よだれつわりの対策や原因

よだれつわりの対策方法~唾液を軽減させる食べ物やツボ

よだれつわりは「気持ち悪い」「眠れない」など悩んでいる妊婦さんが多い一方で、まわりの人にはなかなか理解されないツライつわりの一種です。溢れる唾液への対処法と、唾液の分泌量を軽減させる食べ物やツボなどの対策を紹介。いつまで続くの?と人知れず悩んでいる妊婦さんは必見です。

よだれつわりの対策方法~唾液を軽減させる食べ物やツボ

よだれつわりが気持ち悪い!いつまで続く?対策は?

妊娠中に多くの人が悩まされる「つわり」。食べつわりや吐きつわりなど、つわりにもさまざまな種類がありますが「よだれつわり」という珍しいつわりも存在します。

妊娠・出産を経験したママの中にも知らない人が多い「よだれつわり」にはどうやって立ち向かえばいいのでしょうか?

今回は、よだれつわりの症状や原因について紹介すると共に、その対策・対処法についても詳しく解説します。経験する人が少ないよだれつわりは、周囲に相談しづらいもの。

ぜひ、よだれつわり
に悩んだ先輩ママの体験談も参考にしてください。

「よだれつわり」とは?どんな症状があるの?

妊娠中に大量のよだれが出てしまう「よだれつわり」は、正式には「唾液過多症」と呼ばれる病気の一種です。

ただし、唾液過多症の原因は、胃腸系のトラブルや自律神経の乱れが主な原因とされていますが、「よだれつわり」は、妊娠中のごく限られた期間に起こる一過性の症状に過ぎません。

顔にティッシュを当てる妊婦

よだれつわりの症状とは?

妊娠中の一過性の症状に過ぎない…とは言っても、唾液が出過ぎるのは困りものです。特に、妊娠初期のつわりで味覚に影響が出ている時には、唾液の味や臭いを強く感じ、不快感が増します。その不快感から、吐き気に悩まされるのも、よだれつわりのツライところです。

唾液の量は人それぞれで、飲み込んで対処できるケースもあれば、溢れるほどによだれが出て飲み込めないというケースもあります。

さらに、よだれが出るタイミングにも個人差があり、酸っぱいものを食べると唾液が出る人もいれば、特別なことはしていないのにダラダラと唾液が出てしまう人、寝ている時も出続けて眠れないという人もいます。

「よだれつわり」チェックリスト

  • 妊娠してから唾液の量が増えたと感じる
  • 唾液がネバネバとしている
  • 唾液に味や臭いを感じ、不快感がある
  • よだれが出てきて、飲み込めない時がある
  • よだれのせいで、会話がしづらい時がある
  • 就寝中のよだれで寝具類を汚してしまう

よだれつわりはいつからいつまで?妊娠中はずっと続くの?

よだれつわりの症状はいつからいつまで続くのでしょうか?吐きつわり、食べつわりなどと比較してみます。

始まる時期は通常のつわりと同じ

よだれつわりも、吐きつわり・食べつわりなどと同じような時期に症状が現れます。多くの妊婦さんにつわりが始まるのは妊娠5~6週頃で、妊娠12~16週に症状が落ち着いてきます。
個人差はありますが、妊娠8~11週頃をピークに、1~2ヶ月間つわりに悩まされるのが一般的です。

よだれつわりの症状は長引く傾向に…

ベッドに横になる妊婦

よだれつわりは、吐きつわりや食べつわりと同時期に始まりますが、「食べつわりや吐きつわりが治まっても唾液は多いまま」というケースも多く、症状は長く続く傾向にあります。妊婦さんの中には、出産前までよだれつわりが続いたという人もいます。

ただし、症状の重さに関しては、週数が進むほどに軽減され、妊娠中後期には、徐々に唾液の量が減り、吐き出さなくても済むようになった人が多く見受けられます。

もちろん個人差はありますが、よだれつわりは長く続くものと考え、長引いても過剰な不安を抱かないようにしましょう。

よだれつわりは出産すれば治まる?

食べつわり、吐きつわりと同様に、よだれつわりも出産を終えた直後~数週間のうちには治まります。あくまで「つわり」ですから、妊娠中の一過性の症状に過ぎません。

出産後も症状が続く場合、妊娠とは無関係に、消化器官や口内環境、嚥下機能に異常を抱えている可能性があります。一度病院を受診しましょう。

よだれつわりの原因

実は、つわりの原因は未だはっきりと分かっておらず、残念ながら、よだれつわりについても詳しく解明がなされていません。

妊娠中に多く分泌される体内ホルモン「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」や「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の影響。自律神経の乱れによるもの。ビタミンB6不足。水分の代謝に障害が起きることによる水毒症状など、唾液の分泌に異常をきたす原因はさまざまなことが言われていますが、いずれにしても、妊娠中に起こる体の変化が要因となっています。

よだれつわりの対策~唾液の処理方法、分泌を軽減させるコツ~

よだれつわりの唾液はネバネバとしており、泡のような唾液が出ることもあります。無理に飲み込もうとすると吐き気が増してしまうため、唾液を飲み込むのはおすすめしません。

よだれつわり対策の原則

唾液は飲み込むのではなく、「吐き出す」!

