Loading

出生届などの必要書類の記入方法

出生届の書き方は?赤ちゃん誕生時の必要書類の記入方法

出生届の書き方を知っていますか?赤ちゃんが生まれてから14日以内に記入する、戸籍登録に必須の書類です。筆頭者、本籍、職業など具体的な項目の書き方、提出期限を赤ちゃんが生まれてから慌てないように事前に知っておくとスムーズに手続きすることができますよ!

出生届の書き方は?赤ちゃん誕生時の必要書類の記入方法

赤ちゃんの戸籍登録に必要な出生届の書き方や各記入欄の説明

出生届とは、生まれた赤ちゃんを親の戸籍に入れる手続きであり、生後2週間以内に医師、助産師などの出生証明書を添付し市区町村長に、必ず提出しなければならない大切なものです。

出生届を提出し、受理されると法律上、子として認められ親の戸籍に入ります。
出産後に慌てなくても済むように、出生届の提出方法について、事前に確認しておくと安心ですね。

出典:法務省 出生届の記入例

「届出日の日付」記入欄

生まれたばかりで寝方がたどたどしい赤ちゃん

届出日の日付とは、よく間違われやすいのですが、子どもが生まれた日ではなく、出生届を実際に市区町村の役場へ届出する日を記入します。

「届け出先」記入欄

届出先は、父か母の本籍地、子の出生地、または届出人の住所地、その他滞在地(里帰り出産の場合など)というようにいくつかあるので、自分の提出しやすい市区町村役場で出生届を提出しましょう。

「受理」「送付」「発送」記入欄

この箇所は出生届の届出に行った際に、役所の担当者が記入しますので、空欄で構いません。

生まれた子についての記入

出生届の書き方を教えてもらうママ

生まれた子とは、生まれた赤ちゃんについて記入する欄です。間違いやすい箇所や、わかりにくいところもあるので詳しく説明していきます。

「子の氏名」生まれた子の名前の記入欄

子どもの名前を書きます。戸籍に載る氏名なので書き間違い、よみ間違いがないように楷書で丁寧に書きましょう。よみかたは戸籍には記載されませんが住民票の処理上必要となりますので、ひらがなで記入してください。父母の離婚後に生まれた場合でも婚姻中の性を記入してください。非嫡出子の場合は母の性を記入してください。子どもの名前に使えるは字には制限があるので事前に確認しておきましょう。

  • 常用漢字
  • 人名用漢字
  • ひらがな
  • カタカナ

また外国人のときは、原則カタカナで記入し、ローマ字を付記して下さい。

生まれた子の「父母との続き柄」

生まれてきた赤ちゃんのことを考えているママ

結婚している夫婦の間に生まれた子どもは摘出子のところにチェックを入れ、結婚していない母親から生まれた子どもを嫡出でない子のところにチェックを入れ、男女の区別にチェックを入れます。

男女の区別の前の空欄には以下のように記入します。

長男は「長」、二男は「ニ」、三男は「三」
長女は「長」、二女は「ニ」、三女は「三」

摘出子と非摘出子の区別

摘出子とは、法律上で婚姻関係である相手との間に生まれた子どものことであり、
非摘出子とは、法律上で婚姻関係がない相手との間に生まれた子どものことをいいます。
つまりは、結婚した夫婦から生まれた子どもは摘出子といい、結婚していない母から生まれた子どもを非嫡出子といいます。

生まれた子の「生まれたとき」は出生の日にち時刻を記入

出生届の書き方が分からず半分諦めているママ

生まれたときとは、赤ちゃんが生まれた年月日と時間です。
出生届の右側にある医師や助産師が記入した出生証明書があり1枚の用紙になっています。それを見ながら記入しましょう。昼12時は午後0時、夜12時は午前0時となります。

生まれた子の「生まれたところ」は出生した産院を記入

生まれたところとは、実際に赤ちゃんが生まれた場所のことで、産婦人科や助産院の住所を記入します。こちらも同じく、出生届の右側にある医師や助産師が記入した出生証明書の「出生したところおよびその種別」という箇所に正確な住所が記入されていますので、それを見ながら書きましょう。自宅で出産された場合は自宅の住所を記入しましょう。

