LDR出産とは?

LDR出産をした体験談~陣痛・分娩・回復が同室のメリット

LDRでの出産に興味がある方必見!LDRのメリットやデメリット、使用する際の注意点をまとめてみました。LDR出産を経験したママの体験談もご紹介します。陣痛室から移動し、分娩台に上がる必要がない、カンガルーケアや立ち会い出産が行いやすいなど、LDRにはお産の負担を軽くするメリットが数多くあります。

LDR出産をした体験談~陣痛・分娩・回復が同室のメリット

LDR出産とは?陣痛、分娩、回復を同室で行うメリットとは?

LDR出産(エルディーアール)は、陣痛から分娩、回復までを1つの部屋で過ごすお産方法。リラックスして出産に臨めると、近年注目が集まっています。

今回は、LDR出産の特徴とメリット・デメリットをご紹介します。
陣痛、分娩、その後の回復も同室で行えると、どうして都合が良いのでしょうか?先輩ママの体験談もまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

LDR出産とは?

LDRとは、Labor(陣痛)・Delivery(分娩)・Recovery(回復)の頭文字から付けられた言葉。陣痛開始から分娩、その後の回復までを移動なく過ごすことができる一つの部屋を意味します。

通常の出産では、陣痛室で痛みに耐え、いよいよ出産となったら分娩室に移動。さらに分娩後は回復室や入院室への移動が必要になります。

LDR出産では、陣痛室から分娩室へ移動する必要がありません。出産後は2時間ほどLDRで体を回復させてから入院室へ移動しますが、そのまま退院までLDRで過ごせる施設もあります。

自宅やホテルのような内装?LDRの雰囲気

LDRの部屋

LDRの雰囲気は産院によりさまざまですが、自宅のように落ち着いた雰囲気の部屋を用意している施設が多いです。中には、和室やホテルのようなLDRもあります。

LDRのベッドの多くは、陣痛が進むと分娩台に早変わりし、分娩後は再びベッドに戻る仕組みになっています。出産に必要な医療設備も整えられているので安心です。

もちろん、そのまま入院室になるLDRは、医療機器が見えないように収納され、落ち着いて過ごせるよう工夫されています。

LDR出産のメリット

カンガルーケア

陣痛から分娩、回復までを一つの部屋で過ごすLDR出産には、昔の日本では当たり前だった自宅出産を思わせるメリットがあります。LDR出産のメリットを詳しくご紹介します。

産婦さんへの負担が少ない

陣痛室から分娩室へ移動する必要がないというのがLDRの大きなメリットです。陣痛のピーク時は立っているのも一苦労。移動中に通路で動けなくなってしまったというママもいます。

陣痛や分娩後の痛みに耐えて移動する必要のないLDRは、精神的にも肉体的にも産婦さんへの負担が少なくなります。

リラックスして出産できる

リラックスして出産

LDRは、自宅のような雰囲気で、プライバシーが守られた完全個室。テレビを見たり、好きな音楽を流したりと、リラックスして出産に臨めます。中には、ソファに座りテレビを見ながら微弱陣痛を乗り切った、長い陣痛の間アイスやプリンを食べていたという人も。

産院によっては、カーテンで仕切られたベッドが並んだ陣痛室で、隣から聞こえてくる声に恐怖を感じ、ビクビクしながら落ち着かないお産だったという人もいます。

LDRなら、周囲を気にせず自分のペースでお産を進めることができます。

家族が立ち合いやすい

LDRは、パパや上の子供たち、両親なども出産に立ち合える施設がほとんどです。家族に支えてもらいながら、赤ちゃんが生まれた喜びをみんなで分かち合うことができます。また、家族の宿泊を許可しているLDRもあり、ママと離れたくない上の子供と長く過ごせるのも大きなメリットです。

カンガルーケアが行いやすい

分娩してからすぐに赤ちゃんと触れ合えるカンガルーケアを取り入れている施設もあります。本来カンガルーケアは、赤ちゃんが誕生してから生後30分以内に、2時間程度のスキンシップを行うことが推奨されています(注1)。

分娩後の回復期を同じ部屋で過ごすLDRだからこそ、落ち着いた気分で、生まれたばかりの赤ちゃんとの時間を過ごせるのです。

カンガルーケアとは?出産前に知っておくべき効果とリスク
カンガルーケアとは?出産前に知っておくべき効果とリスク

LDR出産のデメリット&注意点

LDR出産はメリットが多いように感じますが、デメリットもあります。以下のことに注意して使用を検討しましょう。

まだまだ普及率が低い!状況によっては利用できないことも

LDRを備える産院は増えているものの、まだまだ普及率は低いです。用意されている部屋数が少ない施設では、お産が重なると予約をしていても使用できない場合があります。

当然ながら、帝王切開の場合は手術室での出産となるため、LDRは使用できません。ママと赤ちゃんの状況によっては、希望していてもLDRを使えない場合もありますので、医師の判断に従いましょう。

LDR出産は分娩費用が高い?

