くしゃみによる破水や尿漏れ

くしゃみで破水はあり得る!破水か尿漏れか迷ったときは?

くしゃみで破水?それとも尿漏れ?妊娠中に腹圧をかけた際に、尿漏れが起こるケースは珍しくなく、時には破水の危険もあります。陣痛が来る前の前期破水のリスク、高位破水の症状と尿漏れとの見分け方を解説。実際にくしゃみで破水した妊婦さんの体験談もご紹介。判断に迷ったときはすぐに病院へ!

くしゃみで破水はあり得る!破水か尿漏れか迷ったときは?

くしゃみで破水することは本当にあるの?

妊娠中、大きなくしゃみをすると腹圧がかかります。
妊娠中は、重い荷物をもたないように言われますが、これは体に腹圧がかかると、破水などのリスクが生じるからです。

そのため、大きなくしゃみをしたことで、破水してしまう妊婦さんは実際に存在します!また、くしゃみ以外にも、激しい咳が原因で破水が引き起こるケースもあります(注1)。

くしゃみをした際の破水は、尿漏れとの見分けがつきにくいのが厄介な点です。
破水とはなにか、尿漏れの見分け方、くしゃみで破水した&破水を疑った妊婦さんの体験談を紹介します。

破水とは?

破水とは、子宮の中で胎児を包み込んでいる卵膜が破れて、羊水が外に流れ出す症状です。

通常の出産では、本陣痛が起こり、子宮口が全開になってから起こる「適時破水」があり、分娩となります。しかし、陣痛の前に破水が起こる「前期破水」から出産が始まるケースは決して珍しいものではありません。

破水を想像する妊婦

前期破水のリスク

破水をした場合は、すみやかに医療機関を受診する必要があります。

破水したということは、赤ちゃんを外部から守っている卵膜に穴が開いたということを意味します。そのため、破水した瞬間から、外部から細菌が侵入し、羊水を通して胎児が細菌感染する可能性もあります。また、へその緒が先に子宮外に出てきてしまう臍帯脱出のリスクも考えなくてはいけません。

妊娠週数によっては抗菌剤の投与により妊娠継続する処置をとり、臨月や正産期の場合は、そのまま出産となるのが一般的です。

破水によって起こるリスク

  • 細菌感染
  • 臍帯脱出

くしゃみをした際に心配な「高位破水」

胎児を包む卵膜解剖図

くしゃみをした際の破水として、心配なのが「高位破水」です。

通常の出産では、赤ちゃんの頭側、子宮口の近くの卵膜が破れて、ドバッと羊水が外に流れ出します。プチンと水風船が割れるような感覚を覚える妊婦さんも多く、すぐに「破水した!」と気づくでしょう。

しかし、高位破水は、子宮口より高い位置、赤ちゃんの足側で卵膜に穴が開いた状態です。そのため、め、子宮口から出る羊水の勢いが弱くなり、チョロチョロとした感覚のみで、尿漏れとの区別が難しくなります。

破水と尿漏れの見極め方

子宮によって膀胱が圧迫される妊娠後期に、くしゃみをした衝撃で尿漏れが起こることは珍しくありません。ただ、本当に尿漏れなら良いのですが、くしゃみによって高位破水が引き起こるケースもあるので、よく観察する必要があります。

破水と尿漏れを見分けるポイント

破水尿漏れ
におい無臭・生臭いアンモニア臭
色・形状透明・乳白色黄色っぽい
症状自分の意思で止められない
チョロチョロと流れ続ける
膀胱に力を込めると止まる

ただし、臭いに関しては自分では判断できないこともありますし、色に関しても破水や尿漏れがごく少量だと見分けが付きにくいはずです。少しでも疑わしいときは、病院を受診しましょう。

破水に気づかないとどうなる?破水を見分ける4つのポイント
破水に気づかないとどうなる?破水を見分ける4つのポイント

くしゃみで破水した体験談

お腹を押さえて苦しむ妊婦

実際にくしゃみがきっかけで、破水をしてしまった妊婦さんの体験談をご紹介します。

正産期は、妊娠37週0日~41週6日までですが、臨月(妊娠36週0日~妊娠39週~6日)頃には、多くの胎児は外に出ても大きな問題はありません。そのため、胎児が十分に成長している場合は、少し早くてもそのまま出産となります。

くしゃみからの、破水からの、出産!

