Loading

出産費用平均額と節約する方法

出産までにかかる費用ってどれくらい?平均額と節約方法

出産費用は、赤ちゃんを授かったママとパパの大きな不安材料となりがち。できるだけ出産費用を抑えてその分赤ちゃんに使ってあげたり赤ちゃんの将来の備えにしたいもの。妊娠から出産までにかかる合計費用は大体いくら掛かるのか、出産費用のなぞの内訳や節約方法、受けられる助成や手当について紹介。

出産までにかかる費用ってどれくらい?平均額と節約方法

産前に知っておきたい出産費用の話・出費をおさえる確定申告、節約の方法

妊娠が発覚してこれからパパやママになるという喜びが出てくると同時に、妊娠出産育児に備えてある程度貯蓄はしていてもしていなくても、これから全体でどの程度の費用がかかるのかは大きく気になってくるところ。

もちろん、妊娠・出産・育児にまつわる費用が気にならない収入があればよいのですが、出産費用は100万円位はかかるよ~!だなんて聞かされると、費用に対する不安は募る一方…。
さらに、ある程度予算の限られてくる状況であれば、出産にあたっても削れるところは削ってなるべく出費をおさえたい…そのために妊娠から出産まで何にいくらかかるのか、具体的な情報は必要不可欠です。

通常は今までの生活費に加え、妊婦検診や出産時の費用、これから生まれてくる赤ちゃんがその後成長していくために欠かせない最低限のベビー用品などを出産前後に準備しなければならないのですが…。

今回は妊娠出産により発生する費用は実際どの程度のものなのか?
そこから見えてくる節約の方法、公的補助や確定申告時の申請についても「手続きが苦手」という方にも分かりやすくご紹介をしていきたいと思います!

出産費用どれくらいかかる?出産までの病院代・平均費用

出産費用を計算中のベビ待ち女性

出産費用とは、妊婦健診や出産のための入院時の医療費はもちろんのこと、それ以外のいわゆる「出産に関わる全ての支出」が出産費用と考えます。

というのも、出産したけど生まれてきた赤ちゃんを真っ裸のまま過ごさせる、というわけにはいきません。赤ちゃんを育てていくために着る物、おむつやミルクといった生活用品が必要になるので、当然、これら出産後すぐに必要になるベビーグッズやママの準備費用も出産費用に含むというわけです。

ですが、やはり出産費用の大部分は医療費が占めるのは言うまでもないため、まずは出産までにかかることになる病院・婦人科の健診費用、医療費についてチェックしていきましょう。

出産費用の概算平均額は約50万円~(健康保険適用処置・各種手術などは含まない)

定期健診に病院を訪れた妊婦にレシートを渡す看護師

妊娠~出産までの医療費のうち最も大部分を占めるものは、いわずもがな分娩と分娩時の入院にかかる「分娩費用」です。
これらは病院に支払うものになりますが、助産院か個人病院か大病院か…など病院の種類や各病院によっても金額には多少の大小があります。

では早速その金額の内訳をみていきましょう。

分娩費用の平均額は約50万円で、大半が約35~70万円の範囲にあります。
ただし、これらの費用には帝王切開や異常分娩、予定日超過など医療措置が必要な分娩以外のはなし。その分娩費用のみの内訳は以下の通りです。

分娩にかかる費用の内訳

分娩料:27万円
分娩入院料:2万円/日
新生児管理保育料:1万円/日
新生児や妊産婦の検査や各種処置料:3万円~5万円
産科医療補償制度:1.6万円(平成26年までは3万円)
その他衛生材料や文書料など:2万円

上記内訳で5日入院した場合:約50万円

休日診療・夜間診療とその額

出産は予定通り思い通りに行かないことがほとんどです。いつどのタイミングで産気づくか、また産気づいたとしてもそこから分娩までどの位の時間がかかり、出産に至るかはわかりません。

