分娩時間は長い?短い?

分娩にかかる所要時間はどれくらい?出産までの体験談15

分娩にかかる時間はどれくらいなのか、初めての出産を控えるプレママは所要時間が気になります。先輩ママたちが教えてくれた分娩時間の長さ体験談をご紹介します。分娩時間は長い人もいれば短い人もいます。体験談のエピソードを参考に出産に備えましょう。

分娩にかかる所要時間はどれくらい?出産までの体験談15

陣痛から出産まで分娩の所要時間はどのくらい?

「陣痛かも」と痛みを感じてから赤ちゃんが生まれるまでは、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。これから出産を控えているプレママに、先輩たちが教えてくれた分娩にかかった時間の体験談をご紹介します。

不安だらけの初めての出産なら、赤ちゃんが無事に産まれるまでのエピソードも気になるところです。先輩ママたちが陣痛の痛みの中どんなふうに赤ちゃんの誕生を迎えたのか、ぜひチェックして下さい。

赤ちゃんを分娩するまでにかかった所要時間

分娩にようした最短時間と最長時間

体験談を寄せてくれた15人のママたちの中で、分娩時間が一番短かったのが3時間です。一方、一番長かった分娩時間は、なんと48時間。分娩まで時間がかかった理由は、陣痛が来てもなかなか子宮口が開かなかったため、赤ちゃんが下りて来られなかったことと言っています。

陣痛促進剤を打ったあとはするすると生まれてくれたので良かったですが、陣痛の痛みは経験したママにしか分からないというのは、きっと本当のことなのでしょう。

産みの苦しみは短い方がいいですが、無事に生まれてくれることが何よりです。家族に出産を迎えるママがいる人は、「お疲れ様」の一言をかけてあげて下さい。

分娩時間が短いと感じたママの体験談

ここでは、分娩時間が短く感じたという3人のママたちの体験談を見ていきます。どんなに陣痛から分娩までの時間が短くても、陣痛は痛いものです。痛みを感じてから出産するまでの間、ママたちはどんなふうに過ごしたのでしょうか。

14時間

清水愛華(21)


分娩時間は14時間でした。いつもよりお腹が張って痛くてねれなかったので、時間を測ったら規則的になってきたので、産院に電話し陣痛間隔を言ったらすぐに来てくださいと言われ支度をしていきました。

明け方に病院に行き先生に診てもらったら、「まだまだ生まれないよ、日付が変わるくらい」と言われたのでまだまだかかるのかと思い耐えられるかの不安もありました。

そのあと朝8時過ぎに破水し、助産師さんにここから一気に痛くなるかもと言われ、本当に一気に痛くなって来たので、このまま耐えられないと弱気になっていました。

テニスボールを持参していたので、やり方を教えてもらいやってもらったら、本当にすごいくらい痛みをのがすことができました。

その後もずっと陣痛の波が来るたびに主人に押してもらっていたので、本当にたすかりました。

14時になり16時までには産まれるよと言われ、夜じゃないの、早いよ怖いと思っていたらあっという間に15時半で慌ただしくなり、数回いきみ産まれました。

LDHルームだったので、途中の移動などありませんでした。色んな助産師さんに若いから早かったんだよと言われました。分娩時間はあっという間で、次もこのくらいがいいかなと思っています。

一人目は12時間、二人目は3時間

佐藤民子(40代後半)


一人目は、陣痛から出産まで12時間、二人目は3時間、かかりました。一人目のお産は、陣痛は始まっているのに、なかなか破水せず、しかも赤ちゃんが下がってこなかったので、陣痛があるのに、階段の上り下りをしていました。

でもお産が進まず、ベッドの上で助産婦さんが手で膜を破って破水し、お腹を押しました。それで段々下がってきて、お産になりました。

二人目は、規則的な陣痛が来ていたので産婦人科を受診するも、待合室で2時間待たされ、待合室で陣痛に耐えていました。

やっと名前を呼ばれて診察台に上がると8cm開いていると言われ、そのまま分娩室へ、しばらくして産まれました。

看護師さんや医者からは、お産の長さは標準だと言われました。私自身は、一人目は長く感じましたが、二人目は早かったと思います。

生まれたばかりの新生児

10時間

柚香(26歳)