めく(34歳)


33歳の時に2人目を妊娠しました。切迫早産のため30週あたりから入院しました。34週に入り早朝にトイレにいくのに起きたとき、くしゃみをしたら、何かが出てきました。トイレを済ませたあとだったので尿もれではないなと思い、おりものかなとそのまま眠りにつこうとしましたが、少しずつちょろちょろと出てきてしまい、ベッドがかなり汚れてしまいました。

ナースコールをして羊水なのか調べることになり、結果は破水。いつ陣痛が来てもおかしくないという状態になりました。

その後2時間で赤ちゃんが産まれました。早産になってしまいましたが元気な赤ちゃんが出てきてよかったです。病院に入院していたのは幸いでした。

いつもの尿漏れかと思ったらまさか!

りっちゃん(28歳)


私は妊娠37週に入った頃、くしゃみをした時に尿漏れのような感覚がありました。もともと妊娠してからおりものが多く、臨月に入ってからは尿漏れをすることも多くなっていたので、常におりものシートをつけていました。
また尿漏れしたなーと思い、おりものシートを交換するためにトイレに行きましたが、歩いている間もなんとなくちょろちょろと出ている感覚があり、もしかして破水かな、と思い始めました。

そしておりものシートを見てみると、ピンク色っぽい液体がついていたので、これは破水だ!と思い、病院に連絡したところ、「違っても良いから一回見せに来て」と言われ、病院に向かいました。

やっぱり破水していたようでそのまま入院して出産となりました!

風邪によるくしゃみで破水

はるみ(37歳)


マスクをした女性

1人目妊娠中、めまいがひどかったので実家に帰っていました。予定日ぐらいにひどい風邪をひきずっと寝込んでいました。鼻水とくしゃみと咳がひどく、タイミング悪いなあと思っていました。

予定日を3日過ぎた夜中のことです。咳がひどく出たので起き上がってお茶を飲んでいるときにくしゃみを3回しました。すると、尿漏れのような感覚があり下着が濡れたのがわかりました。妊娠中は尿漏れも少しあったので最初は特に気にしませんでしたが、普段の尿漏れよりたくさん出た感じがあり、下着を着替えようと思った時、今度はさっきよりもさらにドバッと出た感覚がありました。

もしかして破水?と思い夜中にもかかわらず産院に電話。破水の可能性が高いので入院準備をして来てくださいとのこと。父の運転で産院へ。陣痛は全くありませんが、やはり破水だとのことですぐに赤ちゃんを出すことになりました。

陣痛促進剤を打ち陣痛を起こし午前中に産まれました。咳やくしゃみで破水なんて聞いたことがなかったので、とても恥ずかしかったことを覚えています。

くしゃみで「破水かも…」と心配になった体験談

くしゃみをした際に、「まさか破水!?」と心配になった妊婦さんの体験談です。病院に行って「尿漏れ」と診断され恥ずかしかったと語る方もいますが、何事もなければそれで良いので、受診は正しい判断です。

くしゃみをしたら、お水が出てきた

青木美沙(31歳)


妊娠30週目の時です。安定期に入ってお腹もだいぶ大きくなり、無事にお腹の赤ちゃんも成長しているので安心していました。家事や上の子の子育てなどを普段通りに行っていたところふとした瞬間に大きなくしゃみが出ました。くしゃみをしたと同時にお水のようなものが大量に出ました。「何?もしかしたら破水?」慌てて確かめたところ、薄いレモン色のような水が出ていました。

破水ではないかと思いすぐに行きつけの病院へ行ったところ、「お小水が出たようです」という診断でした。妊娠中はお腹が大きくなり膀胱を圧迫するから破水と間違われやすいと説明されました。

これまでに尿漏れの症状はなかったので、意外でしたが、とにかく赤ちゃんが無事で良かったです。

予定日直前のくしゃみで破水?尿漏れ?

わんこ(30代後半)


鼻をつまんで困惑する女性

妊娠39週の時でした。家で昼食を作っている時に勢いよく、くしゃみをしました。もともと大きくくしゃみをする方なのでいつも通りにしました。そうすると何だかんだショーツが湿っぽくなった感じがしました。おや、と思ってびっくりしました。破水かもしれないと。しかし、水が少ししか出なかった気がするので尿漏れか破水かよくわかりませんでした。

確認するため、匂いを嗅いで判断してと雑誌に書いてあったので匂いを嗅いでみました。匂いを嗅いでも良くわからずとにかく心配になったので病院へ電話しました。看護師さんも「病院に来て下さい」とのことで、すぐに入院の準備をして病院へ向かいました。

結果的に尿漏れでした。看護師さんからまだ生まれないみたいだねと言われました。でも、予定日直前なので、そう思うのも無理のないことだし、判断が難しいからとフォローしてもらえました。

不安になったら病院へ

あーみん(28歳)