生まれた子の「住所」

子どもの住民登録をする住所を記入します。通常は父母が住民登録している住所記入します。

生まれた子の「世帯主の氏名」

世帯主が父(母)の場合は、父(母)の名前を記入します。非摘出子などで世帯主が祖父母の場合は祖父母の名前を記入します。出生届を記入する時点で誰が世帯主なのかは住民票で確認できるので事前に用意しておくと良いかもしれません。

生まれた子の「世帯との続き柄」

続き柄には世帯主から見た赤ちゃんとの続き柄を記入します。世帯主が父(母)の場合は「子」と記入します。世帯主が祖父母の場合は「子の子」と記入します。

「生まれた子の父と母」についての記入

首がすわるまで成長した赤ちゃん

生まれた赤ちゃんの父母、つまりは自分たちのことを記入する欄です。間違いやすい箇所、わかりにくいところもあるので詳しく説明していきます。

父母の氏名・生年月日は子が生まれたときの「氏名」「年齢」を記入

摘出子の場合には父母の氏名、生年月日を記入します。
昭和○○年、平成○○年と記入しましょう。生年月日は、出生届の届出日時点での父母の年齢ではなく、実際に子どもが生まれた時の年齢を記入しますので注意しましょう。

非嫡出子の場合は母の氏名のみ記入し、父の氏名の欄は空欄になります。しかし父と母が結婚していなくても父の認知があれば、父と母の苗字は違いますが、父と母それぞれのフルネームを記入することができます。

「生まれた子の父と母 本籍」を記入

摘出子の場合には父母の本籍地を記入します。
本籍地現住所と違っていることが多いので、あらかじめ住民票を用意して確認しておくと安心かもしれません。非嫡出子の場合は、母の本籍地を記入します。母の本籍地とは大抵は自分(母)の両親の本籍地と一緒だと思われます。住民票で確認してみましょう。

「生まれた子の父と母 (戸籍の)筆頭者の氏名」を記入

嫡出子の場合は父母の戸籍筆頭者の氏名を記入します。
戸籍筆頭者は戸籍の1番最初に記載されています。こちらもあらかじめ戸籍謄本を用意しておくと安心かもしれません。非嫡出子の場合は母の戸籍の1番最初に記載されている戸籍筆頭者を記入します。
出生届が受理されると、この母を筆頭者とした新しい戸籍が作られます。新しい本籍地は出生届のその他の欄に記入します。

「同居を始めたとき」も記入

旦那と2人で出生届を提出しに行くママ

父母が結婚式を挙げた時、同居を始めた時のうち早い方を記入します。

「子が生まれたときの世帯の主な仕事と父母の職業」記入欄

下記の6つの項目の中から自分の世帯に当てはまるものにチェックを入れます。

  • 農業だけまたは農業とその他の仕事を持っている世帯
  • 自営業、商工業、サービス業等を個人で経営している世帯
  • 企業、個人商店等(官公庁は除く)常用勤労者世帯で勤め先の従業員数が1人から99人までの世帯(日々または1年未満なのに契約の雇用者は5)
  • 3に当てはまらない常用勤労者世帯及び会社団体の役員の世帯(日々または1年未満の契約の雇用者は5)
  • 1から4に当てはまらないその他の仕事をしているものの世帯
  • 仕事をしているもののいない世帯

父母の職業の欄は、国税調査のある年の4月1日から翌年3月31日までに、子どもが生まれた場合だけ記入する必要があります。

「その他」の欄は基本空欄

その他の欄はぞれぞれで、もちろん何もない場合は空欄です。
例としては、非摘出子などで母がまだ戸籍の筆頭者になっていない場合は、新しい戸籍が作られるので、その際はここに希望する本籍地を記入します。日本国籍と外国国籍を持ち、日本の国籍を残す場合はここに「日本の国籍を保留する」と記入します。この記入をしないと後に日本国籍を失う場合があるので気を付けましょう。

届出人についての記入

出生届の書き方が分からず手詰まりのママ

届出人とは出生届を届出する義務のある父母のことで、出生届を役所へ持って行く人のことではありません。届出は本人が住所、本籍、氏名を記入し、捺印します。
摘出子は父母どちらかが記入し、非摘出子の場合は父が認知していても、父は届出人にはなれないので母にチェックを入れ記入します。届出人が署名押印した後、出生届を持参する方は親族や、その他の方でも構いません。