私は、陣痛から出産まで約10時間かかりました。夜の22時ころから陣痛が始まりました。はじめての出産だったので、最初は陣痛の痛みがよくわかりませんでした。痛いというより、腰のあたりがずーんと重い感じだったと思います。

0時におしるしを確認してから陣痛が15分間隔くらいになり、2時すぎに10分間隔になり、次第に陣痛が強まりました。

おしりにボールを当てていると痛みが和らぐので、陣痛の間ずっとやっていました。4時ごろに陣痛が7分間隔になったので、自分でタクシーを呼んで産院に行きました。

夫がドライバーの仕事中でいなかったので、頼れる人が近くにいなかったのが辛かったです。

7時くらいに分娩台に行き、8時には無事に娘を出産しました。産婦人科の先生にも安産だと言われました。

出産直後は分娩時間がすごく長く感じましたが、今思うとあっという間でした。経産婦はもっと分娩時間が短くなるというので、また2人目を授かれたらいいなと思っています。

分娩時間が長いと感じたママの体験談

分娩時間が長かったと答えたのは、15人中12人でした。ほとんどのママが「分娩は時間がかかるもの」という印象を持っていることになります。

陣痛の間隔が短くなり子宮口が全開に開いても、赤ちゃんが下りて来ないケースがあります。また、赤ちゃんの頭が大きくてなかなか出てこない場合もあります。分娩に時間が長くかかる理由は様々ですが、できるだけ短くありますようにと祈るような気持ちになるママの気持ちが分かります。

8時間

崎本絢子(20代後半)


一人目の出産は破水から始まりました。破水とおしるしが同時にあり、すぐに病院に行きそのまま入院して陣痛を待ちましたが一向に陣痛がこず、翌日朝イチで陣痛促進剤を使って陣痛をこさせました。

8時前から陣痛促進剤の点滴を始め、順調に陣痛が強くなっていきましたが、14時頃には痛みが強すぎてかなりきつくなりました。

出産前の母親教室などでは、陣痛がこない時間もあるからそこで休憩してねと言われていましたが、陣痛促進剤を使用したからか、ほとんど痛みが途切れることがありませんでした。

私も体力の限界になり、子供の心拍も落ちてしまったため、16時頃に緊急帝王切開で出産となりました。正直お昼をすぎた頃からは、もう辛かった記憶しかありません。本当に長かったと思いました。

二人目はVバックもできる病院でしたが、またあの陣痛を味わうのが恐ろしく、迷わず予定帝王切開を選択しました。手術は1時間もせずに終わるので、恐怖もありますがあっという間です。

12時間弱

ここママ(24歳)


陣痛から出産まで12時間弱。予定日前日におしるしがきて、日付が変わった辺りからお腹の痛みを感じ、間隔を測ってみました。

10分間隔で不規則だったため、前駆陣痛と区別がつかずそのまま様子を観察。痛みが引かないためお風呂に入りました。

8分間隔になり、旦那を起こして病院に連絡すると我慢できるだけ我慢してから病院に来るように言われ、5分間隔になり我慢も限界に達しました。

7時に病院へ行きました。分娩室と陣痛室が一緒のためそこで待機。しばらくして師長さんが来て学生がついていいか聞かれました。

立会いだったため、男性の学生はお断りしました。そして内診のため診察室へ。すでに3分間隔をきっており、診察室から分娩室へ戻るのが辛く、助産師さんに「はい。歩くよ!」と無理やり歩かされ戻りました。

元々子宮筋腫があるからか内診でグリグリされたからか、陣痛の合間も常に痛かったです。

破水後に子宮口が全開になり分娩へ入りました。なかなかでてこず吸引分娩となりました。助産師さんにお腹を押してもらい、11時49分に出産。初産にしては安産でしたがとても長く感じました。

