帝王切開の麻酔の種類や副作用

帝王切開の麻酔とは?全身麻酔・局所麻酔の種類と副作用

帝王切開の麻酔は、緊急帝王切開時の全身麻酔、予定帝王切開時の局所麻酔があり、局所麻酔は更に腰椎麻酔と硬膜外麻酔の2種類に分けられます。それぞれの麻酔の特徴、頭痛や低血圧など麻酔による副作用やその原因、手術時に麻酔が効かない可能性や母体と赤ちゃんへのリスクを解説。

帝王切開の麻酔とは?全身麻酔・局所麻酔の種類と副作用

帝王切開の麻酔の種類や副作用【全身麻酔と局所麻酔の違い】

自然分娩では赤ちゃんは陣痛の波に乗ってママの子宮口を通り、外の世界に出てきます。しかしママや赤ちゃんに何らかの理由があるとき、ママのお腹を切開して赤ちゃんを取り出す手術を行います。

これを帝王切開と呼び、帝王切開は赤ちゃんを安全に生み出す方法のひとつです。帝王切開の割合は年々増え、日本では約20%もの赤ちゃんが帝王切開で誕生しています(注1)。

帝王切開になるケースは妊娠中に帝王切開の手術日を決める「予定帝王切開」と、自然分娩の途中で帝王切開に切り替わる「緊急帝王切開」があります。「予定帝王切開」を行う妊婦さんにとって、麻酔の痛みやリスク、副作用など、気がかりはたくさんあるでしょう。
今回は、帝王切開を控えた妊婦さんが、落ち着いた気持ちで手術日を迎えるために、帝王切開の麻酔について説明していきます。

帝王切開の麻酔の種類

帝王切開で行われる麻酔の方法には主に「局所麻酔」と「全身麻酔」の2種類あります。予定帝王切開の場合は基本的にリスクの少ない「局所麻酔」が行われますが、ママの体質や体調、緊急で帝王切開が必要になった場合などは「全身麻酔」が行われるケースもあります。

局所麻酔とは?

帝王切開を控える妊娠してる奥さんの額にキスする旦那さん

「局所麻酔」は下半身の痛みだけを感じなくさせる麻酔の方法です。局所麻酔には「腰椎麻酔」と「硬膜外麻酔」の2種類があり、どちらが行われるかは病院の方針によっても異なります。

手術で「麻酔を打つ」と聞くと、手術中ずっと眠っているイメージがありますが、局所麻酔の場合は意識がはっきりしており、手術中にどんなことが行われているか把握できます。

局所麻酔の特徴・方法

おなかの痛みを感じる神経は背骨の中にある脊髄という神経の束に集まっています。局所麻酔ではこの神経や神経の近くに注射を打って薬を投与します。

麻酔を打つときママは正しい姿勢をとって、背中を消毒し、局所麻酔をして…といった様々な処置が必要になるため、麻酔を打つまでに30分ほどの時間がかかります。

手術中は痛みを感じない?

局所麻酔をすると下半身の痛みの感覚がなくなりますが、実は触られる、押される、引っ張られるといった感覚は残っています。そのため、赤ちゃんを子宮から出すときにお腹をぐっと押されると、圧迫感を感じます。

また麻酔の効き具合は妊婦さんによって個人差があります。麻酔を打った後に医師から感覚の状態を聞かれたり、手術中に痛みを感じたりするときは、遠慮なく伝えるようにしましょう。

どのぐらいで麻酔は切れる?

局所麻酔は胸からだんだんと麻酔の効果が薄れます。手術が終わってから基本的に2〜3時間もすれば麻酔の効果が切れ、感覚が元に戻ります

麻酔が切れると急に痛みを感じ始め、子宮の収縮以外にも手術の傷口も痛むため、帝王切開で出産した方は術後の痛みが辛かったと感想を持っているママも少なくありません。痛みがひどくて耐えられない場合は、医師や看護師さんに相談してみましょう。

産まれたばかりの赤ちゃんと対面できる?

局所麻酔ではママの意識ははっきりしているため、赤ちゃんとすぐに対面できます。赤ちゃんが産まれたときの泣き声を聞くことや、産まれたばかりの顔も見られるのは大きなメリットです。

産まれてすぐに赤ちゃんを抱っこできるかどうかは病院の方針によって異なるため、バースデープランを作成するタイミングなどで病院に確認しておきましょう。

全身麻酔とは?