届出人の住所

届出人の現在の住所を記入します。住民票ある通りです。

届出人の本籍

届出人の現在の本籍地と筆頭者の名前を記入します。戸籍謄本の通りです。

届出人の署名

届出人が署名押印し、生年月日を記入します。
生年月日は、昭和○○平成○○と記入しましょう。

「日中連絡のとれるところ」

届出人本人の連絡先を記入しましょう。
出生届に不備や訂正があった時に連絡がくる場合もあります。例えば土日祝日に提出した場合、受付日はその日になりますが、出生届の確認は次の担当窓口受付時間に内になります。その際に記入の不備などが確認された場合に連絡が来ることがあるかもしれません。

「届け出印」

出生届の欄外に、届出人の署名捺印のところで使用した印鑑と同じもで、届出人の捨て印を捺印します。記入中間違えてしまった場間違った個所を訂正するときに、この捨て印を使用します。

「出生証明書」(右側)

出生証明書とは出生届と同じ1枚の用紙になっており、出生届の右側が出生証明書となっています。
出生証明書は自分で記入するのではなく、出産に立ち会った医師または助産師に記入してもらいます。

出生届を書き損じたときの訂正方法

書き間違えをしてしまった時は、間違えた個所に二本線を引き、捨て印で訂正印を押し、近くに正しく書き直しましょう。
※出生届の欄外に捺印した捨て印と同じものを使用します。

出生届提出に必要なものを確認

大切な書類の下書きをするママ

出生届に必要なものと、どんなことに使用するのかを下にまとめました。

出生届の提出に必要なもの

・出生届および出生証明書
左側が出生届、右側が出生証明書で1枚の用紙になっています。


・届出人印鑑
シャチハタは不可です。


・母子健康手帳
出生届が受理されると、母子手帳の出生届出済証明の欄に役所が記入をします。


・外国人登録証
子供の養育者が外国の方のみ。


・本人確認のための身分証明書
役所での手続きは身分証明の提示を言われるところも多いので持参しておくと安心かもしれません。

出生届に関連する手続きと必要なものと期限

出産後に提出する書類の整理が終わり安心するママ

出産後とても忙しい毎日を過ごされていて、ほかには手が回らない状態かもしれませんね。
しかしこの時期、申請書類を提出しなくてはならないものがたくさんあります。
中には期限を過ぎてしまうと支払いがされないものもありますので、出産前に事前に自分たちにはどんな申請が必要で、どんなものが必要なのかを調べておくと安心かもしれません。

それでは出生届の他に、産後どのような申請が必要なのかを見てみましょう。

健康保険の申請に必要なもの(1ヶ月健診までに)

  • 印鑑
  • 出生届済証証明が記入された母子手帳
  • 健康保険証
  • 出生届のコピー

乳幼児医療費助成の申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 出生届出済証明が記入された母子手帳
  • 子供の健康保険証

児童手当金の申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 申請者の健康保険証
  • 申請者名義の振込先通帳
  • 所得証明書(その年に転勤した場合は課税証明書)

出産育児一時金・付加金の申請に必要なもの

新生児微笑を見せる新生児の赤ちゃん

  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 出生を証明する書類
  • 出産一時金の申請書
  • 申請内容と同じ領収書または明細書の写し
  • 医療機関等の合意書

出産手当金の申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 出産手当金の申請書
  • 出生を証明する書類
  • 申請者名義の振込先通帳

育児休業給付金の申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 出生を証明する書類
  • 育児休業基本付加金の申請書
  • 申請者名義の振込先通帳

高額医療費の申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 高額医療費の申請書
  • 医療費の領収書

他にも個人的、お住いの地域や勤め先などによっても申請内容の違い、新たな申請が必要な場合もあるので、詳しくはお住まいの地域や勤め先に確認すると安心かもしれません。

戸籍法を知ろう!出生届届出の決まり(戸籍法49~56条)

出生の届出は戸籍法第49条より
「出生の届出は、14日以内(国外で出生があったときは、3箇月以内)にこれをしなければならない」とあります。

出生の届出をする期間 国内・国外

出産後に必要な申請についてまとめるママ

国内での出産の場合、赤ちゃんが生まれた日を含め14日以内に(生まれた日が1日目)市区町村の役場にて届出の手続きをしなければなりません。提出期限の14日目が祝祭日の場合は提出期限が翌日15日目となります。

年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休の場合は市区町村役場に確認しましょう。
赤ちゃんの名前が14日以内に決まらない場合は、子どもの名前を空欄で提出することができます。名前が決まり次第、追完届(ついかんとどけ)を提出し手続きが必要です。

しかし、追完届をした場合には戸籍にその旨が残ります。それが気になる場合は、赤ちゃんが生まれてから14日以内という期限を忘れずに、遅れてしまう理由がある場合には早めに市区町村役場に相談しましょう。

出生届を届出しなかったらどうなる?