LDRで気になるのが分娩費用。LDR出産は割高なのでは?と思うかもしれませんが、分娩費や入院費は産院により異なるため、部屋の雰囲気や利用条件を踏まえた上で比較する必要があります。

とはいえ、陣痛室や分娩室がある産院でLDRを選択する場合は、追加費用が必須です。国立成育医療研究センターを例に、平均的な分娩費用の差額をご紹介します(注2)。

  • 通常の分娩後、入院室(4人部屋)に移動した場合 約60万円
  • LDRで分娩後、入院室(4人部屋)に移動した場合 約68万円

LDRの追加費用は施設により幅があるため、出産する病院を選ぶ際に、しっかり確認することをおすすめします。

LDRといっても、通常の個室から高級ホテルのような部屋までタイプもさまざま。好みの雰囲気か、設備と金額が吊り合っているかを考えて選びましょう。

LDRは良かった?先輩ママの体験談

LDRを取り入れる産院は増えてきているものの、LDRで出産したママはまだ少数派。そこで、LDR出産を経験した先輩ママの貴重な体験談をご紹介します。

妻の出産を夫がサポート

初産でLDR出産をした体験談

長い陣痛…LDRだから乗り切れた

ちなママ(31歳)


自宅近くの産婦人科にたまたまLDRがあり、LDR出産を決めました。それぞれにコンセプトのあるLDRで、私が使用した部屋は、カラフルな壁紙が特徴のかわいらしい部屋でした。トイレはもちろん、シャワーやテレビ、冷蔵庫など、まるでホテルのように色々そろっていて、何をするにも移動距離が短く、とっても助かりました。

微弱陣痛が続き、出産までに61時間かかった私。病院に着いてから丸2日間ろくに眠れず、痛みと不安でどうにかなりそうでしたが、LDRで主人と母が代わる代わる付き添ってくれたのでなんとか乗り切ることができました。テレビを見たり、ゼリーを食べて気を紛らわしたり…。特に、陣痛の時にトイレに入るのが不安で、トイレの扉を開け主人と話しながら陣痛に耐えていました。こんなことLDRじゃなきゃできませんよね。

結局、陣痛促進剤を使って無事に出産。娘の顔を見た時は涙が止まりませんでした。そして、長い陣痛に耐えとにかく疲れていた私は、そのまま同じ部屋で休めるLDRにまたしても助けられました。付き添いで疲れていた主人も隣のソファでぐったりでした。

料金は高くなりますが、LDRにして本当によかったです。また次の出産もLDRにします。

贅沢な初めての出産

やきにく(20代前半)


私の通っていた産院は全部屋個室で、まるでホテルのように綺麗で、設備もしっかりしていました。なので基本どの妊婦さんもLDR出産です。家から5分もかからず通えるのもあり迷わずそこを選びました。

夕方に前期破水を起こしすぐにLDRへ。しかしなかなかお産に繋がらず、痛みも落ち着いていた為、一度入院室とは別の待機室に案内されました。入院室に比べ少し狭めなだけで立ち会いの旦那も十分に泊まることが出来、待機室と呼ぶには贅沢すぎる部屋でした。

次の日の朝、再びLDRへ行き促進剤を使いいざ出産へ。私は促進剤の効きが良かったのかすぐ陣痛の間隔が狭くなり、LDRにはソファもあるのにゆっくりくつろぐことなく4時間で出産。2~3時間回復を待ち、入院室へ案内されました。

お金はかかりますが3日間旦那も一緒に宿泊。その費用も含め65万円ほどかかりました。サービスが充実していて費用は高めでしたが、すごく快適でまたここにしようと決めています。

初産婦だったので普通LDRだと思ってたので、いちいち移動しなくてはならないと思うと、もうLDRしか選択できなさそうです。

新生児を胸に抱く母親

LDRで3日間を過ごしました

花子(37歳)


出産を決めた病院が全員LDRとの出産と決まっていました。病院にはLDRが5室あり、重なれば早くお産になりそうな人が優先されて、時間がかかりそうな人は病室に戻されたりもしていました。

LDRは出産前の入院室も一緒で、出産後2時間まではそこで過ごしました。部屋の中にトイレ、洗面台、テレビ、付添い用のソファがあり、新生児のケア用の器具も扉の向こうにそろっていました。陣痛が軽いうちはテレビを見たりしましたが、その後は陣痛と戦う時間でした。

