Loading

妊娠中のカフェイン摂取の影響

妊娠中のカフェインなぜだめ?胎児への影響と1日の許容量

妊娠中のカフェイン摂取はなぜよくないの?妊娠中のカフェインのとりすぎは母体とおなかの赤ちゃんに影響します。カフェインの成分が胎児の成長にどう影響するのか、どの程度の摂取量なら大丈夫なのか各国の状況を踏まえて解説。お茶やチョコレート、意外な物にもカフェインが多量に含まれています!

妊娠中のカフェインなぜだめ?胎児への影響と1日の許容量

妊娠中のカフェインはNG?摂取量と胎児への影響とは?

妊娠前からコーヒーを飲む習慣があった人は、朝やちょっとした休憩時間に1杯飲みたくなりますよね。でも、「妊娠中のカフェイン摂取はもしかしてNG?」と不安に襲われた妊婦さんはいませんか?

その通り、カフェインはおなかの赤ちゃんに影響があるといわれています。しかし、どの程度摂取すると、どのような影響があるのかはよく知らない方がほとんど。
妊娠中のカフェインが実際にどのような影響があるのか、摂取量の目安や各国の制限状況から不安を解消しましょう!妊娠中でも飲めるコーヒーの代わりになる飲み物も併せてご紹介します!

妊娠中のカフェイン摂取がNGとされる理由

朝食のためのコーヒーを注ぐ妊婦

実は、妊娠中のカフェイン摂取によってどのような影響があるのかはまだまだ研究途中のため、明確にどのような影響があるとはっきり言い切れません。ですが、産婦人科医や厚生労働省によると、妊娠中のカフェイン摂取により胎児の発育を阻害する可能性があるとおすすめされていません。

妊娠中は赤ちゃんのためにもなるべく控えるに越したことはないですね。
もう少し、一般的に言われている妊娠中のカフェイン摂取の影響について詳しく掘り下げてみましょう!

胎児の発育を阻害する

カフェインは胎盤を通過して、おなかの赤ちゃんにも成分が届いてしまいます。未熟な胎児の代謝能力では、摂取したカフェインの成分を上手に処理できません。

カフェインにはカルシウム・鉄分などの吸収を阻害し、尿とともに排出してしまうという効果があるので、おなかの赤ちゃんの骨の形成や成長の妨げになってしまうことが想像できます。

妊娠後期は母体の代謝がわるくなり、おなかの赤ちゃんにカフェイン成分が届きやすくなってしまいます。妊娠後期は特にカフェインを控えるように心掛けるようにしましょう。

母体の貧血を引き起こす

カフェインは鉄分の吸収を阻害する効果を持っています。妊娠中、鉄分が不足してしまうと貧血や血流の悪化を招き、母体だけでなくお腹の赤ちゃんにも影響が出てしまいます

胎盤の血流や母体側の血液量が減ってしまうと、おなかの赤ちゃんの栄養や酸素供給が妨げられ、成長の遅れや健康状態の悪化につながりかねません。妊娠中は特に貧血になりやすい状態にありますので、できるだけ貧血を引き起こす要素である、カフェイン摂取を減らすようにしましょう。

妊娠中のカフェイン摂取量の目安 各国の状況

コーヒーが大好きな女性

日本ではまだ明確な妊娠中のカフェイン摂取許容範囲などは明言されていません。
では、海外ではどのようになっているのでしょうか?WHO(世界保健機構)によると、妊娠中のカフェイン摂取は1日300mgを基準としているようですが、アメリカでは約200mg程度を推奨しているようです。

世界的に見た妊娠中のカフェイン摂取量から、実際にどれくらいの量が許容範囲となるのかを見てみましょう!

世界保健機関(WHO)

WHOによる妊婦が1日に摂取してよいとするカフェイン量は300mg。
分かりやすく言えば、コーヒーカップ(1杯140mlとして)約2~3杯程度の量になります。これ以上になると、摂取しすぎとなり、おなかの赤ちゃんに影響を及ぼす可能性が出てくると判断されているようです。

英国食品基準庁(FSA)

FSAでは妊婦のカフェイン摂取量をWHOよりも少し少なく、200mgと定義しています。
コーヒーカップで言えば1日2杯程度なら問題ないとしています。

カナダ保健省

カナダ保険証もWHOと同じく、コーヒーカップ2~3杯程度・カフェイン量300mgが妊婦が摂取していいカフェイン量としています。

オーストリア保健・食品安全局(AGES)

AGESではWHOとおなじく、カフェインは300mgまでとしています。マグカップにして2杯程度ですね。

日本ではどれくらいが基準?