前進麻酔を受けている妊婦さん

帝王切開で使われる麻酔は基本的に「局所麻酔」ですが、赤ちゃんの機能不全や、大量出血など一刻を争う緊急帝王切開の場合に全身麻酔が行われるケースはあります。

全身麻酔を打つとママの意識はすぐに遠のき、麻酔が切れるまでママはずっと眠っている状態です。

麻酔の特徴

全身麻酔の特徴は局所麻酔に比べてすぐに麻酔の効果が現れる点です。そのため緊急を要する帝王切開で使われるなど、時間に余裕がない場合でも手術を速やかに行えます。

体に麻酔薬が入るとママはすぐに眠たくなり、意識がなくなります。目が覚めたときには手術は終わっている状態です。

麻酔の方法

全身麻酔は主に点滴注射によって行われます。すぐに効果が現れ始めるので、気道を確保して管を挿入します。これはママが眠ってしまうと呼吸が弱くなるため呼吸の手助けをしたり、吐物が気道を塞がないようにするためです。

赤ちゃんとの対面はいつになる?

全身麻酔では、残念ながら産まれた瞬間の赤ちゃんの顔を見ることはできません。麻酔から覚めたときにママの体調に問題が無ければその日のうちに赤ちゃんと面会できるでしょう。

局所麻酔の「腰椎麻酔」と「硬膜外麻酔」の違い

局所麻酔には主に「腰椎麻酔」と「硬膜外麻酔」の2種類があります。この2種類はそれぞれ注射を打つ場所や特徴が異なり、併用して使われることもあります。どれを選択するかは病院や麻酔担当医の方針、母体の状態を考慮した上で決められます。

帝王切開の局所麻酔としてよく行われる腰椎麻酔と硬膜外麻酔に関して、更に詳しく解説します。

腰椎麻酔(脊髄くも膜下麻酔・脊椎麻酔・脊髄麻酔)とは?

脊椎麻酔の注射を受けている妊婦さん

腰椎麻酔は昔から行われており、日本で最もよく使われる麻酔方法のひとつです。「脊髄くも膜下麻酔」「脊椎麻酔」「脊髄麻酔」などと呼ばれることもあります。

麻酔の方法

腰椎麻酔とは脊髄の一番外側にある脊髄腔という場所に薬を投入します。薬は「局所麻酔薬」のみか、「局所麻酔薬」と「医療用麻酔薬」を合わせたものが使われます。

麻酔の特徴

「腰椎麻酔」は「硬膜外麻酔」に比べて即効性がありますが、持続時間が短めです。手術が滞りなく進めば問題ありませんが、手術が長引いた場合など麻酔が切れてしまった場合は全身麻酔に切り替わる可能性があります。

「腰椎麻酔」は麻酔の技術が比較的簡単なため、専門の麻酔医がいなくても使用できるメリットもあります。

どのぐらいで効いてくる?

麻酔薬を投与すると徐々に足の感覚がなくなり、5分もすれば胸やお腹まで鈍い感じが広がります。やがて胸から足先までの感覚がなくなり温度なども感じなくなりますが、触られたり引っ張られるような感覚は残ります。

硬膜外麻酔とは?

麻酔の機械

硬膜外麻酔の大きなメリットは、麻酔薬の追加が可能な点です。手術が長引いても麻酔が切れる心配がなく、ママが痛みを感じたとしても、その場で薬の量を増やせます。

麻酔の方法

麻酔の名前にもなっている「硬膜外」とは脊髄の間にある隙間を指します。神経の外側にある空間に薬を注入し、神経に染み込ませるメカニズムを取っています。

麻酔の特徴

「硬膜外麻酔」はプラスチックの細いチューブを背中にさし、手術中に何度でも麻酔薬を注入できるのが最大の特徴です。その反面、注射を打つ位置が複雑で非常に高度な技術を要するため、専門の麻酔医がいないと腰椎麻酔の処置を行えないデメリットもあります。総合病院など「硬膜外麻酔」を行える環境は限られています。

どのぐらいで効いてくる?

「腰椎麻酔」と比較すると麻酔の効果はゆっくりと現れます。そのためママや赤ちゃんへの負担は軽くなり、「腰椎麻酔」よりも副作用が少ないメリットもあります。

帝王切開の麻酔によるリスクや副作用、後遺症は?