出産後は安静に、子供を傍らに横になっていました。LDRだからと言って別途料金はなく、通常の料金に組み込まれていて、全体で40万円前後だったと思います。

陣痛がしんどい時に部屋を移動しなくていいので、LDR出産は楽でした。そのまま分娩台になってくれるので身体へのストレスが少なかったので、次もLDR出産にしたいです。

長く陣痛に苦しまなかったけど、それでも良い

あき(35歳)


新生児

たまたま選んだ産院がLDR出産を行っている所で、出産前は「あ~LDR出産なんだ~」と思った程度でした。出産した産院は陣痛~回復期まで使用出来、部屋の内装は淡いピンク色のヨーロピアンを基調とした部屋でした。ベット、テレビ、空調、トイレがついていました。

LDRの部屋に入った時には、すでに出血があり陣痛も進んでいました。もう、いきんで出産する態勢の準備をしましょうか~という状態でした。LDR出産にかかった費用はおよそ52万円でした。

特にLDR出産が行えるからと選んだ産院ではなかったのですが、陣痛時に部屋の移動をしなくても良い、出産後の回復時はトイレ以外は動かなくてもよくて、食事も出産したベットでテレビを見ながら摂れ、何より主人が立ち会い出来たことが何より良かったです。次回も同じ病院、LDR出産を是非したいです。

二人目の時にLDR出産をした体験談

最後の出産だったので、LDRに決めました

ゆん(30歳)


LDRという言葉は知りませんでしたが、産婦人科で紹介され使用することにしました。上の子の出産時に、分娩室へ移動しながら破水してしまい、このまま生まれるのでは?とドキドキした経験があるからです。LDR出産は分娩費が高くなりますが、「これが最後の出産」という気持ちも後押ししました。

10畳ほどのLDR室は、家庭的な温かみのある雰囲気でした。ソファにテレビ、冷蔵庫、トイレにシャワーも付いていて自宅のようにくつろげました。

陣痛が始まり病院に着くと、2人目ということもありスピード出産。こんな急な展開で、陣痛室から分娩室へ移動していたら、まったく落ち着かなかったと思います。

出産は主人に立ち会ってもらい、分娩後すぐに母と上の子がかけつけてくれました。お世話になった産院は、カンガルーケアを取り入れていて、生まれたばかりの赤ちゃんと家族そろって過ごした時間がとても幸せでした。

分娩後も同じ部屋で過ごし、上の子との時間も作ることができました。個室なので、産後も気兼ねなくリラックスできました。2人目ということもありますが、退院時の体の調子もよかったです。1人目の時とは何もかもが違う出産でしたが、LDR出産に満足しています。

家族が一緒にいてくれる安心感

美咲(20代前半)


私は2人目の出産のときにLDR出産を経験しました。私はリラックスして産みたかったこともありましたし、両親が来てくれるということだったので、LDR出産にしました。

私は入院室も同じ部屋で過ごしました。部屋のタイプは自宅にいるような和室のタイプだったので凄くリラックスできましたし、上の子供と遊んだり、和室だったので子供をお昼寝させることもできたのでよかったです。

料金も通常の料金にプラス2万円と低価格だったのでお得でした。私は初めてLDRを利用してみたのですが、やはり出産の際に家族が近くにいるという安心感はすごかったです。またずっと同じ部屋で生活していたのでリラックスもできましたし、子供と離れることもなく安心できました。

1人目は分娩室まで車椅子でした

ちゃめん(26歳)


LDR出産のきっかけは、上の子がまだ小さく、診察中に託児所で見てもらう為に託児所付きの産院を探した結果、LDR出産の産院に決まりました。産院は建て替えをして1年たらずだったのでホテルのようにとても綺麗でした。

陣痛が始まり産院に到着したらすぐにLDRに入り出産しました。病室は別で回復期までLDRで赤ちゃんと記念撮影や初乳をし、部屋移動まで寝て過ごしました。

出産費は個室の母子同室で分娩代+11万円かかりました。個室でもトイレ風呂なしの0円の部屋で、産院は築1年程度だったのでとても綺麗で安く済んだと思います。

上の子の出産の時はLDRのある病院ではなかったので、陣痛中に分娩室への移動があったのですが、自力で歩いて行けず助産師さんに車椅子で運んでもらいました。夜中だったので、ボロボロの姿を誰にも見られずに済みましたが、昼間だったら面会に来てる人達に見られていただろうと思うと、やっぱり恥ずかしいです。LDRの産院の方が何かと落ち着いて出産できると思います。

おすすめコンテンツ