてはいけないと言われる理由と、食べる場合にはどのような点に注意すればよいのか、また、特に注意すべき食材や、妊婦さんと焼肉にまつわるジンクスなどについても紹介します。

リラックスでストレスフリー

ストレスや不安が腹痛を引き起こしている可能性も考えられます。ストレスはお腹の赤ちゃんにも良い影響にはなりません。
心身ともにリラックスし安定した生活を送れるように、好きな音楽を聴いたり、散歩やアロママッサージなど自分に合ったストレス解消法を見つける事もとても大切なのです。

妊婦に冷えは大敵!おなかぽかぽか対策を

下腹部の痛みは冷えが原因で起こることがあります。日頃から体を冷やさないことで予防にもつながります。体を温める食材や飲み物を積極的に取り入れ、体を冷やさない服装などで体温を調節することも腹痛を軽減するための解消法になります。
また、軽い運動を取り入れる事も新陳代謝、血行促進にも効果があり便秘解消にもつながります。

妊娠初期の腹痛はお腹の赤ちゃんを育てるための過程の一つ。

妊娠初期に感じる腹痛は、体の変化やホルモンのバランスの変化からくるもので珍しい事ではありませんが、妊娠中の腹痛はお腹の赤ちゃんへの影響などが心配になり特に敏感になってしまいます。心配のない腹痛や注意が必要な腹痛を把握しておくことで少しは心配も少なくなるのではないでしょうか?

妊娠初期に起きる腹痛は人によって感じ方も違ってきますが、胎芽を育てるために必要な過程につながっているもので心配する必要がないものがほとんどです。
しかし中には危険信号となる腹痛もあります。お腹の痛みがひどく気分が落ち込み妊娠生活に影響する場合や、気になる腹痛症状がある場合には一人悩むのではなく病院で相談してみてください。ストレスや不安も腹痛の原因になってしまいます。

お腹の赤ちゃんのためにもリラックスできる安定した生活を心がけ、妊娠初期の腹痛もマタニティライフの始まりと捉えると気持ちが楽になるかもしれません。