ショックだったのは、初めから切ってもらえずに裂けてしまったことです。もうあの痛みは嫌だと思ったのに、現在2人目妊娠中ですが、次も立会いを希望しています。1人ではあの痛みを乗り越えられる自信がありません。

会陰切開の痛みはどのくらい?切開の痛み具合~術後の経過
会陰切開の痛みはどのくらい?切開の痛み具合~術後の経過

一人目は8時間、二人目は4時間

むむこ(40代後半)


陣痛時間は、一人目は8時間、二人目は4時間ほどでした。一人目の時は朝方に破水し、朝7時ごろには入院となりました。

少しずつ陣痛の感覚が短くなってきましたが、破水をして感染が心配となり、陣痛促進剤を打ちました。

その後はすぐ生まれそうな感覚でしたが、先生にまだ力まないでと言われた時がきつかったです。

二人目は、生まれる二日前に出血し入院。生まれる朝に破水しましたが、その後陣痛はそれほど痛くありませんでした。ただ生まれるときなかなか出てこなくて、先生も「おやっ」首をひねっていました。

生まれてきたときは回旋異常で、上下逆に生まれてきました。先生は「目が大きくて、とてもかわいい女の子よ」とほめてくれました。

一人目は長い一日に感じましたが、二人目はあっという間に出産が終わったという感覚でした。男の子と女の子を産めたので、次の出産はもういいかなと思いました。

女の子二人と母親

分娩室に入ってからが長かった

にこ(10時間)


夜の10時頃に陣痛がはじまり、産まれたのは翌朝の9時前でした。分娩時間10時間です。夜、布団に入ると規則的なお腹のはりがあり、12時頃、10分間隔になったので病院に電話してむかいました。

しかし、少し遠のいてしまい、一度帰ることに。車に揺られて陣痛が進んだのか、家に帰り3時頃に破水し、再び病院に向かいました。

先ほどとは、比べ物にならない痛みで、歩くのもやっとでした。すぐにいきみたい感じがきて、我慢するのが大変でした。付き添いの実母に肛門のあたりをグーで押してもらいなんとか耐えました。

5時頃に、子宮口全開とのことで分娩室にはいりいろんな体制でいきみ続けましたが、なかなか産まれず、9時前やっと産まれてくれました。

分娩室に入ったらすぐに産まれるものだと思っていたので、そこからがすごく長く感じました。4時間いきみ続けるのは、体力的にも精神的にもきつかったです。

医師や看護師からは、平均的ですといわれましたが、私にとっては大変な時間でした。第二子も希望しているので、しっかり体力をつけて出産に臨みたいです。

6時間

しんゆうまま(30代前半)


出産は一度しか経験したことがありませんが、その時の体験をお話しします。出産は本当に痛くて大変でしたが、分娩時間は6時間くらいでした。

一人目のわりに早いほうだと思います。促進剤投与での分娩だったからか、急にある時間から痛みが増し、一気に出産まで走っていったような感覚です。じんわりじんわりの痛みというはあったのかというくらい、常に激しい痛みに襲われてた印象です。

しかし、痛みの割に子宮口はなかなか開かず、どんどん促進剤投与する助産師さんを、若干恨みました。最後は目も開けていられるず、ベッドのサイドにある策を握りしめ、耐えました。

旦那さんも何かとしてくれようとはしていましたが、あまり覚えていません。それほど分娩は長く感じました。助産師さんには上手な出産でしたとお褒めの言葉を頂きました。

30時間

よしのん(33歳)


私は予定日よりも3週間前に破水してしまいました。初めての出産だったので、破水した時にはすんごい量の羊水が出てしまったと思いこんで、赤ちゃんもすぐに出てしまうんじゃないかと不安になりました。

半ばパニックになりながら産婦人科にタクシーで行って診察してもらったら、思っていたほど羊水は出ておらず子宮口も全然開いていないとの事。

私はすでに号泣していてお腹も痛いと思っていましたが、陣痛はまだきていませんでした。

破水してしまったので、陣痛促進剤を使い出産する事になりました。この陣痛促進剤がすっごく痛くて辛かったです。早朝に破水してからすぐに陣痛促進剤を使い、一日投与されましたが出産の兆しはなく、夜は分娩室に移動して寝る羽目になりました。