出生届が何とか間に合い安堵するママ

14日を過ぎてしまっても出生届は受理してもらえます。
また天災や事故、その他正当なる理由があり届け出期間を過ぎてしまった場合には「戸籍届出期間経過通知書」に遅れた理由を記入し、出生届と一緒に提出します。「戸籍届出期間経過通知書」は簡易裁判所に通知されます。正当な理由として認められなかった場合は戸籍法135条より5万円以下の過料通知が発行される場合があります。

※参考 戸籍法135条 「正当な理由がなくて期間内にすべき届出又は申請をしないものは、5万円以下の過料に処する」

出生届を届出することで子どもは戸籍に記載されますが、届出しなかった場合は子どもは無戸籍となります。就学時には通知が来なかったり、運転免許証も取得できなかったり、印鑑登録などもできないという問題も出てきてしまいます。

子の名は常用平易な文字を使用(法務省に定める)

出生届を書いたはいいが提出先がわからないママ

戸籍法第50条
1.「子の名には、常温平易な文字を用いなければならない」
2.「常用平易な文字の範囲は、法務省令でこれを定める」
とあります。
子どもの名前に使える漢字は「常用漢字」か「人名漢字」です。

出典:法務省 子の名に使える漢字

出生届の提出先を確認

出生届をいつ提出するか相談する夫婦

出生届の届出先は

  • 父母の本籍地
  • 父または母の所在地(現在住民登録をして住んでいるところ)
  • 子の出生地(赤ちゃんを出産した病院)
  • 里帰り出産の場合は滞在地

いずれかの市区町村役場です。

海外出産の場合

海外で出産された場合は子が生まれた日から3ヶ月以内に、出生届の届出をしなくてはなりません。届出先は出産した国の日本大使館、公使館、領事館または父母の本籍地若しくはお住いの市区町村役場になります。(郵送でも構いません)必要書類は必ず確認を取りましょう。
もう一つは、その国で生まれたものすべてに国籍を与える制度を採っている国で生まれた場合、その子は2重国籍者となります。その場合、3ヶ月以内に出生届と一緒に国籍保留の届出をしないと、日本国籍を失う場合があるので気をつけましょう。出生届のその他の欄に「日本の国籍を保留する」と記載します。2重国籍者は22歳までに1つの国籍を選択する必要があります。

戸籍の届け出は土日もやっている?

旦那の休みの日に出生届を提出しに向かう夫婦

出生届は365日24時間受付が可能ですので、土日祝日、夜間でも受付はしてもらえます。
しかし土日祝日や夜間に提出の際は担当窓口が閉まっているため、市区町村役場にもよりますが、休日用の窓口でお預かりになります。担当窓口の受付時間内に確認し不備がなければ、提出した日に遡り、受理されます。

不備や、確認事項があった場合には再度担当窓口の受付時間内に市区町村役場に行く必要があります。不備がなく受理された場合も母子手帳の「出生届出済証明」の欄に役所の記入が必要であり、その他の手続(健康保険加入や児童手当の手続等)もあるので、後日市区町村役場に行く必要があります。

出生届届出時に出産記念品が貰える?

出生届を提出した先で記念品を貰い喜ぶ夫婦

出生届を届出した時に記念品が貰える自治体もあるようです。
市区町村役場によって実施していないところもありますので、確認してみましょう。

出生届はどこで貰える?

出生届は市区町村役場でもらえます。出生証明書と一緒になっている1枚の用紙なので、病院で準備してくれているところもあります。事前に確認してみましょう。

忙しい時期ですが戸籍の登録は忘れずに!

赤ちゃんが生まれ、新しい生活も始まり多忙な時期だと思います。普段14日間というと長く感じますが、この時期の14日間はあっという間に過ぎてしまいます。しかし赤ちゃんにとって出生届はとても大切なものですね。

慌てることがないように事前に準備できるものや記入の確認をしておくと安心ですよ。