大抵の病院では、出産が休日又は深夜にかかった場合には通常の分娩費用に1~2万円程度の休日・夜間の診療費を加算するようです。なお、この休日又は深夜診療への定義ですが、原則として出産した日や時間(院外出産の場合には搬送された時点)で算出します。

妊婦健診(定期健診)の必要額・費用内訳

産婦人科の先生からエコー写真を受け取る妊婦

妊娠が判明してからは2~4週に1度、妊婦と胎児の安全をチェックを目的とした妊婦健診があります。妊娠中、妊婦さんも胎児も気付かぬうちに容体が変わりやすいことから、妊娠周期に合わせて複数の検査を行います。

ですが、現在の日本では「妊娠は病気ではない」ことを理由に、妊娠出産費用は、基本的に風邪やケガの際の通院の際の医療費とは異なる「自費診療」扱い。母子の安全のために行かなければならない健診であるのに、その支払金額は高額になるため、各自治体では妊婦健診補助券を発行しています。

健診回数は順調にいけば全13~14回の健診で、健診補助券を使用しない場合、妊婦健診にかかる費用は平均約10万円前後になります。

妊婦健診の回数と費用

母子手帳から出産までの日取りを確認する妊婦

妊娠初期から23週まで月に1回、24週から35週まで2週間に一度、36週から出産までは1週間に一度の妊婦健診を受けますが、これら健診は自費診療扱いとなります。健診費用は病院や地域によって差がありますが、おおよそ3,000円~10,000円程であることが多いようです。

■妊娠が確定するまで

一般的には妊娠4~5週で生理の遅れに気付き、5~6週に産科・婦人科にて問診や検査を受けますね。5~6週には胎嚢や赤ちゃんの心拍確認がとれることは多いものの、心拍確認が出来、妊娠が確定して母子手帳が発行されるまでの間は妊娠健診補助券は使えません。

妊娠確定までの1~3回の健診の費用については、健康保険を適用できる病院もあり安くすませられるケースもありますが、初診料は別途かかります。

■妊娠確定後の妊婦健診

胎嚢と心拍の確認が取れ、妊娠が確定したら、お住いの地域の役所で母子手帳と妊婦健診補助券を受け取り、以降の健診は無料、もしくは費用を安く受けられます。

※参考例 神奈川県横浜市の平成27年度の場合

健診補助券として14,000円×1枚、7,000円×2枚、4,900円×11枚が支給され、補助券を使用した場合の健診費用は約1,500~5,000円。
健診の補助内容は地域によって、また病院の健診費用は各病院で異なります。

妊婦健診は必ず受けましょう

出産に関するお金に頭を悩ます妊婦

金銭的な背景の故、残念ながら妊婦健診を受けずに出産に至る妊婦さんもいます。しかし、これは非常に危険な行為。妊娠中はいつどのような変化が起こるとも知れないばかりか、妊娠出産は健康な体でも何事もなく無事に進むと言い切れるものではありません。

きちんと健診を受けずに産気づいたときに病院を訪れても、血圧や病歴など出産にどのようなリスクがあるかもわからない、必要情報である妊娠中の経過がない状態では病院側も備えるべきに備えられない可能性も高いのです。母体と胎児の状態の確認する目的の妊婦健診は、命を守るために非常に重要な役割があります。

■初診の時期

産婦人科での妊娠確定は胎嚢と赤ちゃんの心拍確認により判断しますが、その確認が取れる時期は5~7週であることが多いため、妊娠検査薬で反応が出たからと言って時期を待たずにあまり早くに受診しても妊娠確定には至らず、健診費用だけが掛かってしまう可能性も。

ですが、逆に病院に行くのが遅くなると、早めの対処が必要不可欠である子宮外妊娠などの発見・処置が遅れ危険な状態になってしまうこともあるので、5~7週目頃には初回の妊婦健診を受けるようにしましょう。