腕にぐっさり点滴を射されているのでスマホをいじるのも難しく、何もできずに暇を持て余しました。夜通し陣痛促進剤を射っていましたが、次の日の昼になっても子宮口が開かず結局帝王切開しました。

陣痛の痛みから開放されたいから、早く切ってくれというテンションになりました。結局30時間くらい陣痛に耐えました。ものすごく長く感じました。

陣痛促進剤を点滴してる妊婦さん

一人目は14時間、二人目は4時間

多恵子(34歳)


分娩所要時間は、一人目は14時間、二人目は4時間でした。私の場合は15分間隔の陣痛からスタートしました。タクシーで産院に行き、入院となりました。

初産では12~13時間かかるのがふつうだと助産師さんから聞いていましたが、次第に痛みに耐えきれなくなっていきました。ちょうどお産は私だけの日だったので、助産師さんがアロマオイルを焚いてくれたりしてなんとか乗り切りました。

あとで助産師さんが教えてくれたことですが、ふつうよりも少し長かった理由は、赤ちゃんの頭が少し大きめだったためだそうです。陣痛が5分間隔、2分間隔になるころは痛みもピークで耐えることで精一杯です。

とにかく長く感じましたが、そのうち時間が経つことも忘れていました。今が何時なのか、日付が変わったのかも把握できていなかったほどです。二人目の出産では気分的にも楽に望めますし、分娩時間も短くてすみました。

17時間

エミ(30代後半)


妊娠36週目を迎えた朝、トイレに行くと突然生温い水が股からザーッと流れ落ち色を確認すると薄いピンクだったので、これは破水だと確信してあわてて産院へ行きました。

取り急ぎ陣痛室に連れて行かれベットの上でのんびり昼食を食べつつ陣痛を待ちますが、一向に来る気配はありません。「これは当分産まれないかな?」と呑気に構えていたのも束の間、夜中すぎから5分間隔の陣痛が始まりました。

初めは余裕だったものの、朝を迎える頃には3分間隔の本陣痛になり、あまりの痛みに失神しそうになるほどです。しかし、診察をしに来た医師に子宮口が全然開いていないと言われて陣痛促進剤を点滴する事に。

薬の力で子宮口を開くのに比例して強まる陣痛に耐えられず、痛みMAXの間私は大きな声をあげてはシーツを噛んでいました。そしてようやく分娩室に移され、いきむ事を許されて、2回の陣痛の後に無事に出産する事が出来ました。

前日の夜中に陣痛が来てから産まれるまでの計17時間は、人生において最も過酷な時間となりました。なので二人目の出産の時も相当覚悟はしていたのですが、こちらはアッサリと6時間で産まれたので拍子抜けしてしまいました。

15時間

はるえんたい(36歳)


陣痛から出産までは15時間かかりました。夜中2時ぐらいに痛みが始まり10分間隔になりました。私は1人の痛さで不安だったので、旦那を呼んでくださいと助産婦さんに伝えたらまだまだ時間かかるから朝になってからねっと言われ、約10時間陣痛に耐え続けました。

やっと10センチ子宮口が開いたので、分別台に上がりいきむ事ができました。それなのに赤ちゃんが出てきてくれず、最終的にお腹の上から押して赤ちゃんを下におろす方法にでました。

その押される力も凄く痛かったです。分別台に上がり3時間かけて出産にいたりました。赤ちゃんの頭が大きく時間がかかりました。かなり長く感じましたし凄くいたかったので、二度と産みたくないと思ったけれど、2年後にまた出産しました。時間も6時間で1人目よりラクでした。

ちょっと目が開いてる生まれたばかりの新生児

48時間

ゆうママ(30代後半)