コーヒーを飲みつつパソコンを覗く女性

日本ではまだ、妊婦のカフェイン摂取量、そして妊娠中のカフェイン摂取による影響について医学的面から、はっきりしたことが分かっていないため、1日の摂取量については明言されていません。

ですが、世界的に見ておおよそ平均して1日コーヒーカップ2杯程度のカフェイン量。つまりカフェイン量200~300mgまでは問題ないとする産婦人科医が多くいます。
ですが、コーヒーを基準に考えると、缶コーヒーか家でドリップしたものか、豆の種類や引き方、飲み方などでカフェイン量は変化しますので一概に2杯ということではありません。

そのほか、日本人がよく飲食する緑茶、チョコレートやココア、コーラにもカフェインは含まれていますので、妊娠中の飲み物・食べ物には気を付けるようにしましょう!

食品別カフェイン摂取量の目安 気を付けたい食品

手を組み考え事をする女性

カフェインと聞くとコーヒーが真っ先に頭に浮かびますが、実はいろんな食品や飲み物の中に入っています。

コーヒーを避けていればOKとおもっていたら、実は意外なところでカフェインを摂取してた!それがもし結構な量だったら、たいへんですよね?見逃しやすいコーヒー以外のカフェイン摂取の原因となる食品・飲み物をチェックしましょう!

コーヒー

カフェイン代表といっても過言ではないくらい、まず妊婦さんが摂取量に気を遣う飲み物ではないでしょうか?先にも述べた通り、コーヒーは1日2~3杯程度(1杯140~150ml)が1日の摂取量として許容範囲とされています。
ですが、注意したいのは例えばドリップタイプとインスタントではカフェイン量が約40mlも差があるということです。

・ドリップコーヒー…100mg
・インスタントコーヒー…65mg
・エスプレッソ(40ml)…77mg
・カプチーノ…50mg

一言でコーヒーとまとめても、種類によってはカフェイン量に差があります。この辺にも注意して妊娠中のコーヒーを楽しみたいですね。ミルクをたくさん入れて、カプチーノやカフェオレにして飲むのがよさそうです。

紅茶

コーヒーがだめなら紅茶で!と思いますが、紅茶はカップ1杯あたり茶葉を2~5g程度使ったとして、カフェインは30mgほど。
1杯の量はコーヒーより少ないですが、種類によって多少の差が出るので、気を付けるに越したことはありません。

緑茶

綺麗な色味の緑茶

日本人がよく飲む玉露などの緑茶にもカフェインは含まれています。1杯100mlのうち、各種お茶に含まれるカフェイン量は以下の通りです。

・煎茶…20mg
・玉露…120mg
・抹茶…30mg
・ほうじ茶…20mg

玉露のカフェイン量は実はコーヒーを超えているので要注意です。コーヒーを飲まなくても、緑茶好きの人は気をつけましょう。ほうじ茶にもカフェインが含まれていることも覚えてきましょう。

エナジードリンク

栄養ドリンクやエナジードリンクに含まれるカフェイン量は1本につきおよそ50mgとされています。コーヒーの場合1日300mg程度が限度とされているので、1日1本程度では問題がないようです。
最近はノンカフェインのドリンクもふえているので、気になるときはそちらを選ぶようにしましょう!

チョコレート

妊娠中、つい甘いものを食べたくなって食べてしまうチョコレート。少量なら問題ないとされていますが、食べすぎはカフェインだけでなく、妊娠中の体重管理的にも注意が必要です!
チョコレートに表記してあるカカオ含有量が多ければ多いほど、要するにビターチョコであるほどカフェイン量は多くなります。

どうしても食べたいときは、一般的に売られている「ミルクチョコ1枚」あるいは「粒で入っている1ケース」程度では問題ないとされています。量にして約50gが適切です。

妊娠中のカフェイン制限、いつから~いつまで気をつけるべき?