定期健診の内容もついでにチェック

妊婦の症状をメモ書きする産婦人科の医師

妊婦さんを対象にした定期健診は、概ね月に1~2回行われます。健診の内容は経過週数や妊婦さんの状態によって異なりますが、基本的には以下の内容となります。
基本検査の内容は問診、体重測定、内診、血圧測定、超音波検査、尿検査で5,000円程度、これに血液検査などが加わるときは10,000円程かかります。

■問診・内診・触診

妊娠中の体重管理の助言、飲酒や喫煙など胎児に影響のある生活習慣の聴取、病歴や月経・妊娠の経歴を聞きます。
内診では子宮の大きさや炎症などを調べ、触診ではお腹の張りや骨盤の位置を調べます

■体重の測定

体重や子宮や膣の状態が正常かどうかなど、母体の状況を把握したり順調であることを確認するため毎回行います。初回健診では身長も測定します。

■血圧測定・尿検査

初診の尿検査では妊娠の可能性を判定するために、その後は妊娠高血圧症や糖尿の有無をチェックします。尿検査は雑菌の少ない中間尿を取るようにしましょう。

■浮腫検査

脚のすねを指圧し戻り具合からむくみの有無をチェックします。
妊娠高血圧症が疑われるときは血圧、尿検査の結果もチェックし処置判断を行います。

■腹囲測定・子宮底長測定

腹囲はお腹のふくらみを、子宮底長は恥骨の上から子宮の上までの長さを測定します。

■エコー検査

妊娠初期では、子宮外妊娠をしていないかや胎嚢の数を確認するため行います。
それ以降では、胎児の身長を測ったりなど、順調な成長の確認のために行います。妊娠11週頃には胎児の成長により出産予定日が調整されます。
エコー検査の写真は妊婦健診の楽しみでもありますね!

■血液検査(通常全4回、初期、中期に一回ずつ)

血液からも妊娠に悪影響を及ぼすリスクはないかを確かめます。白血球の数など血液の状態の確認やHIVやC型肝炎、風疹など感染症の有無のチェックはもちろん、貧血になりやすい妊娠中のヘモグロビン値の確認も大切です。

妊婦健診に通うための交通費が必要になることも

娘と妊婦検診に向かうママ

最近では、助産院の減少や産科の減少に伴って産科を置かない病院も増え、費用の安い病院を選べないだけでなく少し遠い病院に通う必要が出てしまうことも。出産する病院の選択肢が減っている現状では、遠方の病院に通うとなると、通院の度に交通費も発生してしまいます。

双子の場合の出産や入院費用はどうなる?

多胎妊娠(いわゆる双子)の場合の分娩費用はざっと二人分。ただし、ママは一人なのでなんだかんだで入院費用の総額は一人の時に比べ1.5倍ほどになることが多いようです。

多胎妊娠の場合、出産育児一時金も二人分になるほか、通常多胎妊娠は健康保険適用となる帝王切開での分娩が多く、最終的な出産費用は90万円~となると見込んでおきましょう。

手術は健康保険適用

買ってきた赤ちゃんの靴をママに見せるパパ

多胎妊娠は、自然分娩ではなく切迫早産や帝王切開などにより医療処置や手術を行うケースが殆ど。医療処置や手術にはその分の費用も加算されますが、健康保険が適用されます。

この時の自己負担分は手術料の3割負担に加え、入院ベッド代、食事代、新生児保育料などが加算された額になります。
自己負担分が10万円を超えることも多く、高額医療の対象となりますので覚えておきましょう。

多胎妊娠のリスクとは?双子・三つ子出産までの道のり!
多胎妊娠のリスクとは?双子・三つ子出産までの道のり!
多胎妊娠は嬉しいけど不安!双子や三つ子を妊娠する確率や胎児は子宮内でどのように過ごしているのか、妊娠合併症や早産のリスクも解説。単体妊娠との妊娠初期症状や産前休暇、出産方法の違いとは?
■出産育児一時金の申請