破水したかもと疑いを持ったのは36週に入ってすぐのことでした。妊娠後期になると尿漏れが起こることは知っていましたが、その時までは尿漏れの経験はありませんでした。

36週の妊婦健診の日、待合室で診察の順番待ちをしていました。くしゃみをした瞬間何かがチョロっと漏れるような感覚があり、破水の二文字が頭をよぎりました。近くにいた看護師に破水したかもしれない旨を伝え、すぐに診察室に案内されました。診察室に入ってすぐに破水かどうかの簡易検査をしてもらい、医師から破水ではなく恐らく尿漏れだろうとの話をされました。
まさか自分が尿漏れをしてしまうとは思わなかったこと、そしてそれを他人に指摘されたことはとても恥ずかしかったのですが、たまたま病院にいるときにそれが起こりすぐに検査をしてもらえてとても安心できました。

その後出産までに何度か尿漏れを経験しましたが、一度経験しているので冷静に対応できました。初めてだと破水か尿漏れかの区別はなかなかつかないと思います。不安になったらすぐに病院に電話した方が良いですよ!

おりものシートをつけていてよかった

内藤はな(20代後半)


胸を押さえる女性

妊娠後期に入り、かなりお腹も大きくなってきていた妊娠34週の頃、くしゃみをした時に下着がベチョっと濡れる感覚がありました。ひょっとして破水してしまったのかもと不安に思い、すぐにトイレに行って色やニオイなどを確認しました。私はおりものシートを常に下着につけていましたので、色を確認しやすかったです。またおりものシートが無香料のものだったので、ニオイも確認することができました。

色やニオイを確認した結果、これは破水ではなく尿漏れだと確信できたので、病院には行きませんでした。次の健診時にこのことを先生に話し、破水と尿漏れの違いを詳しく教えてもらいました。無事に正産期までお腹の中で育て、元気な赤ちゃんを出産しました。

破水かも…と思ったけれど、違った

とっとこ太郎(40歳)


37歳で初めて妊娠しました。高齢出産だったので無理しないように、安静第一を心がけていました。大阪から東京へ里帰り出産だったので臨月は実家で過ごしていましたが、出産予定日の1週間前、椅子に座ってテレビを見ているときにぶしゅん、とくしゃみが出たのですがそのとき下半身にどばっと流れるような感覚があったので「あ!これもしかして破水か?」と思ってあわててトイレに駆け込みましたがただおしっこがでていただけでした。

実際は陣痛が来てから4~5時間たって、子宮口が5センチ以上開いて分娩台に乗ったあとに破水しましたが、陣痛が痛くてそれどころではなかったので、「あ!破水した!」という感覚はさっぱりわかりませんでした。

間違っても良いので、受診した方が良い

まりお(30代後半)


破水したと思ったのは妊娠後期でもう正期産に入った時でした。くしゃみをした時にぱしゃっとなにか出たような感じがしてもっても焦りました。破水は、ちょろちょろ少しでるものもあると聞いたことがあったので、それかなと思い焦ってしまいました。すぐにトイレに行って、そのあとチョロチョロでている様子が見られなかったので、尿漏れなんだと思い、病院に行くことなく家で過ごしていました。

健診時にお医者さんに確認したら、妊娠後期になると、圧迫されて尿漏れというのはありがちなことのようです。でも、「少しでも迷ったときは、病院へ来てください」と促されました。自信がないときは、「間違っていても良いので、受診してください」と念を押されました。

「破水かな?」と少しでも迷ったら病院へ

女医が来院前の入浴は止めるように助言する

くしゃみをした際の破水は、尿漏れとの区別が非常に難しいのが特徴です。
もし破水であったら赤ちゃんの健康にも影響してしまいますから、少しでも判断に迷ったとき、心配な時は病院に連絡を入れましょう。

医師や看護師も、破水と尿漏れの見分けが妊婦さんに難しいのは理解しています。また、「尿漏れ」は、妊娠後期の症状としてよくあるものですから、恥ずかしがる必要はありません。

破水と尿漏れを見分ける検査は簡単!

破水か尿漏れかを判断するためには、膣内の水分のpHを調べます。産院ではリトマス試験紙のような紙を浸すだけの簡単な検査が行われます。痛みもなく、時間もかかりません。

病院に行く前のシャワーや入浴はNG

陣痛が先にやってくる出産なら、痛みの間隔が長いうちにシャワー浴びたり、入浴しても問題ありませんが、破水している時の入浴は絶対にNGです!「尿漏れかも?」と思っても、はっきりするまではウォシュレットも控えてください。

念のため、生理用ナプキンをあてて、病院を受診しましょう。

おすすめコンテンツ