カフェイン制限を受けた妊婦

妊娠中のカフェイン量は妊娠初期から気を付けたほうがいいということが分かっています。
妊娠中の代謝が悪い体のなかでは、ママが飲んだカフェイン量がそのまま赤ちゃんに影響を与えるからです。先にも述べましたが、カフェインには鉄分やカルシウムを尿と一緒に排出してしまう効果があるので、ママは貧血になりやすく、おなかの赤ちゃんは成長を阻害される恐れがあります。

妊娠が分かる前に飲んでしまっていた程度なら、焦る必要はありません。妊娠がわかったら控えるように心がけましょう。

産後も母乳育児をするならしばらくお預け

ミルク育児で母乳を与えないというなら問題はありませんが、赤ちゃんが生まれてからママが母乳育児をするなら産後もしばらくは控えましょう!産後の授乳の際、カフェインを飲んでいると少量ですがカフェインの成分が母乳に入ってしまいます。
本当に少量なので、あまり気にすることはありませんが、赤ちゃん自体はカフェインに過敏に反応することがあり、母乳を飲んだ後寝つきが悪くなったり、興奮状態になる可能性もあります。

生まれたからといって、コーヒーやそのほかのカフェインが含まれる物を摂取しすぎると、母乳に出る。飲みすぎで貧血を引き起こす可能性があると覚えておきましょう!

妊娠中のカフェインが気になる人へおすすめの飲み物

妊娠中におすすめな飲み物探し出せて嬉しい妊婦

妊娠中、どうしてもコーヒーが飲みたい!紅茶が飲みたい!我慢しすぎると逆にストレスになります。そんな時にはマタニティブレンドのコーヒーや紅茶はいかがでしょう?「マタニティブレンド」とは、妊娠中控えるべきカフェインなどを抜いたものを指します。
妊娠中から産後の授乳中まで活用したい、マタニティブレンドをご紹介します!

コーヒーの代用に「タンポポコーヒー」

ベビー用品やマタニティ商品を取り扱っているているお店でよくみかける「たんぽぽコーヒー」。
タンポポの根をつかったコーヒーで、ヨーロッパで「ダンデライオン(タンポポ)コーヒー」として親しまれています。ノンカフェインで、妊娠中や母乳育児をしているママに人気が高い商品です!

妊娠中の「冷え」「便秘」の解消や「鉄分・ミネラル摂取」に非常に効果が高く、妊娠中から産後の体調回復のサポートとして幅広く飲用されています!

ルイボスティー

ノンカフェインであるのはもちろんですが、ルイボスティーは美容・免疫に非常に効果が高く、妊娠中不足しがちな鉄分・亜鉛・カルシウムなどのミネラルを非常に多く含んだまさに妊婦さんにオススメのハーブティーです!
渋み・クセがす少ないので飲みやすく、味や香りの好みが変わりやすい妊娠中でも比較的飲みやすいのも嬉しい特徴。


 AMOMA グリーンルイボスティーの画像
出典:www.amoma.jp

AMOMA グリーンルイボスティー

AMOMA グリーンルイボスティーは普通のルイボスティーに比べて栄養成分が多いのが特徴。発酵させる前の緑色のルイボス茶葉をつかうことで、クセを少なくしています。
妊娠中の肌ケアや、妊娠中~産後の授乳期間に不足しがちなミネラル補充に活用したい商品です!

黒豆茶など、新たな飲み物を探すのも楽しい

あまり知られていませんが、黒豆をお茶にしたものがあります。黒豆茶はノンカロリー、ノンカフェインという、妊娠中の体重管理にもうってつけの飲み物です!
他にもごぼう茶やハーブティーのマタニティブレンドなど、ノンカフェインのお茶は多く、ティーバッグタイプで手軽に買える商品も多数あります。有名どころでは、無印良品が安く、種類が豊富でおすすめです。「とうもろこし茶」「ルイボス&黒豆茶」「野菜のお茶 えのき&ごぼう茶」など、どんな味なの試してみたいですよね。

また、赤ちゃんが生まれたら長く活躍するノンカフェインの麦茶ですが、ティーバックを濃く煮だして牛乳を入れる「麦茶カフェオレ風」など、商品のパッケージに意外なアレンジレシピが載っていることもあります。ネットも活用しつつ、こうしたアレンジを楽しむのもよさそうです。

妊娠中のカフェインは息抜き程度に。「マタニティブレンド」も活用!

妊娠中のカフェインの摂り過ぎは、ママやおなかの赤ちゃんのカルシウムなどの吸収を阻害してしまうので、できるだけ控えましょう。だけど「厳禁」という訳ではないので、たまの息抜きに飲むならOKです。

普段の生活では、ノンカフェインのお茶やコーヒーを活用し、飲みたい欲求を上手に解消していきましょうね。特別なこだわりはないけれど、飲み物といえば「コーヒー・紅茶」「緑茶」だった妊婦さんは、この機会にノンカフェインでおいしい飲み物を探すのを妊娠期間の楽しみにするのも楽しそうです。