出産育児一時金は出産する子供1人に対して支給される手当てで、一人あたま42万円が給付される制度なので、多胎妊娠のときは子供の数だけ出産育児一時金が給付されます。双子であれば倍の84万円となります。
分娩費用、帝王切開費用、新生児管理保育料を超えて入院費用の一部まで賄えることもあります。

■高額療養費制度の限度額認定証の取得

多胎妊娠で切迫早産や帝王切開により手術となると健康保険が適用される…ということは―――
健康保険が適用となる治療や手術などの医療的処置治療が行われたときは、高額療養費制度の対象となる場合がありますが、帝王切開もその一例です。

後でもう一度説明しますが、高額療養費制度は自己負担分の医療費が設定ラインを超えたときに、差額分返金してもらえる制度。なお、あらかじめ限度額適用認定証を取得しておくことで、窓口で支払う時点での負担を抑えられます。

異常分娩・健康保険が適用される帝王切開などの手術や医療措置

正常な出産に関わる医療費は原則全て自己診療扱いとなるため、全額負担となります。
ですが、妊娠は病気ではないとはいえ、非妊娠時とは比べ物にならないリスキーな状態で、命にかかわる事態へ発展することも多々。

母子を守るため、帝王切開など手術や医療措置が必要となった場合には健康保険の適用となります。
この場合、自己診療扱いでは適用されない高額療養費制度が適用されることも多く、高額療養費を申請し返金を求めることとなるのですが、事前に「限定額適用認定証」を得れば、病院への支払い時に自己負担分の医療費を所得に応じて設定された支払金額にすることができます。

帝王切開

出産が近づき費用の工面を考えるママ

妊娠経過は「自然分娩ができるか」を前提に進めていきますが、経腟分娩はリスクが高く、胎児や母体に命の危険があると判断される場合には、子宮にメスを入れて胎児を直接取り出す帝王切開手術を行います。

帝王切開には、多胎妊娠や胎児機能不全、常位胎盤早期剥離など予定帝王切開と緊急判断で行われる緊急帝王切開と二通りあり、緊急度によって麻酔や切開の方法が変わります。
緊急帝王切開は名の通り緊急手段として使われるので、胎児・母体になんらかの危険が及んだ状態…ということになります。

その他の健康保険が適用される医療措置

お腹の赤ちゃんの胎動を確かめる看護師

子宮にメスを入れる手術以外にも、健康保険の適用がされるケースはあります。以下はその一例です。

■陣痛促進剤

予定日経過し、陣痛が止まってしまったときや出産を誘発するほど陣痛が強くならないとき、なかなか陣痛が起こる気配が無い場合に使用されます。

■バルーン

予定日経過も子宮口が予定通りの広がりを見せないときや逆子の分娩時に使用されることも。
見た目はただの風船ですが、中には滅菌水が入っており子宮口で膨らませ一定まで広がると風船が萎んで取り出せるようになります。

■吸引分娩

分娩が始まり赤ちゃんがなかなか出てこられなかったり、赤ちゃんの元気がなくなってしまったなど、急いで赤ちゃんを出したいときには、吸引カップを装着して赤ちゃんを引っ張りだす処置を取ります。

ベビ待ちの時点で民間の医療保険に加入しておきましょう

出産は病気ではない為、原則として公的な医療保険も民間の医療保険も使用はできません。
ただし、帝王切開など自然分娩以外の異常分娩での処置、傷病や疾病障害、手術などが行われた場合には、保険会社の規定に合致すれば民間の医療保険が使用できることも。

個人でも民間の医療保険に加入していれば、万が一帝王切開などの手術が必要になった場合にも手術給付金や入院給付金が保険会社から給付される場合があります。ご自身が加入している保険内容をしっかりと確認して、給付漏れの無いようにしましょう。

医療保険加入は妊娠発覚前のベビ待ち時がベスト

出産後の費用の予定を事前に確かめるママ

医療保険加入のタイミングは妊娠発覚前、ベビ待ちのときに行うのがベスト。
民間の医療保険加入時は過去や現在の病歴を聞かれるのですが、部位不担保と言ってリスクの高い補償はできない仕組みがあるためです(加入時の虚偽の報告はダメです!)。