私は3人出産していて、一人目は陣痛が始まってから分娩まで48時間かかりました。なかなか陣痛が強くならかかったので、陣痛促進剤を使用しました。

二人目は、陣痛が始まってから24時間で出産、三人目は陣痛が始まってから13時間で出産しました。

一人目のときは、陣痛が始まってからどれくらいで出産なのかわからなかったので、とても長く感じました。

一人目と二人目は同じ病院で出産したのですが、分娩室に入って出産まで一時間はかかりました。分娩室では一人の時間が多くてとても長く感じました。

三人目は違う病院だったのですが、分娩室に入って10分で産まれました。出産のたびに陣痛から分娩までの時間が短くなっていくと聞いたことがあったのですが、本当だなと思いました。

35時間

桃田澄子(30代半ば)


1人目の出産の時のことです。午前3時過ぎに痛みで目が覚め、これが陣痛かと思いながら産院へ電話をかけました。

間隔も10分ほどになってきたので、5時ごろ産院へ行きました。しかし、子宮口がまだ開いていないということで陣痛に耐えていました。

促進剤を入れましたがなかなか赤ちゃんも下に下りなくて、その日は一日中痛みに耐えました。次の日の午後2時ごろになってやっと出産したのですが、トータルで陣痛から出産までは35時間かかりました。

やはり1人目だったからでしょう。なかなか子宮口も開かず、私も赤ちゃんも元気だったので余計に時間がかかってしまったようです。

どちらかが調子悪くなっていたら、帝王切開などの処置をしていたかもしれません。その4年後、娘を出産しましたが、なんと5時間であっという間に産まれました。

やはり2人目だったことと、赤ちゃんがかなり小さかったのでほとんど力むことなくすっと産まれてくれました。

1人目の時には長く、このままずっと痛みが続くのかと怖くて怖くて仕方なかったですが、2人目の時にはあっさりすぎてびっくりしました。

40時間

りーたんママ(37歳)


一人目は40時間くらいかかりました。金曜日の23時くらいに突然お腹が痛みだしました。今まで痛みはあったけど、今回は明らかに違う痛みです。

トイレに行くとおしるし、破水もありました。病院に電話して急いで向かいました。分娩室のような所に通され、お腹の張りを機械で調べました。

しかし、まだ産まれる感じはなかったので主人は帰り、私は病室に戻りました。そこからが長かったのです。

陣痛の間隔は短くなってきたのに子宮口は開かず、陣痛の痛みで食事もろくに出来ず、産まれる気配がないので主人は帰りました。

その夜に5分間隔になった陣痛が何故か10分間隔になり、一晩中、一人きりで眠気と痛みに耐えていました。

痛みもお尻の方に来て、陣痛の痛みの後のいきみを我慢するのが本当に辛かったです。朝9時前、陣痛も進まず私の体力も限界になってきたので、ようやく促進剤を使う事になりました。

促進剤を打ち、部屋に戻ろうとした時はもう産まれる感覚で、立ち上がれませんでした。子宮口も開きやっと出産となりました。

促進剤を打ってから出産するまでは早かったと思います。するすると降りてくる間隔がありました。

でも、陣痛は本当に辛かったです。促進剤をもう少し早く打って欲しかったと思いました。陣痛から分娩まで本当に長く感じました。今、二人目妊娠していますが、無痛を検討しています。あの辛さは本当に忘れられないです。

分娩時間の長さはそのときでなければ分からない

どんなに痛くても分娩に時間がかかっても「2人目3人目がほしい」と願うママがいることから、子供を持つことの喜びは、長い分娩の苦しみとは比べ物にならないと言えます。

最近では、無痛分娩と呼ばれる分娩の痛みを和らげる出産方法を選択するママもいます。分娩時間の長さはその時でなければ分かりませんが、分娩時間を短くしたい人は、かかりつけ医に相談してみるのもいいのではないでしょうか。

無痛分娩とは?母子の負担を軽減する無痛分娩の方法や費用
無痛分娩とは?母子の負担を軽減する無痛分娩の方法や費用

おすすめコンテンツ