よだれつわりは「うまく吐き出す」ことを覚えるのも大切です。
溢れる唾液の具体的な対処法と、少しでも症状を軽くするための対策をご紹介します。

容器につばを吐きだす妊婦

空のペットボトルを持ち歩く

外出中に困る多量の唾液は、空のペットボトルに吐き出しましょう。ペットボトルカバーを付けたり、タオルを巻いておけば、周囲には気づかれません。ペットボトルなら、こまめに交換できるので、衛生面が気になる方にもおすすめです。

どうしても唾液を吐き出せない状況の時には、飴やタブレットなどを舐めると唾液が飲み込みやすくなります。

タオルやハンカチをおすすめしない理由

タオルやハンカチで拭ってばかりいると、口周りの肌荒れの原因にもなります。応急処置としては良いですが、よだれつわりの症状が続いている場合、こうした対処法は早めに卒業しましょう。

就寝時は洗面器とタオルを用意

よだれつわりの症状は、就寝中も続きます。唾液で枕が濡れることもありますから、枕にタオルを敷いておきましょう。

夜目覚めた時に唾液をすぐ吐き出せるよう、枕元に洗面器を用意しておくと便利です。

ビタミンB6の摂取

肉じゃが

よだれつわりを引き起こす原因の一つに「ビタミンB6の不足」が挙げられます。ビタミンB6は、つわりを軽減する点滴にも含まれており、吐き気などの症状を和らげることが分かっています(注1)。

ビタミンB6はサプリメントで補うことができますが、過剰摂取はリスクもありますので、使用する際には医師への相談が必要です。まずは、ビタミンB6を多く含む食べ物から摂取するよう心掛けましょう。

ビタミンB6は、牛レバーや魚、ジャガイモなどのでんぷん質の野菜、柑橘系を除く果物などに多く含まれています(注2)。

漢方薬を試してみる

漢方薬でよだれつわりの症状が軽くなることもあります。吐き気や唾液の量を抑える漢方薬を薬局で購入することもできますが、他の薬との飲み合わせや、自分の症状に合った調合をしてもらうためにも、漢方の専門医に相談しましょう。

ツボ押し・鍼灸院での治療

吐き気を抑えるツボ「関衝(かんしょう)」や、よだれを抑える「中泉(ちゅうせん)」といったツボを刺激するのもよだれつわりに効くといわれています。

中泉の位置

よだれを抑えるツボ「中泉」

中指と人差し指の骨の間をまっすぐ降下し、手首のしわと交わる位置

鍼灸院で治療を受け、症状が軽くなったという人もいます。施術前には、妊娠中であることを必ず伝えるようにしましょう。

体を温める

よだれつわりの症状を軽減させるためには、体を温めて血行を良くし、代謝を良くすることも大切です。

消化吸収を助ける役割をする唾液は、胃や腸の働きと関係しており、体の冷えにより胃腸の働きが弱くなると唾液の分泌量が増えてしまいます。

水分補給はしっかりとする

多量の水分を摂取すると「唾液の量が増えるのではないか?」と心配するあまり、水分補給を怠るのは危険です。唾液により体内の水分が排出されるよだれつわりは、脱水症状を引き起こす可能性があります。意識して水分を摂るようにしましょう。

お茶を飲む女性

水分補給もままならないほどに気持ち悪い時や、体重の減少・トイレの回数が極端に少ないといった脱水の症状が見られる場合は、かかりつけの産婦人科に相談しましょう。

先輩ママの体験談「よだれつわりにはコレが効いた!」

2回の妊娠を乗り越えました

佐々木亜美(35歳)


4歳と6歳の子供のママです。つわりは妊娠のたびに症状が変わるともいわれますが、私はどっちの子供の時もよだれつわりでした。

その結果、わかったことは、「冷たいものは避けた方がいい」です!1人目の時には夏に妊娠していたので冷たいものばかり飲んでいました。2人目は逆に真冬だったので温かいものばかりとっていました。断然2人目の方が症状が軽かったです。

あと、酸っぱいものを食べると唾液が出るように思いますが、外出先や仕事でどうしても唾液を吐き出せない時は、100%オレンジジュースなど果汁の飲み物の方が唾液を飲み込みやすいように感じます。ただ、ジュースや飴ばかりに頼れないので、できるだけ吐き出していました。

つらい気持ち分かります

佐藤美波(29歳)


よだれつわりは本当にツライです。周囲にも理解されず、産婦人科でも、つわりの一種だからと特別な処方はしていただけませんでした。さらに私は痰にも悩まされました。おじさんのように「カー、ッぺ」と吐き出していると、主人にも嫌な顔をされましたよ。

よだれつわりは出産直前まで続きました。寝ていても何をしていても唾液が止まらなくて、ペットボトルと飴が手放せませんでした。

良い対策はあまりありませんでしたが、飲み物や飴を舐めて気を紛らわしていました。カロリーも気になるのでノンシュガーがおすすめです。

おすすめコンテンツ