妊娠は病気ではないものの非妊娠時と比べると身体への負担から様々な問題が生じるリスクは比べ物にならなく、妊娠発覚後の加入では入院リスクの高くなる部位の病気やケガ、手術などに対しての給付は断られる場合があります。
とくに子宮や乳房などに関係する部位が不担保となってしまうことが多いので、未加入の方は妊娠前に医療保険に加入するようにしておきましょう。
まだ保険加入していない人は、共済保険など掛け金の安い医療保険を探してみては?

出産後に一定の日数が経過していれば、保険会社によっては部位不担保などの条件なしで加入できる場合がありますので、一度相談をしてみましょう(ただし、ご自身の健康状態によっては別の条件が付く場合があります)。

出産費用の支払い方法

ベビー服を電話で購入するママ

出産費用は直接支払制度により出産育児一時金を差し引いたあと、差額分をその場で全額現金で支払うというのが一般的ですが、そのほかに出産費用の支払い方法で最適な方法はあるのかというと、実はあります。

各種の給付を活用した上で最も良い方法は、クレジットカードでの支払いです。ですが、クレジットカードが使用できる病院は限られる上に、クレカの限度額によっては利用できない場合も。

出産費用の支払い時についてチェックしていきましょう。

直接支払制度

出産育児一時金を直接病院の支払いに充当します。産科医療保障制度加入の場合には最大42万円が充当されます。

医療費控除と確定申告

出産費用は原則自由診療で全額自己負担、されど全て医療費に当たります。その年の確定申告を行うことで、所得税や住民税の控除に活用できますよ!

医療費の控除の適用については、出産の際に使用したタクシー代も医療費控除の対象となります。ただし、病院で出された食事以外の出前など、明らかに必要のない費用は医療費控除の対象にはなりません。

高額な医療費を支払ったら高額療養費の申請を

出産後の給付金の手続きを進めるママ

高額療養費制度は所得に応じて設定された金額を超えて負担した医療費があるときに、差額の返金を求める制度です。
帝王切開手術をしたなど、健康保険の適用となる医療処置により医療費の支払い額が、高額になったとき、超過した差額分の金額は高額療養費として申請することで、返金してもらえます。ちなみに、高額療養費申請は世帯での合算が可能。

さらに、先ほどにも記載した通り、母子の安全のために帝王切開など医療措置が必要となると、健康保険の適用となり、かつ高額療養費制度の適用が想定されます。この場合、事前の「限定額適用認定証」の取得で、病院の窓口で支払う金額を所得に応じ設定された支払金額におさえられます。何もしないと一度医療費を支払し払い戻されるまで待たなければなりません。

病院以外にかかる出産までに必要な費用

妊娠が判明してから出産に向けて、赤ちゃんだけではなくママにも様々な準備が必要になります。主に準備をしておくと非常に役立つものをピックアップして、必要額を割り出していきましょう。

マタニティ・出産準備品の必需品 内訳と平均額

出産準備に必要なリストを作るママ

一般的に必要なマタニティ用品

  • マタニティブラ…赤ちゃんに母乳をあげやすくいブラジャー
  • マタニティパジャマ…お腹周りの圧迫を抑えた、妊婦さん用のパジャマ
  • 産褥パッド…出産後の出血を吸収するために使用します。
  • 産褥ショーツ…出産後の膣や子宮の状態確認や処置を行うための、股の部分がマジックテープなどで留められているショーツ
    • 産褥パッドと産褥ショーツは、産院からメーカーやサイズの指定がある場合や、あらかじめ用意されている場合もあるので確認しておきましょう。
  • 腹帯…お腹の重さを緩和するため、出産に向けて開いた骨盤の矯正に使用します
  • 母乳パッド…母乳を吸収するために使用します。母乳は産後の授乳開始後に分泌される人が多いですが個人差があります。
  • 骨盤ベルト…出産で開いた骨盤を矯正するための補助ベルト