帝王切開を予定している方は、麻酔によるリスクや副作用が気になるというママも多いでしょう。
最近の麻酔は、より安全性に配慮されているためリスクはほとんどないと考えてもいいですが、ゼロではありません。

個人差がありますが、副作用が出る場合もあるため、事前に正しい知識を身につけて納得して手術を受ける必要があります。

麻酔によるリスク

全身麻酔のマスクを付けている妊婦さん

局所麻酔では背中の近くに薬を投与するため、ママの体をめぐる薬の量はわずかです。胎盤に届く量も少ないため、赤ちゃんへの影響はほとんどありません。

しかし、全身麻酔では麻酔薬はママの血液を通じて全身をまわるため、お腹の赤ちゃんにも多少の影響があります。手術後に麻酔の影響でママが頭痛や吐き気を感じる副作用は、局所麻酔よりも全身麻酔の方が多い傾向にあります。

ただし、いずれにしても医師によって適切な処置が行われれば大事に至る可能性は低いと考えていいでしょう。

赤ちゃんへのリスク

帝王切開は母体に負担がかかりますが、赤ちゃん自身は子宮から直接外の世界へ取り上げられるため安全性が高く、体の負担も小さくすみます。

全身麻酔を行なったときに赤ちゃんは眠たそうにしていたり、呼吸が弱くなることがあります。一時的に医師が処置をして呼吸の手助けをする可能性はありますが、麻酔の効果が切れれば赤ちゃんはすぐに元気になるでしょう。

母体へのリスク・よくある副作用

帝王切開の麻酔によるママへのリスクはいくつかあると考えておいたほうがいいでしょう。例えば、
低血圧、吐き気、嘔吐、頭痛などの副作用が現れたり、麻酔薬が体に合わなかった場合アナフィラキシーショックが起きることもあります。ママがショックを起こした場合には、薬の投与が行われます。

次項で、副作用の症状の詳細を解説します。

帝王切開の麻酔による副作用や後遺症の可能性は?

帝王切開の麻酔は、時に副作用を引き起こします。副作用の症状や感じ方の大小は個人差もありますが、全身麻酔、脊髄麻酔、硬膜外麻酔の順で強く発症する傾向にあります。

低血圧

麻酔薬が体に入ると血管が拡張するため、血圧が低下します。血圧が低ければ低いほど子宮胎盤の血流が減少するため赤ちゃんやママの体にリスクが伴いますが、それを避けるために血圧を上げる薬が投与されます。

嘔吐・吐き気

麻酔を打った後や、手術が始まってから気持ちが悪くなるママもいます。麻酔によって血液が下がったことや脳の低酸素などが原因ですが、血圧が低くなれば薬を使って血圧を上げたり、吐き気止めを投与します。

頭痛

手術後に頭痛を感じるママは100人に1人いるとも言われています。ほとんどは時間が経過するにつれて良くなりますが、ひどい場合は輸血が行われます。

肺炎

全身麻酔を行なった際、麻酔が切れる前に吐いてしまうと、吐物が肺に入り込み、稀ではありますが肺炎を起こすリスクがあります。そのため手術前には飲食を控える決まりがあります。必ず守るようにしましょう。

帝王切開の麻酔が効かないことはある?

医師から麻酔について説明を受けているベッドに横になっている妊婦さん

例えば人によって頭痛薬の効き目に違いがあるように、麻酔の効果にも個人差があります。そのため麻酔の効果が出づらい方もいます。もし手術中に痛みを感じた場合には、担当医などに遠慮なく伝えるようにしましょう。

現段階で麻酔がききにくい体質だとわかっている方は事前に先生に伝えておきましょう。麻酔を打つ位置などによっても麻酔の効き目が異なるため、医師が対応しやすくなります。

麻酔の鎮痛効果が十分発揮されないときには、全身麻酔に変更される可能性もあります。

帝王切開の麻酔について理解してから手術日を迎えよう

よく出産は命がけで行われるといいますが、帝王切開もまたママと赤ちゃんにとって大仕事。どんな医療行為にもリスクや副作用はつきものですが、帝王切開は赤ちゃんを安全に産むための重要な手段の一つです。

しっかり麻酔について理解して、不明な点や疑問点がある場合は納得するまで医師に相談し、心を落ち着けて手術に臨みましょう。

おすすめコンテンツ