総額平均は約3万円くらいかかりそうですね。

一般的に必要な出産準備品(ベビー用品など)

体調が良いので赤ちゃん用品を探しに来たママ

  • ベビーバス…大きめのたらいでも代用できます。レンタルもあり。
  • ベビー布団…赤ちゃんの寝るマットレスは固めが安心。赤ちゃん用の布団も用意しましょう。
  • 短肌着…出産の時期によって必要枚数が違ってきますが3~4枚程度は準備しておきましょう。
  • 長肌着…短肌着同様出産の時期によって必要枚数が違います。コンビ肌着とどちらが使いやすいかママの好みもあります。
  • コンビ肌着…おまたの部分をスナップ止めできるタイプ。はだけません。
  • カバーオール…50~70cmの新生児用のベビー服を3~4枚程度用意しておきましょう
  • おくるみ…流行っているようです。使わない人も多いでしょうが、おくるみ以外にもケープとしても役立つので1枚あっても良いかも。
  • おむつ…退院後の分も併せて2袋は用意しておきたいですね。
  • おしりふき…たくさん必要です。
  • 爪切り…赤ちゃん用の爪切り。
  • 粉ミルク…完母の場合でも、小さいミルク缶はひとつあった方が良いですよ!
  • 哺乳瓶…完全母乳で育てるとしても、哺乳瓶と乳首ワンセットは準備しておきましょう。
  • 抱っこひも…新生児期から使うのであれば、多機能キャリータイプやスリングがおすすめ。
  • ベビーカー…新生児期から使えるものを選びましょう。
  • ベビー用食器洗剤…赤ちゃん用の哺乳瓶やおもちゃの洗浄に
  • ベビー用シャンプー…ベビーソープでもOK
  • ガーゼタオル各種…消耗品ですね!

総額平均は大体約11万円~…結構かかりますね!

その他の出産までに必要になる出費

ベビーグッズ探しにきた買い物帰りのママ

  • チャイルドシート(車を使用されるご家庭のみ)…購入するのであれば長く使えるシートがおすすめ。
  • ベビーベッド…レンタル活用も良いですね。
  • カメラ…赤ちゃんの成長も時間も逆再生できません!大切な瞬間をたくさん残しておきましょう。
  • エアコン・暖房器具…暑い寒いが極端な地域では必需品です。
  • 空気清浄機
  • 加湿器・除湿器

赤ちゃんと一緒に暮らすようになると気温や湿度、空気なども今まで以上に気になりますよね。空気清浄器や加湿器は、春夏の花粉や冬場の乾燥などによる肌やウィルスのトラブルなど赤ちゃんの環境を守るためにあった方が良いもの。

ベビーベッドについては、ペットのいる家庭といない家庭で必要か不要かの判断が分かれるでしょう。また、チャイルドシートは車を使用しなければ必要にならず、普段あまり使用する機会がない場合にはベッドと合わせてレンタルで使用するという方も多くいます。必ずしも購入が必要なものではありませんので、予算や家庭の状況に合わせて判断しましょう。

里帰り出産するときに考えるべき費用

退院後の生活を考慮して里帰り出産をされるという方も多くいらっしゃいます。
しかし、里帰り出産をするときには、おじいちゃんおばあちゃんに甘えっぱなしにならないように考えておきたい出費があります。

考えておきたい費用としては…

  • 実家に滞在中のママと赤ちゃんの生活費
  • 自宅にいるパパの生活費
  • 実家までの往復交通費
  • 実家へのお礼金

等が挙げられます。

■里帰り中の費用を節約するためには

里帰り出産でかさみがちな費用のひとつとして、パパが自炊を出来ず外食ばかりになってしまった、ママが見ていないから電気使いたい放題!などパパの生活費に問題が生じることも多いようです。
ママとしては赤ちゃんが生まれたらパパにも家事を手伝ってほしいですし、早めに家事のやり方や節約に気を付けていることなどを教えておきましょう。

出産祝いの内祝い

出産祝いへの内祝いの額は、一戴いた出産祝いの金額の1/3から全額返しと地域によって様々です。
最近では全く返さないという場合もありますが、受け取った気持ちへの対応ですから会社や友人に対しては常識の範囲内でお礼をするようにしましょう。

出産費用を節約する方法

出産費用の節約術を考えるママ

出産費用を節約する大きなポイントは次の通りです。

  • 出産育児一時金など受けられる手当てはもれなく受ける
  • 民間の医療保険の活用
  • 高額療養費制度の活用
  • マタニティ割引などのある商品や店舗の活用
  • クレジットカードの活用(ポイントが溜まれば商品券などに変えられる)
  • 産休や失業保険などの給付金制度を活用する

他にも出産する病院を選べるのであれば、産院や助産院などかかる出産費用が違ってくるのでぜひチェックしてみましょう。

病院の種類別に大体の出産費用を比較してみましょう

病院ごとの出産費用の違いを勉強中

病院や助産院の種類により、出産にかかる費用は異なります。
大体の費用は以下の通りです。

  • 公立・私立総合病院…30~60万円
  • 公立・私立大学病院…30~50万円
  • 個人病院・クリニック…40~100万円
  • 助産院…25~50万円

出産費用を節約しようと思ったときは、なるべく安い産院を探し、安く健診・分娩をしてくれる産院で産む作戦が大切です。産院も助産院も分娩費用は大きく変わることは内容ですが、助産院のなかには、自宅出産で25万の分娩費用で済むことも!
ただし、助産院での分娩では医療行為はできないため、誰でもが選択できるものではないというデメリットはあります。

最近では無痛分娩や水中出産など分娩方法が選べたり、入院中に利用できるオプションサービスを用意し希望に沿って出産を行うなどの病院独自のサービスの利用によっても費用は変わってきます。
入院中のサービスは、エステやティーサービスなどもはやホテル並の待遇をする所もありピンキリです。

入院費用を節約できるポイント(または入院費用が高くなる条件)

  • 個室にしない、その他オプションを選ばない(個室にした場合入院費用にプラス数千円かかる)
  • 無痛分娩等をしない(無痛分娩を選ばなければならないときもあります)
  • 赤ちゃんのおむつや悪露シート等、自分で準備できるものは持っていく

そのほかにも、民間の医療保険の適用内容はしっかり確認しておきましょう。

里帰り出産

港町の実家に里帰りする妊婦

出産費用は日本国内、地方によってもばらつきがあります。たとえば、東京都の平均が約56万円に対し、鳥取県、熊本県では40万円程度。
実家付近の産院の費用や健診補助の内容を調べ、住所地と比較して安い場合には早くから里帰りしてしまう。

ただし、実家に甘え過ぎて生活費やお礼金等を踏みにじってはいけません!親子とは言え、一社会人としてのけじめは大切。実家へ渡す生活費、お礼金含め総額が安くなるのか高くなるのかを計算しましょう。

疲れが取れ切れていなく、ホルモンバランスの変動が大きい出産前後は些細なことでイライラして両親に八つ当たりしてしまいがち。おじいちゃんおばあちゃんも生まれたての孫を目の前に必要以上に張り切ってしまったりで、結果育児の考え方の違いで両親と衝突したり、ママがストレスをため込んでしまうこともあります。予算だけにとらわれず慎重に決断をしたいですね。

臨月はいつからいつまで?時期や過ごし方、里帰りの目安
臨月はいつからいつまで?時期や過ごし方、里帰りの目安
臨月はいつからいつまでなのか詳しい計算方法や妊娠週数を解説します。おなかの中の赤ちゃんの胎動の変化やママの体調の変化など臨月に起こる様々な変化についても紹介します。

ベビー用品はレンタル利用の手もあり!

電車で里帰りする妊婦

出産前に準備するベビー用品、中には値の張るものもいくつかありますが、値段の割には一時期しか使用しないものなおは、レンタルサービスの利用がお得です。
ベビー用品のレンタルサービスでは、ベビージムやベビーバスまで幅広いグッズを揃えているので、大型である程度値の張るベビーグッズはレンタルを活用してみましょう。

ベビーベッド

購入したけれど、赤ちゃんが一人では寝てくれず結局物置に…なんてことも多いベビーベッド。
衣類のように汚れやすいものでもないわりに、半年~1年くらいまでとベビーベッドの使用期間はごく短いので、使用後の処分の手間を考えるとレンタルの方が良いかも?

カーシート(ベビーシート)

生まれてすぐに車を使うのであればベビーシートも必須アイテム。新生児期から使えるものはお値段が高いこともあり購入を躊躇してしまいますが、子供が小さなうちは吐き戻しや食べこぼしが多く汚しやすいですし、レンタル期間、レンタル商品のクリーニング代等考えると、車の使用頻度が高ければ購入したほうがお得。

ですが、普段車に乗らないパパとママなら購入するか迷いますよね。いざ車に乗るとなれば絶対に必要になってくるので、使いたい時だけレンタルすると良いでしょう。

ベビー用品レンタルショップ比較&レンタル利用の注意点
ベビー用品レンタルショップ比較&レンタル利用の注意点
ベビー用品のレンタルは安くて安心な物を利用したいですよね。ここではママたちから人気のあるレンタル店のBEST3をご紹介します!レンタル利用時の注意点など気になることも解説します。

出産一時金以外の出産前後の助成金(公的費用)一覧

公的な助成金について説明するアドバイザー

出産前後に受けられる助成や手当は、しっかり受けておきましょう。
赤ちゃんが産まれたら、今以上に出費が増えるので、残しておける部分はなるべく残しておきたいですからね!

  • 妊婦健康診断助成制度
  • 児童手当給付金
  • 児童扶養手当給付金
  • 乳児医療費助成制度
  • 妊婦歯科検診助成制度
  • 未熟児養育医療給付制度
  • 自立支援医療給付制度
  • 結核児童療育医療給付制度
  • 高額療養費制度
  • 失業給付制度(仕事を辞めるとき)
  • 出産手当金

出産手当金には、産前休暇手当金、産後休暇手当金、育児休暇手当金があります。

各種手当ての申請方法

公的機関の給付制度を申請するときには、住民票上の各地区の福祉保健センターで相談しましょう。失業給付のみハローワークでの受付となり、それ以外については原則福祉保健センターが窓口となります。

出産手当金については、健康保険組合に加入している被保険者の場合には、各健康保険組合の規定に沿って申請が必要となりますので、勤め先に聞いてみましょう。

出産後に必要な手続きとは?出生届や給付金の期限と提出先
出産後に必要な手続きとは?出生届や給付金の期限と提出先
出産したらする手続きについて解説します。出生届けはもちろん、お金に関する出産後の給付金の申請も滞りの無いように、今のうちに提出期限や申請の流れを把握しておきましょう。

出産費用は無駄なく、漏れなく、計画的に準備を

一口に出産費用といっても、入院費用以外にもたくさんの出費があると同時にたくさんの公的補助があることにびっくりします。

良心的な病院や役所であれば、こういった助成制度を教えてくれる場合もありますが、チラシの様なものを1枚渡してくれるだけの場合もあるので、自分でもしっかり内容を把握しておきたいところ。知らずに申請もせず、後の祭りになってしまうだなんて考えただけでゾッとしますよね。

よく医療保険で得した!というものもありますが、得することよりも損をしないことを念頭にこれらの助成制度を活用していきましょう。他にも民間の医療保険や公的医療保険の適用外になるケース、適用可能なケースもおおよそ把握しておけば役に立つこともあるかも。

少しでも出産費用を抑えて、その分をこれから生まれてくる家族のために使ってあげたいもの。これからの生活に楽しみが増えてきますね!